2020年10月14日

今日から熊日新聞「わたしを語る」新連

 今日は、2週間ぶりに鍼灸院で、左膝の鍼治療をしましたが、サービスでお灸の治療もして貰いました。
 膝の痛みもかなり軽くなりましたが、痛みが減るとすぐ仕事をするので、中々完治しません。

 今日から、熊日新聞の読者のひろば「わたしを語る」の新しい連載が始まりました。

 前回の連載は、人吉出身の俳優中原丈雄さんの「俳優になる」でしたが、50回という長い連載で、中原さんの生き様を読ませて貰い、昭和戦後すぐの生まれの苦労など、私の人生と重なりました。
 色々とこれからの人生の生きる勇気を貰った感じです。

 今日から新しく、アメリカ人で熊本大学五高記念館客員教授の「アラン・ローゼン」さんの話が始まりました。
 連載のタイトル「オールド・ゼンの物語」です。
 年齢は、私と同じ75歳なので、熊本に来日されてからの生き方が、私とどの様様に違いがあるか、関心を持っています。

 今日、初回の話は、来日して、初めて熊本空港に着いて、途方に暮れた時の不安が色々綴られていました。

 昭和40年に私が大学入学のために上京したときの心細さと重なり合っているような気がしました。

 午後は、昨日大型ショッピングイオンモール嘉島店の蔦屋書店で購入してきた岩岡中正著の「俳句逍遙」を三部作の一部目の「俳句への招待」60ページを読みました。
 難しいと思っていた俳句のことが、解りやすく説明してあるので、とっても面白く読めました。
 この本を読み終わったら、好奇心旺盛な私なので、俳句に挑戦するかも知れません。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 15:51| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする