2020年10月10日

スクラップで切り裂かれた朝刊

 今日は、風邪気味でここ数日行ってなかった畑に、久しぶりに行きました。
 数日前に、移植したキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、種を蒔いた小松菜、大根、白菜などの様子が気になっていましたが、順調に成長していました。

 今朝は、起きてすぐ畑に直行したので、朝食、芝桜などの水遣りを終えてから、朝刊を読みました。

 今日の朝刊は、何時もと違ってスクラップする記事が多くて、無残な姿に切り裂かれました。

 スクラップした記事は、3つありました。
 一つ目は、今日で連載が最後になったわたしを語る中原丈雄さんの「俳優になる」の記事です。
 連載50回を読ませて貰い、私とあまり変わらない時代生まれの中原さんが、必死に生きて来られた人生には、私と違った苦労を聞いて頭が下がりました。

 二つ目は、大関に昇進して来場所頑張って貰いたい正代の記事です。
 暇ができたら、綺麗にスクラップしたいと思っていますが、吃驚するほど沢山あります。

 三つ目は、俳句に関する記事で、俳誌「阿蘇」を主宰される俳人で熊本大学名誉教授の岩岡中正さんが、俳句の魅力を解説する入門書「俳句逍遙小さいものへのまなざし」です。
 また俳人で熊日俳壇選者正木ゆう子さんが自らの句を選び読み解いた「現代俳句」に関する記事です。

 川柳を学んでいる私にとって、川柳と俳句の境界が無くなりつつあるので、これらの本を購入して、読んで勉強したいと思ってスクラップしました。

 午後は、畑仕事で疲れたので、昼寝をしたあと、バイオリンの練習をしました。
 練習の割には、進歩が遅いので、ちょっと練習の方法を考えたいと思っています。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:38| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする