2020年10月02日

令和2年度人権啓発川柳作品審査作品審査

 今朝も何時ものように、畑に行って、2時間ほど農作業に励みました。
 今日の午後は、毎年、熊本市人権啓発市民協議会と熊本市・熊本市教育委員会で人権啓発作品を募集しています。
 今日は、そ人権啓発作品の審査が行われましたが、私はここ10数年、川柳部門の審査員を務めています。

 今日は、午後2時から、作品の審査を行い、最優秀、優秀作品など4作品を選びました。

 担当課の課長の説明によると、コロナ禍の影響で、募集するかどうかの検討をなされ、最終的に、1月遅れで募集されましたが、絵・ポスター、詩、標語など小中学生を対象とする作品には、当初、ほとんど募集が無かったそうです。

 コロナのために休校が影響したそうですが、学校が始まってから、作品が増えたそうです。

 私が審査する川柳部門でも、昨年度は、500作品がありましたが、今年度は、140作品止まりました。
 このような作品の減少の中で、審査は、とっても苦慮しましたが、無事に終えることができました。

 昨日、今日と中秋の名月が東の夜空の中で見られました。
 孫は、娘の仕事で、遅くまでいたので、孫と一緒に、十五夜を楽しみました。
 孫は、まだ話せませんが、私が「まん丸い月だよ」と言うと「ま、ま」と叫んで喜んでいました。

 明日は、特別な用事も無いので、畑で大根の種を蒔きたいと思っています。

 コロナの自粛の中で、秋風に吹かれながら、仕事ができるので、楽しんでやっています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:51| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする