2020年09月04日

熊本県芸術功労者12氏の発表

 今朝は、早くから、来週月曜日の未明に通過予定の第10号スーパー台風に備えての作業を行いました。
 広い敷地での作業に加えて、畑の倉庫などの仕事も加わり、大変でした。
 今日は、概ね7割程度の備えは出来ましたが、明日も残りの作業を早朝から行う予定です。
 もし熊本を直撃したらと思うと、被害は計り知れません。
 兎に角、第9号台風のようの逸れて欲しいと祈るのみです。

 今朝は、5時に起きて、朝刊に目を通したら、熊本県文化協会の第48回熊本県芸術功労者と2020年度荒木精之記念文化功労者の発表がありました。

 私達川柳をこよなく愛するものの代表者として、熊本県川柳協議会会長黒川孤遊さんの名前も見つけることが出来ました。
 昨年も推薦されてましたが、惜しくも昨年は選ばれることが出来なく、残念に思ったところですが、今年は選ばれることが出来て、自分の事のように、嬉しく思っています。

 黒川さんには、これまで以上に、川柳発展のために働いて欲しと思いますが、とりわけ、高齢化に伴い、川柳人口がすくなっているので、川柳愛好者の裾野を広げて頂きたいと思います。

 また、荒木精之記念文化功労者の3名も発表されました。
 3名のうち、勇知之氏と富田紘一氏の2人は、私と親しい方なので、吃驚しました。
 勇君は、熊本高校時代の同級生で、何時も一緒に下校した仲です。
 大学は、勇君は京都、私は東京と4年間別れていましたが、大学卒業後は、二人とも来熊しました。
 熊本に帰ってからも、何かと親しくしています。

 又、富田さんとは、熊本市役所在職中に、教育委員会で一緒に仕事をしました。
 富田さんは、熊本城、城下町、西南戦争に造詣が深く、考古学の分野でも縄文時代の土器や土偶の研究を通じて当時の精神生活の解明の取り組まれていました。
 今日は、コロナ禍や2ヶ月前の県南の豪雨の被害の記事が多い仲に、一寸嬉しい記事を読んで、ホッとした気持ちです。

 最後に、黒川さん、富田さん、勇君おめでとうございます。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 22:05| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする