2020年08月03日

川柳マガジン、川柳番傘8月号から

 今日は、早朝からの畑仕事、朝食後は暑い中、伸びきった松や椿の剪定で汗をたっぷり流し、体重も少し軽くなりました。
 午後は、少しだけビールを嗜み。1時間ほど孫と一緒に昼寝をしました。

 昼寝の後は、中々上手くならないバイオリンの基礎の練習を2時間ほど頑張りました。

 毎月、月末になると、投句を頑張っている川柳マガジンと川柳番傘が届き、入選句を確認し、一喜一憂しながら、次の投句の作品作りに悪戦苦闘しています。
 この2つの全国版に頑張って投句しても、熊本の川柳噴煙吟社とはレベルが違い、中々、入選できないのが実情です。

 川柳マガジンでは、やっと川柳段位認定句会「川柳道」だけに、一句だけ入選できました。
 課題「下克上」    雫石隆子選 
  下克上泳げぬ父の無位無冠   萬風

  因みに、特選句は
   兄弟の戦場だった母の膝   森𠮷留里恵

 川柳番傘では、課題吟「リード」では、入選できませんでしたが、久しぶりに、イメージ吟で入選できました。
   地球儀にいくさの跡の数数多    萬風

 誌友近詠の投句は、七月に同人になったので、最後の投句になりましたが、片岡佳代選で、6句投句して、6句とも採用になりました。
 6句採用になるのは、多くの投句者の中で12名だけです。

 今月の誌友近詠です。
  朝刊が遅刻で朝が動かない
  迂闊にも舐めていたのは敵の潮
  ポケットの穴から意地を覗かせる
  気休めの嘘に浮いてる罪と罰
  一票を二つの恩が困らせる
  歳月が心の茶渋拭いとる

  今夜は、同人近詠の作品を考えます。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:54| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする