2020年08月02日

多彩なドラマに大相撲七月場所

 今日の日曜日は、大相撲七月場所の千秋楽でした。
 今日の最高の取り組み、御嶽海と照ノ冨士戦で、御嶽海が勝てば、3人の優勝決定戦に持ち込まれるところでしたが、照ノ冨士の盤石な相撲相撲で、照ノ冨士が勝ち名乗りを上げ、幕内最下位で優勝しました。

 今場所は、横綱鶴竜の二日目の休場に始まり、大関貴景勝、横綱白鵬の休場と続き、横綱不在、一人大関の場所になりました。
 どんな場所になるのかと心配していましたが、関脇、小結の健闘で、大変盛り上がりました。
  
 熊本のフアンからすれば。関脇正代が、白鵬、照ノ冨士を破ってくれたので、優勝に望みをかけましたが、優勝はお預けになりました。

 優勝はできなかったけれど、二桁勝利で、大関に向けて前進をしました。
 来場所も、二桁勝利、更に優勝をして、大関の地位を確保して貰いたいです。

 コロナで、不要不急で、家に閉じ籠もっていたので、15日間、ドラマチックな相撲で、楽しませて貰いました。

 私の意見ですが、鶴竜、白鵬共に、休場が多いので、もう引退していいのではないでしょうか。
 日本人の横綱が、このような休場の多い成績ならば、とっくに引退しています。

 私は、国技の相撲は、日本人だけに制限した方がいいのではと、思う一人です。
  


   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:20| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする