2019年12月29日

懐かしい清和書道 

 今年も残すところ、今日を含めて3日となりました。
 2回目の挑戦の干し柿は、お湯に浸し、天気の良い日は、毎日日光浴をさせたので、18個立派なものが出来上がりました。

 昨日、今日と大掃除をしたので、庭も私の書斎兼居間も、きれいになりました。
 家中のカレンダーはすべて、新しいものに変えました。

 我が家は、息子の家族が、熊本に帰省して、娘の家族は、孫の悠晴を連れて、娘婿の実家がある金沢に帰省しました。

 先日の新聞で、昭和27年から30年初めのころに、学校で、教育の一環で清和書道の授業があった記事がありました。
 その頃の書道の授業の事が脳裏に鮮明に残っています。

 私は、歌うことと字を書くことに、大変コンプレックスを持って生きてきました。
 歌は音痴で、字も下手なので、最後の趣味として、歌についてはバイオリンを学び、字は書道教室通いたいと考えています。

 バイオリンが、数曲弾けるようになったら、書道を始めて、きれいな字を書けるように頑張ります。

 小学校のころから、清和書道を、真面目に続けていたら、字を書くことが好きで、色々と書き物にも挑戦していたら、私の人生も変わっていたのではと、いつも後悔しています。
 清和書道の記事と出会ったのも何かの縁なので、清和書道の教室を探して入門します。
 人は、幾つになっても挑戦する勇気が大切です。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 10:29| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする