2019年12月14日

益城川柳教室で「印象吟」の勉強

 今日も、ここ数日と同様に暖かい冬の一日でした。
 朝早くから、先日の植木屋さんが残した植木の剪定を始め、八本の槙の剪定を終わった時は、午後4時を過ぎていました。

 久しぶりの植木の剪定でちょっと疲れましたが、作る喜び感じ、とっても楽しかったです。

 昨日は、午前中が歯の治療、午後は毎月恒例の益城川柳今日してでした。

 今日の教室の川柳の課題は、縫いぐるみが、一杯、箱の中に入っている「絵」を見て、句を詠むものです。

 最初、私が来月の宿題は、印象吟を作って来てくださいとお願いしたら、皆さん、不安な顔でしたが、教室当日の、句は、吃驚するほど良い句ばかりでした。
 印象吟は、仏の課題と違って、句の広がりが多いことにも気づきました。

 今年も残すところ、半月ほどになりましたが、植木の剪定、冷暖房の洗浄、キッチンの床のワックス掛けなどと、新年に向けて、準備が出来ています。



応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 19:56| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする