2019年12月08日

畑の近くの済生会熊本病院

 10数年前に、私の町の田んぼの中に大きな病院、済生会病院が、出来て、私も時々お世話になり、助かっています。
 しかし、毎日朝早くから、救急車の音が響き、大変うるさいと思うことが、度々あります。

 畑で農作業をしていると、サイレンを鳴らしながら、救急車が病院に到着しますが、どんな患者さんが運ばれてきたのかと、心配をします。
 数日前に、共同通信社会部編の本「皇室ファイル」を買ってきて、寝る前や病院に行ったときの待合室などで、暇を見つけて読んでいます。

 この本は、以前、熊日新聞の「皇室ナビ」という記事で読んだものに、天皇即位後に合わせて敬称や呼称を一部差し替えたり、新しいデータを盛り込んだりして、加筆、修正されたものです。

 その中に、済生会に関する記事があり、興味を持って読み、改めて、済生会のことを知りました。
 済生会は、東京に本部を置く日本最大の社会福祉法人で、正式の名は「恩賜財団済生会」です。

 40都道府県で97の病院、診療所、そのほかに293の福祉施設を運営しています。
 済生会の創立は、1911年(明治44年)の5月で、この年の2月に明治天皇が「生活苦で医療を受けることが出来ず、困っている人たちに薬を施し、治療することで『済世』の道を広めなさい」と下賜されたお手元金が基になっているそうです。
 ちょっと、済生会についてお話ししました。




  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:39| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする