2019年09月30日

緑川の秋の味覚鮎と川蟹

 今日で、9月も終わり、朝夕は、めっきり秋の気配が感じられますが、日中はまだ夏日が残っています。
 明日、10月1日から、消費税が2パーセント引き上げられ、軽減税率の適用範囲で騒がれています。

 昨日、妻の実家から茹で上げられて、赤くなった、大きな川蟹と天然の鮎が届きました。
 昨日の晩酌の肴は、土曜日に近くのスーパーのマグロ解体の実演の後、買ってきた新鮮なマグロに加え、緑川の天然の川蟹、鮎の豪華なもので、少し飲み過ぎました。

 妻と結婚した45年前頃は、実家に行けば、叔父さんたちが獲った鮎や川蟹を、腹いっぱい食べました。
 鮎や川蟹の漁をして食べさせて呉れた、数人の伯父さんたちも、皆鬼籍の人なってしまいました。

 先日は、秋の味覚の栗も頂き、妻が茹でたものを美味しく食べたところです。
 栗と言えば、栗を使ったお菓子と食べました。
 川柳句会「天(空)」の会場の天明堂で頂いたものとバイオリン教室の山鹿の仲間が頂いたもの、どっちもとっても美味しかったです。

 今日は、午後が、熊本県川柳研究協議会の9月の定例会議、夜は、熊本県立劇場で行われる熊本市民劇場の「八月の人魚たち」を観劇します。

 孫の「悠晴」は、パパが、台風15号で被害のあった千葉の被害の鑑定の仕事の応援に行ったので、ママといっしょに、昨夜からお泊りしています。
 これから1週間は、孫とのお遊びの時間がいつもより長くなりそうです。


 
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:38| Comment(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

近見神社の秋祭り

 今日は、朝早くから、私の家に、近見神社の宮座のメンバーが集まり、近見神社にお酒一升と大皿一杯の白ご飯を持参して、参拝しました。

 近見神社には、遠い昔から、下近見町を13に分割して座が有り、それぞれの座が、祭りの準備をして、10月19日に神社の大祭が行われていました。
 私が10歳の頃までは、境内に舞台が立ち、青年団が舞踊を練習して、披露したり、のど自慢が有ったり、時には、肥後にわかもあり、大変賑わっていました。

 参道の両側に10数軒の出店が有り、金魚掬い、綿菓子や飴なども売られ、子供にとっては楽しい一日でした。
 しかし、30年前から、他所の大きな神社と違って、出店なども無く、寂しい秋祭りになってしまいました。

 今日の宮座も昔は、、神社に参拝した後、それぞれの座では、座元で、秋の収穫の豊穣を願って、自分たちで料理した肴で、酒を嗜んだものです。

 最近は、13有った座も、6つに減ってしまい、残っている座のメンバーも、半減してしまいました。

 この神社離れを、如何にかして食い止めたいと、神社の関係者、自治会の役員等で、模索していますが、実現に至っていません。

 私達、70代も数年で、祭りのお世話ができなくなれば、400年以上歴史のある近見神社を、誰が管理するのか心配です。

 3年前の地震で、石の鳥居が倒壊したり、社殿の瓦もくずれましたが、市からの補助金と地域住民の寄付で、回収できたばかりなので、如何にかして守りたいものです。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:03| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

アレルギー疾患で悩んでいます

 昨日は、今年の2月に、アレルギー疾患の治療のために注射をして貰った病院に行きました。
 この注射は、ステロイド系の注射なので、1年に一回だけしか出来ないとは知っていたのですが、去年の今頃、注射したと勘違いしていました。

 そのような事から、注射は出来ず、漢方薬の小青竜湯と点鼻薬アラミストを調剤して貰い、食間に小青竜湯を、寝る前に点鼻薬を点鼻したら、今朝は、少し症状が軽くなりました。

 私のアレルギー(花粉症)は、10年前ごろから症状が出始めました。
 最初の頃は、杉や桧の花粉で悩んでいましたが、最近はオールシーズンで、悩んでいます。
 特にひどくなったのは、稲の花粉で、田圃の近くに住んでいるので、避けられません。
 畑に行っての作業をしたり、ゴルフの練習を行う時が、症状が酷くなります。

 アレルギーの症状は、目がシパシパ、鼻がつまる、喉に白い痰がくっつく程度ですが、酷い時が頭痛が始ります。

 私は、年の割には、結構健康ですが、このアレルギーには困っていますが、根気強く付き合っていきます。

 朝ドラの「なつぞら」が、今日、最終回を迎えました。
 4月から、楽しく見させてもらいました。
 来週の月曜日からは、陶芸家が主人公の「スカーレット」が始まります。
 陶芸を経験したことのある私ですが、体験期待しています。



    
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:14| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

文章を学ぶ会「ぺんぺん草」

 今日の朝刊によれば、14日に開業した大型商業施設「サクラマチ クマモト」の来館者が10日間で、100万人を突破したそうです。
 開業当日は、電車・バスを無料にしたこともあって、想定の10万人をはるかに超えて25万人が来館したようです。

 この調子で、この商業施設が鶴屋百貨店と競い合いながら熊本繁華街の核となって繁栄して欲しいもんです。

 今日は、第4木曜日なので、バイオリン教室の日でした。
 10名近く、しかも、レベルは違う生徒ばかりなので、一様に講座を進めるのは難しいようです。
 高齢で、音楽にあまり関心のなかった私は、皆さんの足を引っ張っているようです。
 そこで、先週から、個人レッスンも始めました。
 今日の4時半から、個人レッスンを受講するので、今日はダブルで練習です。

 八月から、川柳仲間が、文章を読んだり、書いたりして勉強会をされていますが、誘われて、参加しました。
 最近の勉強会は、会員それぞれが、書いた文書を読んで、お互いで意見交換されています。

 私も何か書かなければと考えていますが、先ず何を書いていいか、頭に浮かびません。

 案として浮んでいるのが、私が住んでいる近見町の歴史について知っているだけ纏める案と私は生まれた時から、地域の人を初め私の周りの人から「おさむちゃん」の愛称で呼ばれています。

 そこで、私の生い立ち、私の名前「修」の謂われなど面白く纏めてみようかと思っています。

 原稿用紙7,8枚となれば、ブログを書くように簡単にはいきません。
 今日の夜からでも、挑戦してみます。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

日奈久de川柳句会

 昨日は、「9月は日奈久で山頭火」の行事の一環として開催しているららの会主催の「日奈久de川柳句会」が行われ、私も参加して、約10年ぶりに脇取りの大役を仰せつかりました。
 脇取りも、昔取った杵柄と言いますか、最初は戸惑いもありましたが、上村千寿さん一緒で、無事に終わりました。
 参加者は、台風17号の影響もあって、昨年より3名少ない54名でした。
 台風にもかかわらず福岡、佐賀、宮崎の川柳人が参加して呉れました。

 この川柳句会は、川柳の基本の17音字とは、少し距離を置いて、自由律で詠み、字足らず、字余りでも結構です。
 第1部では、参加者は、3つの課題「朱」「生」「知」の句をそれぞれ2句づつ詠んで,投句します。
 選者3名は、「朱」が、川柳塔吟社の木本朱夏さん、「生」がららの会の吉岡静生さん、「知」が熊本県現代川柳協会の加藤知子さんでした。
 何時もの川柳の作句と違って、大変難しです。
 選者の木本さん、加藤さんは、初めての選句で戸惑われた様でした
 私は、毎回、1句か2句は、佳作に入選しますが、今回は1句だけでした。

 第2部では、それぞれの課題の優秀句と気になる句の2句づつに付いて、選者の説明の後、会場の皆で討論、意見交換をします。
 このような討論、意見交換の機会は、あまりないので、大変勉強になります。

 それぞれの課題の優秀句を紹介します。
  課題 「朱」  木本朱夏選
   君を掬うなら朱い嘘   紅雀
   それはさておき朱いドレスでいいかしら  美都
  課題 「生」  吉岡静生選
   恋十日それより先は風知草   蘭草
   知るも知らぬも蟻の糞   龍太郎
  課題 「知」  加藤知子選
   生まれて生んで生ませて子宮  紅雀
   花陰に蟻の引きたる骸  流青
  
  私の入選句は、課題「知」
   玉音を知る人みな佛の間    萬風



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 09:51| Comment(0) | 川柳句会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

毎週土曜日の二つの楽しみ

 台風17号が九州を目掛けて来ていたので、心配しながら、台風が熊本を逸れて呉れることを祈っていましたが、如何にか、逸れて呉れそうです。
 明日の、日奈久での川柳大会も、如何にか開かれそうです。

 台風が近づき、私が大掛かりな台風対策をすると、ここ数年避けてくれるジンクスがあるのですが、今回もジンクス通り避けてくれました。

 私は、毎日、時間が足りないほど、バイオリン、読書、農作業、川柳など楽しんでいますが、土曜日にいつも楽しみに待っているものが二つあります。
 その一つは、熊日新聞の土曜日の夕刊に連載されている五木寛之さんのエッセイ「新・地図のない旅」です。
 今週は、「色紙は今も苦手です」のタイトルの話ですが、駆け出しの頃から、よく色紙を頼まれていたが、字が下手のせいもあって、なるべく書かれなかったようです。
 今週で、37回を迎えますが、毎週楽しんで読んでいます。

 もう一つは、民放のTKUで午後6時から放送され、西田敏行のナレーションで始る「人生の楽園」です。
 この番組は、いつも定年退職された夫婦が、田舎の民家を借りたり、購入したりして、レストラン、民宿、パン屋などして余生を楽しまれる話が多いです。

 定年退職して、好きな事をしている私と共通することもあって、殆んど毎回楽しんでいます。
 昨日のお話は、何時もとはちょっと違った「御前崎の香りを受け継ぐかつお節」を作られているお話でした。
 削り節が好きな私は、見ていて食べたくなったほど立派なかつお節でした。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:54| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

バイオリンだけでなく音楽に嵌りそう

 長い秋晴れが続いていましたが、今朝はしとしと雨が降っていましたが、午後に入ってかなり大降りになりました。
 庭の木や花も少し元気がなくなっていましたが、元気が出そうです。

 台風15号で、関東地方、特に千葉では被害が出ています、また、台風17号が、発生して、明後日には九州にも影響が出そうです。
 23日には、日奈久で川柳大会が予定されていますが、ちょっと台風が心配です。

 昨日は、大谷楽器のバイオリンの個人レッスンを受けましたが、グループで習っている時より、色々質問が出来るので、よく理解できます。
 バイオリンを弾くための基本も教えて貰い、ここ6ヵ月間でついた悪い癖も直してもらいました。

 昨日一番勉強になったのは、肩、腕、指の力の抜き方を教えて貰ったことです。
 これまで、力を抜いていたと思っていましたが、肩は、特に力が入り過ぎていました。

 これまで、バイオリンの入門書も手当り次第勝って読んでいたので、理屈だけは分かって、頭でっかちになっていましたが、個人レッスンで少しずつは上手くなってきそうです。

 今日は、色々な歌がハミングできるようにと、カシオ光ナビゲーションキーボードを購入しました。
 また、孫の悠晴の童謡の歌や英語の歌も本格的なCDも買って来ました。

 私と孫の二人は、暫く音楽に嵌りそうです。
 ゴルフや川柳の方が少しおろそかになりそうです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:25| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

読者ひろば わたしを語る「14代目の忠義見習い」

 私が愛読している熊日新聞読者ひろば「わたしを語る」の連載は、1週間前に登山専門店「シェルパ」会長阿南誠志さんの33回連載が終わりました。
 連載を楽しく読ませて頂きましたが、一つの目的にひたすら努力された阿南さんには、頭が下がりました。
 私も余生は、好きな事やって楽しみたいと思いました。

 5日前から八代市立博物館館長館長で、肥後細川家の筆頭家老だった松居家14代目当主「松井葵之(みちゆき)氏」の「14代目の忠義見習いが」の連載が始りました。
 松井さんとは、ロータリークラブの会合で何度か会ったこともあり、私が所属していた熊本西南ロータリークラブで「卓話」をしてよく知っているので、今回の連載は、大変興味を持って読んでいます。

 今日の連載で5回目ですが、細川家と松井家、更には薩摩藩の島津家との関わりについて、詳細に述べられています。
 また、細川家に記録を大切に残す「永青文庫」が有るように、松井家にも「松井文庫」があって、松井家の記録が残されているようです。

 明日から、松井家、または細川家の歴史が垣間見られるような話が期待されようです。
 今回も、新聞を切り抜き、ノートにスクラップしています。

 今日から、月に2回、バイオリンの個人レッスンを受けることになりました。
 早く、上手に「ふるさと」が、弾けるようになればと思っています。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:00| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

不名誉な記録更新

 今朝も早くから畑に行って、2回目の土起こしをしましたが、今朝は、涼しい風が吹いて、秋の気配を感じました。

 お風呂に入る前に必ず、体重計に乗るのが習慣になっていますが、今夜も体重計に乗ったら、体重計が63,2キロを表示しました。
 生まれてこの方、63キロを超えたことが無かったので、本当にびっくりしました。

 ここ数日、62キロを超えることがあったので、腹筋の運動や散歩をしていたので、メーターがおかしいのではないかと何度も体重に乗りましたが、同じ数字を表示しました。

 兎に角、今日はいつもより食べ過ぎた感じは有りました。

 朝食は、朝2時間ほど農作業したので、ちょっと多めでした。
 昼食も、何時もと違って、妻がキッチン中村から美味しい弁当を、取り寄せていたので、たっぷりの昼ごはんでした。
 夜は、いつも通りのビール2本の晩酌を行い、ご飯もちょっと多めに食べてしまいました。
 何時も妻に言われるのですが、「年の割には食べ過ぎじゃない」と。

 今日の多めの三食が不名誉な体重を更新してしまいました。

 明日から、本腰を入れて、体重減らしを頑張ります。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:49| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

東京五輪マラソン代表者内定

 今日は、熊本市の藤崎八幡宮例大祭の神幸行列が、薄暗い早朝から始まっています。
 私は、いつも通り、6時頃に畑で草刈りをしていましたが、遠くから、祭りの馬追いの鉦や太鼓の音を聞くことが出来ました。

 何時もなら、例大祭の頃は「隋兵寒合」と言って、秋の気配を感じられるはずですが、強い日差しが連日降りそそいでいます。

 14日から、金沢にパパと帰省した孫の「悠晴」くんは、金沢の親戚の皆さんに、愛嬌を振りまいて、喜ばれています。
 毎日、娘から悠晴くんの動画が送られてきますが、笑顔ばっかりで、元気のようです。
 早いもので、明日は帰省し、明後日は、我が家にやってきます。

 昨日は、2020年五輪の日本代表選考レース「マラソングランチャンピオンドシップ」が、東京の明治神宮外苑の発着で行われました。
 男子は、富士通所属の中村匠吾選手とトヨタ自動車所属の服部勇馬選手が、女子は天満屋所属の前田穂南選手と日本郵政グループ所属の鈴木亜由子選手の男女それぞれ2名づつが内定しました。

 惜しくも、内定できなかった3位の選手と内定した2位の選手とに差は、秒単位の過酷なレースです。

 五輪代表の代表枠は、3名なので、あと1名の代表決定に、熾烈な戦いが繰り広げられそうです。

 今日の午後のテレビで、内定した選手の舞台裏密着の話題が放映され、激闘の裏側の知られざるドラマを垣間見ましたが、大変さに感動しました。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 16:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

孫「悠晴」くんパパのふるさと金沢へ

 今日と明日の熊本の街中は、多くの人でごった返すのではないでしょうか。
 今日は、桜町再開発ビルの大型商業施設「SAKURAMACHI Kmamoto サクラマチ」が、今日開業し、それに合わせて、市内の電車やバスなど無料で乗車できるので、街中は人・ひと・ヒト」でしょう。

 明日は、熊本の秋の風物詩藤崎宮例大祭が行われ、例年のように、熊本県内の各地から馬追いなどの見物客で、下通り、上通り、新市街の繁華街は、一杯でしょう。

 わたしも昔は、馬追いに、何度も参加し、参加しない時は子供と一緒に見物しました。

 孫の「悠晴」くんは、今日から、新幹線と飛行機を使って、パパの故郷の金沢旅行に出かけました。
 今年の3月25日に誕生して、まだ半年も経ってないのですが、初めての旅行で、二度目の金沢のおじいちゃんとおばあちゃんとの面会です。

 私達夫婦は、月曜日から金曜日まで子守をして会っていますが、金沢の祖父母とはなかなか会えないので、持ち前の笑顔を振りまいて喜んでもらいたいです。
 孫の悠晴の笑顔を見れば、金沢のおばあちゃんもおじいちゃんも、きっと安堵されることでしょう。

 私達は、今日から4日間、悠晴君に会えないのは、寂しいですが、悠晴君がいない間に、バイオリンの練習を頑張り、上達します。




   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 11:39| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

君を強くする法律の本「こども六法」

 今日も秋晴れの一日でしたが、秋というのに、30度を超える熱い日が続いてます。
 先日の台風15号の被害で、未だ停電が続いている千葉県では、普通の生活が出来ず、限界に達し、体調を崩される人が居るようです。
 東京電力では、国内の電力会社の力を集め、復旧されていますが、倒木が多く、復旧が遅々として進まないのも、今回の台風被害の大きさに驚かされます。
 一日でも早い復旧を、心から願っています。

 私の第二週の週末は、バイオリン教室、私が講師をしている川柳教室などと忙しい日が続き、ちょっと疲れ気味です。

 数日前に、書店に行って注文していた一冊の本がやっと手に入りました。
 その本は、いじめ、虐待に悩んでいるきみへ、君を強くする法律の本「こども六法」という本です。
 この本の著者は、法学部出身でなく慶応義塾大学総合政策学部卒業、現在は、教育研究者、写真家、俳優の山崎聡一朗さんです。
 本は、刑法、刑事訴訟法、少年法、民法、民事訴訟法、日本国憲法、いじめ防止対策推進法の7つの法律の主な条文を、小学生でも理解できるように、分かりやすく、書かれています。
 また、漢字には、全てひらがなのルビがふってあるのも特徴です。
 私も、毎晩、寝床で読んでいます。

 小学生をお持ちの両親には、ためになる本で、子供にも役立つ本だと思うので、お勧めします。


   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

2019年司法試験合格者発表

 昨日の夜は、熊本県内最大の芸術文化の祭典「第61回熊本県芸術文化祭」の前夜祭が、ホテル日航熊本であったので、川柳仲間と一緒に参加しました。
 今年も、例年のように、本年度の芸術功労者11名と荒木精之記念文化功労者3名の表彰式もありました。

 今日の朝刊を開いたら、ちょっと気になる二つの記事がありました。
 一つは、今年の司法試験の合格者が、新司法試験移行後最少の1502名という記事です
 今年の合格者数のトップは、慶応大学の152名で、東京大学134名、京都大学126名、私の母校中央大学は109名で4番目でした。

 過って50数年前、司法試験を目指して中央大学に入学しましたが、その当時は、10年位勉強しなければ、合格できなかったので、あっけなく1年で、司法試験を諦めました。
 しかし、何年経っても、司法試験の合格の記事が載ると、過って合格者数のトップを誇った母校中央大学の合格者の記事が気になり読んでいます。

 もう一つの記事は、時の人を紹介する「人ひと」の全国知事会会長に就任された徳島県知事飯泉嘉門さんの記事です。
 「国への陳情でなく、地方が自ら解決策を示す『政策提言』が大切だ」と、地域が抱える課題克服へ先頭に立って取り組まれる意欲は、旧自治省の官僚出身から伺えます。

 飯泉知事は 徳島県知事として5月から5期目に入られたそうです。
 来年選挙が行われる 熊本県知事は、4選について、多選は色々弊害が生じるという意見もありますが、知事として、県民が納得する政治をするならば、私は、多選は問題ないと思います。


  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:26| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

娘々廊(にゃんにゃんみょう)大嶋濤明川柳集

 昨日から今日にかけて、台風15号が、関東地方を中心に大荒れをしています。
 息子の家族が住んでいる横浜では、海上や海岸で大きな被害が出ていますが、息子のマンションは、強い風が窓を激しく叩いたけど、被害は無かったので、安心しました。

 私が住んでいる熊本の今年の台風被害は、掠めるか、逸れるかで被害は無く、田圃の稲作は、順調に稲穂が出ています。

 今朝は、田圃の稲穂を眺めながら畑に行って、オクラやししとうの収穫しましたが、その他に箒草の収穫もしました。
 今年は、箒草の種を蒔きましたが、ほとんど芽が出ず、少しだけ出た苗を植えたのが、やっと30株ほど成長したのが、今日の収穫です。

 数日、天日干しをして、種や葉っぱを落とし、箒を作ります。
 今年は、数は少ないけれど、赤い立派な箒が出来て、庭が綺麗に掃けそうです。

 今日、川柳の本が並んだ書棚から「「麦彦の時事川柳教室」と「娘々廊大嶋濤明川柳集」の2冊を取り出し、時間を割いて、読み初めました。
 大嶋濤明川柳集を読みたかったのは、熊本で一番大きな川柳吟社を創立された濤明先生の人生を改めて深く知りたかったからです。
 先生の人物像は、この川柳集の最後に描かれた「私の歩んだ道」を読んで解りました。

 福岡県のとある山奥の貧農に生まれ、歯を食いしばって、人生を生きられた足跡は、計り知れない苦労の後が見られました。
 私の人生からは考えられないような、頑張りが、一生の生き方にありました。

 濤明先生は、自分の川柳について、「川柳は、私にとっては趣味でも娯楽でもなく、人間としての修養の場所である」と言いきって居られます。
 川柳を一生打ち込んだ大きな理由を「川柳は一つの進信仰であり宗教である」という信条にも見られます。

 濤明先生に少しでも近づけるような川柳人になるように努力を続ける気持ちになりました。

 長くなってしまいましたが、濤明先生の句を5句ほど
  鉄拳の指をほどけばなにもなし
  太陽を真ん中にしてみんな生き
  霊峰もやまふところはただの山
  花の散る音に金魚の夢がさめ
  偽りをはげば浮世はほねとなり



  
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:43| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

花畑公園の巨樹「大クスノキ」

 熊日新聞読者のひろばの登山専門店「シェルパ」会長阿南誠志さんのわたしを語る「自然と共に」も今日で、連載29回目になりました。
 この連載を読み始めた頃は、息子と娘が「参勤交代九州横断の旅」でお世話になった事で、軽い気持ちで読んでいました。

 ところが連載を読み続けるごとに、阿南さんの山の経験を生かして、自ら、世界の高山の登頂をされたり、また、救難支援、災害支援、子供たちの育成などに数えきれないほどの活動には頭が下がります。

 阿南さんは、私と2つ違いの72歳ですが、未だ現役で活躍されているので、頑張ってくださいと、エールを送ります。

 熊本市中央区桜町の熊本交通センター跡地の再開発で建設が進められている複合施設「SAKURAMACHI Kumamoto」の全容が姿を現しました。
 湾曲したデザインが特徴のこの施設は、今月の14日に開業が予定されています。

 この新しい施設の東側の花畑公園に熊本市天然記念物で幹に御幣がが掛かった「旧世継宮跡大クスノキ」があります。
 この巨樹が、じっと街の変遷を見つめています。

 熊本交通センターがあった頃は、数えきれないほど、このホテルを利用していたので、よく大クスノキを眺めたものです。

 この大クスノキは、30年頃前に枯れかかった時、時の星子市長の肝いりで、2千万円ほどかけて、養生をして、今のように元気になりました。

 ある会合で星子市長が、このクスノキの思い入れを話して頂いたことをが、いまも、鮮明に残っています。
 私の良い思い出の一つです。




   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 14:09| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

川柳真風句会の暑気払い

 昨日は、午後1時30分から川柳真風の句会、句会の後は、6時から、皆で会員の息子さんのレストランで暑気払いをしました。

 今朝は、昨日の暑気払いの美味しい酒を調子に乗って呑み過ぎ、軽い二日酔いだったので、6時頃は畑で、耕運機で土起こしをしました。
 朝から、たっぷり汗をかいたお蔭て、二日酔いも吹っ飛んで、美味しい朝ご飯でした。

 私は、ここ1年は、どこの吟社の句会にも所属していませんでしたが、3カ月前に、川柳真風に入会を許され、昨日の句会は、3回目でした。
 会員は、20名を越していますが、会員の全員が大人の振る舞いで、投句の互選の意見交換でも屈託のない意見が出て、和やかな句会です。

 昨日の句会の課題は、「リリース」でしたが、皆さん作句に困られたようです。

 暑気払いでも、素晴らしいノミニュケーションができて、大変盛り上がっていました。
 私も、最近は独りで晩酌をするばかりだったので、美酒に酔い過ぎました。

 今日は、バイオリンの練習をたっぷりしました。
 少しは、上手になった気分です。

 今日も9時過ぎに、孫「悠晴」が来たので、時折、童謡絵本の「どんぐりころころ」や「むすんでひらいて」などの歌をを一緒に聴きながら、遊びました。
 童謡を聴くことは、バイオリンのためにもなります。




    
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:26| Comment(0) | 川柳句会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

仕上がり激変 洗濯の新常識

 先日、4月から定期購読している「家の光」10月号が届きました。
 一昨日、昨日は、床に入って、10数ページづつ読んで、いろいろ物知りになっています。
 家の光は、大正4年創刊の農業従事者を対象に創刊された歴史のある雑誌です。
 日々の生活や農事一切の記事が沢山掲載されている雑誌なので、とっても為になります。

 今月号も、農家で多くなったベトナムなどアジアの国からの外国人労働者と仲良くなるための10のヒント、仕上がり激変 洗濯の新常識などの記事があり、目に止まりました。

 私も妻が旅行などで留守の時、洗濯物を放り込むこともあるので、クリーニング師中村裕一さんが紹介される洗濯の新常識は、これまでの間違ったやり方などを指摘してくれました。

 7つほど、新常識が紹介されていますが、その中を3つほどを皆さんにも教えたいと思います。
 その1つは、「外干しでなく、部屋干しをする」。 
 外干しをするとほこりや細かい砂が付着したり、紫外線で服が傷みやすくなったりします。
 また、季節や天気という要素に影響を受けるからのようです。
  
 2つ目は、「水でなく、お湯で洗う」。
 「一番汚れが落ちる洗剤は何ですか」とよく質問がありますが、その時の答えは「湯です」だそうです。
 水洗いでは、臭いや黄ばみの原因の油や皮脂の汚れが落ち切れませんが、お湯洗いは、これらの問題を解決してくれるそうです。

 3つ目は、「アイロンは重めで、コード付きのものが良い」。
 綿のシャツはなどは軽いアイロンだと力を入れない としわが取れないのである程度重さがあるものが楽。
 しわを取るにはしっかりとスチームを当てて、服の繊維を柔らかくすることが大切ですが、コードレスだと長く使うと充電量が減って、スチーム量が不安定で、いろいろ問題が起こるそうです。

 洗濯の新常識を知ったお蔭で、ほこりなどついていない、柔らかい服が着れて、生活が快適になりそうです。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



   

posted by osamu at 10:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

孫と一緒に入浴

 今日は、9時から行きつけの中原歯科で歯の治療、10時半から、隣接地の遊技場の解体に伴う家屋の損傷の鑑定がありました。

 歯の治療は、5月に左下の奥歯を抜歯して、インプラントの治療のチタンの合金を骨に埋て、4カ月が経過したので、そろそろ、その埋入したものに被せ物をする型取りをしました。
 まだ、骨に埋めたインプラントが完全でないので、一ヶ月後に、最終の被せ物をつける治療が行われる予定です。

 既に、1本のインプラントを埋めていますが、その時は、被せ物をつけた状態で、埋入する治療でしたが、今回の治療は、先ずチタンの合金を埋めて、その後4か月に被せ物を装着する方法のようです。

 歯は、健康にとってとっても重要なので大事にしたいものです。

 損害保険のための鑑定もスムーズに終わったので、後は復旧の修理を行うのですが、これが大変です。
 熊本地震の復旧で、色々と修理をしましたが、大変でしたので、また、修理をするかと思えばうんざりします。

 月曜から金曜まで、孫「悠晴」を、妻が預かっていますが、妻に用事があれば、孫の相手が私に回ってきます。
 一緒に、童謡を聴いたり、昼寝をしますが、とっても楽しく、癒されます。

 最近、孫の両親が忙しい時は、一緒に入浴をします。
 体や頭を洗う時も、泣くことも無く、一緒に風呂に入ると楽しく、親密感も増してきます。

 私の子供の入浴は、妻と母に任せっきりで、殆んど一緒に入浴することもありませんでしたので、孫との入浴で罪滅ぼしをしています。
 明日も、きっと、笑顔でやって来ることでしょう。

 横浜の孫「馨」の動画も、毎日のように、数枚送って来るので、馨の成長も良く分かります。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:42| Comment(0) | 孫「悠晴」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

今日のビールと肴は最高

 今朝は、朝ドラ「なつぞら」を見ながら、朝食を取り、その足で畑に行って、先日、雑草を刈り取った所を、耕運機で、1時頃まで頑張って耕しました。

 雨続きで、秋野菜用の土作りが出来ないので、ちょっと焦っていましたが、やっと、耕すことが出来て、緑色の土地が、耕運のお蔭で、土色に戻りホッとしました。

 汗にまみれて、 1時頃に帰宅して、缶ビールヱビスプレミアムで喉を潤しましたが、とっても美味しかったです。
 農作業の疲れもあってか、ビールが睡魔に誘われ、2時間ほどの昼寝が出来ました。

 夜の晩酌は、何時ものビールですが、これまた、最高の美味しいビールでした。
 ビールの最高に美味しかったのは、手作りの肴のせいもありました。

 私は、晩酌の摘みは、いつも4種類ほど作りますが、今日は摘みは、マグロ、真鯛の刺身、鯨の刺身、からし蓮根、それに野菜サラダでした。
 鯨の刺身は、山葵醤油でなく、生姜醤油で食べます。

 ちょっと太り気味になったので、ビールは控えめにと思いますが、美味しいビールの味に負けて、中々量が減りません。



   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 21:24| Comment(0) | 酒、ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

熊本県立美術館で二つの展示を鑑賞

 ここ数日、雨ばかりの日が続き、更には、左手の人差し指の負傷で、ほとんど外出することがありませんでした。
 以前から、熊本県立美術館で開催されている「菊池一族の戦と信仰」の展示を見に行きたいと思っていました。

 その展示会が、今日が最後の日だったので、しとしとと雨の降る中を美術館に出かけました。

 展示品は、熊本県の北部を流れる菊池川流域で平安時代、鎌倉時代、南北朝時代を支配した菊池一族の日本遺産が展示されていました。
 色々の展示物を見て、菊池一族の勢力の大きさを感じました。

 また、同時に、テレビ熊本開局50周年記念「歌川広重展」も展示もされていたので、鑑賞してきました。
 歌川広重は、東海道五拾三次を描き、世に出したことで知られていますが、この展示会では、膨大な数の広重の絵が展示されていたので、吃驚しました。

 展示会の最後の日ということで、兎に角、入館者が多く、ゆっくり見れなかったので、展示物がすべて掲載された本を購入してきました。

 美術館は、熊本城内にあるので、復旧途中の天守閣を見ましたが、未だ、工事用のクレーンが残っていました。
 まだまだ、手付かずの崩れた石垣が、沢山残っていて、復旧の道のりは、厳しいようです。




   
応援 のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 22:46| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする