2019年05月30日

川柳句集「農耕の詩」

 今日の午後は、今回で8回目を迎える「父の日川柳」の審査が、熊日新聞社の4階の会議室で行われました。
 審査には、4月に発足した熊本県川柳研究協議会の役員を中心に行いました。

 8年前に比べると、入選作品も、少しずつ変化しました。
 特に、変わってきたのは、高校生以下の作品の中に、大人顔負けの感性が豊かなものが多くなったことです。

 数日前から書棚に並んでいる先輩の句集を読んでいます。

 その句集の中に、タイトルから見ると畑で農作業をしている私の現在と似通った方、迫田矢城さんの川柳句集「農耕の詩」が目に止まり、昨日から読み始め、 今日は、一通り読み終えました。

 農業の経験がある私から見ると、年齢は一回り違いますが、共感できる句が沢山ありました。
 共感した佳吟を数句紹介します。
  野良の汗まるで雑巾絞るよう
  俺の野菜は総生産に含まれず
  あいにくの雨も畑へ降れば慈雨
  初南瓜を祖先の霊へ先ず供え
  もぎたてのトマト頬張る野良仕事
  濃厚に夏は朝駆けして昼寝
 これらの句の他にも、私の心をくすぐる句が沢山ありました。

 この句集には、随筆も幾つかありましたが、私の夢と似たものがありました。

 それは、川柳の五七五の下五の「句語」を集めて、句語の手引きを作成された話がありました。
 私の夢と同じ夢を持っておられた方がいたことを知って、私もこの夢を達成したいと考えました。

 この夢の達成には、根気強さ、正確さ、几帳面さ,綿密さが要求されますが、頑張ってみたいと考えました。
 先ずは、色々な資料を集めたいと思います。



     
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:08| Comment(0) | 川柳句集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

庭の紫陽花満喫とバイオリン

 日頃、色々と行事が多くて、出かけてばかりいる私ですが、今日は、たっぷり、自分だけのことをを楽しみました。

 朝一番は、毎月、前立腺、コレステロール、血圧などの薬を貰うために病院に出かけました。
 今日は、3カ月に一度行う糖の検査が有ったので、朝食抜きで出かけました。

 庭には、生前母が育て、その後私がお世話している紫陽花が、見事に花(額)をつけ始めました。
 この頃になると、朝夕に、60株ほどの紫陽花の水遣りが日課になります。

 今朝は、5時半からと夕方6時頃に、それぞれ30分ほどかけて水遣りをしながら、それぞれの紫陽花を、一本ずつ鑑賞しました。
 家の中には、切り取った紫陽花が、あっちこっちに花瓶の中で咲いています。

 それぞれの紫陽花に、頂いた方や頂いた時期などの多くの思い出があります、。
  明日の朝も早起きして、頑張って、紫陽花に水をたっぷりやります。

 病院から、帰った後は、バイオリンの練習をたっぷりしました。
 日頃は、長くても2時間ですが、今日は、休憩を挟みながら、4時間ほど頑張りました。

 今日のバイオリンの先生は、パソコンのユーチューブの教材です。
 今日は、バイオリンの練習は兎も角、バイオリンについていろいろと学び、ちょっと造詣が深くなった気分です。




    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:53| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

詠んだ句が活字になる至福

 亡母が生前植えた60株の紫陽花が、7分咲きになり、昨日の雨で、綺麗な色に変化しました。
 1年間の手入れは、大変ですか、綺麗な額をつける梅雨の時期は楽しみです。

 今日は、毎月、第4火曜日の新老人の会の川柳教室の日でしたが、久しぶりに、全員の出席で賑わいました。
 今日の課題は、「楽器」でしたが、色々な楽器の句が出て、楽しい2時間の教室でした。

 最近、川柳マガジン、川柳番傘、あるいは川柳大会での入選句が、活字になると、至福を感じます。
 川柳大会などでの投句を、入選ばかり気にするのは、如何なものかという意見もありますが、頑張って詠んだ句の入選を喜ぶのは、当たり前だと思います。

 昨日、送ってきた川柳マガジンの「平成に生まれた最高の一句」では、「地球儀を回す戦の音がする」が、川柳仲間の句と一緒に活字になりました。
 今日、送ってきた川柳マガジンでも1句でしたが、活字なっていました。
 早く、複数の句が、入選できればと、思っていますが、レベルの高い大会や柳誌では、まだ壁が厚いようです。

 毎日多く句を詠んで、多くの句を作らなければと思いつつ、出来ていないのが実情です。
 最近は、畑の作業とバイオリンの練習に嵌っているので、明日からは、川柳に力点を置きたいと思っています。

 兎に角、70歳を過ぎた私が、1日が24時間で足りないと思うほど忙しいのは、健康の証だと思い、頑張っています。

 明日は、朝早くから、畑に行って、野菜の移植をします。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:28| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

人生は出会いと別れ

 今日も朝早くから、全国的に夏日で、気温が上昇して、午後1時には、北海道・帯広市で、38,8度を記録して、5月として全国の観測史上最高気温を更新したそうです。

 昨日、来日したアメリカ・トランプ大統領は、安倍総理と5回目のゴルフを楽しんでいるようですが、ゴルフ場も大変暑いそうです。
 午後は、蔵前国技館で、大相撲千秋楽を観戦されるので、周辺は厳戒態勢がとられているようです。

 人生には、出逢いがあって、必ず別れがあるものです。
 特に、家族を初めとして、死別は、避けようとしても避けられることできません。

 私は、既に、両親、弟妹3人と死別を余儀なくしました。
 しかし、息子と娘のそれぞれの男の子と出会うことができ、これから、大切に生きていたいと思っています。

 今日の話は、私が講師をしている益城川柳会と新老人の会の講座生の方との出会いと別れです。
 教室の両方とも高齢者の方が多いので、既に数名の方と、余儀なく分かれをせざるを得ませんでした。

 益城川柳教室では、毎回タクシーを使って来られていた方が、足腰が悪くなり、辞められました。
 現在も、1名の方が、往復タクシーと使って通われいています。
 もう一人、熊本地震で家が崩壊し、今も仮設に住んでおられる方も、休みがちになられました。

 一方、新老人の会では、90歳を超えれれた二人が、1人で教室の凝られなくなり、辞められました。
 お一人の方は、体調が良くなったら、もう一度教室で、みんなと川柳を楽しみたいと、お手紙を頂きました。

 また、自宅で療養をなさっている方は、投句をご主人に託されて、頑張っておられます。

 これからは、皆さんに健康に留意され、出来るだけ長く、折角の出会いを大切に、川柳を楽しんでいただきたいところです。
 講師の私も、何時までも、体だけではなく、頭の方もボケないように注意します。

 一億人の中からの選ばれた出会いなので、大切にしたいものです。


  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:15| Comment(0) | 人生問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

五木寛之の「古いものは捨てない」

 今日は、ここ数年の間で、珍しいほど大好きな畑で、朝早くから、先ずは200坪ほどの土起こしを2時間ほど、その後は延長120メートルほどの土手の草刈りを2時間ほど頑張りました。

 畑仕事には、自信がありましたが、今日の作業は疲れました。
 しかし、畑に植わっている野菜の成長を見ると、疲れも、どっかへ吹き飛んでしまいます。

 熊日新聞の土曜日の夕刊に連載の五木寛之さんの「新・地図にない旅」を楽しく読ませて貰っています。
 先週の記事は「私は古い物を捨てない」というタイトルの話しでした。

 断捨離の話が、巷で賑わっているのに、「捨てない」とは、何を捨てないのかと記事を読みました。

 五木さん曰く、一つだけ若者に負けない能力である、山のように沢山の思い出を持っているので、これを捨てずに、上手に思い出しながら噛みしめるということのようです。

 この話を読んで、過去の良い思い出を思い出しながら、楽しむのも素敵だなと思いました。
 これから、これを、毎日実践したいと思います。

 私は、自分でも驚くほど好奇心が有って、新しいものに、飛びつく癖があります。
 しかし、飛びついたものには、とことん嵌り、目的に向かって突進します。また、努力を惜しみません。

 これからも、残り少ない人生を、好奇心に背なを押され、未知の世界に向かって頑張ります。

 当面は、過って関係のない世界だった音楽に飛び込んだ「バイオリン」に挑戦し、ちょっとだけでも、人前で弾けるようにと考えています。

 今日の午後は、2時間ほど、バイオリンと向き合いました。


    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:30| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

20年前の全国赤十字大会の思い出

 今週は、毎日が夏日で、畑で作業すると、すぐにどっと汗が出ます。
 500株植えていたニンニクの収穫を終え、10本づつ束ねて天日干ししています。

 私は、約20年前の50歳全般に、熊本市社会福祉協議会に、民間出身の会長を支えるために、2年間常務理事として出向しました。
 熊本市から2名出向して、100名近くの職員と一緒の仕事は、それまで、経験したことのない福祉関係仕事で、慣れるまで大変でした。

 その様な中で、思い出に残る、貴重な体験が有りました。

 先日、東京都渋谷区の明治神宮会館で、皇后雅子さま出席のもとに、全国赤十字大会が行われましたが、私は、20年前に当時の皇后美智子さまが日本赤十字社の名誉総裁だった時の大会に出席しました。

 私が出席をしたのは、熊本市民の方が、継続して、多額の寄付をなさったので、「有功章」を授与されるので、随行としてでした。
 あまり記憶には残っていませんが、色々の福祉の分野の方が、1000人以上出席されていたようでした。

 その日の夜は、有功章を授与された方の娘さん夫婦とまだ東京で大学院で勉強していた息子ら、5名で、新宿の歌舞伎町のレストランでお祝いの食事をしたことも、よく覚えています。

 この事は、役所人生の中で、誰でも経験できない事が、出来て大変うれしく思っています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 09:43| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

天皇陛下の初の田植え

 今日の午前中は、一昨日から左下の奥歯の歯茎の痛みが激しかったので、行きつけの歯科医に行って、治療して貰いました。
 その足で、耳鼻咽喉科にも行って、何時もの治療と薬を貰ってきましたが、二つの病院通いで、午前中を費やしてしいました。

 午後は、収穫時期になっていたニンニク300株ほどを収穫しました。
 農作業には、慣れていますが、ニンニクを頑張って、引き抜いたために、少し腰が痛くなりました。

 昨日のテレビと今日の新聞の記事で、天皇陛下の「初の田植え」を見ました。

 この天皇陛下の皇居での「田植え」は、農業奨励のために、昭和天皇が始められ、上皇さまから天皇陛下に引き継がれたそうです。
 天皇が田植えされたのはもち米の「マンゲツモチ」とうるち米の「ニホンマサリ」の合わせて100株だったようです。

 収獲したコメは、例年、11月の「新嘗祭」など皇室の神事使われますが、今年の新嘗祭は、即位の重要儀式「大嘗祭」となるために他の神事に使われるそうです。

 私は、兼業農家の長男として生まれ、小学生の頃から、田植えや稲刈りを手伝わされていたので、天皇陛下の田植えの話しには、凄く感動と感激を覚えました。

 今こそ、国民はご飯を食べることが少なくなりましたが、日本人の三食は、「米」が原点であり、大切にすべきだと思います。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:25| Comment(0) | 楽農家おさむちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

幼き日の「青梅」の思い出

 今朝は、ちょっぴり雨が降っていましたが、昨日、畑に植えた夏野菜の状況を覗きに行きましたが、思っていたより、元気に根付いていたので、安心しました。

 今日は、校区内の中学校の体育祭でしたので、校区自治協議会からの御樽を持って、校長に手渡してきました。

 昨夜、令和元年の日吉東校区自治協議会の総会が開催され、発足当時から12年間勤めていた役員を辞し、肩の荷が下り安堵しました。
 校長に御樽を届けたのが、役員としての最後の仕事です。
 私は、会計でしたが、市役所に努めていたということもあって、事務局長の補佐的な仕事と会計を務めましたが、そろそろ、若い世代にお願いすべきだと思い、ここらが止め時考えました。

 自治協議会は、世代交代が行われ、令和に相応しい、新しい幕開けになったと、喜んでいます。
 後は、後任の方に事務引継ぎを行うだけになりましたが、頑張ってきた達成感とちょっと寂しい気持ちが重なった一日でした。

 沖縄では、数日前に梅雨入りをして、九州も間もなく梅雨入りすることになりますが、あじさいも二分程度に色づき始めました。

 梅雨のこの頃になると、いつも幼い日の「青梅問題」を思い出します。
 小学生の頃は、学校から帰ると、ランドセルを玄関に投げ出し、新聞紙の端切れに塩を入れて、梅や畑の胡瓜、とトマトなどを泥棒してみんなで食べたものです。
 泥棒しても、子供だからと、大目に見られていましたが、何度か、両親から、こっぴどく叱られた記憶があります。

 青梅問題は、青梅を食べて、殆んどの子供はどうにもなかったのですが、1人が青梅を食べて、いつも下痢をしてので、その子供の母から何時も叱られました。

 その内にその子供は、みんなから村八分になって、遊ばなくなりました。

 今でも、この青梅問題の事を思い出します。

 今日は、スーパーに立派な青梅が有ったので、買って帰り、昔を思い出し、数個、塩をつけて食べました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:21| Comment(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

はさみは、わたしの生活必需品

  昨夜の夜半から、ここ数日待っていた雨が降り、朝方もぽつぽつと小雨が降っていました。
  雨が降っていたので、畑に行くのを迷いましたが、苦瓜、胡瓜、さつま芋の苗の移植には、丁度良い雨だと思い畑に行きました。

 雨合羽を被り、苦瓜8株、胡瓜を25株、さつま芋(金時)を10本ほど移植して、立派な支柱も立てることができました。

 庭には、沢山、あじさいが植わっていますが、雨の中に、何時も一番早く咲くあじさいが、綺麗に咲いていました。
 あじさいは、雨に感謝しながら、微笑んでいるような気がしました。

 また、庭のあっちこっちで、どくだみ草が、可憐な白い花をつけています。
 雨の一日ですが、あじさいやどくだみ草の花に癒されます。

 私のとって「はさみ」は、私の毎日の生活の必需品です。
 今朝も畑では、移植した胡瓜の支柱を縛る紐を、はさみを使って切断しました。
 畑では、色々の野菜を収穫する時、畑にある果樹などの枝を選定する時も使います。

 最近は、あまり庭の植木の剪定は、しませんが、時折、低木の剪定をしますが、その際は、植木鋏を使います。

 毎日と言っていいほど、晩酌の摘みを作るときには、料理用のはさみを使います。

 皆さんは、紙を切る時に、はさみを使われると思いますが、私も毎日と言いて良いほど、紙を切るのに使っています。

 このように、私の日々の生活では、はさみ無しは考えられません。

 今日は、日頃お世話になっているはさみの話しでした。



     
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:31| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

政府が腰を上げた「認知症対策 予防」

 明日から雨模様の天気予報が出ていたので、今朝は、朝早くから畑に行って、苦瓜や胡瓜の移植のための準備を頑張りました。
 夕方、雲っていれば、移植をする予定でしたが、夕刻まで太陽が照っていたので、止めて明日に延期しました。

 午後は、娘も妻も仕事があって、私が孫の子守をすることになりました。
 孫とは、一緒に昼寝をしたり、私の晩酌にも付き合わせました。
 抱っこしながらビールを飲みましたが、泣きもせず、相撲も二人で観戦(孫はまだ何も解りませんが)しました。

 今日の熊日新聞に、政府が認知症対策 予防の重要性を柱とした大綱の素案を発表した記事が、一面で報道されていました。

 私の身の回りにも、友人が2人、親戚にも1人居て、家族の方のお世話の苦労は、大変だと聞いています。

 大綱の素案によれば、70代の認知症の割合を6年間で6パーセント低下させることや、10年間で約一割を低下させることを目指すとされています。

 高齢社会になって、平均寿命が延びれば、益々認知症の人が増えるのは必至です。

 団塊世代の全員が75歳以上になる2025年には、認知症の高齢者は、5人に1人の700万人となることも推測されています。
 今朝、夫婦で、お互いに5人に1人にならなければいいなと、話し合ったところです。

 新聞の別の記事では、アルツハイマー型認知症患者が、「不便ではあるが、不幸ではない。できることも沢山ある。」と、認知症と上手に付き合い、前向きの生きておられる」コメントもありました。

 先ずは、出来るだけ認知症にならない努力を続けたいと思います。



     
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 21:14| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

教育「じーじ」を買って出る

 先月の18日の熊本県川柳協会の理事会で、当協会の発展的解散を行い、新しく熊本県川柳研究協議会が発足して、新しい役員で、積極的活動が動き始めました。

 私は川柳協会の会長だったこともあり、裏方として協力を行っています。
 今日は、熊本県川柳研究協議会の黒川孤遊会長と熊本県文化協会に新しい組織としての届け出を行ってきました。

 これからは、熊本県内の川柳作家の仲間と一緒に、熊本県内の川柳界の将来のために一丸となって、頑張る決意をしたところです。
 来月には役員、加盟吟社の代表者が一同に会して、交流会なる懇親会も行われることになりました。
 川柳協会の元会長としては、心から喜び、感謝し、安堵しているところです。

 今日の話題は、3月誕生した孫の「教育じーじ」を買って出た、ちょっと面白い話です。
 私は、自分の子供の教育には、関心は有ったものの、仕事のせいにして、殆んどタッチしていませんでしたので、頻りに反省しているところです。
 しかし、二人の子供はすくすくと成長して、妻に感謝しています。

 今日は、本屋に行って、二冊の絵本を買って来ました。
 その本は、「あいうえおのえほん」と「やさいのおしゃべり」の絵本です。
 このほかに娘がお祝いに頂いた「あかちゃんご おしゃべりえほん」が有ります。

 この三冊の絵本を使って、一日の内、何度か子守を担当する時、お話をしてやるつもりです。
 物心ついたら英語も教えるつもりです。
 「じーじ馬鹿」かも知れませんが、頑張ります。


   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:19| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

高齢の女性が「マダニ」噛まれ死亡

 今朝は、早起きをして木犀など常緑樹の落ち葉をブロアーを使って、集めてきれいな庭にしました。
 きれいになった庭のお蔭で、清々しい朝になりました。

 スマホで今日のニュースを調べていたら、熊本県天草市に住んでいる91歳の女性が「マダニ」に噛まれて、日本紅斑熱に感染して死亡されたニュースが眼に入りました。
 詳しいことについては、熊日新聞に掲載されいるとの事だったので、記事を読んだら、詳しく報道されていました。
 記事によれば、2006年以降、県内では8名の方が亡くなられてるが、全員が70歳以上の高齢者だそうです。

 私も高齢者で、畑で農作業をしたり、庭では剪定や掃除をするので注意をしなければと、妻と話したところです。
 マダニに噛まれないためには、肌の露出を少なくするために、長袖、長ズボンを着用すべき、また明るい色の服を着用するのも効果的だそうです。

 私は、以前、紅葉、椿、山茶花に付いた虫に刺された事が何度もあり、痛い目に遭いましたが、マダニに噛まれた事は一度もありません。

 一昨日、植木屋さんに来て貰い、2時間ほどかけた、庭中の植木の消毒をして貰いました。
 今朝、庭掃除した時、松に居た毛虫が、沢山地面に転んでいました。

 特に、今は、孫が家に一緒に居るので、毛虫などに注意をしているところです。



    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 17:12| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

改めて川柳の多読多作

 今朝は、起きてすぐ締め切りの迫った川柳マガジンの投句の清書を行いました。
 午後は、ここ数日行っていなかったバイオリンの練習を2時間ほど行いましたが、だんだん、バイオリンの難しい事が分かってきました。

 私はほとんど毎日と言っていいほど、川柳の句作りを行っていますが、最近、なかなか語彙の不足のために、句想は湧いてきますが、一向に、五七五になりません。
 そこで多くの先輩から指導された「多読多作」を、今一度、初心に帰って、励行することを決めました。

 私書棚には、吃驚するほどの川柳の参考書や先輩たちの句集が並んでいます。
 特に、私が師匠と仰ぐ、田口麦彦さんの本は、20冊を超えたほど有ります。

 最近は、その中の一冊「現代川柳鑑賞辞典」を、常に持ち歩き、病院、銀行に行った時の待ち時間に愛読しています。
  この辞典は、現代川柳の精鋭250人の秀句1句を取り上げて鑑賞してあります。
 それと同時に作家の略歴と代表的な作品10句を添え、アンソロジーとして資料的価値を供えるようにしてあります。

 多くの私の川柳仲間も登場していますが、数名の句を紹介します。 
 句会や川柳大会の旅先で、よく一緒に酒を嗜んだ、今は亡き冨安清風子氏
  笛吹けばみんなが右を剥く怖さ

 私の大先輩であり、川柳噴煙吟社会長、更には全日本川柳協会会長をされた今は亡き吉岡龍城氏
  母がつくる巻きずしの具は溢れてた

 九州の女流坂として、多くの佳吟を残され、昨年、92歳で亡くなられた宮本美致代さん
  喪が明ける一気に鯖の首はねる
  
 これから、毎日バッグの中に潜ませて、暇に任せて読んで、多くの作品と出会えることと期待しています。



    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:50| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

ちょっと二人の孫自慢

 今日は、昨日に続き素晴らしい天気で、久し振りの夏日の一日でした。
 午後に、3日ぶりにゴルフの練習に行って、たっぷり汗を流しました。

 午前中は、4月18日に発足した熊本川柳研究協議会の最初の役員会が開かれ、今年1年間の運営について、会長から説明があり、役員からも多くの建設的な意見が出されました。

 私は、監事ということで役員には含まれていませんが、前熊本県川柳協会の会長の立場から出席しました。

 私には、現在、4歳と3月25日に生まれたばかりの二人の孫がいます。
 4歳の孫は、横浜に住んでいる長男の子供ですが、長男夫婦が結婚して7年ぶりに生まれた男の一人っ子です。
 現在は、長男夫婦と孫、2匹の犬と5人家族のよう暮らしています。
 この孫は、私が70歳になる3カ月前に生まれました。

 現在は、保育園に通いながら、土曜日と日曜日を使って、絵画教室、ゴルフ教室などに通い、また、山や海などでいろいろな冒険的経験もやっています。
 また、息子が仕事で行っている台湾、ベトナムなどの海外旅行も積極的に経験しているようです。

 娘の長男は、未だ、生まれたばかりですが、、元気ですくすくと成長しています。
 現在は、二人の孫が、私達夫婦の元気の源になっていると言っても過言ではありません。

 私も現在74歳ですが、二人の孫のためにも、元気で長生きをしなければといつも思っています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:16| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

母の日川柳入選作品表彰式

 今日は、母の日ですが、母が亡くなって9年目になり、生きていれば、100歳を超えました。
 母親の存在は多きもので、生前お世話になった事は、数えきれません。
 特に、私は長男ということで、兄弟3人の中では、大変大事に育てられました。

 今日は、朝起きてすぐに、仏前に座り、感謝の手を合わせました。

 今日は、今年で8回目を迎えた2019鶴屋母の日川柳コンテストの入選作品の表彰式が、鶴屋百貨店本館1階のサチライトスタジオで行われました。
 入賞者には、鶴屋の久我社長より授与されました。

 このコンテストの審査は、昨年まで熊本県川柳協会でしたが、今年は、新しく発足した熊本県川柳研究協議会があたりました。
 入選作品の講評は、黒川会長がされましたが、実に上手い講評には驚きました。

 今年は、これまでとは違った、若者向きの内容の句が入選したように思います。
 特に、高校生以下の作品は、斬新的なくが多かったようです。

  高校生以下の作品
   一席 反抗期だけど弁当からにする  宮村一珠
   二席 ありがとうコップ洗っただけなのに  中島渓
   三席 押しちゃうぞ母の笑顔のスイッチを  山田詩子

  大賞 カーネンション賞の作品
   ははのひに「母」のじをかくがんばるぞ
   これは、小学2年の松永大河君の作品で、全ての作品の中で一番光っていたそうです。

 我が家の母の日ですが、妻は実家の母に、花のプレゼント、娘も妻に、ちょっと珍しい花をプレゼントしました。
 まだ生まれたばかりの孫の悠晴君は、パパの考えで、ママにカーネンションを贈っていました。

 父の日川柳の作品も、現在募集中ですが、素晴らしい作品を期待しています。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 21:06| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

早逝の妹を偲ぶ

 今日は、熊本に限らず、日本列島は素晴らしい天気に恵まれたようです。

 今朝は、朝食を食べた後、久しぶりに畑に行って、えんどうの収穫、その後に植える苦瓜の為の準備などをしました。
 南瓜、茄子、トマトなどの夏野菜も、先日の雨もあってか、すくすくと成長しています。

 今日の話は、私が6歳の頃、兄弟の4人目に生まれ、生後1ヶ月も経たなく亡くなった妹の話です。

 私達兄弟は、男ばかり3名でしたが、両親も私達兄弟も、女の子が欲しかったので、生活は苦しかったのですが、4人目の女の子を期待していたので、両親は、4人目を産むことを決心したようです。
 そして、期待どうり、可愛い妹が生まれ、みんなで喜びました。

 しかし、私の記憶では、12月の寒い時期に生まれたので、風邪がこじれて、亡くなりました。
 今の医療技術なら、死んでしまうことはなっかのでは、といつも思います。
 妹の死を悼み、家族揃って、一日中泣いた記憶が、約70年近くたった今でも、脳裏の奥深く刻まれています。

 妹の名前は、父親の名前「直次」の一字と女の子だから美しい娘になるようにと「直美」と名付けられました。
 時折、もし妹が生きていれば、我々家族の環境も、今と、どんなに違っていたかと思うことがあります。

 最近、プロテニスの大阪ナオミやお笑いタレントの渡辺直美など、テレビに頻繁に「直美」の名前が、登場するので、よく妹のことを偲ぶ機会が多くなりました。

 特に、先日の滋賀県大津市で起きた痛ましい事故で亡くなった二人の2歳児の園児と、生後すぐになくなった妹と重なってしまい、夜は妹を偲んでいます。

 最近、高齢者による事故が多くなっていますが、ドライバー自身が、注意する以外は無いと思います。
 私自身、テレビでの事故の報道を見て、、用心して運転していますが、運転に自信がなくなったら、免許証は、返納したいと考えています。



     
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:33| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

電子辞書は知識の宝庫

 今日の午前中は、3回目のバイオリンの教室でしたが、雨が降ったので、バイオリンと他の荷物を下げなけれならず難儀しました。
 バイオリンの教室は、50分の授業ですが、真剣に練習すると、あっとゆう間に過ぎてしまいます。

 上級者講座の方達が、後ろについて助言してくれるので、大変助かりました。
 教室から帰ってすぐ、2時間ほど復習をしました。
 だんだん、難しいながらも成長しているのが分かって来ました。

 私達は、昔、辞書を引くのが普通でしたが、今は多くの機能を持った電子辞書があるので、大変便利です。
 今持っている電子所は、6台めですが、最初の電子辞書に比べると、多くの機能がついていますが、全てを使いきれていないのが実情です。

 殆んど、広辞苑化新漢語林しか使っていません。ときどきことわざや四字熟語も使いますが、あまり多くありません。

 今日、ちょっと暇があったので、電子辞書の機能を調べたら、辞書機能の他に、英会話、百科事典機能、更に生活一般、健康、趣味、などがあります。
 趣味を開いて見たら、日本文学3000作品、クラシック名曲2000フレーズなどもありました。

 古代名作集で、竹取物語、平家物語奥の細道などを開いて、久しぶりに読みました。

 これからは、何時も持参して、利用したいと思いました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:57| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

久し振りの休肝日

 昨日のように今日も朝から雲一つない良い天気ですが、夕刻に雲が見えそうですが、一粒でも雨が降って欲しいものです。

 私の自宅の庭には、一年中いろいろな花が咲き誇っていますが、今の時期は、咲き誇っていたがつつじの花が落ち、どくだみ草とカラーの白い花が咲き始めました。
 カラフルな花もいいですが、可憐なじゅんぱくのはなもいいですね。
 また、庭の50株ほどの紫陽花も咢(ガク)が見え始めたので、5月の末か6月の初めには綺麗な紫陽花が見れそうです。
 6月の雨の紫陽花も楽しみにしています。

 昨日は、午後に熊本県川柳研究協議会の会議、夜は日吉東校区自治協議会の幹事会があり、連休明けでちょっと忙しい一日でした。

 夜に会議があった事で、夕食を早く食べて出かけたので、久し振りの休肝日になりました。
 1年半近く前に、掛かりつけの医者から、週二日の休肝日を指示されましたが、話し合って週一で休肝日を設けて、10ヶ月ほど頑張っていましたが、2か月前から止めてしまっていました。
 昨日、久し振りに、一滴のビールも口にしませんでした。

 これを機に、来週から再度、週一の休肝日を実行することにしました。

 昨日の夜は、何時も、ちょっとだけ本を読んで、眠っていましたが、休肝日のお蔭で、12時まで3時間ほど、幾つかの本を読むことができました。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 15:14| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

今日の朝刊の二つの記事

 長いようで、でも早かった10連休のゴールデンウイークも今日で最後です。
 前半は、雨で、中盤は晴天に恵まれ、最後の今日は、連休の終わりを哀しむかのように、今にも泣きそうな曇り日です。
 夏野菜の為には、ちょっぴりでもいいので、雨が欲しい心境です。

 今日熊日新聞の朝刊にちょっと嬉しい記事が二つほどありました。
 その一つは、4月18日に総会を開いて、新しく発足した「熊本県川柳研究協議会」の発足についてとこれからの指針の記事がありました。

 熊日新聞の記者の方に、これからの川柳研究協議会の私達の抱負を、記事で代弁して頂き、感謝の気持ちで一杯です。
 新しく会長になられた、黒川孤遊さんが、これからの熊本県内の川柳界の飛躍・発展のために旗振りをされるので、私達スタッフは一丸となって、若い人達の為に頑張る覚悟です。

 もう一つの記事は、上天草市大矢野町維和島に、千キロの渡りをする蝶として知られる「アサギマダラ」がスイゼンジナの花の蜜を吸いに飛び交っている記事です。
 アサギマダラは、水色に黒い縞模様の綺麗な羽根が特徴です。

 私が住んでいる所から、そんなに遠くない川尻の加勢川河川敷にも、羽根休めのために寄ることも知られています。

 私は、数年前の西南ロータリークラブに在籍していた時、仲間と一緒に河川敷にアサギマダラの好きな二種類の花の苗を移植した記憶があります。
 その時、私の庭にも、数株花の苗を移植しましたが、アサギマダラは現れて呉れませんでした。

 明日でも、加勢川の河川敷に行って、アサギマダラが飛来していれば、逢いたい気持ちです。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 12:10| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

立派な桜の記念植樹

 10連休終盤の今日も、熊本の空は雲一つない素晴らしい天気です。
 午後になったら、暑い夏日になりました。

 今日の午前中は、昨日、二人の孫のため買ってきた立派な染井吉野さくらの記念植樹を、娘婿と行いました。
 今日、桜を植える場所には、古い柘植の木が有ったので、その柘植を伐採して、根を掘り起こしての植栽だったので大変でした。

 桜の木は、高さが4メートルほどあり、見栄えも、記念樹にぴったりでした。
 植栽の後は、青竹3本を使って、しっかりした支柱もできました。

 私は小さい頃から、父と一緒に、植木の植栽や手入れの経験が有ったので、支柱の結びには棕櫚の縄を使いました。
 すぐ近くには、大きな石一個とその脇に小さな石二個をならべました。

 自分で言えば、手前味噌になりますが、娘、娘婿、そして妻の3名が、吃驚するほどの出来栄えで、安堵しました。

 その後は、昨日、さくらと一緒に買ってきたイチジク二本も植栽しました。

 桜の木がすくすくと成長するのに負けないような、二人の孫の成長を祈念します。

 午後は、令和初めての男子ゴルフトーナメント「中日クラウンズ」をテレビ観戦しています。

 夜は、家族でささやかな孫「悠晴」くんのお祝いをしますが、美酒に酔いそうです。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:11| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする