2018年06月05日

熊日新聞コラム「新生面」「黙鼓子」

 今日は、私と畑の野菜、庭の樹木にとっては、慈雨、喜雨ともいうべき雨が、午前中はちょっぴり、午後は土砂降りとまではいきませんが、しっかりとした雨が降りました。

 今日の私は、書斎で川柳の句を作ったり、10日に開催される全日本川柳大会の前夜祭、大会当日のマニュアルを何度も読み直し、粗方の全体像を頭の中に叩き込みました。
 少々のトラブルは覚悟していますが、大事に至らないようにと思っています。

 最近、左目の白内障が酷くなり、来月に手術の予定ですが、更に、アレルギー性でいつも両目にザラザラ感があり、眼の不自由さを感じています。
 私は、新聞を読むのが好きなのですが、最近、活字がはっきりしなくなったので、新聞を読んでも飛ばし読みをするようになってしまいます。

 しかし、ゆっくりと必ず読んでいるのが、朝刊の読者のひろばの「わたしを語る」、コラムの新生面」と夕刊の「黙鼓子」です。
 新生面では、色々なことを学ばせて貰っています。
 黙鼓子では、その日の出来事を、分かりやすく伝えて貰っています。

 多くの人は活字離れがあり、情報確保にスマホに頼っていますが、目で読んで、考える新聞は、大事だと思います。

 話は変わりますが、夜のテレビニュースで、熊本市の庁舎が耐震性が十分でない事が報道されていましたが、ちょっと吃驚しました。
 現在の庁舎が建設されたころ、別館の狭い部屋で執務していた事が懐かしく思われました。
 

   AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年06月04日

我が家の最後の震災復興

 今日も暑い一日でした。畑の野菜も雨の降るのを待って喘いでいます。
 今朝は、移植間もない苗だけに水遣りをしました。
 明日の午後は、雨の予報が出ているので、ホッとしています。

 熊本地震から、2年経ちましたが、私の家では、地震の際に壊れた家の周りのフェンスの工事がやっとできるようになり、一昨日から工事が始まりました。

 もう一つ、震災の直後に、水道が断水した時に活躍した地下水ポンプが、調子がよくありません。
 毎年夏場には、庭の木々や花の水遣りを頑張ってくれていました。
 近い内に、新しいポンプと交換しなければと思っています。

 私と妻が住んでいる家や亡母が住んでいた家などの改修、アパートの解体など、ここ2年間行ってきましたが、フェンスの新設とポンプの交換が最後の復興になるのではと思っています。
 齢をとってから、このようなお世話をするのは、億劫になり、とっても大変です。
 しかし、私たち家族には、家の倒壊など無かったので、不幸中の幸いだを自分自身に言い聞かせています

 熊本地震の被災者の多くが、まだ復興・復旧の道半ばと思いますが、皆さんの早い復興・復旧を祈念するだけです。


     AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年06月03日

田中達也見立ての世界「ミニチュアライフ」展

 今日も昨日と同じく暑い一日でした。
 朝の6時から、妻と一緒に、毎月月初めにお参りしている宇城市の粟嶋神社をお参りしました。
 朝早かったので、お参りは私達二人でしたが、6月の最初の日曜日なので、還暦を迎える方のお参りの準備が出来ていました。

 神社から帰って、庭の木や先日植えた花に水を遣ったあと、鶴屋百貨店に出かけました。
 鶴屋百貨店で5月30日から開催されている、世界中から注目のミュニチア写真家田中達也さんの展覧会を見るためでした。
 この展覧会は、ミニュチアの視点から、日常のある物を別の物に見立てて、独自な視点で切り取った写真の展覧会です。
 実物のミニュチアも10数点ありましたので、写真に収めてきました。

 会場には、日曜日ということもあって、家族連れなどで一杯でした。

 今日は、ついでに新老人の会の講座生福田島子さんの「第30回朱土会日本画展」も見る予定でしたが、これまで毎回鶴屋百貨店が会場でしたが、場所が違っていて、残念ながら見ることが出来ませんでした。

 午後は、男子プロの日本選手権と女子のツアーをテレビで観戦しました。



   AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年06月02日

二つのお祝いごと

 今日も相変わらず6時から畑仕事していました。
 今日の仕事は、どんどん伸びる草の除草、ミニトマト、苦瓜などの移植などです。

 今日は、妻の弟の還暦のお祝いが、妻の兄弟と義母だけの簡単に妻の実家で行われました。
 私も美味しい田吾作の弁当のお裾分けがありましたが、お昼美味しくいただきました。

 弁当と言えば、私は全日本川柳熊本大会の弁当を任され、弁当屋さんといろいろ相談して美味しい弁当が出来る予定です。
 今日の田子昨の弁当は2,000円、川柳大会の弁当はお茶つきで1000円ですが、川柳大会の弁当が値段の割には美味しいようです。
 大会当日、参加者に美味しいと喜ばれることを期待しています。

 もう一つは、妻の妹の娘が、今、お産のために帰省していますが、予定日を過ぎて、今日産院に入院した。
 何時生まれるのかと待ってていますが、今のところ、吉報は届いていません。
 赤ちゃんは、女の子だということですが、明日にでもかわいい赤ちゃんが生まれるのを待っています。

 姪は、小さい頃から子供同然に育てたので、生まれる赤ちゃんも孫のような心境です。



    AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2018年06月01日

日本大学の騒動に一言

 今日から6月ですが、川柳人の私にとっては、最後の大仕事の全日本川柳熊本大会が、数日後になりました。
 大会の成功を考え、副実行委員長の職責を十二分に発揮できるように、前夜祭、大会当日のスケジュールをしっかり点検しています。
 きっと、成功は間違いないと確信しています。

 ここ数日、新聞、テレビでは、日本大学のアメリカンフットボール部の守備選手による「悪質な反則」問題で、大騒ぎになっています。
 この問題は、アメフトの問題にとどまらず、日本大学の在り方、理事会の役員などにも問題があるのではと私は思います。

 私は、中央大学、弟は東海大学、息子は日本大学と、東京の私立大学に、行かせて貰いました。
 三名とも体育部とは関係なく、真面目にそれぞれ専攻の勉強しました。
 今回の日本大学の問題は、大学の法学部、そして大学院でも法律を学んだ息子にとっては、なんと呆れた悲しい問題ではないでしょうか。

 日本法律学校を前身とする日本大学が、設立当時の初心を忘れ、スポーツ大学になり、それが中核になったのが、今回の不祥事の根源ではないでしょうか。

 大学の経営は、しかるべき良識を持った人たちによって、行われるべきではないでしょうが。

 この問題が起こってからは、巷では「やっぱりポン大だ」を囁かれています。

 今回を機に、現在の理事長以下一掃して、健全な大学の管理運営が出来る人たちに、代わるべきではないでしょうか。

 ここで、卒業者は、、本来の日本大学に立ち直すように立ち上がるべきではないでしょうか。
 現在、在籍している真面目な学生はかわいそうです。
 私も、息子が学んだ大学、大学院なので他人事のようには思えません。
 必ず、本来の日本大学に、必ず変わると信じています。




    AC応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ