2018年02月27日

新老人の会川柳教室2月句会

 先ごろ春一番が吹いた頃から、めっきり暖かい日が続き、庭の梅の木にピンクの花びらがちらほらと付き、水仙も白い花をつけています。
 庭石の上に八朔を切って置いておくと、小鳥がやって来て、美味しそうに食べています。

 今日の午後は、毎月第4火曜日に開催される新老人の会の川柳教室の講座が行われ13名の参加者ありました。
 講座生は16名ですが、高齢の方が多く、いつも、風邪などで数名の欠席者が有ります。
 しかし、講座を行うには、10名程度が適切で、小まめな指導も出来ます。
 今日の課題は「火」でしたが、佳吟が数句ありましたので紹介します。
  互選高得点句
   火振りして回す闇夜の神頼み  キヨ子
   不知火の神秘の明かり波に揺れ 昭子
  萬風選秀句
   山腹に春を呼んでる火文字焼き  裕子
   左義長の天まで烟り逃げ惑う  和子
   仏壇のゆれる炎が笑ってる  玲子
  講座生の皆さんは、とってもいい句を詠まれるようになりました。
  ところで、講座は2時間程度ですが、とっても疲れます。
  帰ってから、ゴルフの練習に行こうかと思いましたが、疲れて止めました。
 2月も明日で終ります。2月の28日は、何時もの月と比べると、2日しか短くありませんが、あっという間に過ぎました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ