2018年02月14日

川柳句集「熊本地震の記憶」が熊日出版文化賞候補作品に

 今朝も明け方は、非常に寒くて寝床から出れませんでした。齢には勝てない事が実感出来ました。

 午前中9時からは、歯の治療の予約が入っていたので、朝ドラ「わろてんか」を見た後、病院に出かけました。
 今日の治療は、特別に治療することはなく、歯茎など異常がないか調べて貰って、その後、歯全体の掃除をして貰いました。
 インプラントの歯に、ちょっと違和感があったので、調整して貰ったらスッキリしました。

 今朝、朝刊に、目を通していたら熊本都市圏の紙面に、第39回熊日出版文化賞の予備選考の結果だ出ていました。
 この賞の対象になるのは2017年に刊行された県内の個人・団体の著作100点を対象に候補作が選ばれました。
 この16の候補作品の中に、熊本県川柳協会が編集した川柳句集「熊本地震の記憶」も選ばれました。
 この句集は、地震の義援金を頂いた全国の川柳吟社と県内の被災地の小中学校に配布して大変喜ばれました。
 また、現在、この句集に続き、地震の復興・復旧を題材にした句を募集して、これらの句を編集して、復興句集の出版を計画しています。

 二つの句集が出来ることによって、今回の二度にわたる地震が、川柳と通して生き続けるのではないかと思っています。
 なにはともあれ、候補作品の一つになった事は光栄だとおもいます。
 この句集が、熊日出版文化賞3点に選ばれたら、熊本県川柳協会の宝になるでしょう。
 今日は、大変嬉しい内容の記事のブログを書くことが出来ました。

 これからも、こんな嬉しい記事があればと思っています。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

雪見障子から庭の雪

 昨日の夜の天気予報で、明日は雪が降ると言っていましたら、予報どうりに夜半に雪が降っていました。
 朝6時頃、何時ものように、妻が寝床にお茶を持って来て、部屋の雪見障子を開けましたところ、庭の松やつつじの木々、庭石に雪が積もっていました。
 雪が今日ほどに積ったのは、冬になって初めてです。
 お茶を飲んだ後、外に出て庭や屋根瓦を見たら、綺麗に雪化粧をしていました。
 妻は、横浜の孫達に早速ラインで我が家の雪化粧の写真を送っていました。

 今日の午前中は、熊本国際交流会館で川柳噴煙吟社の幹事会があったので、近くの熊本城の崩れた石垣の雪化粧の姿を見たら、ちょっと寂しくなりました。
 熊本城の震災の様子を見たい観光客が大勢いましたが、寒さに震え、足早にバスに帰っていました。
 午後は、川柳ふんえんの2月句会でしたが、午後は、他の会議が入っていたので参加できませんでした。
 投句を頼んできたので、一つでも入選していたらと思っています。

 夕方から、近くの友人と月見て一杯が計画されています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ