2017年10月30日

楽しくなったテレビ

 今日は、朝早くから耳鼻咽喉科と泌尿器科の二つの病院の通院、銀行、ショッピングと忙しい一日でした。
 インフルエンザの予防注射も10月1日から始めっていたので、泌尿器科で問診の後、ちょっと痛かった毛で我慢して注射しました。
 最近、拡大鏡を買ったので、新聞や本を読むのが楽になり、新聞は時間が有れば隅々まで読んでいますし、川柳、ゴルフの本も拡大鏡のお蔭で、楽に詠めるよううになりました。
 それから、先日買ったビデオレコーダーが、一度に3つを録画できるので、ゴルフの放送がダブっていても録画できるので助かっています。
 また、録画時間も250時間取れるので、ゴルフだけでなく、ドラマなどもたくさん取れます。
 一昨日は、昔の映画で渥美清主演の「男はつらいよ」を録画し、昨日の夜にその録画をみましたが、渥美清、倍賞千恵子、沢田健二などの若い頃を思い出深く鑑賞しました。
 最近、老いを感じていましたが、拡大鏡とビデオレコーダーのお蔭で、毎日が楽しくなりました。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月28日

木犀の香りに癒される

 今朝は、早くから台風22号の影響で、しとしとと雨が降っていますが、夕方近くになれば台風が九州にも近づき、相当ひどい雨になりそうです。
 小雨の中に、畑が気がかりだったので出かけ、玉葱と高菜の移植、更に大秋柿の収穫も行いました。
 大秋柿も残り少なくなって、あと20個ほどになりました。
 畑には、3年ほど前に移植した金木犀が有りますが、黄金色の花をつけていたので、近くによって、香りを嗅ぎましたが、良い香りと出会え、日頃の疲れが癒された感じがしました。
 家の庭にも大小の金木犀、銀木犀が7本ほど植わっていますが、一番大きい銀木犀が白い花をつけていましたので、近くに行って香りを嗅ぎましたが、金木犀とはちょっと違った優しい香りの様でした。
 残りの6本は、まだ、花をつけていないので来週には、きっと黄金と白い花が見れそうです。
 今日の午後は、妻の姉の新築祝いが、嘉島町の和食の店で行われるので、久し振り、美酒に酔えそうですが、先日、医者に飲み過ぎを注意されたので、自粛したいと思っています。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月27日

熊本地震の復興を詠む句集

 今日も、昨日のように青空が見え、昼間はちょっと暑い一日でした。
 朝起きて、朝刊を読んだ後、畑に直行してさつま芋の収穫と苺を移植する準備をしました。
 久しぶりに、ちょっぴり汗が出て、働いた実感が出来ました。
 午前中に、日吉東小学校に行って、先日の熊日川柳大会のジュニアの部の優秀句、特選句、秀句の書かれた掲示用の物を校長先生に渡してきました。
 今年は、日吉東小学校、日吉東小学校を卒業した日吉中学校の生徒の作品が、例年の3倍ほど入選したので、校長先生は、大変喜ばれました。
 熊本県川柳協会では、今年の初めに、昨年の4月の熊本地震を川柳で詠んだ句集「熊本地震の記憶」を発行し、全国の吟社、熊本市の小中学校を始め被災した地域の学校に配布して大変喜ばれました。
 また、多くの川柳愛好者にも買って頂き、読んでもらいましたが大変好評でした。
 このような経験を踏まえ、地震から復興している様子などを川柳で詠んで貰い、「復興の句集」を作りたいと川柳仲間と準備を進めています。
 多くの方の投句を通じて参加して貰い、素晴らしい句集を、熊本川柳協会で上梓しようと川柳仲間と頑張っています。
 被災者を始め、多くの方々に投句して頂きたいと思います。
 句集が出来た暁には、多くの方に読んで貰いたいものです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月25日

新しい九州農政局長に期待

 昨日は、午前中が来年6月に開催される全日本川柳熊本大会の10月会議、午後は新老人の会川柳教室が行われ、川柳で忙しい一日で大変疲れました。
 今日は、地震で自宅の被害を受けた義兄の新築を見に行きました。
 新築は二階建で、地震に強い積水ハイムの家でしたが、とっても高価でちょっと吃驚しました。
 今日の朝刊の「人ひと」の欄に九州農政局長に就任された石井俊道氏の記事が目に止まりました。
 その記事によると、石井氏は、島根県安来市の中山間地で高校時代を過ごされ、実家はコメやナシを栽培される兼業農家で育たれました。
 幼いころから父母が夕食後も選果作業など忙しく働かれる姿を目のあたりにされようですが、私の幼い頃の状況と重なりましたので、ちょっと共感を覚えました。
 就任の抱負を見ると農村の思いや努力は知っているので、農林水産業の所得の向上めざし、家族でゆっくりと食事ができるような農家にとしたいと述べられていました。
 私が住んでいる地域では、三十数戸あった農家も、現在では五戸以下になってしまいました。
 あと五年も経てば、専業農家は皆無になりそうですが、このような状況の打開策も検討して貰いたいと新農政局長に期待したいます。
 我々の先祖が守ってきた農地を今後も守り続ける対策が必要です。
 私は、元気である限り、先祖から頂いた畑を守り続けるつもいです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月23日

第63回熊日川柳大会

 今日は、日本列島を襲った台風21号も北海道に行ってしまい、久しぶりに青空が見えています。
 私の家の近くのマンションの至る所で、ベランダに洗濯物が風に踊っています。
 今朝は、朝早くから明日の新老人の会川柳教室の準備を2時間ほどかけてやっとでできました。
 その後ここ3日ほど、忙しくて行けなかったゴルフの練習に行って、ちょっぴり汗を出し頑張りました。
 昨日は、午前10時から第63回熊日川柳大会が、世安町の熊日新聞社本館2階ホールで行われました。
 台風で、風も強かったので、当日参加者が例年より10数名少なかったですが、事前投句71名、当日参加者78名で、総勢149名の参加者があり、また、宮崎、福岡からも数名駆けつけて頂き、大会に花を添えて頂きました。
 今回の大会の課題は、宿題が「ずばり」「プラス」「紐」「叶う」、当日出される出席者題「託す」の五題で、皆で競い合いました。
 私も課題「紐」の選者を務めましたが、色々の紐の句を選ばせていただきましたが、私が予想もつかないような「紐」の句が沢山あり、楽しませて貰いました。
 午後1時半から入選句の発表が課題ごとに行われましたが、その前に、事前投句をして貰っていたジュニアの部の表彰式が有り、子供たちは真剣な顔で表賞状を受け取っていました。
 私が事前投句をお願いした家の近くの小中学校の児童生徒も、例年より沢山入賞していて、感無量でした。
 私達選者は、入賞は出来ませんが、三才には入選できず、五客が3句、佳作が3句入選できて、恥ずかしくない程度の成績でした。
 多くの投句の中から大会代表句と優秀句に選ばれた2句をご紹介します。
  大会代表句(課題「ずばり」)
   復元にずばりとはなる城の石  山本あかね
  優秀句(課題「紐」)
   紐を解く十指の先にまで鼓動  北村あじさい
 今回の大会の総合一位(優勝)は、ベテランの玉名市の森永可恵子さんでした。
 次の熊本で行われる大会は、来年の2月に行われる熊本県川柳協会川柳大会です。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月21日

木彫りの置物

 大型の台風21号と秋雨前線の影響で、ここ数日は、雨が降ったりやんだりの日が続いています。
 昨日は、時折小雨が降る中で、ゴルフ場の練習仲間と以1カ月ぶりにコースに出かけましたが、練習場のようなスイングが出来ず、思うような結果には恵まれませんでした。
 明日は、衆議院議員の選挙ですが、日本列島は、台風のために大雨の模様ですが、投票率が気にかかるところです。
 私は、数日前に期日前投票を済ませてきました。
 今回は、私のように期日前投票を行う人が増えているようですが、20代の若い人達の投票が増えて投票率の向上が欲しいものです。
 私が支持する自民党は大敗は免れるようですが、雨での投票率の低下がどう影響するか心配です。
 今日は、私の家に飾って有る木彫りの置物の話です。
 私の応接間の棚には、色々なこけしが並んでいますが、床の間はに、北海楼の熊、虎、水牛、アイヌの木彫りが有ります。
 これらの木彫りには、それぞれに思い出があります。
 北海道の熊の木彫りは、市役所在職中に北海道に出張したとき、かなりの金を出して買ってきました。
 大きな置物が無かったので、床の間で光っていました。
 虎の木彫りは、私が今住んでいる家の新築祝いに、当時飲み仲間だった自民党県本部の職員の方から頂いたものです。十数年合っていないので合って飲んでみたいものです。
 アイヌの木彫りは、長男が生まれた時、高校時代の友人から頂きました。
 これらの三つは、大事に床の飾っています。
 もう一つの水牛の木彫りは、先の地震で、自宅を解体されることになった川柳仲間から頂きました。
 この他に陶磁器の馬の置物、孫の兜なども所狭しと床の間に並んでいます。
 今日は、何を思いついたのか、木彫りの置物の話をさせて貰いました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月19日

わたしを語る「白くて甘くてまあるくて」

 昨日は、一日中しとしとと雨が降りつ続いたので、畑も行けず、ちょっとだけゴルフの練習に行きました。
 久し振りに一日中、のんびりと積読の本を読み漁ったり、22日に行われる熊日川柳大会の投句の作品の推敲をしましたが、中々納得のできる句が出来上がりません
 私は、地元の熊本日日新聞の愛読者ですが、特に愛読しているのが、読者のひろば「わたしを語る」の連載です。
 この連載には、1年に10名ほどの方の生き様などの話を読むことが出来ます。
 これまでも、気に行った、興味のあった記事はノートにスクラップしていますが、現在は10冊ほど有ります。
 一冊の本として上梓された時は、買って本棚に並んでいます。
 今月の14日から氷川町の「白玉屋新三郎」社長牛島伸夫さんの「白くて甘くてまあるくて」の連載が始まりました。
 初日の話を読んだ時は、白玉物語には余り興味がなかったのですが、ここ数日読むたびに、私との年齢差も近く、育った農村環境、教育熱心な両親など類似点が多く、毎朝朝刊を開き、真っ先に読んでいます。
 また、最近はスクラップはしていませんでしたが、今回の牛島さんの連載は、ノートにスクラップを始めました。
 幼い頃、学校から帰ったら勉強もせず、遊びの「三種の神器」肥後の守、マッチ、塩を持って遊んだ話、私の小学生時代とそっくりで感銘しました。
 三種の神器の一つ肥後の守は、椋の実鉄砲、吹き矢などを沢山作りました。
 マッチは、焚火の火をつけるため、また、塩は、家の庭の青梅や畑のトマトやキュウリの盗んで塩をつけて食べるものでした。
 今回の話は、読めば読むほど親近感を覚え、昔の悪がき時代が甦ってきます。
 明日の朝刊の記事が楽しみです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月17日

一票の重みを考える

 今朝も夜半からの雨が降り続き、畑には行けそうにありません。
 何時もより、じっくり朝刊を読んで朝の時間を費やしています。
 朝刊には、選挙絡みの記事が多くの紙面に顔を出しています。
 ここ数日、自分の一票の行方を考えながら、どの党に、誰に投票するかを、これまでの選挙と違って考えています。
 前回の市議会議員の選挙で、私達の地域代表が、最下位で同票数になり、くじ引きの結果負けてしまい、落選しました。
 その時、一票の重みはわかってはいましたが、この選挙で、一票の重み、そして負けた戦を実感しました。
 私は、根っから自民党を支持しているので、比例は自民党ですが、地方区では、保守系の二人のどちらにしようかと、迷っています。
 その一人は、前議員で、地域のために尽くして貰ったので、これまでに一貫して支持をしてきた人で、もう一人は、若い、将来性のある、しかも高校の後輩です。
 前議員は70歳半ばを越えておられ、若い方は、30代後半、そして、ともに東大の法学部、二人とも財務省のキャリア出身です。
 私の一票は、これまでの実績を重視するか、これから未来に羽ばたく後輩を支持するか、どちらにすべきか迷っています。
 出来ることなら、二人とも当選して貰いたいのですが、それは不可能なことです。
 どちらに、一票を党票するかは、期日前投票場で決めます。
 今回の熊本2区では、私のように、与党のどちらにするか悩んでいる人が多いのではないでしょうか。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月16日

選挙権年齢18歳引き下げ

 昨日は、一日中、しとしと、時たまザーザーと雨の一日でした。
 先日、苗を移植した白菜とキャベツの様子を、小降りの時傘をさして見回りましたが、大丈夫でした。
 一昨日の江津湖花火大会は、雨の中「大輪の花」が夜空と湖面を彩ったようです。 
 最初に熊本地震の犠牲者を追悼する直径240mの「鎮魂の花火」が打ち上げられ、次々と復興を願う1万発の花火が打ち上げられ、観客は歓声を上げて夜空を見上げていたそうです。
 一昨年、選挙権の年齢が18歳に引き下げが国会で決められ、昨年の参議院議員選挙から高校生や大学生も選挙に参加するようになったが、若い人の投票率は、全体よりかなり低かったようです。
 今回の突然の解散による衆議院議員選挙が二度目になるのを控え、学校では色々な調査や、模擬投票を行い、選挙に対する参加の向上が図られている。
 最近は、国会議員を始め地方議員の不祥事が多く、国民の選挙離れが加速し、アパシー(政治的無関心)も増えているが、大変遺憾なことであります。
 一寸奇抜な意見ですが、ブラジルのように、選挙を棄権しないように、棄権者に罰金のような罰則を課さなければ、これから先の選挙八どんどんと投票率が下がり、政治が危ぶまれるのではないでしょうか。
 因みに私は、熊本市役所在職中は、選挙事務に従事していたので、大学時代住民票を熊本に残して東京にいた時に棄権した以外は、無欠席で投票所に行っています。
 私の妻や娘も私の影響で、毎回選挙に参加しています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月14日

今日は江津湖花火大会

 今日は、何時もは朝の2時間程度しか頑張らない畑仕事を、朝6時から2時間、一旦朝食を食べに帰って、朝ドラを見て、午前中頑張りました。
 何故頑張ったかと言えば、午後から雨が降る予報が出ていたので、キャベツ、白菜の苗の移植、山芋のムカゴの種の植え付けを行ったからです。
 午前中、移植したキャベツと白菜の苗は、元気がなかったのですが、午後に雨を浴びたらすっかり元気になったようです。
 すべての苗が、元気よく成長して呉れたら万歳です。
 今日の夕方は、昨年は熊本地震で中止になった花火大会が江津湖で行われました。
 例年は、8月に行われていましたが、今年は、地震から1年半に当たる今日、10月14日に行われたようです。
 しかし、生憎の雨で順延かと思いましたが、小雨だったので決行されたようです。
 私は、最近あまり花火大会の会場まで足を伸ばすことなく、家で花火の音を聞き、茶の間でニュースで綺麗な花火を楽しんでいます。
 娘は、友達と一緒に妻の会社のビルの7階から見たいと言って出かけました。
 雨が降ったので、観客も少なかったのではないでしょうか。
 1万発の色とりどりのの綺麗な花火が見れるのに、雨でもったいないような気がします。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月13日

一寸早すぎた冬支度

 今朝は、曇りの模様だったので、畑で高菜の移植を行いました。
 今年こそは、来年の立派な美味しい高菜を作りたいと意気込んでいます。
 ここ数日、30度近い、真夏日、残暑が続いていますが、秋バテになりそうです。
 先日、ショッピングに行って、ゴルフ用の冬のシャツ、ジョギング用の冬向きのトレニング、それと冬のおしゃれ用品の上下のジーンズを買い込んで、冬支度を始めました。
 ところが、ここ数日は半そでシャツで十分過ごせます。
 一寸、冬支度が早すぎたようです。
 異常気象の今年の日本ですが、日本特有の四季が、崩れそうな気もします。
 兎に角、四季が崩れず、春夏秋冬のはっきりした季節感を持ちたいものです。
 ここ数日は、夏物と冬物の衣替えをしたいと思っていましたが、暫くお休みです。
 歳を取ったので以前にまして、健康には用心したいものです。
 今日の午後は、益城川柳教室の日だったので、講座生の皆さんには、課題「秋の虫」に挑戦して貰いました。
 久しぶりに、講座生の9名が全員出席で、皆さん佳吟を詠まれて和やかかな句会が出来ました。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月12日

どんどん変わる我が町

 私の家の近くの田圃は、数日前まで黄金色だった稲穂も、ここ数日のうちにコンバインで刈り取られてしまった。
 昔は、10日以上かかって、やっと稲刈りが終わり、それから籾摺りをしていたものである。
 また、稲刈りの終わった後は、麦を植え、冬には頬かむりをして、麦踏をしていた姿が、田圃のあっちこっちで見かけられたものである。
 その麦を植えることも無く、来年の田植えまで休耕田である。
 私の町は、熊本市内から近い郊外の町で、私が中学生の頃に南北に国道3号線が通り、40代の頃に東バイパスが東西に走り、熊本市の交通の要になった。
 それ以後、田圃だった土地は、宅地に変わり、借家が出来て、今では高層のマンションが立ち並び、すっかり昔の姿が消えてしまった。
 町の大半は、農家だったが、現在では田圃を耕作している過ってのの農家が数軒になってしまった。
 あと10年も経てば、農家の後継者はいなくなり、誰が農地を守るのか心配している。
 私の家でも、過って田圃だった土地は貸地にし、500坪だけ畑にして、私が家庭菜園として守っているが、私が亡くなった後は、どうなる事だろう。
 兎に角、私の町は、すっかり様変わりし、これからも変わって、私が生まれた頃の町は消えてしまうのではないだろうか。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月11日

例年よりも多い「蜘蛛の巣」

 衆議院議員の選挙の告示が昨日行われ、テレビや新聞では選挙戦の火ぶたが切られましたが、私の家の近くでは、選挙カーの声は今日まで聞えません。
 与党も批難すべきところもあるが、野党は阿部さんを倒すための選挙に力を入れ、誹謗中傷ばかりで、国民の事は何も見えません。
 個人的な考えですが、もし、野党が連携して政権を取っても、民主党が政権を取った時より、烏合の衆的政権になってしまうのではと危惧します。
 今日も朝早くから、畑に行って、畑のまわりの土手の除草を行ったので、野菜の芽が出てきれいな畑を始め、全体的に綺麗な畑の風景になりました。
 今日の午後は、家の庭の草も少し大きくなっていたので、通路などに除草剤を蒔きました。
 除草剤を撒きながら通路を通ると蜘蛛の巣が8カ所ほどありました。
 今年は、異常に蜘蛛の巣や「秋の蚊」が多く感じられます。
 蜘蛛の巣には、一匹だけの蜘蛛の巣が多いですが、2か所だけ大きな雄と小さな雌の巣がありました。
 蜘蛛の巣をちょっと触ってみたら、全身を震わせ、巣を揺すって威嚇してきました。
 夕方には蚊も多く、半袖で外に出ると、気づかないうちに、刺され赤くはれてしまいますので、虫刺されの薬「ムヒ」が手放せません。
 ここ数日、30度を超す残暑が続き、まだエアコンを使っています。
 これ以上、残暑が続けば秋バテになりそうです。
 白菜、きゃべる、高菜の苗が移植を待っているので、一雨欲しい所です。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月09日

20日遅れの藤崎宮例大祭

 今日は、午前中に新しい耕運機が届きました
 明日から、楽しい農作業が出来そうです。
 その後は、ちょっとだけでしたがキャベツの苗の移植を行いました。
 いつも土に触れると落ち着く感じです。
 午後は、川柳ふんえんの10月の句会で、課題「磁石」選者努めましたが、課題が難しく、皆さん句作りに苦労されたようです。
 4時から校区のイベントの会議が入っていたので、ちょっと早めに句会を退席しました。
 帰る途中で、藤崎宮例大祭の神幸行列と飾り馬が街を駆けていた行列に出会いました。
 飾り馬や勢子は、昔に比べると大変大人しくなっていました。
 昔は、飾り馬を竹で叩いて、馬が驚き暴れて、観客が怪我したことも有りました。
 今年の飾り馬の数は65頭で、昨年の熊本地震の影響で少なかったのに比べると、例年の数に戻りました。
 ここにも、少しづつですが地震からの復興の兆しも見られました。
 来年も今年のような素晴らしい藤崎宮例大祭を期待します。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月08日

新しい耕運機で野菜作り、健康作り

 今日は、連休二日目の日曜日ですが、朝から畑へ行っての農作業でしたが、今朝は、普通の朝とは意気込みが少し違っていました。
 それは、退職した翌年に購入した耕運機が、一度は修理して、まだ使えましたが、新しい2代目の耕運機に買い替えました。
 新しい耕運機は、これまでのよりちょっと大きめなので使い勝手が良いです。
 今日の午前中は、新しい耕運機を使って、汗を流しました。
 500坪の畑の半分以上で、四季折々の野菜を作りその野菜を、毎日の食卓に乗せ、野菜三昧の食生活を送っています。
 何時も余った野菜は、近所、ゴルフ仲間、川柳の仲間にお裾分けをして喜んでもらっています。
 何はさておき、先祖から頂いた土地を使って、農作業をして、更に健康作りが出来ることは、誰にも出来ない至福だと思っています。
 今日もゴルフの話ですが、昨日の尾崎将司プロのエージシュートのサプライズに続いて、今日も、同じツワーワールドカップ戦で、素晴らしい記録を作って、男子プロ選手会会長の宮里勇作プロが、4日間ノーボキーで、22アンダーで優勝しました。
 この4日間ノーボギーでの優勝は、誌上初めてだそうです。
 ここ二日間の尾崎プロ、宮崎プロのビッグサプライズは、ゴルフフアンにとっては、自分の事のように嬉しく、励みになることと思います。
 アメリカのゴルフは、オフに入りましたが、日本のゴルフは、後半戦のこれからが楽しみです。




   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月07日

市民劇場文学座公演鑑賞

 今朝は、畑には行かず、家の庭にある菜園場に水菜、キャベツなど移植しました。
 庭の菜園場は、いろいろな野菜を植えているので、毎日の食卓の野菜は、ここで事足ります。
 今日は、二つの話をお届けします。
 その一つは、男子プロゴルファー尾崎将司選手が、愛知県で行われているツアーワルードカップ戦で、70歳で70をマークしてエージシュートを達成しました。
 ゴルフを楽しんでいる70歳以上のゴルファーは、このエージシュートを夢みています。
 夢のような事ですが、私も75歳で、75のスコアを出したいと、ひたすら練習を積んでいます。
 今日は、熊本県立劇場で、一カ月ぶりに市民劇場で観劇会が有りました。
 今日の公演は、文学座による「大空の虹を見ると私の心は躍る」の長いタイトルの劇で、上演時間は短く1時間45分でしたが、感動の場面が沢山ありました。
 舞台は、地方都市の繁華街にある廃館間際の映画館で、そこで繰り広げれたなかのひとつで、子供の「いじめ」が起り、中学2年生で自殺した生徒の家族、関係者の其々の思い、辛さなどを演じられています。
 自殺した息子の父と兄が、加害者、学校、警察、マスコミに対して真偽をの解明を求めましたが、ひたすら隠すばかりで、事件の真実の解明が出来ないことに、憤りを感じたが、最後は諦めてしまいました。
 そして、最後に、父が子供の自殺は、自分が子供の危険のサインを知ることが出来なかったことを悔やんでいました。
 今日の観劇の感動、感激の気持ちを上手に伝えることはできませんでしたが、素晴らしい劇を鑑賞できました。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月06日

ノーベル文学賞に長崎生まれの英国人作家

 昨日は、1か月半ぶりに阿蘇グリーンヒルズカントリークラブでゴルフ練習場の仲間とゴルフを楽しみました。
 このゴルフ場に行くには、途中の道路がが熊本地震で崩壊して、通行止めになっているため、迂回道路を使って行かねばならず、何時もの倍近くの時間がかかりました。
 また、心配した雨は降りませんでしたが、ここのゴルフ場特有の突風に悩まされました。
 パートナーの3名は、突風でいいスコアが出ませんでしたが、私は突風にもかかわらず何時もの結果が出て楽しいゴルフでした。
 2017年募ノーベル賞の受賞者が、3日から発表されていますが、昨年に続いての物理学・化学賞の日本人の受賞は出来ませんでしたが、5日に発表された文学賞には、長崎生まれの英国人作家カズオ・イシグロ氏の受賞が決まりました。
 カズオ・イシグロ氏の受賞は、日本出身の作家としては川端康成、大江健健三郎に次いで3人目で23年ぶりの受賞です。
 スウェーデンアカデミーでは、受賞の理由を「偉大な感性を持った小説によって、世界と繋がっているとい幻想潜んだ深淵」と明らかにしています。
 英国人作家と言え、両親が日本人で、5歳まで長崎に住まわれていたと聞き、凄く親しみを感じました。
 長崎の幼稚園で担任だった91歳の田中さんは、取材に応じ、イシグロさんが大変な本好きだったと話されていました。
 早速。イシグロ氏の本を買って読みたいものです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月04日

アメリカの銃規制法「ブレイディ法」

 今日の農作業は、午前中に歯の治療が有ったので、夕方1時間ほど行いました。
 作業は、昨日種物屋さんから買った白菜を植え付けました。ついでに種から育てていたキャベツの苗も植え付けました。
 今日は、一寸したサプライズが有りました。それは3年目で、やっと10個ほどの茗荷の収穫ができたことです。
 話しは変わりますが、毎日、テレビをつけると、どのチャンネルも衆議院議員選挙に関するニュース、、米ラスベガス銃乱射事件などの報道ばかりです。
 アメリカでの銃保持が認められている事は、我々日本人から考えるととんでもないことです。
 開拓時代のアメリカは、防衛のために銃の保持は仕方がなかったかもしれませんが、現代社会での銃の保持は必要悪だと考えます。
 アメリカでは、法律による銃の規制が何度も試みられたが、なかなかできませんでした。
 ところがプレイディ法が1993年に制定され、銃を販売する際に、販売店に購入希望者の犯歴を警察に紹介することが義務付けられました。
 この法律名は、レーガン大統領暗殺未遂事件において負傷した大統領補佐官のジェイムズ・プレイディに因んでつけられたそうです。
 また、この法律の成立の後押しをしたのが、アメリカルイジアナ州で起きた日本人留学生射殺事件で射殺された服部剛丈さんの両親が、銃規制を求める185万人分の署名を当時のクリントン大統領手渡したという事実もあります。
 しかし、この法律は、現在は失効しています。
 アメリカでは、大衆が集まる場所を狙った乱射事件が起こり、多くの死者や負傷者が後を絶ちません。
 この様な現状を打開するには、一刻も早く、銃の規制が制定されるべきだと思います。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月03日

2017人権啓発作品審査

 今日の午前中は、毎年10月の初めに行われる熊本市人権啓発市民協議会と熊本市・熊本市教育委員会が人権啓発作品を募集した優秀作品の審査が、熊本市役所の会議室で行われました。
 私は、ここ数年川柳部門の審査員を務めてきました。
 今年の応募作品は、昨年の熊本地震で少なかった応募作品よりかなり増えました。
 多くの応募作品の中から、最優秀句一句、優秀句二句を選ぶので、大変気を使います。
 私は、熊本県川柳協会の会長という立場で、色々な所の審査を行っていますが、審査をするたびに、自分の実力の低さに直面し、日々勉強しています。
 しかし、川柳の奥の深さも理解し、自分の句を作るように努めていますが、大変難しいです。
 今日も衆議院議員の選挙関連のニュースが、どのチャンネルでも報道に余念が有りません。
 毎日、刻々と変化する選挙戦、希望の党を中心に朝令暮改の状況です。
 投票の結果が読めない状況に、国民はどう思っているのでしょうか。
 兎に角、国民の為になる政治を行ってくれる議員が選出されることを望みます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年10月02日

毎月購読の川柳誌から学ぶ

 今日は、朝からしとしとと、午後はかなりの雨が降り、先日まで畑に野菜の種を蒔いていたので、慈雨と喜んでいるところです。
 今日は、雨のために、外に出かけることも無く、川柳関係の資料作り、川柳大会の句作りを行いましたが、中々か佳吟は詠めませんでした。
 また、ビデオに撮っていたゴルフも、幾つか鑑賞できました。
 月末から月はじめになると、私が購読している月刊誌の川柳ふんえん、川柳マガジン、川柳番傘、熊本番傘お茶の間川柳会「壺」、季刊誌川柳「葦群などの」の川柳誌が送ってきます。
 すべては、なかなか読めませんが、時間を作って、なるべく読むように努めています。
 これらの川柳誌には、川柳に造詣の深い先輩たちが、いろいろ寄稿されていますが、勉強させて貰っています。
 また、私は二つの川柳教室を主宰していますが、これらの柳誌から多くの資料を使って、講座生の方達と一緒に川柳の事について学んでいます。
 これらの柳誌を読んでいると、川柳の奥の深さも分かり、益々川柳について学ぶ喜びも感じます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ