2017年07月25日

シンガポール旅行余談

 数日前に、やっと梅雨明けをした熊本、毎日じっとしていても汗が噴き出す日が続いています。
 そんな熱い中に、昨日は今週末に息子一家が横浜から帰省するので、孫と一緒に野菜を植えたり、収穫しようと思って、綺麗な畑にするために汗を流しました。
 今月初めに、シンガポール旅行行って、早や2週間が経とうとしています。
 そんな中に、昨日の地元新聞に「シンガポール 派手な造形”アイコン”増殖という見出しでシンガポールのビルの記事が目に止まりました。
 今回の旅行で、先ず気づいたのは、派手で、奇抜で、綺麗なビルが所狭しとそびえていた事です。
 また、新しいビルが建てられる中で、昔東インド会社が立てたとされる大きな郵便局などは、素晴らしいホテルに生まれ変わり現役で頑張っています。
 シンガポールのアイコン建築と呼ばれる代表的なビルの極めつけは、3棟のビルが屋上庭園を支える構造で新しいランドマークになった「マリーナ・ベイ・サンズ」のようです。
 このビルの屋上プールは、皆さんお馴染みですが、ホテルの利用客だけしか利用できないそうです
 また、33階に展望レストランがある日本人建築家伊藤豊雄さん設計の「キャピタグリーン」も有名です。
 シンガポールでこのようなユニークなデザインのビルが多いのは、これらのビルが商品価値を持ち、観光客を集めるのに大変役立ち、国の繁栄に繋がっているそうです。
 機会があれば、もう一度旅行したい国です。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ