2017年05月12日

百年前の今日民生委員が熊本で起こる

 今日は、早朝から雨で、畑では雨がたっぷり降り過ぎたようです。
 早速、畑の様子を見に行きましたが、ちょっぴり地盤が緩くなっていて、移植したばかりの茄子、ミニトマトが倒れそうになっていました。
 明日雨が止んだら、野菜を元気付けに行きます。
 今日は、民生委員制度が出来て100年目だそうです。
 私と民生委員のかかわりは、市役所在職中に、民生委員を管轄する部署に行って、民生委員さんのお世話をしたこと、更に退職して私が住んでいる町で、6年ほど民生委員をしました。
 私は、民生委員のバッジを大切に持っていますが、このバッジは四つ葉のクローバーの中で鳩が羽を広げ、愛情と奉仕を表現しています。
 民生委員制度は、「済世顧問制度」として岡山県で発足し、翌年には、大阪府で「方面委員制度」として始まり、全国に普及しました。
 大阪府知事として方面委員制度の創設に力を注ぎ、「民生委員の父」といわれた林一蔵氏は、熊本市の出身です。
 今回の熊本地震では、県内の多くの民生委員の方が、支援で活躍されましたが、最近は、、民生委員になられる方が少なくなっています。
 この点が、気になるところです。

   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ