2016年10月25日

新老人の会10月川柳教室

 今朝は、朝早くから庭の手入れをしました。
 先ずは、庭に生えている小さな雑草の除草、一カ月ほどやっていない落ち葉の掃除、伸びきった蔓ものの剪定などいっぱい仕事が待っています。
 お昼からは、毎月第4火曜日に行っている新老人の会10月川柳教室を、何時もの会場鶴屋デパートの東館のパレアの会議室で開きました。
 現在、講座生は14名ですが、お休みの方があっても10名以上は出席されます。
 ほとんどの方が、70歳以上、92歳の方も居らえますが、これまで1回も欠席されていません。
 出席率は、講師の私と同じ100%ですので、頭が下がる思いです。
 その講座生の方は、80歳で日本画も始められ、私も力作を2点ほどいただきました。
 素晴らしいその2点の作品は、私の書斎兼応接間に飾っていますが、訪れた方からは好評を得ています。
 講座のあった一階下で、その方の所属するグループの展示があったので、ゆっくり鑑賞し、目の保養をさせてもらいました。
 今日の講座生の方の川柳を二つ三つご紹介します。
  課題は、「虫」でした。
   鈴虫の鳴く音に裏戸閉められず    昭子
   泣き虫の赤ちゃん今日はよく笑う   貴子
   虫の音のオーケストラは闇の中    和子
   カブト虫けんか相手をともえ投げ   文夫
   父ちゃんは仕事の虫とからかわれ   律子
   講座生の皆さん、大変うまくなられました。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ