2016年10月06日

本棚から宝の本が続々

 今日は、正午からロータリークラブで知り合い、何度も一緒にタイのチェンライへ行って、山岳民族アカ族の子供の支援をした、そして高校の先輩ということもあって可愛がって貰った村山陸奥雄さんの葬儀に参列しました。
 これまで青年会議所の理事長、ロータリークラブでの要職を歴任されていたので、会葬者は多いとは、思っていましたが、先ず吃驚したのが、親戚を始め各方面の方から供花の多かったことです。
 60本ほど有ったのではないかと思います。会葬者も入りきれない多かったのですが、昨夜の通夜も今日の葬儀以上に多かったそうです。
 村山さんの付き合い多かったことを痛感しました。
 昨日から、本格的に書棚の整理にかかりましたが、中々整理が進みません。
 書棚から一冊一冊を手に取りながら、詠んだ本、途中まで読んで折り目が入っている本、買ったままで全然手を付けてない本に分けて、既に読んだ本は処分し、途中まで読んでいる本、まだ読んでない本は、書棚に残すことにしています。
 すでに読んだ本の中には、もう一度読みたい本も沢山あります。
 手の付けていない本にも、タイトルと目次をみると、早く読みたい本もいっぱいあります。
 書棚は、宝物の宝庫です。
 なるべく、読書の時間を作り、積ん読の解消に努めようと決心しました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ