2016年04月20日

しぶとく続く余震

 14日の夜の前震から1週間が経ちますが、翌々日の本震、その後も余震が続いています。
 今日も私が感じた余震も1時間おきに起きています。
 余震も慣れてしまって、少し怖さも薄れてきましたが、まだ、何時、本震以上の地震が来るのではないかと恐怖に慄き、体がストレスを感じています。
 今朝は、月に一度、薬を貰っている病院に行って、何時もの薬を貰ってきました。
 これで1月は、薬の方は大丈夫になりました。
 二つの病院も治療はされていますが、トイレの水が出ず、使用禁止になっているので、お年寄りは大変の様でした。
 病院から帰宅して、私がブログを書いている応接間兼書斎を片付けていますが、千冊を超える本や多くの書類が所狭しと散らかったいるので、一向に整理が進みません。
 本塁は、先日買ってきた野菜籠に詰めていますが、本の中には思い出や懐かしい本があって読むこともあり整理が遅れています。
 食事時に、時折ニュースを見ていますが、益城町や阿蘇の方の被災の凄さに比べると、私たち家族の被災軽く幸せだと感謝しています。
 整理した本の中に五木寛之の私訳「歎異抄」があったので、病院の待合室で、暇を見て呼んでいますが、
 親鸞の教え「他力」の事が、今回の被災で感じるところがあります。
 今日の夜も、余震を気にしながら床につきますが、避難所暮らしの方達が気になるところです。
 明日も早くから片づけをする予定ですが、雨が降りそうなのでできるだけ頑張ります。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ