2015年09月10日

わたしを語る「生死の境を歩む」

 熊本の空は、時折お日様も顔を出すいい天気ですが、栃木県、茨城県では台風17号は過ぎ去ったものの、豪雨に見舞われ大きな災害が出ているようです。
 私達、熊本も先の台風で大きな災害に見舞われ、復旧に頑張っているところです。
 本当に、大自然の恐ろしさを見せつけられます。
 今日は、久しぶりに歯医者に行って、歯のエステをして貰いました。 
 定期的な歯のエステのお蔭で、ここ数年特別な治療もしなくていいので助かっています。
 毎日、熊本日日新聞に連載されている能役者 狩野e鵬さんの「生死の境を歩む」の中で語られている「能」に纏わる話や狩野さんの人生訓など楽しく読ませていただいています。
 能とは、あまり関係のない私でしたが、テレビなどで能を見ていると、難しいかもしれないが、一度習ってみたいと思ったこともありました。 
 連載を読んでいると、能についてどんどん知識がついて来る感じでわくわくしています。
 この連載も、今日で31回目ですが、なるべく多くの回数連載して、色々教えてもらいたいと思います。
 そのような中に、先日熊本県文化懇話会の機関誌「熊本文化」を読んでいたら、熊本県文化懇話会が芸術活動に、長年携わり顕著な功績があった人に贈る第43回熊本芸術功労者14名の発表がされていました。
 その中の一人に、狩野e鵬さんのいちばん弟子ともいわれる「塩山良一」三の名前がありました。
 昨日、川柳仲間の北村さんとの電話の話の中で、塩山良一さんが北村さんと親戚だと聞きました。
 急に、能との距離が近くなった気がしてきました。
 これからは、もし能を見れる機会があれば、是非見たいと思っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ