2014年10月31日

どぶろく特区

 今日で10月も終わり、今年も残すところあと2月です。
 この間、正月を迎え、家族5人で新年のお慶びを交わしたところですが、明日は11月です。
 今朝も相変わらず、朝起きて朝刊を読み、夜が明けるのを待って畑へ一目散に向かいました。
 畑も最近は、頑張っているので、綺麗になって、色々の野菜が頑張っています。
 今朝の畑の作業は「芋掘り」ですが、結構実が入っていました。
 その他の収穫といえば、ほうれん草、水菜、大根の間引きなどです。
 大根は、間引きと言えども結構大根らしくなっていますが、今朝は早速、大根摺りで食べました。
 夕方晩酌をしながら、テレビを見ていたら、どぶろくの話があっていました。
 四国の御遍路のある高知県三原町では、国から「どぶろく特区」の指定を受けて、7軒の農家がどぶろくを作っている話ありました。
 私たちの地域でも50年ぐらい前までは、秋まつりのために作った甘酒を、数日寝かせればどぶろくが出来ていました。
 このどぶろくは、そのまま飲めば米粒が入っていましたが、上澄みだけのものを飲めば清酒と同じだったようです。
 酒税法から見ると違法だったかもしれませんが、何かの会合の時はよく振る舞われていたのを記憶しています。
 夕刻から雨粒が落ちてきましたが、畑の野菜は喜んでいるようですが、特に3日前に移植した「サラ玉」は元気づくでしょう。
 明日は、近見日吉神社の社殿、境内の清掃の日です。
 朝早くでも小降りになればと心配しています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月29日

「講座熊本U 熊本のビジネス」

 今日は、9月24日から始まって、今日で6回目になる熊本学園大学経済学部の「講座熊本U」の講義の日です。
 午前中は、何時もどうりの朝の畑の作業、ゴルフの練習でしたが、午後1時からは講座熊本Uの講義を90分ほど受講しました。
 今日の講座のテーマは、「熊本のビジネス1」で、講師は、鶴屋百貨店取締役副社長村上憲誠さんでした。
 講義の内容は、先ずは熊本の小売業の現状、百貨店の売り上げの変遷、鶴屋デパート中期経営計画の策定などの話でした。
 講師の村上副社長とは、鶴屋デパートの母の日川柳、父の日川柳の表彰式の時同席していたので、どこかに親近感を感じ、楽しく講義が聞けました。
 村上副社長の自己紹介で、吃驚したのは56歳で熊本学園大学の大学院入学され、2年間で博士課程を修了され、その2年後の58歳では、現在難関の資格税理士の資格の取得されたそうで、その頑張り屋的なところには感動しました。
 来週は、11月5日に「熊本のマスコミ」を筬島一也RKKの制作局長の講義が聞けます。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月28日

90歳の講座生からのプレゼント

 今日は、朝早くから秋空の中の清々しい1日でした。
今日の午後は、私が川柳教室を担当している一つの「新老人の会川柳教室」の日です。
 何時もは、前日までに準備をしているのですが、昨日まで忙しく朝からの準備でした。
 この教室の講座生は10名ですが、毎回9名ぐらいの参加でやっています。
 講座生の多くは70歳以上ですが、その中に90歳のおばあちゃんが居られます。
 このおばあちゃんは、川柳の他に絵画の趣味もあり、絵画仲間とサークルを作り、一緒に絵を描かれています。
 このおばあちゃんに、教室を始めた頃「カワセミの写真」見せたら、お気に入りだったので差し上げました。
 ところが、今年に入って展覧会の出品用にと、このカワセミを水彩画に描かれました。
 展覧会が今月の初めにデパートで行われ、私にも招待があったので見に行きました。
 展覧会場のおばあちゃんの絵を見てびっくりしました。
 見事な絵で、カワセミがきらきらと輝いているではありませんか。
 同じ会場で写真展もあっており、カワセミの写真も出品されていましたが、その写真のカワセミよりおばあちゃんの絵のカワセミが生きて見えました。
 実は、その立派な写真を、教室の後で頂き感動しました。
 他の講座生の方も一様に、感動され喜んでおられました。
 このおばあちゃんの名前は「福田島子」さんです。
 90歳になったのを機に、現在が放送大学に入学して勉強を続けられています。
 島子さんの川柳は、絵心があり、ストーリーある句を作られます。
 今日は、素晴らしい一日で、晩酌のビールが大変美味しかったです。
 晩酌の後この写真は、私はブログを書くパソコンのある部屋の壁にかけました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月27日

第60回熊日川柳大会

 昨日が熊日川柳大会だったので、会場の準備などのために朝早く出かけました。
 川柳大会は、午前10時から受け付けが始まり、昨年より少し少ない80数名の参加者がありました。
 投句者も同じくらいの参加があり総勢160数名の賑やかな、60回という節目の還暦大会になりました。
 私も選者をの大役を務め、久しぶりの大きな大会だったので緊張しましたが、無事に大役を終えました。
 私たち選者は、入賞の対象にならないので、若干作品を作るのに力が入りませんでしたが、1句だけ、課題「海」で地賞をいただきました。
 この句は、11月に生まれる孫と息子の嫁を読んだ句だったので、何時もより感動がすごかったです。
 課題「海」     中原たかお選
  羊水の海で胎児の夢無限   古閑萬風
 もうすぐ生まれる孫に、将来大きな夢をもって成長して欲しい願いが込めてあります。
 今回も、ジュニア川柳があり、多くの小学校から高校生の参加があり、感性豊かな素晴らしい句が沢山ありました。
 今回の大会に参加したジュニアの方達が、これからも川柳を続けてくれたらと願ています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月25日

自動車運転免許証「高齢者講習」

 今朝は、朝起きぬけに畑に行って、土の改良のための苦土石灰を蒔き、牡蛎やさつま芋の収穫をしました。
 今日は、自動車運転免許証の更新の際に必要な高齢者講習を受けに行きました。
 この高齢者講習は、自動車学校で受けなければなりませんが、自宅近くの自動車学校は、12月中旬まで開いていなかったので、少し遠い中央自動車学校で受講しました。
 中央自動車学校は、私が大学2年の時の春休みの帰省中にお世話になって、免許証を取ったところです。
47年前の学校とは、綺麗で、広くなって様変わりしていました。
 高齢者講習は、70歳を越えたら免許証更新の時に、あらかじめ受けなければなりません。
 講習は、9時から3時間半ほどの厳しい講習です。
 その内容は、講義による交通事故の話、法令改正に伴う幸ツールールなどの説明、シュミレーションを使った運転技術の検査、視力に関する検査、それに実際に車を運転しての運転技術の検査などです。
 最初は、こんな講習がなぜ必要なのかと思っていましたが、実際に受けて見ると、大変ためになることばかりでした。
 明日は、熊日川柳大会です。
 久し振りに、大きな大会で選者をしますので、ちょっと緊張したいます。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月23日

留学生「(中国名『ワン・イーピン』)」の卓話

 今日の午後は、定例のロータリーの例会があり、例会の後半に行われる卓話の時間には、現在熊本学園大学大学院の国際文化研究科 博士後期課程で言語学を研究しているワン・イーピンさんの話を聞く事ができました。
 ワン・イーピンさんは、中国、上海出身の女性です。
 彼女は、今年から、ロータリーの米山奨学事業の奨学金の支援を受けています。
 今日の卓話のテーマは、「私の故郷と私の将来の夢」でした。
 彼女は、熊本に来て、5年経つそうですが、日本語うまいのには吃驚しました。
 日本人より日本語が上手いと言っても過言ではありません。
 先ずは、流暢な中国上海の食べ物や上海の町並みなどの紹介で始まりました。
 熊本を留学先に選んだのは、阿蘇山、天草の海が気に入ったからだそうです。
 熊本に来て、食べ物や熊本の「雲」が大変気に入ったそうです。
 上海では、熊本で見れる綺麗な、色々の形をした「雲」は見れないそうです。
 彼女は、中国語は勿論、英語、フランス語、それに日本語も話せます。
 大学院では、上海の方言の研究していて、ここ5年ほど毎年、九州管内大学でその研究成果を発表してます。
 とても頑張り屋だという事が、話を聞いていて、ひしひしと感じられました。
 彼女の将来の夢は、辞書を作ることだそうですが、その辞書とは、上海の方言を中国語、英語、フランス語、日本語のどれでも調べられる辞書だそうです。
 毎週、例会で卓話をを聞きますが、今回の彼女の卓話の素晴らしさには感動しました。
 卓話の終わった後、ロータリー会員のほとんど全員が感動し、奨学金制度の良さを確信していました。
 今日は、本当にスカッとする気分になりました。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月22日

和製漢字の傑作

 今日の午後は、毎週水曜日に通っている熊本学園大学の「講座熊本U」の講義の日です。
 今日のテーマは、私が勤めていた熊本市の行政の話で、講師は、過って教育委員会で同勤だった熊本副市長の高田晋さんでした。
 講義が始まるやいなや、過っての上司が、生徒でお見えなのでちょっと緊張していますと笑いながら言ってました。
 熊本市の事は、概ねわかっていますが、私が退職した後の話が、聞けたので、熊本市の現状、またこれからの熊本市はどうあるべきかというのがよく分かりました。
 今の学生さんは、公務員志向の人が多いので、みんな真剣に聞いて、メモを取っていました。
 今日は、柳誌「川柳きやり」に掲載されていた和製漢字についてのお話です。
 和製漢字というのは、日本人自身の手による漢字の事です。
 例えば日と月をあわせて「明」、山と石をあわせて「岩」のように、二つ以上の漢字を意味の上から組み合わせて一つの字形を作る会意のことだそうです。
 ほかにもいろいろありますが、火と田をあわせた畑(草木を焼いて作った耕地の意)、白と田をあわせた畠(水がなくて白く乾いた田の意)、身と美をあわせた躾(しつけは身を美しく飾るの意)などです。
 川柳を作る時に、よく辞書を引きますが、あまり考えたことはありませんでした。
 漢字の成り立ちも考えると面白そうですね。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月21日

ゴルフはメンタル

 秋まつりのお世話が終わって、今日は特別の行事も無く、ゆったりとした一日にしたかったのですが、26日の熊日川柳大会の句が出来ていないので、句作りを頑張りましたが、なかなか佳吟が出来ませんでした。
 余り運動神経の良い方ではないけれど、ここ数年ゴルフの練習を頑張っていきましたが、なかなか上達しません。
 古希を迎え、来年の1月には、70歳になりますが、最近は諦めて、スコアの現状維持と健康維持のためと開き直っています。
 ゴルフほど、メンタルなスポーツはないと思います。
 ちょっとした、心の変動が、体に影響を及ぼし、トラブルショットに繋がります。
 私は、あがり症、良いショットを打った後は、次も良いショットを雨ア種bと思い、必ずトラブルです。
 その後のパターも上手く生きません。
 しかし、私は、このゴルフのメンタルなことを頭に入れて、日常の生活も、一つ一つも行動を慎重に行っています。
 これからも、ゴルフ、川柳を初めとした趣味を頑張り、健康に努めるつもりです。
 兎に角、ゴルフほどメンタルで、自己責任の強いスポーツはないと思います。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月20日

畑の野菜が食卓に満載

 今朝は、午前8時から、18日、19日と2日間の近見日吉神社の秋まつりの後片付けを2時間ほどしました。
 昨日は、五穀豊穣、家内安全などの祈願も出来て、直会も和やかな懇談もあり、無事に平成26年度の秋まつりが終わり、宮総代一同ホッとしています。
 祭りの後片付けも、来年の準備の事も考え、整理整頓して収納しました。
 最近の私のブログは、畑の話が多いですが、今年は、一昨年、昨年に比べて、野菜つくりを頑張っています。
 夏野菜の茄子、ピーマン、オクラ、苦瓜は終わりましたが、今は、秋茄子、生姜、さつま芋の収穫が出来て、食卓は野菜で賑わっています。
 昨日収穫したさつま芋は、早速ふかし芋を美味しくいただきました。
 生姜は、冷や奴、馬刺しなどのわき役として美味しく食べています。
 20日前に蒔いた大根の菜を間引きして一夜漬けにして美味しくいただいています。
 ニラは、毎日のようにニラ玉で食べています。
 このように毎日、畑から直送した野菜を家族揃って食べています。
 半月もすれば、一文字のぐるぐる、水菜、チンゲン菜、ほうれん草、春菊など食べられそうです。
 春には、キャベツ、えんどう、スナップ、そら豆など目白押しです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月18日

ノーベル賞とはどんな賞

 10月は、秋祭りのシーズンですが、新聞にはあっちこっちの秋祭りの記事が毎日連載されています。
 今日の朝刊には、私が小さい頃から楽しみにして、友達と見に行っていた河尻神宮の下がり馬や流鏑馬の記事が大きく出ていました。
 私たちの近見日吉神社も今日の御宿の祭りから明日の神事と2日間祭りが行われます。
 私が幼い頃は、夜店も数軒出て、ばってん劇団の肥後にわかなどのイベントありましたが、最近は、ただ神事が行われ、近くの方が参拝に訪れられる程度です。
 今日のタイトルは「ノーベル賞とはどんな賞」ですが、先日の新聞記事で知ったことをお話します。
 ノーベル賞は、1901年から続く歴史ある国際的な賞です。
 ダイナマイトを発明し、莫大な財産を築いたスウェーデンの化学者である実業家のアルフレド・ノーベルの遺言を基に創設されました。
 この賞には、物理学、化学、医学生理学、文学、経済学、平和の六つの部門があります。
 受賞者は、平和賞を覗く五つは、スウェーデンで選ばれ、平和賞だけが、ノーベル賞委員会が決めます。
 受賞者は、メダルと賞状と賞金が貰えるそうです。
 また、授賞式は、ノーベルの命日の12月10に行われます。
 まだまだ、色々ありますが、今年の受賞者については、テレビや新聞で報道されたので省略します。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月17日

昨日16日は、辞書の日

 今朝も朝早くから畑に行って、そら豆の種を蒔きました。
 朝ドラを見ながらの朝食の後は、何時通りのゴルフの練習を飽きもせず練習仲間と頑張りました。
 午後は、昨日から始まった国内三大大会の最終戦「日本オープン」をテレビ観戦しました。
 1位には、タイのプラヤド・マークセン選手が、2位に日本人池田雄太選手がつけています。
 最近、私は、「今日は何の日・賢爺ブラグ」をよく読むようになりましたが、昨日16日は「辞書の日」という記事がありました。
 私は、川柳を作る際には、辞書が離せないので、ちょっと興味を持って、辞書の日の由来を調べてみました。
 この辞書の日は、1758年のこの日に、アメリカの辞書製作者ノア・ウェブスターが生誕したのを記念して定められたそうです。
 ウェブスターは、アメリカが言語においても、イギリスから独立すべきであるという愛国心に燃え、アメリカ特融の反後、新語義た用法の採録に力を注ぎました。
 また、スペルの綴りについてもアメリカ独特のつづり方を定着させたそうです。
 今日は、辞書の日の話でした。

 
  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月15日

熊本学園大学特別聴講生

 今日、10月15日は大変忙しい一日でした。
 朝起きてすぐ、畑に行って、先日、種を蒔いた野菜にの見回りをした。
 朝食を食べてすぐに、8時から始まる毎月恒例の近見日吉神社の境内などの清掃でしたが、先日の台風の影響で神社内の大木の枝が、あちこちに散乱していました。
 今朝は、私たちが清掃を行う前に、近くの銀行の行員さん達数名が、清掃されていたので助かりました。
 近見日吉神社では、秋祭りがありますが、18日が祭りの準備と五夜、19日が参拝者が来られての神事が行われ、神事の後は、参拝者の代表、自治会関係者、それに私たち宮総代での懇親会「直会」を行って、お互いの懇親を深めます。
 20日は朝早くから、後片付けを行って、3日間の今年の秋祭りが終わります。
 午後は、毎週水曜日の恒例になった熊本学園大学の「講座熊本U」の講義の受講でした。
 今日の講師は、ロアッソ熊本 代表取締役社長の池谷友良さんでした。
 池谷さんは、中央大学の出身で、私の後輩と聞いてびっくりしたのと同時に、ロアッソにも親近感を感じました。
 講義のテーマな「熊本の社会1」でしたが、自己紹介、ロアッソ設立までの経緯などを初め幾つかの話を、熱く語られました。
 非常に感動したのは、私はサッカーのうわべだけしか知りませんでしたが、監督としての選手の扱い方。サッカークラブ経営のの難しさなど、具体的な例を基に話されたので、奥の深いサッカーの事が分かったことです。
 話を聞いていて、感心したのは、熊本県人ではないのに、サッカーを通して、熊本県民を元気にして、子供たちに夢と希望を持たせ、活力ある熊本にしたいと思われている心意気です。
 授業が終わった後に、講師と私が、中央大学の先輩後輩という事で、名刺交換をし、少しだけでしたが会話をしましたが、優しい、熱き心を持たれた方だなと感じました。
 その後は、これまた毎日のリズムとなったゴルフの練習を励みました。
 忙しい一日でしたが、有意義な一日で晩酌のビールが殊の外美味しかったです。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月13日

川柳ふんえん10月句会優秀句

 今日は、台風19号の行方がどうなったのかと案じ、午前4時頃に目を覚ましテレビにくぎ付けになっていました。
 ところが、昨日の夜までは北上していた台風が、先週の18号と同じように東にカーブして、鹿児島に上陸しそうになっていました。
 台風が少し逸れても、強風が吹くのではと思っていましたが、ほとんど吹かなくて、テレビでは宮崎、大分、福岡が強風に見舞われていました。
 予想では、今回は熊本は直撃間違いなしと思って、畑も我が家も万全の備えをしていました。
 明日は、備えの整理をしなければなりませんが、台風が来たと思えば大したことはありません。
 損害保険の代理店をしている妻と娘もホッとしているようです。
 昨日は、台風の心配がありましたが、15名の参加で10月ふんえん句会が行われました。
 句会の優秀句を紹介いたします。
 平和賞少女へ心洗われる    岳人
 引退の打席へ緩いストレート  玉流川
 退院をして豪快に髪洗う    茂緒
 遠慮なく先にお嫁にまいります 万理
 台風が飛ばす火傷のわだかまり 万理
  今回の優秀句15句をお届けするはずでしたが、手違いがあり、5句だけにさせてもらいます。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月12日

台風19号に備えて

 台風18号が過ぎ去ったと思ったら、兄の後を追うように19号が、同じ軌跡のやってきています。
 今朝は、朝早くから、先ずは畑に行って風で飛びそうなものを整理しました。
 朝食の後は、近見日吉神社の境内、拝殿にあるベンチなど整理をしました。
 境内には、風速15メートル程度で落ちた、木々の枝が沢山散らかっていました。
 15日の清掃日は、大変のようです。
 その後は、我が家の庭の風に飛びそうな元の整理が大変でした。
 一番悩んだのは、1カ月前に買い買えたクラウンをどうしたら、傷を入れなくて済むかという事でした。
 市内の立体駐車場に持って行くか、それとも地下駐車場の持って行こうかと考えましたが、結果的には、近くの友人の倉庫に入れてもらうことになりました。
 妻や娘の車は、我が家の駐車場で颱風を迎えることになりました。
 台風情報では、鹿児島寄りに進むようなので、少しでも逸れることを祈るのみです。
 午後は、川柳ふんえんの句会でしたが、台風のせいもあって15名だけの参加で淋しい例会でした。
 今日の句会の優秀句は、明日お届けします。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月10日

稲作農家にダブルパンチ

 台風19号が18号の後を追うような形で北上して、九州のも上陸しそうなので心配しています。
 今朝は、畑も一段落しましたが、昨日植えたキャベツmブロッコリー、白菜の水遣りをしてきました。
 ここ2,3年、畑での野菜つくりは、少しさぼっていましたが、今年の秋は頑張っています。
 毎日、近くの田圃を見ますが、立派な稲穂が出ていますが、先日、弟と富合町と城南町の田圃の中の道路を走りましたら、稲が倒れている田圃が沢山ありました。
 今朝の朝刊の一面に、例年にない夏場の天候不振により農薬を使った消毒が十分できなかったので、過去10年で最悪のウンカ被害だでているそうです。
 また、今年は米が安くて、赤字農家が出そうなのに、ウンカ被害で、農家はダブルパンチで最悪の年になりそうだそうです。
 私も、小さい頃から農作業の手伝いをしたし、農業の経験もあるので、今回の被害の辛さは、充分理解でき、悲しい気持ちです。
 話は変わりますが、今日の女子ゴルフのツアーで、豊永志帆戦車が、6アンダーで、3位タイにつけています。
 このまま行って、優勝、優勝できなくても、5位以内に入賞すれば、シード権が獲れそうです。
 志帆ちゃん頑張ってください。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月09日

生姜の里東陽町

 今日は木曜日なのでロータリーの例会の日ですが、第二木曜日なのでロるの例会です。
 ここ数日、朝早くからの農作業とゴルフの練習をやっていましたが、今日は朝早く畑に出かけて、朝食と荒どら「マッサン」を見て、また畑に行って午前中、茄子に水を遣ったり、昨日買ってきたキャベツとブロッコリー、白菜の苗を移植しました。
 移植は余り手間が掛かりませんが、防虫網を張るのが大変でした。
 大根、高菜、チンゲンサイの種も植えました。
 最後に、生姜の土かけまでしました。
 今年の生姜は、少し遅れて植えたので生育が遅れているので、収穫は、ちょっと先になりそうです。
 今日の夕方配達された「すぱいす」に「しょうがの里」東陽町の記事が1面に出ていました。
 午前中、生姜の手入れをした来たばかりなにで、興味を持ってじっくり読みました。
 東陽しょうが祭りや「八郎生姜」誕生物語などおもしろかったです。
 熊本県は、高知県に次ぐ全国第2位の生姜の生産地で、大正時代に稲作から生姜に転作したようです。
 私は、来年は少し早目に植え付けを行い立派な生姜作りをを目指しています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月08日

朱土会日本画小品展

 今日の午後は、「講座熊本U」の講義の日で、講座の内容は「熊本の交通について」のお話でした。
 講師は、九州旅客鉄道カビ式会社(JR九州)熊本支社長廣川昌哉氏でした。
 講義の主な内容は、「熊本の交通の現状」「熊本の交通のトピックス」「JR九州の裏舞台」でした。
 交通の現状では、自家用車の増加の影響で、熊本の交通事業者は軒並みに赤字で、JR九州、と熊本電鉄が他の事業のお蔭で黒氏だそうです。
 このほか、新幹線開業の効果、ICカードの導入によって、事業者、利用者ともに良い効果が出ているそうです。
 昨日は疲れてしまいブログをサボってしまいました。
 昨日は雅早くから畑で耕運機で三度目の土起こしをしましたので、土は鉾穂子として種蒔きを待っているようです。
 午後は、いつもこの時期に行われる熊本人権週間の作品募集の中の「川柳」の審査のために、久しぶりの市役所に出かけました。
その前に時間が有ったので、私が担当している新老人の会の川柳教室の講座生の福田島子さんの絵画展が、鶴屋デパート開催されていたので鑑賞に出かけました。
 島子さんの絵は、私が島子さんに贈呈した「カワセミ」の写真を基にかかれたものでした。
 カワセミの絵は、写真よりも生き生きとえがかれていたので感動しました
 審査の後は、昔の同僚と会って、お茶を飲みながら、旧交を温めました。
 明日からの忙しい日が続きそうです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月06日

古希という文字の表現

 今日は、台風が来るのではという心配をしていましたが、今回も熊本は逸れてくれました。
 しかし、風速19メートルの風が吹いたので、野菜に若干の被害が出ました。
 私は、今日も特別な行事も無く、庭の掃除や川柳を作ったりとゆっくりした一日でした。
 今日、定期購読している番傘3月号に、古希の文字は、「古希」か「古稀」という質問があったという記事がありました。
 私も今年は、古希なので良く「古希」の文字を使いますので、気になって読みました。
 辞書には、「古希」と「古稀」は併記されているが、「人生七十古来稀なり」といわれるように「古稀」が相応しいのではないだろうかという問いがありました。
 その答えは、古稀の「希」は1956年旧国語審議会報告「同音の漢字による書き換え」より使われるようになったそうです。
 「希」には「まれ」という意味もあるので「稀」を「希」に簡略化されたそうです。
 このほかにも、廻が回、倖が幸、叛が反、蝕が食なども多数簡略化されました。
 また、新聞擁護懇談会でも、これを踏まえて、言い買えに、読み仮名をつけることにしているそうです。
 最新の辞書には、併記していますが、「古希」が一番先にあり、「古稀」はカッコ書きになっているそうです。
 一冊の本に色々の表記が混じるのも読みにくいのであえて一般的な表記が採用されているそうです。
 今回は、ちょっと漢字についての勉強ができました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月04日

玉名川柳会30周年記念川柳大会

 今日は、熊本県川柳協会の吟社の一つ玉名川柳会の創立30周年を記念しての、合せて、創立に寄与された「宮本凡器」さんの追善川柳大会が、玉名市民会館で開催されました。
 今日は、久しぶりに川柳にどっぷりつかった一日でした。
 今日の参加者は、玉名川柳会を中心に川柳噴煙吟社会員など県内の川柳仲間が集まっての大会でした。
 大会は、当日参加者50数名、投句参加者30数名と80名を超える参加者で賑わいました。 
 午後に入って、披講が行われましたが、披講の前に熊本県川柳協会の前会長田口麦彦氏の記念講演がありました。
 田口氏は、仕事の関係で玉名に居た30年前に、宮本凡器さんや今日選者を勤められた寺中良好さん達と玉名川柳会の創設にかかわられたそうです。
 講演の話の中心になったのは、宮本凡器さんの事でしたが,特に、凡器さんの句集「無冠の譜」の中から思い出の秀句を紹介されました。
  寿という字娘を連れて行く    凡器
  戦争責任僕にもあなたにも少し
  君の声くずれぬように受話器置く
  定年のその日も父のランチジャー
  凡器さん句集無冠の譜は、先輩に貰って詠みましたが、大変素晴らしい句集です。
 今回の川柳大会の課題は、宮本凡器さんの追善の大会という事で、30周年の「三十」、歳月の「流れる」そして凡器さん雅号から取った「器」でした。
 それぞれの課題の優秀句は、機会をとらえて紹介いたします。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2014年10月03日

劇団昴公演「親の顔が見たい」

 今日の私のスケジュールは、午前中耳鼻科の病院の通院、午後は、劇団昴公演「親の顔が見たい」の観劇です。
 耳鼻科の前の広場では、11月の行われる熊本市長選の候補予定者大西元熊本県会議員の集会があっていました。
 市長選も少しずつ盛り上がっているのかと感じましたが、元市役所職員としては誰が市長になるのかというのは、興味と期待と心配があります。
 兎に角、政令指定都市の市長として相応しい人の、市長になって貰いたいものです。
 さて、午後の劇団昴公演の「親の顔が見たい」のお話ですが、大変興味のある出しものでした。
 この公演の内容ですが、都内のカトリック系の私立女子中学の話です。
 中学校の会議筆に集まったのは、いじめを受けて自殺した生徒の遺書に名ざしにされた加害者の親たちです。
 それぞれ、年齢も、生活環境も、職業も違う親たちの、真実の究明をよそに我が子を庇護することに終始す路親たちのドラマが展開されます。
 このドラマチックな中に、それぞれの親たちの顔が浮き彫りになります。
 まさか自分の子がいじめなんてするはずがないと思う親の気持ちとは裏腹に、現実はいじめ行われています。
 親としては、子供の日々の生活をしっかり監視しないと、取り返しのつかない事が起こります。
 社会構造の変化とともに、子育て、子供の考えも変化している者です。
 平和過ぎる日本ならではの現象かもしれません。
 貧しかったけれど、昭和の時代が良かった思うときもあります。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ