2014年07月19日

ミュージカル「見上げてごらん 夜の星を」

 昨日は、近見日吉神社の夏祭り、多くの参拝客を迎え、無事に終えることができました。
 去年は、社殿の神事が終わってからの茅の輪くぐりでしたが、今年は、茅の輪神事を先に終えて、社殿での神事を行いました。
 また、昨年までは巫女さんに神楽を待ってもら手いましたが、今年は男性の方に神楽を待ってもらいました。
 男性の方が、厳かな雰囲気のような気がしました。
 神事の後の直会もいつもより参加が多く、賑やかな中に楽しい懇親の会が出来ました。
 昨日、夏祭りのお話をお届けするつもりでしたが、直会の美酒に酔い、帰ったらすぐに眠り込んでしまいました。
 今日は、午後に熊本県立劇場でミュージカル「見上げてごらん、夜の星を」を鑑賞しました。
 ものがたりの内容は、昭和30年代後半、昼間は働き、夜は提示校区時通う主人公坂本。
 同じ机を昼間の高校で使う女生徒ユミコと机を通じ、文通がはじめる。
 ユミコが机に財布を忘れたことで顔を合わせることになる。しかし、ユミコは阪本たちが昼間働き、夜に勉強することができない。
 そして物語が展開されていきます。
フイナーレでは、「いずみたく」が作曲した中から10曲ほど「いずみたくメドレー」がありました。
 由紀さおりがが歌っている「夜明けのスキャット」「夜明けの歌」「翼の無い天使」「「いい湯だな」「世界は二人のために」「ゲゲゲの鬼太郎、」そして最後に「見上げてごらん夜の星を」でしたが、とっても上手く感動しました。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ