2014年07月17日

茅の輪つくり

 今日も昨日に続き、青い空が広がっていました。
 午前中に30度を越えましたが、明日の近見日吉神社の夏祭りのための社殿、境内の掃除などを鎮守の守のような銀杏や椋の木の囲まれた、涼しい中で頑張りました。
 夏祭りのメインは、皆が健康を願って潜る「茅の輪くぐり」ですが、この茅の輪を作るのが大変です。
 宮総代の8名のうち4名が、加勢川のほとりの湿地帯に行って2時間ほどかかり帰ってきました。
 それから、直径1,5メートルほどの茅の輪を2時間かけて出来上がりました。
 みんな一斉に、昨年のより立派な茅の輪が出来たと声が上がり、喜びました。
 明日は、2時から神事が始まり、神事の後にみんなで茅の輪くぐりです。
 その後は、宮総代、地域の自治会、老人会、農区、商工会の代表者との懇親会です。
 神社での仕事が終わり、大相撲名古屋場所をテレビで見ましたが、良い取り組みを見ることができました。
 まだ、土俵に上がって、二年も経っていないエジプト出身の大砂嵐が横綱鶴竜を破りました。
 これから数日は、夕方に大相撲が観戦できるので楽しみです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ