2014年07月03日

わたしを語る「好奇心は謎解き」

 これまで、読売新聞と熊本日日新聞の2紙を購読していたが、忙しいせいもあって、読売新聞をあまり読まなくなったので、熊本日日新聞だけ購読することになりました。
 2紙の時よりも、じっくり読むよううにはなりましたが、地元新聞だけでは記事の内容が乏しくなった感じもして、複雑な気持ちです。
 今日は、今日で連載8回目のわたしを語る「好奇心は謎解き」の話です。
 連載を書かれているのは肥後考古学会会長の冨田紘一さんの生い立ちから考古学にまつわる面白い話です。
 冨田さんは、現在は熊本市役所を退職されて、肥後考古学界の会長ですが、大学を卒業されてすぐ、熊本市役所に就職され、教育委員会の文化課で市内の発掘調査に携われてようです。
 私も市役所在職中の6年ほど教育委員会で仕事をしていた時、会議などで顔を合わしていました。
 これまで連載を11回ほど読んでいますが、私とほぼ同年代で、しかも同じ頃上京したので、連載の記事が懐かしく50年前に引き戻してくれます。
 これからの話にも、共感する話が、沢山あるのではないかと期待しています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ