2014年07月01日

巷では「集団的自衛権」論争

 今日、7月T日は今年の折り返しの始まりですが、政治の世界では、日本の未来に大きな変換のもたらす、集団的自衛権の論争が賛否論争が繰り返されています。
 私は、このブログでがあまり政治の事には触れたくありませんでしたが、今回は私の意見、想いを語らせていただきます。
 私は、憲法解釈の変更によるによる集団的自衛権の変更は、将来は世論を踏まえて憲法改正による「抑止力」のための集団的自衛権必要と思いますが、現在の日本の安全保障環境の元では、必要だと考える一人です。
 先ず、国民の一部が憲法9条の解釈変更はおかしいと言っていますが、現在許容されている個別的自衛も解釈変更によって現在認められています。
 また、中国や北朝鮮などの身に余る現実な行動に有事の際に、丸腰で何ができるでしょうか。
 戦争は、絶対起こすべきではありません。
 しかし、中国や北朝鮮が執拗に戦争を仕掛けてきたときに、何も出来なく、アメリカなどの援助が必要です。
 その援助を受けるためには、日本もそれなりの相合的な援助は必要です。
 今回は、戦争に介入することはせず、戦争に至らないための環境作りのための憲法解釈の変更であり容認すべきだと思います。
 テレビや新聞では、与党の密室で決められたとか論議が尽くされていないと言いますが、日本国民は余りにも政治的無関心者が多いと思います。
 国民の皆さん、今一度、日本の将来について、どうあるべきか真剣に考えて意見を述べるべきだと思います。
 また、選挙では、ただ反対をする議員を選ばず、状況を判断して是々非々の行動のとれる人に一票を投ずる
事が必要だと思います。
 今回の意見は、私の思いを述べたものです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ