2014年01月24日

初心者のための添削教室

 ここ数日、寒いなかにも天気が良くて、昼間は温かい日が続いています。
 恵まれた温かい中で、昨日一昨日と二日続けてコースでのゴルフを楽しみました。
 スコアの方は、先日レッスンプロに教えてもらったおかげで少しいい結果がでました。
 でも、ゴルフはメンタルなスポーツで大変難しいです。
 今日の話は、私がここ数年携わっている川柳ふんえんの初心者のための川柳教室の話です。
川柳歴の浅い私に添削をすれば、勉強になると先輩に勧められて、お引き受けしましたが最初は20数名の添削に1週間ほどかかりました。
 色々の柳誌の添削教室も読んで勉強しました。
 やっと最近は、少し慣れて3日ほどでは添削できるようになりましたが、毎回1、2句課題とは句想が離れていて、添削に苦しむことがあります。
 投句の後に、作後感がある時は、それを参考にして、大胆に添削することもあります。
 添削を始めてから、一番お世話になったのは、野谷竹路三の「川柳の作り方」という本の「添削五十題」です。
 添削五十題の中から少し紹介します。
 課題「カレンダー」
  原句 カレンダーへ赤丸は子の規制の日    トミ子
   赤丸はの「は」が説明的でした。
  添削ク カレンダーへ丸つけて待つこの帰省

 課題「人形」
  原句 人形のような顔して人形抱き      佳枝子
  下五の座りが悪いので語順を変えて
  添削句 人形を抱く人形のような顔
      人形の顔で人形孫が抱き

  あと数回で、添削もほかの方と交替しますが、添削教室のお蔭で大変勉強になりました。
 これからは、現在持っている二つの川柳教室に力を注ぎたいと思います。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ