2014年01月22日

くまもとおふろ読本

 今日は、ゴルフの初打ちをわたしのホームコース熊本南カントリークラブ行いました。
 先日、女子プロの松村瞳さんからレッスンを受けていますが、今日はその結果が出てるかどうかの正念場の日でした。
 初打ちの割にはレッスンの効果が出て、安堵と嬉しさを感じました。
 今日の話は、先日川柳「火山灰」の例会の場所「熊本国際交流会館」で、一冊も雑誌を貰ってきました。
 その本は、「くまもとおふろ読本」という本で、熊本県内の温泉のマップとリストが網羅されています。
 これを見た吃驚したのは県内にこんなに一杯温泉があるのかと思うぐらい、沢山の温泉が県内にくまなくあります。
 そして、温泉の効用も様々です。
 私が、この本で感動したのは「温泉が体にいいワケは」と「泉質の特徴と効能」を読んだことです。
 簡単に、何故温泉が体に良いのかというのは次のような効用があるからです。
 1 温熱の効用
 2 水圧の効用
 3 浮力・水の抵抗の効用
 4 自然環境の効用
 5 科学的な効用
 効用の内容については省略しますが、このような効用が、心身ともに回復の効能が見られるようです。
 また、泉質についても、単純温泉から含鉄泉、酸性泉、硫黄泉など多種多様の温泉があるようです。
 この本を読んで、熊本の温泉について知ることができましたが、機会があれば温泉巡りをしたいものです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ