2013年04月09日

今日から「歴史講座」の受講生

 今年は、一昨年英会話の講座でお世話になった南部公民館で、「南部郷土史」の講座を受講することになりました。
 講座は、毎月第2火曜日の午前中2時間の講座です。
 講師は、以前からよく知っている熊本地名研究会の会員で郷土歴史家の「小崎龍也」さんです。
 昨年から、この講座は人気があって、今年も定員名をオーバーして、キャンセル待ちの方がいらっしゃるようです。
 この講座では、今年一年間「宇土」の歴史を勉強する予定になっています。
 先ずは、講義の始に中国の陶淵明の話からありました。
  一日は再び晨ならざり
  時に及んで勉強すべし
  歳月は人を待たず
  今日という日は今日敷かないので毎日勉強すべきだという事だそうです。
 今日の講座は、「宇土」の地名の由来から始まりました。
 それから、宇土半島の古墳が「前方後円墳」より以前のものだという事もわかりました。
 兎に角面白くて、勉強になる講座でした。
   

   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




   
posted by osamu at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする