2013年02月26日

タイ旅行恵まれない子供の支援

 タイ旅行から帰って、5日ほど経ちますが時差2時間の割には、まだタイと日本の中間にいる感じです。
 旅行前に早起きだったのに、ここ数日は中々早起きが辛いです。
 今回のタイ旅行の最大の目的は、タイののアカ族の恵まれない子供の支援です。
 アカ族の多くの家庭は、焼き畑農業で生計を立てていますが、多くの家庭が貧困の生活を送っています。
 これらの貧困家庭の子供を色々の支援を使って、日々の生活、学校教育を使って支援しています。
 今回私たちが訪問して、里親制度の奨学金を贈呈したのは、アカ族の恵まれない子供たちが生活している「若竹塾」「メコン」「ニューライフセンター」など4つの宿舎です。
 ここ4つの宿舎で200名近くの子供たちが親元離れて頑張っています。
 これらの子供の親は、麻薬で刑務所に入所、エイズの患者、日々の生活が出来ない大人などですが、子供の多くが、落ち込むことなく楽しく元気に頑張っています。
 私が一番びっくりしたのは、小学1年生の女の子が4歳の妹の洗濯などしながら面倒見ていますが、その子は絶えず笑顔を絶やしません。
 中には、人身売買で売られそうになって、やっと救出された子供も数人います。
 こんな光景を、目のあたりにすると、日本の子供は幸せだなあとつくづく感じます。
 また、次はタイ旅行の話です。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ





     
posted by osamu at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする