2012年09月17日

はぶさんのゴルフ川柳

 大型で非常に強い台風16号は、私の住んでいる熊本市は逸れててゃ、風も雨もたいしたこ戸はありませんでした。
 今日は、昭和64年1月発行468号川柳噴煙(この頃のタイトルは漢字の噴煙でした。)に掲載されていたはぶさんのゴルフ川柳をお届けします。
 この「はぶさんのゴルフ川柳」は、当時熊本日日新聞に連載されていたようです。
 マンガは、伊藤たかしさん、川柳は、元中央ゴルフカントリークラブ総支配人土生房吉さんです。
 一回に、3句マンガ付きで連載されていたようです。
 では紹介します。
 はぶさんのゴルフ川柳
  エチケットひとに言うより自分から
  夫婦して仲むつまじくゴルフかな
  新婚はショットが冴えて冷やかされ

  うその数天知る地知るキャディー知る
  無理をして打ったショットが身の破滅
  遠い友ゴルフに呼んで近くなり

  審判員いないスポーツゴルフだけ
  ミスショットキャディーに当たる恥知らず
  乙女らにゴルフ教えて若返る

  あの人の打数はいつもマユにツバ
  やけになり投げやりゴルフ無礼です
  明日コンペクラブ磨いて抱いて寝る

  予備球を持たずキャディーを走らせる
  バンカーの足跡直さず駆け上がる
  女子プロの黒い顔にも色気あり

  私もゴルフが大好きで楽しんでいますが、これまでゴルフに関する川柳はあまり作っていませんでしたが、これからは頑張って川柳作ってみます。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする