2012年09月16日

川柳作品集「無冠の譜」

 台風が沖縄に上陸し、明日朝は、九州にも接近して熊本市も強風域に入りそうです。
 私も、台風の接近に備え、久ぶりに雨戸を閉めるなど戸締りをしました。
 大した被害が無ければいいなと念ずるばかりです。
 1週間ほど前から、亡き寺本隆満さんから頂いた多くの川柳句集の中から玉名市在住の宮本凡器さんの川柳作品集「無冠の譜」読み始め、昨日の夜でやっと一通り読み終えました。
 この川柳作品集を見て、先ず吃驚したのは、この句集の作品が全部凡器さん自身の手書きによるものだということでした。
 私は、凡器さんとは噴煙の川柳大会で会う程度なので、凡器さんの事はあまりわかりませんが、私の知っている凡器さんは、字が上手く、タイ会の選者の時でもネクタイもせず、スリッパ履きだったことを記憶しています。
 しかし、この句集「無冠の譜」を読む限りでは、家族思いで、スポーツマンで、川柳の上手い方だという印象です。
 兎に角、素晴らしい句のオンパレードです。
 もう一度読んで勉強させてもらいます。
 最後に、素晴らしい句ばかりですが、この句集に元田さんの口絵が付いた句を紹介します。
  宮本凡器川柳作品集「無冠の譜」から
   寿という字娘を連れて行く
   車椅子みんなと遊びたいのです
   長男の便りいかにも拙い字で
   君の声くずれぬように受話器置く
   花持てば心のトゲが抜けてくる
   母の日に亡母のゆかいな話聞く
   二十五年シュガーカットのような妻
   定年のその日も父のランチジャー
   金策の日々血だらけの道を行く
   ローカル線干魚の匂いもってくる
  如何ですか。上手いですね。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




   
posted by osamu at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「天地明察」鑑賞

 今朝は、台風16号の影響で時折激しい雨が降っています。
 台風16号は、今日沖縄に上陸して、韓国、日本に向かっていますが今年の台風の中では一番大きな台風のようです。
 私たちは、この台風が九州を逸れて、熊本に上陸しないことを祈るのみです。
 昨日は、4月から私のカレンダーに組み込まれた近見日吉神社の社殿、境内の掃除、そのあとは9月の宮座、10月の秋祭りのミーチングを行いました。
 早朝から、緑の多い神社の掃除をするのも、心が清々しくなり子持ちがよく癒されます。
 野菜たっぷりの朝食を食べた後は、屋内で育てているコーヒの苗の水遣りです。
 今日は、先月から左脚と腰の痛みを和らげる「AKAー博田法」の治療を受けに行きました。
 この治療は、私の母方の従兄弟の御主人で内田泰彦医師が、毎月第3土曜日に行われています。
 まだ2回ほどしか受けていませんが、この治療は私にあっていて徐々に効果がありそうです。
 午後は、今日からロードショーが始まった「天地明察」の映画を鑑賞しました。
 私は、この映画の原作である沖方丁(うぶかたとう)著「天地明察」が、本屋大賞受賞のベストセラー小説に選ばれた時、この本をすぐ購入して読み始めましたが、どうした訳かはじめだけ読んで読みかけていました。
 そこで、すぐこの映画を見に行ったというわけです。
 本は、(私にとっては)読みにくかったけれど映画は大変面白かったです。
 そこでちょと、この映画に触れてみたいと思います。
 この映画「天地明察」は、「おくりびと」で、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二監督が沖田丁原作の時代小説を映画化したものです。
 江戸時代の前期、800年もの長い間使用されてきた中国の暦のズレを正し、日本独自の暦作りに専念した実在の人物「安井算哲」の半生を描いたものです。
 算術と星に熱中する主人公安井算哲は、岡田淮一が演じ、その妻役を宮崎あおいが努めています。
 大志を抱き、何度の失敗にも挫けず大和暦の作成に成功した男の心意気には感服しました。
 面白い映画です。ご覧になってはいかがですか。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ





    
ラベル:映画鑑賞
posted by osamu at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする