2012年09月10日

糸瓜と草箒の収穫

 タイのチェンライのコーヒー農家から貰ってきて蒔いた種が芽をだし、すっかり大きくなりました。
 300株ほどのうち150株ほどは鉢に移植しましたが、残りはポットで大きくなっていますが、鉢植えほどに成長していない野で少し可哀そうです。
 これらのコーヒーの木に、毎朝、水を遣って成長を見るのがこれまた楽しみです。
 昨日、数日ぶりに畑に行って、糸瓜(へちま)と草箒を収穫してきました。
 糸瓜は、昨年も家の庭に植えましたが、あまり多きいのが収穫できませんでした。
 今年は、畑に5株ほど植えましたら、十数本の大きい糸瓜ができましたので、早速4本ほど収穫して、一晩水に浸けていたら、皮が剥げて糸瓜のたわしができました。
 草箒も一緒に収穫してきましたが、昨日、今日と天日に干しています。
 あと数日して、枝についている実が落ちてしまえば、庭掃除に使う箒を作ることができます。
 壱岐に住んでいる叔母が、草箒は庭掃除にとっても使いやすいのでと所望していたので、早速作って送るつもりです。
 この草箒も作る人がいないので、いずれはなくなるのではと心配しています。
 今年の夏の畑は、日照りと豪雨が交互に続いたので、野菜の方はさっぱりでしたが、畑には、ネギとサツマイモと秋ナスの収穫が待っています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする