2012年07月31日

市政だより八月号より

 今日も数日前からの夏日で、外では立っているばかりで汗がしとしとと落ちてくる始末です。
 今朝も畑の生い茂った草が気になって、起きるや否やお茶一杯飲んで畑に向かいました。
 二日目の今日は、畑の草も須こそは減って、畑らしくなりました。
 八時には朝ドラ「梅ちゃん先生」を見るために帰宅し、朝食を食べながら朝ドラを楽しみます。
 朝食には、必ず朝どりのみずみずしいキュウリを食べていますが、大変おいしいです。
 朝食後は、毎朝恒例の庭の木々に水遣りですが、庭が広くて大変です。
 毎年、水遣りを怠慢していくつかの植木鉢を枯らしていますが、今年はコーヒーの木を育てているので、枯れる鉢は今のところありません。
 水遣りが終わった後は、少しずつ上手になっているゴルフの練習です。
 今がゴルフの基本であるアドレス、バックスイング、トップスイングなど固めるために熱い中頑張っています。
 先日、熊本伊役所が発行される市政だより「熊本」が届きました。
 一ページに掲載されていたのは先ごろの九州北部豪雨の記事で、住民に対しての「支援情報」が詳細に紹介されていました。
 これから台風の時期に入りますが、被害が無ければいいなと心配しています。
 市政だよりの7ページに私に関する川柳の記事が掲載されていました。
 その記事は、毎年恒例の人権啓発作品の募集のですが、その中に、川柳部門の選者をここ数年私が担当募集もありました。
 今年の川柳の課題は、「勇気」「友情」「ほほえみ」です。
 多くの皆さん投句を望んでいます。
 投句は、官製はがき一枚に3句までできます。
 このほかに、今年2月に行われた熊本城マラソンの来年のランナー募集、、火の国まつり」、シリーズ「加藤清正の実像」の記事など楽しく読んでいます。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

コーヒー物語

 今朝は、荒れ放題の畑を、朝5時半から3時間掛けて草刈り機で一掃しました。
 大きな雑草は一掃しましたが、綺麗な畑にするにはもう少し頑張らなければなりません。
 午前中は、畑仕事で疲れたいましたが、明日が市役所の同期の仲間とゴルフを楽しむので練習に出かけました。
 なかなか思うようにボールが飛んでくれませんが、兎に角頑張ります。
 今日は、私がタイから貰ってきたコーヒーの種の話です。
 今年の2月にタイ旅行した時、アカ族の農夫からコーヒーの種を貰ってきました。
 ある程度暖かくなった4月に種を植えましたら、1カ月半立って少しずつ芽が出てきました。
 半信半疑で植えた種が9割以上芽を出したくれました。
 現在100株ほどは、鉢に植え替えましたが、200株ほどはまだ植え替えが出来ていません。
 植え替えが出来てない理由は、忙しいのと鉢が足りないからです。
 コーヒーは、大変寒さと強い太陽に弱いとかで、これからどのように育てたらいいか勉強中です。
 どなたかコーヒーの育て方を知って居られたら教えてください。
 今日、ビールを飲みながらテレビを見ていたら、世界遺産の番組で南米のコーヒー生産トップの国の話がありました。
 この番組を見て、コーヒーについての知識が少しつきました。
 兎に角、熊本でコーヒーの豆を作りたいです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

壱岐の観光を満喫

 今朝は、ロンドンオリンピックの開会式が早朝からNHKで放送されていたのでテレビの前で、眠たい眼をこすりながら頑張りました。
 ロンドンオリンピックの開会式は、イギリスらしい素晴らしい演出が行われ、私はさすが過去に世界を制覇した国ならではの開会式だと見入っていました。
 日本国民が時間差のある生の映像を鑑賞するには、寝不足も仕方がないですね。
 今日は、昨日に引き続き先日叔父の葬儀で訪れた壱岐の観光についてお話させてください。
 私もあまり壱岐のことについては余り知っていませんが、壱岐の島には4つの町、郷ノ浦町、勝本町、石田町、芦辺町がありました。
 この四町が合併して、壱岐市となり、市庁舎は郷ノ浦町に置かれています。
 一日かけて、壱岐に住んでいる従兄弟の案内で党内を回りましたが、少しは壱岐のことが分かりました。
 壱岐の島の事を知るためには、何度も息を訪れるのは勿論のこと、歴史を始め勉強鵜の必要を実感しました。
 従兄弟4人で壱岐を堪能しましたが、一番びっくりしたのは、道路が立派に整備され綺麗です。
 熊本に住んでいる者から見れば、塵一つない道路でした。
 話によれば、町のボランティアが、週に何度が清掃活動を行っているそうです。
 壱岐の観光の目玉は、自然の美しさです。
 従兄弟の案内で、数か所の海水浴場を訪れましたが、熊本の海水浴場とは違って、海が青く、綺麗です。
 従兄弟の案内で、壱岐の半分ほどを案内してもらいましたが、なるべく早い機会にもう一度壱岐を訪れ、また壱岐を満喫したいと思っています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

壱岐旅行

 お久しぶりです。壱岐に住んでいた叔父の突然の訃報で、今週の月曜日から水曜まで2泊3日で長崎県の壱岐の島に行ってきました。
 壱岐には何度も行く機会があったのですが実現できず、今回の叔父の葬儀のために行くのも皮肉なものです。
 悲しみの中の葬儀出席の気持ちと初めて訪れる壱岐への期待が同居した今回の旅行でした。
 23日の朝7時半ごろ家を出て、熊本駅から新幹線で博多駅まで、博多駅からタクシーで博多港、そして、博多港から1時間10分高速艇に乗って、目的地壱岐の玄関口郷ノ浦港に無事到着しました。
 叔父の家は、郷ノ浦町の高級住宅地と呼ばれる、壱岐高校近くに3千坪の敷地に立派な家と素晴らしい庭園がありましたが、初めて訪れた私はびっくりしました。
 当日の6時半から通夜、翌日の12時から葬儀が行われました。
 叔父の家が大きいのも吃驚しましたが、叔父の葬儀が生まれて初めて経験する神式葬儀(神儀祭)だったのも吃驚しました。
 少し仏式の葬儀と神式の違いを触れて見ますと、仏式葬儀では「焼香」を行うのに対して、神葬祭は榊を使って「玉串奉奠」を行います。
 香典の「不祝儀袋」は、水切りは黒と白の結び切り、蓮の花の入っていないものを仕様し、表書きは「ご霊前、御神前、御玉串料」などと記入します。
 葬儀は、斎主、副斎主、祭員の3名で行われました。
 葬儀は、私の家の真宗に比べて、非常に緻密で丁寧におこなわれ多様な気がしました。
 参考のために神式葬儀の流れを紹介します。
 1 親族、参列者入場・着席
 2 斎主(神官)入場
 3 開会の辞
 4 斎主修祓(お祓い)
 5 降神の儀・献餞
 6 祭詞奏上(斎主)
 7 しのび歌奏楽
 8 弔辞・弔電奉読
 9 玉串奉奠
 10 昇神の儀(斎主一拝。一同一拝)
 11 斎主(神官)退場
 12 喪主挨拶
 13 閉会の辞
 14 一般告別式(玉串奉奠)
 15 親族代表挨拶
 以上のような形で無事に神式葬儀は追われましたが、この後仏式の初七日に当たる「十日祭」も無事に終わりました。
 夜は、ビールを飲みながら従兄弟数人で、昔のの思い出話しで盛り上がりました。
 翌日は、壱岐の従兄弟の案内で壱岐の完工の予定です。
 明日のブログをご期待ください。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

義理の叔父の訃報

 昨夜、長崎の壱岐に住んでいる叔母から突然叔父豊の訃報を聞かされました。
 叔父は、長崎の壱岐出身で自衛隊に入隊し、熊本の北熊本駐屯地に住んでいた頃、叔母と恋愛して結婚したそうです。
 その頃中学生だった私は、叔父に公私ともに色々と、大変お世話になりました。
 自衛隊を除隊して、長崎県庁に就職して、長崎県内を転勤していましたが、転勤先によく遊びに行ってお世話になりました。
 今日は、これから弟と新幹線、高速艇など乗り継いで、壱岐の叔父の葬儀に行きます。
 この後は、壱岐から帰ってからにします。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

ゴルフの醍醐味

 大相撲名古屋場所は、今日が千秋楽ですが、29年ぶりの千秋楽全勝決戦が行われました。
 これまで大相撲の長い歴史の中で、全勝決戦は5回しか無いそうでほとんどが横綱同士の対戦ばかりです。
 過去には、若乃花と栃錦戦が2回ほど行われているようですが、今回は横綱白鵬と大関日馬富士との全勝決戦でした。
 結果は、今場所元気のよかった日馬富士の勝利となり賜杯を手にしました。
 今週は、金曜日からゴルフの女子プロのサマンタバザガールズコレクションレディストーナメントが行われていましたが、優勝は元プロレスラー木戸修選手の愛娘「木戸愛」選手でした。
 私は若い頃、高校時代の友人がプロレスの興行を行っていたので、多くのプロレスラーと親交がありました。
 アントニオ猪木選手とは、熊本での興行の後に、よく食事をしたり、お酒を飲む機会がありました。
 今回、ゴルフで優勝した木戸愛選手のお父さんとも何度か、お酒を飲みに行ったことがあります。
 私の記憶では、私の家に木戸修選手が数人のレスラーとやってきて皆でお酒を酌み交わしました。
 そのような理由で、木戸愛のフアンになりました。
 これからは、フレンドゴルフで練習に励んでいる豊永志帆選手と合わせて木戸愛選手も応援します。
 今日の午後、BS放送の番組で作家の伊集院静さんがアメリカの素晴らしいゴルフ場でゴルフをされろプレイされるところを見ました。
 伊集院さんは、大のゴルフ好きだそうですが、腕前の方も大したものです。
 そのプレイされたコースの中に有名なペブルビーチのコースもありましたが、ここには、私が熊本市教育委員会に勤務していた30年前に熊本市内の高校生を連れてサンアントニオ市に行った帰りに見学したゴルフ場です。
 とっても懐かしく感じ、ちょっと興奮しました。
 伊集院さんは、作家城山三郎さんに勧められて、ゴルフを始められたそうですが、その理由は、ゴルフをすれば10年は長生きするぞと教えられたからだそうです。
 ゴルフをしている間は、ゴルフに熱中して仕事のことを忘れるので、ストレスは消え体に良いからだそうです。
 私も、これからそのような気持ちでゴルフを遊びます。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

新体制のロータリークラブ

 今日は、久しぶりのコースでのゴルフでしたが、心配した雨もちょっと降っただけで楽しいプレイができました。
前日の天気予報で、雨の予報が出ていたせいか、客も少なかったのでゆっくりできましたが、足元が悪く、スコアの方はいまいちでした。
 今日は、久しぶりにロータリーの話をしたいと思います。
 私が属している熊本西南ロータリークラブは、7月に入り、新しい体制、つまり新しい会長、幹事、理事、また委員会では、新しい委員長のもとで今期の事業が始まりました。
 ロータリーは、7月1日から6月30日までが1年度となります。
 1年が1月1日から12月31日まで、年度が4月1日から3月31日までになっているのと違っています。
 それから、世界中のほとんどすべてのロータリーの役職は、1年で改選されます。
 会長については、各年度に、次年度の会長を決めて一年間見習い機関があります。
 これは、国際ロータリークラブの会長ついても同様です。
 前年度期の国際ロータリークラブの会長は、インドの人でしたが、今年度期の国際ロータリークラブの会長は、日本人で埼玉県の八湖ロータリークラブ所属の方です。
 国際ロータリークラブの会長となれば、中国を除いたほとんどの国のロータリーを管轄するトップなので、時間的にも経済的にも、更に能力的にも優れていなければできないと思います。
 今年度のロータリーのテーマは、「奉仕を通じて平和を」です。
 今年度は「奉仕を通じて平和を」の精神を持って、世界中のロータリアンがロータリーの目標である世界平和の向けて邁進する一年間になると思います。
 私も微力ながら頑張ります。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

明日から夏休み

 東北地方は、梅雨明け宣言があったようですが、九州地方は、まだ梅雨が続きそうです。
 今日も、青空が見えたかと思うと、雨雲が覆いかかり雨が降るといったことの繰り返しが続いています。
 今回の大雨で被害が無かった私たちは良いのですが、被害のあった地域の方達は早い梅雨明けが望まれています。
 今日の夕刻のテレビの報道は、水害の爪痕の報道に混じって、小中高の夏休みの報道がどのチャンネルでもありました。
 今日の終業式の報道は、阿蘇の小学校、熊本の龍田小学校の様子がありましたが、子ども達の水害に負けずこれからも頑張りますという決意に少し安堵しました。
 話は変わりますが、どのチャンネルでも大津市のいじめの問題を報道していますが、この報道がいじめの解決に繋がればいいと思いますが、いたずらに問題を大きくする結果になってはいけないと思います。
 私が夏休みをテーマにブログを書いているのには、もう一つの意味があります。
 それは、10月の中旬に熊日新聞主催の川柳大会がありますが、その川柳大会のジュニア部門の投句を夏休みに頑張って貰うように、県内の小中高にお願いしてあります。
 県内の児童・生徒の皆さん、熊日川柳大会への投句をお願いいたします。
 明日は、久しぶりに義弟夫婦と一緒にゴルフに出かけます。
 雨が降らなければと思っていますが、毎日頑張っている練習を生かして良いスコアが出るように頑張ります。
 毎日暑い日が続きますが、熱中症だけには気をつけたいと思います。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

初めての体験「茅の輪くぐり」

 熊本の市内と阿蘇町に死者まで出した集中豪雨の後は、昨日、今日と35度を超す夏日です。
 今日は、昨日一日かかって準備した近見日吉神社の夏祭りの神事「茅の輪くぐり」と「玉串奉奠」が厳粛な中に行われました。
 この神社は、私達が幼い頃はよく遊び行ったところで、夏休みには友達や弟達と蝉取りに行きました。
 秋祭りには、村の若い衆が踊りを披露する舞台も作られ、金魚掬いや綿菓子屋などの店が並んでいました。
 しかし、茅の輪くぐりの記憶は無いので、これが始まったのはそんなに古くないと思います。
 茅の輪のくぐり方は、初めて知りましたが、ただ回るのではなく、左に回り、右に回り、更に左に回る、三回ほど茅の輪をくぐります。
 神主さんの後に、宮総代長の私がくぐり、参加者70名近くが列を作って茅の輪をくぐりました。
 そのあとは、社殿で私を始め、町内の自治会長さんや各種団体の代表者が、玉串奉奠を行い神事は、無事に終わりました。
 神事のあとは、参加者の中から30名ほどが集まり、隣接の老人憩いの家で、反省会を含む懇親会で賑わいました。
 懇親会の中で、来年は「ペットの茅の輪」も作ったらどうかという意見も出ました。
 今年は、まだ、宮座、秋祭り、晦日と元旦の行事が残っていますが、初めての総代長としては期待と不安が同居しています。
 宮総代の皆さん、参加者の皆さんありがとうございました。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

明治天皇崩御から百年

 今日は、朝早くから明日の近見日吉神社の夏祭りの準備で、近見日吉神社の宮総代7名の方達と社殿の大掃除、注連縄の架け替え、茅の輪くぐり作りと皆で頑張りました。
 私は宮総代としても総代長としても初めての経験ですが、他の宮総代の協力で明日は、立派な夏祭りの神事ができそうですが、台風7号の接近で雨が少し気がかりです。
 先ごろ、私の亡父の生誕100年のお話をしましたが、亡父は、明治元年1月生まれなので、今年は、明治天皇が崩御されてから百年になる訳です。
 私達昭和生まれの者は、明治天皇も大正天皇も写真でしか知りません。
 ここで、明治天皇について触れて見ますと、江戸時代末期から明治維新を迎えた激動期、国の内外から押し寄せる難問題を乗り越えて新しい日本が誕生するとき、この大事な時に崩御された高明天皇の後を慶州されています。
 御年わずか16歳(満14歳)の祐宮睦仁(さちのみやむつひと)親王が明治天皇です。
 明治天皇は、明治維新の功臣を登用されましたが、臣下との親密な交わりを結び、それは「水魚の交わり」と譬えられ、臣下への信頼を築かれたようです。
 少し明治天皇に触れましたが、これから、現在の豊かな日本の礎を築かれた天皇を勉強したい気持ちになりました。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

県内最古のエレベーター

 今日は、昨日までの豪雨が嘘のように、青空の見えた夏日で熊本市でも32℃と暑い一日でした。
 15日の今日は4月から始まった近見日吉神社の社殿内と境内の掃除の日です。
 18日がこの神社の夏祭りなので、皆で丁寧に掃除をしました。また、17日は夏祭りのための茅の輪くぐりを作ったり、提灯を提げ足り、注連縄をさげたりと準備があります。
 初めての経験で、大変だけど楽しみにしています。
 今日は、朝刊に掲載されていた県内最古で、まだ現役のエレベーターの話です。
 このエレベーターは、1936年(昭和11年)に完成した熊本市役所花畑別館(旧熊本地方貯金局)で現在も市役所の職員が利用しています。
 私も市役所に入庁して3度目に移動先の文書課法規係主事の時数年利用牛ました。
 このころから、現在の12階建ての庁舎が建設される際に、市役所はあっちこっちに分散しました。
 この庁舎市長さんがおられる秘書課も2階におかれましたが、市長の決済(条例や規則制定の決済)が多い私達文書課も入居したという訳です。
 私たちは3階でもありましたので、いつも利用しましたが、時の市長であった星子市長は、高齢であったにも関わらず常に階段を利用されていました。
 終戦後ソ連に数年捕虜として抑留されていた星子市長は、秘書課が3階にあった前の庁舎の時も階段を利用されていました。
 星子市長が、階段を利用されるだけでなく、公用車の冷暖房も使われなかったことは、今でも語り草になっています。
 このエレベーターの話に帰りますが、このエレベーターは、10人乗りで国会議事堂も手掛けた日本エレベーター製造製だそうです。
 設置時期は不明ですが、機械室にある巻き上げ機は、昭和34年製で、調速気は昭和35年生の銘板がついているので、少なくとも50年以上稼働していることになります。
 1カ月ほど前に、用があって、このエレベーターを利用しましたが、昔と変わらずゆっくり上下していましたし、止まるときに「コツン」と相変わらず音を出していました。
 懐かしい記事に出会い、しんみりと30数年前の在職中を懐かしみました。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

亡父生誕100年

 九州は、11日から降り始めた豪雨に見舞われ、熊本と大分で死者、行方不明者合わせて20数名が出ています。
 私が購読している熊日新聞、読売新聞2紙とも、大半が水害の記事ばっかりです。
 テレビはどのチャンネルでも大雨のニュースが報じられています。
 私の家の近くを走っている国道57号線では、救急車や水害の緊急車両のサイレンの音が切れ間なく聞こえています。
 集中豪雨も今日で4日目になるので、山間地域では土砂崩れの事故が心配です。
 私の家は、畑を土盛りして建築していて周辺の住宅より高いので、今のところ安心しています。
 家内の実家が甲佐町の山間地域にあり、家の裏は崖なので心配です。
 早く豪雨が過ぎて、梅雨送りができればいいですね。
 話は変わりますが、先ごろ亡くなられた寺本隆満さんの追悼文を書くために、西暦・日本年号(元号)対照表を見ていましたら、今年は亡父古閑直次の生誕100年目だということが分かりました。
 亡父は、西暦1912年、明治45年1月生まれで生きていれば、今年は満百歳です。
 父は、体格は良かったのですが、よく病気をしていましたが、国鉄に勤めていたお蔭で、鉄道病院に入院していました。
 私の記憶では、先ず、痔が悪くて、酒を飲み過ぎたときは出血したり、今はあまりいませんが脚気に罹って、麦ごはんをよく食べていました。
 また、腎臓が悪いということで、トウモロコシの毛を煎じて飲んでいた記憶もあります。
 大変、躾は厳しい父でしたが、優しい一面もありました。
 余り自分自身が勉強が好きでなくて、勉強していなかったので、私達兄弟3人にはうるさく勉強しろと言ってました。
 私が高校入試前の半年は、テレビは押し入れに入れて、家族全員テレビは見ませんでした。
 入試を控えた私はテレビを見なくても平気でしたが、テレビを見たがっていた弟たちはかわいそうでした。
 父は、私が生まれた頃から国鉄に勤め、日曜日は母の農作業を手伝っていました。
 兼業農家は、大人も大変ですが、私達子供も日曜日や農繁期には手伝いをさせられて大変でした。
 しかし、今となれば、兼業農家として畑や田圃を耕作していたので、財産が残り助かっています。
 父も母も亡くなった現在、両親、祖父母に大変感謝しています。
 今年の12月の亡母の3回忌には、父の生誕100年のお祝いも一緒にしたいと考えています。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

熊本県内で記録的豪雨

 今朝は、夜半から雷、それに瓦が壊れるのではないかと思うほどの豪雨、雨樋からこぼれ落ちるドドドー摺る音が何度も聞こえました。
 テレビの報道によると阿蘇や菊池方面の被害が酷いようです。
 熊本市内でも22年ぶりの大きな被害出ているようです。
 私は、22年前に熊本市内の亀井町が洪水に見舞われ、その災害復旧に2日ほで参加し手頑張った記憶があります。
 熊本市内では、60年前、私が小学校2年の頃大洪水に見舞われ、私が住んでいる近くの白川が氾濫し、多くの死傷者が出たことを、子どもながら記憶しています。
 今回の豪雨の原因は、梅雨前線に湿った空気が入り込み起こったそうです。
 このブログを書いている間にも、NHKでは全国版で放映されています。
 昨年起った東日本の津波災害を、他人事のように、自分たちの所ではこんな自然災害は起こることはないと思っていましたが、私達熊本でも起こってしまいました。
 今夜の夜半から、また大量の雨が降るようです。
 皆さん、気象予報に十分気をつけて、まさかの危険に注意してください。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

頑張る高校生ゴルファー

 昨日は、朝早くからゴルフに出かけたので、今朝は朝早くから畑に野菜収穫出かけましたが、兎に角草が伸び放題でした。
 考えた挙句、耕運機を使って、1時間ほどかけすっかり除草と土起こしができました。
 今日は、なんとなく忙しい一日で、午前中は、先日亡くなられた寺本隆満さんの追悼文の作成、川柳ふんえんの添削、ロータリーのサインメイキャップ、午後は近見神社の夏祭りのお世話、それにゴルフの練習です。
 今朝の熊日新聞のスポーツ欄に気になる記事が写真入りで掲載されていました。
 その記事というのは、私が通っているフレンドゴルフ練習場の練習仲間の一人の高校生ゴルファー「宮崎乙実」のグループが九州高校ゴルフ選手権で、強豪の沖学園高校を破り優勝し、8月に行われる全国大会の出場権を獲得しました。
 孫のよう奈高校生ですが、毎日学校が終わった後、フレンドゴルフ練習場に来て夜遅くまで練習しています。
 とても素直で、かつ、心の大きい落ち着いた娘です。
 練習場出逢うと、私が「頑張れよ」と言いまスト、素直にありがとうございますと返ってきます。
 頑張って、同じくフレンド練習場で育ったプロの「豊永志帆」選手みたいに、プロの合格してほしいです。
 頑張れ「宮崎乙実」 練習仲間古閑の叔父ちゃんより。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




    
posted by osamu at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

練習の結果が出始めたゴルフ

 今日は梅雨晴れ間三日目ですが、待望のコースでのゴルフです。
 友人の織方君を自宅まで迎えに行って、一路グランド・チャンピオンコースへ向かいました。
 緒方君は先日、過っての勤務先JTBのOB会でハワイに行って3日間ゴルフ三昧の旅行を楽しんそうです。
 私と言えば、雨ばっかりで、練習はしてましたが、コースにはここ1っカ月ほど行ってなかったので、腕が鳴っていました。
 今日のゴルフは、私が使っているホンマゴルフ「もぐら会」のコンペです。
 私が通っているフレンドゴルフ練習場の人も数人参加していました。
 ゴルフの成績ですが、インコースは、ショットは練習のお蔭で大変良かったのですが、パターが今一で思う結果になりませんでしたが、後半のアウトコースは、パーとボギーで素晴らしい結果が出ました。
 やっと、日頃の結果が出て、納得のゴルフでした。
 明日からのゴルフの練習が楽しみです。
 今年で67歳ですが、健康でゴルフを始めいろいろ楽しい事が出来て幸せです。
 両親、家族、友人に感謝、感謝の気持ちで一杯です。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

「新生面」書き写し帳

 今朝も昨日に負けないような梅雨晴れ間の「青空」が気持ちの良い朝を迎えさせてくれました。
 今日は朝刊が休みなので、朝はゆっくり起きましたが、5時30分起床です。
 昨日に引き続き、先ごろまで咲き誇ったあじさいの剪定、松の剪定を頑張りました。
 明日は、コースでのゴルフのプレイなので軽い練習に何時ものフレンドゴルフに出かけました。
 フレンドゴルフ場には、二人の女子プロ豊永志帆選手と枝尾茜選手が練習に来て、一生懸命に練習に励んでいました。
 豊永志帆選手は、今週の静岡でのツアー向けたドライバーショット、特にアプローチに余念がなかったようです。
 豊永選手といろいろ話しましたが、特にワンポインレッスンをして貰えたのは、至福のひと時でした。
 今日の話は、先日熊日新聞に勤める姪のご主人から貰った「新生面」書き写し帳の事です。
「新生面」は、熊日新聞の一面位掲載されている「コラム」です。
 コラムは、どこの新聞でも同じですが、文章を書くために必要なエッセンスが凝縮されているので、このコラムの文章を「切り抜いて」「声に出して」「書いて」を行ったらどうかということです。
 私は、まだ書いてはいませんが、切り抜いて、書き出し帳に貼って、声を出して読んでいます。
 文章がうまく書けるようになればいいと思っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

待ちに待った梅雨晴れ間

 昨日まで日本全国を降りまく離、多くの災害を出した雨も止み、今日は朝早くから青空が顔を出し、白い雲が絵画のように、綺麗に浮かんでいました。
 朝早くから、私は庭の掃除、植木の剪定と頑張りましたが、妻と2台の洗濯機は、午前中フル回転で働いていました。
 兎に角、汗かきの私の農作業、ゴルフ練習の服がたんまりたまっていました。
 お昼には、3か所ある物干し台も洗濯物を重たさそうに頑張っていました。
 洗濯の終わった後は、私の家と母が住んでいた隣の家を空けて、夏風を入れて湿気を飛ばしました。
 午後からは、畑に向かいすっかり大きくなった草取り、雨のために倒れ掛かったナスやピーマンなどの補強をしました。
 何時ものように、今日から始まった大相撲をテレビで見ながら、ビールの晩酌をしましたが、何時もより一段と美味しかったです。
 明日、明後日と天気が続きそうなので明日も、残っている末の剪定、庭の掃除を頑張るつもりです。
 明後日は、久しぶりのゴルフの予定です。 


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

映画「典子は、今」

 今日7月7日は七夕ですが、私の家からはここ数年七夕を飾ることも亡くなりました。
 数年前、地元公民館の主事をやっていた時、公民館に利用者の方々と七夕を作っていたので、その時ついでに我が家にも七夕を飾っていました。
 今日近所の保育園の近くを歩いていたら、園庭に子供たち作った大きな七夕を見かけました。
 今日の話は、昨日から始まった地元新聞のわたしを語る「映画と歩いた昭和」に記事の話です。
 わたしを語るの主人公は、熊本大学非常勤講師で映画文化史を教えられる辻昭二郎です。
 私は、辻講師とは面識はありませんが、第一回目の話が、サリドマイド禍で両手に障害をもって生まれた辻典子(現在白井のり子)さんの話しだったので、ちょっと触れた見ました。
 範子さんは、私が市役所に入庁して11年目の頃、時の星子市長の英断によって身体障害者であったが採用されました。
 典子さんは、採用後、自分の身の回りは自分でするということで県外の施設で研修を受けられたそうです。
 私が、典子さんと直接会ったのは、典子さんの採用後の研修の場所でした。
 私は、当時文書課法規係に属して、条例の制定や法理相談の事務に携わっていましたので、新規採用職員の地方自治法や憲法などの研修の講師もしていました。
 その研修の時、両手がない彼女は足で字を書きメモをしていました。
 その研修で、一番前の席で懸命に私の話を聞いていたのが、記憶に残っています。
 典子さんは、その後白井さんという方と結婚され、子供さんに恵まれられましたが、その後離婚され、市役所も退職されて、現在は全国で講演活動で頑張っておられるそうです。
 わたしを語る「映画と歩いた昭和」は今日で2回目ですが、私が知っている人たちが登場しそうです。
 毎日楽しみながら読めそうです。
 毎日の朝刊が楽しみです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ





posted by osamu at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

追悼詩集「沈黙の海」

 梅雨とは言え、今日もゲリラ的な雨が降りました。
 畑に行って農作業も出来ないし、どんどん伸びる庭の草取りも出来ないので、今日把捉所の日と決めて、先ごろから紹介してます追悼詩集「沈黙の海」それと先日買って時折読んでいた俳優山崎努著「柔らかな犀の角」を読みました。
 読書ばかりでは、退屈だったので雨の中のちょっとした晴れ間を見て、ゴルフ練習場へ行って仲間と一緒に練習したり、コーヒーを飲みながらゴルフ談義に花が咲きました。
 今日は、東日本大震災の追悼詩集「沈黙の海」から2編ほど紹介します。
 
 「絶望の底から」
  津波が
  すべてをさらっていった
  若者も
  子供たちさえも
  夢も、希望も
  過去も、現在も
  未来さえも
  閉ざされたクラヤもの中で
  悲しみの嗚咽ばかりが聞こえる
  だが
  人は
  この絶望の底から
  必ず立ち上がるだろう
  黙々と田畑を耕し
  家を建て
  町を興し
  海に船を浮かべるだろう
  決して負けることはない
  何度でも立ち上がるだろう
  家族のために
  死者のために
  何度でも
  何度でも立ち上がるだろう

 「暗示」
  チェルノブイリ
  スリーマイル
  フクシマ
  あの残骸と廃墟は
  何を暗示しているのだろう

  二編の詩、如何でしたか。
  早い早い復興を願いたいものです。

  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

郷土史家「勇知之」君

 今朝は、少し疲れていたのか床を離れたのは何時もより1時間半遅れの6時でした。
 起きるや否や地元紙熊日を読み始めたら、高校時代の友人郷土史家勇知之君の歴史小説集「地に生きる」を自費出版したという記事が目に留まりました。
 勇君は、熊本高校時代の同級生ですが、3年間同じクラスになったことはありませんが、通学の電車が同じということで知り合った仲です。
 通学の電車も全部が同じということではなく、水前寺駅通りの電停から熊本市役所前の電停前までの間の電車通勤仲間です。
 彼は、これまでも薬局を経営しながら、地元植木町に関わる歴史小説を書いてきました。
 今回の小説は、これまでの集大成ではなかろうかと思います。
 早めに書店に行って歴史小説「地に生きる」を購入するつもりです。
 話は変わりますが、彼の記事が掲載されているすぐ隣に、3日に行われた南区まちづくりワークショップの記事が載っていましたが、記事の一部の写真に私が写っていたのも何かの縁かもしれないと思いました。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする