2011年12月31日

何事も無かった一年

 今年書くブログも今夜で終りになりますが、11月の亡母の一周忌には、ブログ1000回更新も果たすことができ、現在も頑張って書き続けています。

 何時もは、必ず5時半過ぎには起きて、朝刊を読み始まますが、ここ数日の植木の剪定や庭掃除で疲れたのか、今朝は8時起床でした。

 早速、朝ご飯を食べて、今日の夜の年越し蕎麦用の「手打ちそば」内を始めました。
 娘の友達から、私の手打ちそばを食べたいとリクエストがあったので、我が家用と合わせて、2回ほど打ちました。

 これまで6回ほど打っていたので、少しはリズミカルに打つことができました。

 今年一年は、世間では東北大震災をはじめ、国内外でいろいろ事件の多い年でしたが、我が家では、取り立てて言うほどもない、平和な、平凡な一年でした。

 本当に趣味、地域のお世話、ロータリーを忙しい一年でしたが、楽しい一年でもありました。

 来年も、明日から始まりますが、今年と変わらない良い年でありますように祈念します。

 欲を言えば、子供たちが将来に向かって頑張っていますが、是非、早く願いがかなって貰い体と思っています。

 では、皆さんの来る年に幸多からんことを願い、今年最後のブログ終わります。
 来年も頑張ってブログ書きますのでよろしくお願いいたします。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

明日は大晦日(師走いろいろ)

 今年も今日を含めてあと二日で終り、大自然が怒りで跳びすぎた感じの兎年でしたが、来年は経済も政治も昇り龍のように上向きになればと念じています。

 ここ2,3日ほんとに師走という感じです。
 道路に出れば、車が混雑していますが、商用車の類は少なく、小型車の家族の乗った車が多いようです。

 今日スーパーにちょっと出かけたら、家族そろっておせち料理の材料を買い込んでいる風景が見られました。

 庭の掃除の合間を見て、ゴルフ練習場に出かけたら、何時もの顔はあまり見かけられず、年末の休みを持て余しているいつも見かけない顔が多かったようです。

 夕方晩酌をしながらテレビを見ていたら、駅や空港で帰省客を迎える光景がどのチャンネルでも見れました。

 明日になると今年は終わり、もうすぐそこに辰年がスタンバイしています。

 話は変わりますが師走の最中に、私が勤めていた熊本市役所の不祥事がテレビの全国版で報道されていましたが、先輩職員としては怒りが込み上げています。

 私の在職中に藻、職員の不祥事もないかとはありませんでしたが、今のような陰湿な事件はありませんでした。
 今回の処分も停職6月と軽すぎる感じがします。
 兎に角、来年4月には熊本市は政令指定都市になります。
 職員の資質の向上がなければ、政令指定都市になった意味がないと思います。




 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

我が家の重大ニュース

 年末恒例の国際、国内の10大ニュースが新聞で報じられてが、地元新聞では、国際では、まず第1位は、北朝鮮の金正日総書記の急死です。
第2位は、欧州の財政危機が拡大してイタリアのベルルスコーニ首相が起こりました。
第3位は、中東に民主化の波が広がり、リビアのカダフィ大佐が反体制派との激戦で死亡でした。

 国内では、当然のこととして、第1位は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故となっています。
 第2位が管首相が居座理の末退陣、ドジョウ野だ内閣誕生のようです。
 嬉しいニューは、7月にドイツで行われたサッカー女子ワールドカップで日本代表「なでしこジャパン」がアメリカを破って初優勝したニュースで第3位となっています。

 政治のニュースで大阪ダブル選挙で橋下氏、愛知トリプル選挙では河村氏側が圧勝したニュースが第8位で取り上げられています。
 大阪や名古屋だけでなく、全国的に国民のための政治が行われるように変革すべきではないでしょうか。

 さて我が家の重大(10大でなくて)ですが、昨年暮れに母が亡くなり、今年は平凡な年で重大ニュースというものはありません。

 平凡な暮らしの中で取り立てて言えば、母が住んでいた隣の家をきれにリニューアルして、お客さんを対応する部屋として使っています。
 息子たちが帰省した際は、旅館代わりに宿泊しました。

 それから、今年は手打ち蕎麦を頑張って打っています。
 31日の年越し蕎麦は、私が頑張って打つつもりです。

 もう一ルのニュースは、娘の新車の購入です。
 8年間大事に乗っていた日産エックストレイルが燃費が悪くなったので、トヨタのハイブリッド車プリウスに変えたことです。

 もう一つのニュースは、ニュースほどではありませんが、最近人の名前や車の名前など急にでなくなっれきました。
 加齢のせいかもしれませんが、自分自身が歯がゆくてならない時があります。
 以上が我が家の今年のニュースです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

美味しいカレイの煮付

 今年も残すところ、今日も含めて5日ですが、その割には世間は落ち着いている見たいです。
 先日のブログでもお話したように、豊かすぎて、年の変わり、新年の実感がない人が多いようです。

 我が家は、正月に向けて、少しだけでも綺麗なるように庭とお部屋の掃除の真っ最中です。

 今日は、いつも晩酌の肴は自分で作っていますが、今日は、妻が会社の忘年会なので「カレイの煮付」を作っていました。

 このカレイは、妻の仕事の取引先の鳥取の和紙製紙会社の社長の奥様が取れたての物を送ってくれたものです。

 今年は、震災以後「きずな」という言葉が多く使われましたが、妻と奥様は、まだ会ったこともないのに和紙を通して絆が出来上がっているみたいです。
 よく、熊本と鳥取の有名な産物を送りあっています。

 奥様によれば、鳥取は寒く、冬が長いので、新鮮な海産物を塩ものにして食べるそうです。
 おかげで、美味しい新鮮な塩もののビールの「肴」、沢山食べることができた一年でした。

 来年も楽しみです。

 
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

二人の木村君

 今日も正月に向けての庭の剪定、蛍光灯、電球の交換などこのついたことをやっています。
 昔は、正月といえば、一つの区切りのようなもので、真新しいものに変えて、ああ正月だいう雰囲気がありました。

 新しい洋服に、新しい靴などと新しい物づくめでしたが、現在は物が豊富でいつも昔の正月みたいな良い物ばかりです。
 
 今日は、私には木村という性の方がこれまでに5人ほどいますが、私が市役所在職中に、部下でありながら、大変お世話になった二人の木村君の話です。

 二人の木村君は、せっかちで、慌てン坊の私を支えて貰ったというより、私をリードしてくれました。

 二人とも、それぞれ2回以上の同勤がありましたが、大事な場面で助けて頂きました。
 二人との年賀状の交換も十数年続いています。
 昨日年賀状を書き終え、ポストに投函しに行った際、ふと二人の木村君が居たからこそ、私は無事に市役所を務めることができたんだと脳を過ぎりました。

 高校時代にも二人木村性の友達が居ましたが、高校時代劣等生の私に、よく勉強を教えてくれました。
 九州大学に行った木村君は、英語を、横浜国立大学に行った木村君は、数学を教えてくれました。

 現在は、熊本西南ロータリークラブの木村さんに、何やかやと大変お世話になっています。

 もう一人、中学生のころに木村君が居ましたが、中学校の3年間、一緒にマラソンを頑張りましたが、又、いたずらをしたり、よく遊びました。
 しかし、この木村君には、中学時代優等生だった私が、よく勉強を教えてやりました。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

明らかになる3・11災害の現実

 南国熊本の空にも雪がちらほら舞いはじめ、何もせずに外にいれば震え上がるような一日でした。
 今日も、昨日ゴルフ練習場でもらった「ワンポイントアドバイス」を練習しました。
 
 昨日できたショットが、今日は出来ないゴルフの難しさに、忍耐強く練習しています。
 いつ出るか分からない結果を期待しながら頑張っています。

 ゴルフの練習の難しさなんて、東北の被災者の皆さんの厳しさには比べることもできません。

 今日の民放のテレビで、福島原発の3月11日から数日の内閣と東京電力の対応について報道されていましたが、日本では初めての事故とは言え、政治家の対応のまずさ、東京電力のおごり、官僚、特に保安院の危機管理の欠如が目立っていたような感じがする。

 南国熊本でこんなに寒いのに、極寒の中での被災者の方々の生活の厳しさが痛ましい。

 話は変わりますが、本当師走とい鵜感じです。
 いつになく、救急車のサイレンの音も多くなってきました。
 押し迫った暮れに、怪我などしないように、また、風邪が流行ってきていますので注意してください。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

クリスマスプレゼント

 今日、24日までに投函しなければ元日に届けられないので、昨日から年賀状の作成に悪戦苦闘しています。

 あまりにも字が下手な私は、以前は裏面は印刷に頼んで、宛名書きは妻に任せていましたが、パソコンが使えるようになってからは、趣味の仲間、友人、親戚、昔の職場など分けて文章を考え、それに川柳を添えて作成しています。

 その年賀状作成のパソコンの使いかたが、1年に1度なので手順が分からず苦戦しています。
 どうにか、今日までに熊本県外の分がやっとできました。

 今日はクリスマスイブですが、昨日一日早いイブで、義理の弟たち夫婦とステーキを肴にお酒を楽しみました。
 今夜は、手作りの酒の肴でビールの晩酌です。

 今日は、一寸した二つのクリスマスプレゼントの話です。

 その一つは、川柳の大先輩の田口麦彦さんから川柳の本を1冊いただきました。
 その本は、「人生としての川柳」という木津川計さんが「川柳マガジン」で連載されていたものに加筆された本で、巻頭言を田口さんが書かれている本です。

 現在、いろいろの川柳の本に凝って、勉強していることを知って田口さんが贈呈してくれました。
 毎晩、少しずつ楽しんで読んでいます。

 もう一つのプレゼントは、今日ゴルフの練習場で、友人から「ワンポイントレッスン」をしていただきました。

 そのワンポイントレッスンで、これまで半年間悩んできた、悪い癖が治り、素晴らしいショットができるよううになりました。

 明日からのゴルフの練習が楽しくなり、結果としてスコアが良くなるものと思っています。
 一日早い、嬉しいクリスマスプレゼントです。
 
 皆さんにも素晴らしいクリスマスプレゼントが届きますようにお祈りいたします。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




 
posted by osamu at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

辛子れんこん

 今日は、2カ月に1回行っている歯のクリーニングの日なので、1年前から通っている歯医者で、今年最後の歯の掃除をしてもらいました。
 午後は、ロータリーの今年最後の例会で、今年の9月に入会された住友生命熊本支社長の渡辺雅志さんの卓話で生命保険、損害保険についてのいろいろのお話を聞くことができました。

 ロータリーから帰った後は、まだたくさん残っている庭の植木の剪定を頑張りましたが、正月まであと2日はかかりそうです。

 剪定を頑張った後は、毎日の恒例、大好きなビールでの晩酌です。
 ビールに肴は、毎日3品か4品を自分で作りますが、今日は近所に住んでいる義妹が、マグロの刺身と辛子れんこんを差し入れしてくれました。

 今日の晩酌のつまみは、マグロの刺身、辛子れんこん、焼きするめ、ホウレンソウの和え物です。

 今日は、晩酌の1品辛子れんこんのお話をします。
 辛子れんこん子発祥と由来についてですが、熊本藩主細川忠利公が生来病弱だったので、忠利公の前任地である豊前国耶馬溪羅漢寺の禅僧・玄宅が忠利公を見舞ったときにれんこんを食べるよウに進めたそうです。

 そこで藩の賄い方であった平五郎が、加藤清正が熊本城の外堀に非常用職として栽培していた蓮根の穴に和辛子粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉、空豆粉、卵の黄身の衣をつけて、菜種油で揚げたものを献上したところ、忠利公はよろこんで食べられたそうです。

 れんこんは、造血剤として優れている上に、辛子には食欲増進作用があるとのことです。
 れんこんを輪切りにした断面が細川家の家紋の九曜紋に似ていたことから門外不出の料理とされていましたが、明治維新からは一般に製法が伝わり、熊本の名物に一つになり、誰でも美味しく食べられるようになりました。

 私たちが小さいころは、田圃の近くのれんこん畑の蓮根を、母に料理して貰いよく食べた記憶があります。

 現在になっても、辛子れんこんは大好物で、ビールの肴として月に何度か食べています。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




 
posted by osamu at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

「青いダイヤ」今は昔

 昨日は、久しぶり英会話に出かけ、講座生の方とお会いし、2時間の講座を楽しみました。
 英会話教室は、9月の半ばから講座の会場「熊本市南部市民センター」の改装工事のため今月初めまで休館されていたので、本当に久しぶりです。

 授業が始まる前に、時節柄「赤い花のトナカイ」の英語の歌詞を朗読し、そのあと歌を聴いたり、クリスマスにまつわるゲームを、子供のように一生懸命遊びました。

 今日は、昨日の熊日新聞に2面を使った記事「昔は青いダイヤと言われたい草」の紹介をします。
 今八代市のい草農家では、い草の田植えの真っ盛りだそうですが、田植え機の普及は半分程度で、2分の1の農家では、この寒い中手作業での田植だそうです。

 私も稲の田植えの経験がありますが、腰は痛くなるし、泥沼の中での動きで足はだるくなりますが、い草の場合は、寒さも加わるので大変だとおもいます。

 い草の生産の平成元年の頃に比べると、い草農家も減ってしまったそうです。
 しかし、今年は少し上向きな鳴ったそうです。

 この記事の中に、千丁町教委育委員会編の「千丁の歴史を訪ねて』を参考に「い草・畳の歴史」によれば、い草は弥生時代中期の頃から使われたことを大宰府の吉野ガ浦などの甕棺からい草とみられる断片証明されているようです。
 飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代から江戸時代以降もそれぞれの時代い草が、畳表として使われているようです。

 まだまだ、詳しい情報がいっぱいありますが、今日も午後に植木の剪定をして疲れてしまいました。

  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

私をかたる「夢そだて夢はこぶ」

 私の市役所の先輩、塘添恒男さんが熊日新聞連載の「わたし語る『夢そだて夢運ぶ』」も37回目になり、終りが近づいたようです。

 昨日36回までは、塘添さんのライフワークだった人形劇の話でした。
 私が市役所現役のころは、塘添さんが人形劇を中心にいたるところで活躍されていることは聞いていましたが、新聞を読むにつれて、塘添さんの日本はおろか世界中で活躍されていたことが分かり感激しました。

昨日の記事から、塘添さんの本職だった熊本市役所の職員時代の話になり、身近な記事が多く楽しいで読んでいます。

 塘添さんは、昭和30年、私が10歳の頃に熊本市福祉事務所に採用になり、福祉畑の仕事が始まり、私もよく知っている、また世話にもなった川路善照先輩や斉藤正先輩にケースワーカーの心構えなど教わらたそうです。

 その後は教育委員会に出向され、ここでは社会教育の部門で人形劇で出来た人脈を生かし活躍されたようです。

 記事を読んでいるうちに、塘添さんのバイタリティに飛んだ活躍ぶりが、私が思っていた塘添像と重なって見えてきました。
 兎に角、何事に対しても前向きに、懸命に努力される方です。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

地域の忘年会

 今日の朝刊によれば32年間続いたテレビドラマ「水戸黄門」が、明日の月曜日で最終回だそうです。
 勧善懲悪のストリーのこのドラマ、私の人生に多くの教えを貰いました。
 このテレビを見ると悲しいときは癒され、嬉しい時は、楽しみを倍加し、怒ったときは、心を沈めてくれました。
 明日の夜8時が楽しみですが、寂しい気持ちの方が大きいようです。

 今日は、一日中植木の剪定でした。
 朝は、まだいっぱい残っている我が家の松の木の剪定、お昼からは地域の公民館の大掃除、私は、何時も植木の剪定ができる人たちと一緒に公民館の庭の4本の槇、柘植、山茶花剪定です。

 剪定のための植木梯子、剪定ばさみ大小、箒、ブロアーなどそれぞれが自宅から持ち寄り、2時間細で立派な剪定ができ、公民館も良い正月が迎えられそうです。

 公民館の大掃除は、12月の第3日曜日に、自治会長、公民館長をはじめ自治会に役員の夫婦が参加して行われるのが恒例です。
 女性軍は、キッチン、便所、廊下や畳のフキ当時です。
 剪定以下以外の男性軍は、天井の煤落とし、蛍光灯の取り換え、網戸の洗浄とみんな頑張りました。

 夜は、自治会役員の1年間のご苦労を労うということで、近くの料理屋さんから刺身の盛り合わせ、チラシすしの入った豪華弁当で忘年会です。

 ビールと掲げて、公民館長の乾杯で始まり、後は、それぞれ好きな酒、焼酎、ワインと賑やかに雑談をしながら、2時間ほど楽しいひと時を過ごすことができました。

 私も今年の忘年会は、公民館の忘年会が、最後で、今年は6回ほどでした。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

師走のひと時の憩い

 今日は、朝早くから熊本市から1時間ほど離れた玉名市の「司ロイヤルゴルフ」で、弟の幼友達と
師走の慌ただしい中にゴルフを楽しんできました。

 数日前の暖かさとは違って、お日様は見えないし、時折雪汁が降って寒かったのですが、和気藹々の中で久しぶりにゴルフを楽しみました。

 ゴルフの後は、温泉のお風呂に浸かり、ゴルフの疲れと1年間の疲れまで落とせた良いお風呂でした。

 自宅に帰った後は、これまた弟と今日オープンの居酒屋で鹿児島産の肉を使ったしゃぶあしゃぶを腹いっぱい、美味しく、それに、死ぬほど大好きなビールを飲みました。

 今日のブログは、楽しいお酒の後に、千鳥足のような手でキーボードを叩いています。

 ゴルフ場でもお風呂に入ってきましたが、もう一度我が家の風呂に浸かり、その後は川柳の本を眠り薬にしながら床につきたいと思っています。

 明日は、早起きして、畑の野菜の作まわりをしいたいと思っています。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

熊本市2011人権啓発作品から 

 本当に、毎日が早い、1週間が早いです。
 2,3日前に終わったかと思いますが、今日は、ロータリーの例会の日です。

 今日の卓話は、今年から国際ロータリー第2720地区(熊本県と大分県域)ではじめられた婚活ロータリー版のブライダル推進委員会のお話です。

 先日テレビで街の商店街と婚活を組み合わせたイベントが行われ、昔の仲人のような役割をかってでていますが、ロータリーのブライダル推進委員会のロータリーの子女を仲人するものです。

 まだ、始めたばかりで何かと関係者では、悪戦苦闘が続いているようです。

 今日は、毎年私が紹介しています熊本市の今年度の「人権啓発作品集」の中から中学1年生の詩を紹介します。
  
 「大切な言葉」    力合中学校 1年 西山明里
  「ありがとう」
   この一言が感謝の気持ちを伝えます。
  「大丈夫」
   この一言が相手の心を救います。
  「一緒に遊ぼう」
   この一言がたくさん仲間をふやします。
  「よろしくね」
   この一言が奇跡の一歩を踏み出します。
  「ごめんなさい」
   この一言が相手との絆を深めます。
  たった一言の短い言葉に込められた気持ちを大切に。
  あなたのその一言を勇気をもって伝えよう。

 今年の「人権啓発作品集」にも素晴らしい作品がありますが、その一つを紹介しました。
 いかがでしたか。
 これから機会をとらえて、作品をお届けします。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

親鸞「激動編」完結

 このブログでも何度か話題になった熊日新聞連載小説「親鸞・激動編」が、たった1年で完結する結果になった。

 昨年の暮れに母を無くして、元気のなっかた私はこの小説が元気をくれた1年だったような気がします。
 親鸞の幼い京都時代の小説「親鸞」を2度ほど読み返した後の「親鸞・激動編」は、私の毎朝の元気の源であった。

 1月に始まったころからスクラップも最終回356回までで、5冊のノートになった。
 時には、新聞の切り抜きを忘れ、新聞が探せず、販売店から貰ったこともあり、356回5冊のノートに収まっている。

 この連載は、少なくとも2位は続くと思っていたので大変残念です。
 最後は、登場人物親鸞をはじめとする人たちの「それぞれの旅立ち」で終わり、親鸞が京都に行くところで終り、これからがクライマックスになるところで完結したようである。

 ある筋の話によれば、五木寛之さんは、今も多くの本を執筆されているが、以前のように体力的に無理ができないそうだそうです。

 私は、できれば今一度、時間を作ってもらい京都での親鸞の活躍を続けて書いてもらい、読者に楽しみを与えてもらいたいものです。

 話は変わりますが、親鸞の後の新聞小説は、村上龍さんの「55歳からのハローライフ」が、はじまりました。

 まだ2回目ですが、分かり易句、面白そうです。
 これからも、「親鸞」には及びませんが、朝起きて朝刊を楽しむことが出来そうです。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




 
posted by osamu at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

全日本きもの装いコンテスト

 今日は、昨日熊本県立劇場で行われた日本人の心と美の祭典「全日本きもの装いコンテスト」についてお話します。

 このコンテストは、「社団法人 全日本きものコンサルタント協会」が昭和47年から始められて、今年で40年を迎え、和装文化、日本文化の普及に貢献しているそうです。

 私がこのコンテストを見に行くことになったのは、妻の妹が知り合いの着付けの先生に進められて、私の娘と姪(義妹の娘)が出場にしたからです。

 コンテストは、学校対抗の部、子供の部、外国人の部、男性の部、女性の部(振袖、留袖、カジュアル)の6部門で行われました。

 会場に入ると、熊本県立劇場大ホールが満席だったのにまず驚いた、観客席の3分の1ほどが高価な着物連れにもびっくりした。

 コンテストも参加慣れした人、初めての人とバラエティに富んでいた。
 学校対抗にある中学から参加していたが、学校に装道の部活があるそうです。

 コンテストの成績ですが、大学の装道部の学生が装いの女王に輝きました。
 娘の先生に習って五名が参加しましたが、二つのサプライズがありました。
 その一つは、現在東京に住んでいるので、練習も数回しかできなかった姪が全国大会に出場できる7名の中に入りました。
 もう一つは男子の部で、これこそ仕事が忙しくてほとんど練習ができなかった藤木君が優勝に輝きました。

 イヴェントで行われた子供たちによる「装道礼法基本動作」、装道舞、花結びファンタジーには感動しました。
 特に、花結びファンタジーによる帯1本でいろいろの花の形の見事さ、特に熊本市花「肥後椿」熊本県花「りんどう」は本物の花のようにきれいでした。

 昨日の半日、着物、和装、装道などいろいろ楽しみながら勉強ができました。



  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

柳友の新聞投稿

 今年の元日から始まった五木寛之さんの新聞小説「親鸞 激動編」が今日で幕を閉じました。
 元日に第1回から今日の335回の最終回まで、毎朝朝刊を首を長くして待ち、読み終えた後は、全部スクラップしました。

 まだ、あと1年ぐらいは続くと思っていたのに残念でありません。
 聞くところによると、五木寛之さんは、見た目には健康そうですが、最近体力的にむりをされていたようです。

 ここらで一時休養されて、また、京都の都での親鸞の話を続けて欲しものです。
 明日からは、少しづつ、スクラップした小説を読み返したいと思っています。
 本当に、朝刊を待つ楽しみがなくなってさびしい気持ちです。

 話は変わりますが今日の朝刊の「読者のひろば」に川柳の仲間吉岡広子さんの記事が目に留まりました。
 話の内容は「できるしこ『頑張ればいい』」という記事です。
 吉岡さんとは、これまで川柳「声」の仲間として12年間例会で、川柳の勉強を頑張ってきた間柄です。
 吉岡さんは、50代前半で「せき髄小脳変性症」という病気になられ、少し体が不自由で、日ごろは歩行器を使われておられます。

 遠い所に出かけられるときは、ご主人か息子さんに送迎を頼まれておられます。

 しかし、行動力は物凄く、川柳をはじめ、俳句、短歌、肥後狂句、さらには今日のように新聞の投稿など頑張り屋さんです。

 私達、健常者に比べると、何をするにしても時間がかかると思うと、彼女のバイタリティには脱帽します。

 今年の熊日川柳大会でもベストファイブの成績を残されました。
 吉岡さん、これからも頑張ってください。

 今日は12時から日本の心と美の祭典「2012全日本きもの装いコンテスト・きものフェスティバル」を見に行きました。
 その話は、明日、じっくりとお話しいたします。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

師走あれこれ

 今年も残すところ20日余りとなりました。
 2,3日前から寒さも冬らしくなり、東北地方では雪も舞っているようですが、被災地に方には、厳しい冬となりそうです。

 師走になって、私の身の回りも師走の風景が多くなりました。
 数日前から、へたですが自分でする庭の槇の木の剪定も少しづつ始め、綺麗なお庭で正月を迎えたいと思っています。

 家の庭の掃除も植木の剪定に合わせて頑張っています。

 昨日は、東京の秋葉原に住んでいるアパートの大家さんから、いつも暮れに送ってもらう長野のリンゴが一箱届きました。
 すぐ1個食べましたは、歯ごたえもあり、甘くて大変おいしかったです。

 昨日の夕方には、妻が知り合いや仕事でお世話になる人にお歳暮として届ける、これも毎年恒例ですが、シクラメンの花が、いつもお世話になる花屋さんから届きました。
 10数個のシクラメンですが、ほとんど違った花弁をつけていますが、大変きれいです。

 来年のカレンダーもあっちこっちから素敵なデザインのものが届いています。
 妻と娘は、損保の仕事でお世話になっている方々に、会社のカレンダーを届けています。

 来年の手帳も、ロータリーの手帳が先日の例会でいただきました。

 数年前までは、暮れの恒例だったが、定年後はなくなった、冬のボーナスがないのが、ちょっぴりさびしいです。

 これから、正月に近づくにつれて、あわただしくなっていくでしょうが、健康には気をつけたいと思っています。

 皆さんの12月、師走、如何ですか。
 交通事故、とりわけ死亡事故が続いていますので、くれぐれも車の運転には注意してください。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 15:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

スイートスプリング

 今朝は、昨夜少し早く床に就きすぎたせいか、午前4時過ぎに目をさまし、新聞配達の足音を聞いて、4時30分に床を離れ、新聞を隅々まで読み終わり、ブログを書き始まました。

 昨日より雨音が大きく、今日は一日中、天気が悪そうです。
 1週間が早いですね。また、ロータリーの例会の日がやってきました。

 今日は、我が家の柑橘類のお話です。
 私の家では、私たちが小さいころから、広い庭に植木類はたくさんありましたが、果実の生る木は、柿の木1本でした。
 その理由は、蜜柑や柿などの泥棒が多かったので、トラブルの原因になるということでした。

 現在は我が家の庭に、金柑、はっさく、スイートスプリング、いくりなど、畑には無花果、柿、スイートスプリング、温州みかん、伊予かんなど植えています。

 豊かになったせいか、柿やイチジクなど誰も泥棒する人はいなくなりました。

 スイートスプリングですが、数年前に5本ほど購入して、2本は庭に、残りの3本は畑に植えています。

 畑の2本だけが昨年から数10個の実を付けました。
 今年も、今年の暑さのせいで昨年よりも少ないですが、数えてみたら16個ほど実をつけていました。

 スイートスプリングは、温州みかんとハッサクを掛け合わせたもので、熊本県の芦北地方で30年前から栽培されている品種だそうです。

 カタカナの名前でもあったので、てっきり外国でできたものだと思っていたのでびっくりしました。

 もうすぐ食べられる「青いのに甘い」スイートスプリングが食べられそうです。




   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ






    
 
posted by osamu at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽農家おさむちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

今月の言霊

 言い訳になりますが、昨日は久しぶりのコースに出かけゴルフを楽しみ、美酒に酔いブログを休みました。
 練習場の成果が出て、ところどころに自分でも吃驚するするほどのショットだでましたが、一寸した集中力が欠けていたのかミスが出て、スコアはいまいちででした。

 今朝は、3日ぶりに畑に出かけ、大根、はつか大根、ホウレンソウ、ブロッコリ、鷹の爪、ひともじなど収穫しました。

 イチゴもこの寒い毎日を喜んでいるかのごとく元気に成長しています。
 ところ何処クリスマスに間に合うかもしれない実をつけて頑張っています。

 今日は、ロータリーの私達の地区の広報誌「ガバナー月信」に本田ガバナーが掲載されている今月の言霊から私が気に入ったお話を紹介します。

 「十月十日」
 朝は、十月十日と読みます。
 十月十日は、人間が生まれるまでにかかる日数です。
 ですから、人間は、毎朝、新しい命をもらって生まれているのです。
 そして夜、眠りにつく。
 そのまま目覚めないかもしれないところに、翌朝は、また、新しい一日をもらう。
 明日があると思わず、今日この一日を大事に過ごそうと思ったら、何事もいつの間にか継続できるのです。

 「四求(しぐ)のこころ」
 人は誰にでも、四つの求める心があります。
 「褒めてもらいたい」「認めてもらいたい」「愛してもらいたい」そして「役に立ちたい」という心です。
 また子供も同じように「子どもは辛抱強さ」を見て育つと「耐えること」を学び、
 「正直さと公平さ」を見て育つと「真実と正義」を学びます。
 そして、「褒められて」育つと「人に感謝する」するようになり、「存在を認めれれて」育つと「自分が好き」になり、「周りから受け入れられて」育つと「世界中が愛であふれている]ことを知るのです。

 二つの「言霊」いかがでしたか。
 電子辞書で「言霊」を知れべたら
  『言葉に宿っている不思議な霊威。古代、その力が働いて言葉通りの事象がもたらされた』ありました。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

川柳「ふんえん」12月例会優秀句

 昨日の噴煙吟社の忘年会と人生記念祝賀会は、昨年までの熊本メルパルクから場所を変えて、熊本ホテルキャッスルで43名の参加のもと楽しい忘年会が出来ました。

 私のとってはサプライズともいえる乾杯の音頭の大役まで回ってきました。
 人生記念の対象者は、卒寿1名、米寿4名、喜寿4名、古希1名、還暦3名、総勢13名のお祝いでした。

 乾杯の音頭を任された私は、すっかり美酒に酔うことができました。

 それでは、昨日お届けしなければならなかった川柳「ふんえん」12月例会優秀句、各題の三才、一五区を紹介します。

 印象吟(海底を泳ぐ亀)    古閑萬風選
 天 辺野古から逃げ出す亀の目に涙     陶二郎
 地 人類は亀の涙に気付かない       良
 人 汚染海決して逃げない亀の意地     理石

 席題 「12月いろいろ」   長山岳人選
 天 時止まる被災地にも歳の暮       高徳
 地 復興へイルミネーション光りだす    理石
 人 大震災絆深めた兎年          春雪

 宿題 「ふくれる」      緒方正堂選
 天 退院の母のふとんも干しておく     静雄
 地 濁り水呑んで膨らむ人間味       玉流川 
 人 どんな芽が出るのか土が盛り上がり   高徳

 宿題 「きらきら」      小濱春雪選
 天 ダイヤより光る棚田の父の汗      高徳
 地 復興の街に銀河が降りそそぐ      良
 人 明日の夢背負い輝くランドセル     高徳

 宿題 「期待」        安永理石選
 天 辛辣な批評期待も込めてある      たかお
 地 妻だけが夫の再起信じてる       朝子
 人 原子炉が期待のほどに収まらぬ     禮吉

 私の成績ですが、5客1句、平抜き7句が入選しまいたが、最近は、なかなか三才入選ができません。
 今年のふんえんの例会も昨日で終わりました。
 来年こそは、多くの三才の入選を獲得するように頑張ります。
 1月には、熊本県川柳協会の川柳大会も行われますので、こちらも頑張らなければと頑張っています。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


   
posted by osamu at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする