2011年11月30日

愛車との別れ

 今日は、久しぶりにお出かけのないもない日でした。
 早くしなければと思っていた庭の植木の剪定に取り掛かり、槇の剪定を8本ほどしました。

 少し虎刈りのところもありますが、すっかり床屋さんができました。
 まだまだ、庭の木がいっぱい残っているので、趣味三昧の合間を見つけながら、今年中には、全部終えなければと思っています。

 明日、娘の2台目の新しい車トヨタの「プリウス」が納車されます。
 娘の1台目の車は、大学を卒業して、すぐに買った日産の「エックストライアル」でした。

 娘は、1台目の車との別れ、2代目の車のお出迎えを、明日の12月1日の大安の日と決めたようです。

 けさ早くから、先日洗車していた車を、9年間お世話になったからと、せっせとシートなど磨いていました。

 そして、独り言のように次の人に可愛がってもらってねと言ってました。
 明日は、新車購入の資金援助をしたこともあって、二人で神社のお祓いに行くことになっています。

 お祓いする神社も、9年間一回も事故を起こさなかったので、前の車をお祓いしてもらった「川尻神社」ときめているようです。

 新しい車も、娘のような優しい人の乗ってもらったら嬉しいでしょうね。
 新しい車で、正月に帰省する兄夫婦をあそ熊本空港に迎えに行くのも楽しみにしているようです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

高校の同級生の訃報

 数日前に、高校の同級生中川攻平君が、癌との長い闘病生活で力尽きて、帰らぬ人となってしまった。
 私とは、高校時代には同じクラスになったこともなかったが、社会人になってから二人との、東京での大学生活を終えて、熊本に帰ってきたころから、親しく付き合ってもらっていました。

 彼の義理の弟さんが、私の中央大学の同窓生で市議会議員にということもあって、選挙の時は二人とも、懸命に応援したことがありました。

 彼には、子供がいないこともあって、同級生は然ることながら、高校の後輩の面倒を見ていたので、彼の家には、毎日のよううに人が集まっていました。

 特に、藤崎八幡宮の秋の例大祭の馬追いの世話もしていたので、9月になると、自分の仕事は放り出した祭りの世話に頑張っていました。

 その彼が、亡くなってしマイ、同級生の大黒柱を無くしてしまったようです。

 彼の会葬御礼の中に、彼が生前考えていたのかもしれませんが、一枚の紙切れが入っていました。
 紙切れに書かれた内容は次のような言葉です。

 なかまにいつも 支えられ
 かがやき続けて 生きてきた
 がんに侵され 晩年は
 若さを無くして しまったが
 こころはいつも 日本晴れ
 うらみや悔いは まるで無し
 へいわな心で 今日限り
 命を終える 時が来た

 なみだは俺らにゃ 似合わない
 かねや太鼓で ボシタの囃子
 がんがん騒いで くれりゃいい
 わすれて欲しくは 無いけれど
 こころの奥の 片隅に
 うかんでくれれば それでいい
 へたな悔やみは 真っ平さ
 いつでも俺は そこにいる

 なかがわこうへいの文字を、頭に入れての最後の「叫び」「呼びかけ」「お願い」「励まし」など彼の複雑な気持ちが詠まれています。

 公平君 安らかにお眠りください。  合掌



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

楽しいゴルフ

 先月友人の別荘に泊まって、翌日ゴルフをした後、これから時間があればゴルフに行こうということになり、今日は、あの時の友達とゴルフを楽しみました。

 みんなスコアの方は、何時もよりちょっと落ちた程度でしたが、何も気遣いをすることもなく、和気あいあいと楽しいゴルフでした。

 1月に、友人の一人池永君のホームコース「不知火ゴルフ」で、ゴルフを楽しむことで別れました。

 帰って、何時ものビールを飲むまでには、時間があったので、庭のパンジーなどの植栽を頑張りました。

 先日まで、日日草が、頑張って咲いていましたが、これからは、色とりどりのパンジーが、庭の主役になりそうです。




     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

川柳「火山灰」11月例会優秀句

 ここ数日、ロータリー、地域のボランティア、そば打ち、火山灰の例会と忙しく、毎日の日課のようだった畑仕事、ゴルフの練習は出来ずじまいでした。

 明日は、友達とコースでのゴルフの約束があるので、ゴルフの練習に出かけました。
 3日間サボっていたので、最初はうまくいけませんでしたが、帰り際にはどうにか、いつものように、良いボールを打てるようになりました。
 明日は、いいスコアが出ればと思っています。

 今日は、昨日行われた川柳「火山灰」の例会の優秀句をお届けします。
 紹介の前に、「火山灰」のお話をしたいと思います。

 「火山灰」の例会は、みんなで詠んだ川柳を競うことは勿論のこと、勉強の場所してもやっていきたいと参加者全員で、屈託のない意見を出し合っています。

 また、選者は、自分が選した3才にについて、選んだ理由など説明することになっています。

 それでは、宿題のそれぞれの三才の紹介と私の入選句を紹介します。

 宿題 「いきさつ」    中川しのぶ選
  人 創業の辛苦を知らぬ三代目      春雪
  地 いきさつは冷凍保存したまんま    たかお
  天 嘘ついていないがほんとも言ってない 茂緒

 宿題 「気晴らし」    嶋本慶之介選
  人 少しだけ飲めない酒で酔ってます   正純
  地 気晴らしと昔を歩く里の道      春雪
  天 気晴らしもならぬ仮説の冬の夜    しのぶ

 宿題 「ドライ」     吉岡茂緒選
  人 悲しいもの見すぎましたかドライアイ しのぶ
  地 介護法四角四面の時間割       めぐむ
  天 売れっ子に手のひら返す週刊誌    陶次郎

 私の拙句は、4句とも平抜きですが、我慢した鑑賞してください。

  「いきさつ」
    離婚劇いきさつを知る金魚鉢  萬風
  「気晴らし」
    気晴らしはお経のような独り言 萬風
  「ドライ」
    ドライアイあなたが居ないあの日から 萬風
    ドライフラワー長すぎないか余命表  萬風

  今回の例会の課題は、三題とも、大変難しい題でしたが、素晴らしい句がありました。
 次回の例会が楽しみです。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 川柳「火山灰」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

熊日川柳大会ジュニアの部入選句

 今日は、丸一日自治会のボランティアを頑張りました。
 午前、午後と町内にある企業の自治会費を、自治会の役員が3班に分かれて徴収を行いました。
 町内には、90ほどの企業があり、どの企業も気持ちよく協力してもらいました。

 夜は、自治会の連合体「自治協議会」の幹事会が開催され、会議の後は懇親会で盛り上がりました。

 今日、10月16日に行われた熊日川柳大会の入選句の冊子が送付されてきました。
 今日は、ジュニア部門の中の課題詠「笑う」の入選句を紹介します。

  課題「笑う」      古閑萬風選
  佳作
   挨拶は笑顔をのせてプレゼント   内原涼香
   笑顔でね君に元気をプレゼント   一門颯紀
   笑うこと神様からの贈り物     牛嶋里佳子
   笑うとはひととひととのおくりもの 江藤大晴
   にこにこと笑うえがおはほう石だ  高松大旗

楽しいな君のえ顔はたからもの   山口歩姫
   ピチャピチャと笑顔はじける水の中 坂本華純
   ほっぺたに明るいえくぼこぼれたよ 下田望未
   笑うこと毎日あるとハッピーだ   馬原叶明
   ばあちゃんが孫の顔見てえびす顔  園田百加

   ママ笑うパパも笑ってぼく笑う   田苗聖
   笑顔にはいろんな思いあるんだよ  大村響
   つらいとき悲しむよりも笑ってね  堤真子
   人生は笑って過ごすほうがいい   田尻隼
   つらくても人間だから笑うんだ   緒方綾花

   ありがとうえ顔でいうと声はずむ  村上桃
   楽しいねキラキラ笑う友達と    荒木月
   なやみごとわらうきみみてふきとんだ 道下太一
   つらいとき君の笑顔で助けられ   前田希歩
   えがおはねしあわせにするまほうだよ 中原実空

   悲しみもみんなといればえがおだよ 福岡いつき
   卒業式笑顔でみんなのさようなら  山岡惣一郎
   仲直りわらうこ顔みてほっとする  秋山涼太
   君のギャグおもしろすぎてこわれそう 横山貴大
   笑ったら心の色がオレンジに    塩田珠弓

   成績がぐんと上がってにやり顔   江藤千尋
   部活動かがやく笑顔あふれ出す   佃星希
   ゲラゲラと笑っていればこわくない 徳永有香
   笑ったねえくぼできてる君のほほ  村山葵
   春風がことりと花と笑ってる    大木里紗

   こどもの感性豊かな川柳いかがでしたか。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




   

 
posted by osamu at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ロータリー社会奉仕の一日

今日は、朝早くから起きて、これまで何かと忙しくサボっていた川柳の添削、土曜日に例会のある「火山灰」の句作りを頑張りました。

 11時半ころからは、木曜日定例のロータリーの例会です。
 今日は、ロータリーの本来の目的である二つの社会奉仕に関する事業が行われました。

 その一つは、「社会奉仕委員会」が担当する私の地元の日吉中学校の「花いっぱい運動」に対する援助金の贈呈と12月4日の行われる花の植栽のお手伝いの報告のセレモニーが行われました。

 昨年も城南中学校で同じ事業を行い、学校からも地元住民からも大変喜ばれました。

 もう一つは、若い世代を援助する「新世代委員会」が受け持つ事業で、今回は、西南ロータリーの管内の小学校に併設されている「小学校放課後児童健全育成事業施設」に、図書券を贈呈するものです。

 そこで、今日は熊本市のこども未来局へ会長、幹事、新世代委員会の委員で出かけ、30万円の図書券の贈呈式が行われました。

 この図書券は、各学校の放課後育成施設に配分され、子供たちの絵本をはじめ、子供たちが喜ぶふんが購入されると思います。

 私は、両右方の事業に関わり、ロータリアンとして充実した一日でした。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

仲間と手打ち蕎麦作り

 今日は、11月2度目の祝日で、各地でいろいろのイベントが予定されていたようですが、朝方の雨でイベントが中止になったところもあったようです。

 我が家のイベントは、私の蕎麦教室の先輩でもある野仲さんと手打ちそばの教室です。
 今年の6月から8月に月に1度、3回ほど手打ちそば教室で基本を習った後、そばのうち方の本やビデオを見ながら、週に1度ほど打っていましたが、なかなか満足のいくものができません。

 今日は、祝日の休みを利用して、そば教室の先輩野仲さんに、私の蕎麦打ちを見てもらいながら、いろいろ教えてもらいました。

 蕎麦の混ぜ方、練り方、切り方、それに茹で方など細かいところを教えてもらいました。

 出来上がった蕎麦を、私と妻、野仲さん夫婦、野仲の義兄夫婦、6人で出来たて、揚げたてのもりそばを美味しく食べました。

 今日の教訓「習うより慣れろ」、ある程度学んだら、数多くそばを打って、経験を積む以外にないようです。

 今日も蕎麦尽くしでしたが、まだ作り置きの蕎麦があるので、明日も1食は、そばになりそうです。
 
 川柳、ゴルフ、そば打ちと趣味三昧の毎日、楽しいです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

イルミネーションを点す

 昨日は、たっぷり畑で働いたので、今朝は畑仕事はお休みです。
 そこで、今朝は、昨年は母が亡くなったので、止めたイルミネーションを今年は、点すことにしました。

 そこで、イルミネーションを飾る庭木を、まず剪定することにしました。
 剪定の後、高さ5メートルの高さから5本の飾りを付け、試運転をしたら、無事にきれいなイルミネーションが出来上がりました。

 今日は、良いことがありました。
 今日の熊日新聞に代3回県民文芸賞に審査結果が発表されましたが、川柳部門に古閑萬風の名前がありました。 

 これまで2回ほど応募していましたが、2回目でやっと入選に選ばれました。

 それから、もう一つ、ゴルフの調子が大変良くなりました。
 5年間止めていたゴルフを昨年の4月から、始めましたが中々、ボールがうまく飛びません。
 何冊もゴルフの参考書を読み、ビデオも何回も見て研究しました。

 練習場にも、1週間の5度は通って頑張りましたので、やっと思うようにボールが飛ぶよううになりました。

 これからは、コースでいいスコアが出るようにと思っています。

 今日は、嬉しいお話ができました。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

恵比寿さん

 昨日、妻の実家から、鏡餅の上下セットが届いた。
 鏡餅は、お正月に仏壇、神棚、それから日頃お世話になる機械類などにお供えするものと思っていました。

 ところが、昨日届いた鏡餅は、商売の神様「恵比寿様」にお供えするものだそうです。
 妻の実家は、昔から材木商、米穀商などの商売を手広く行っていたので、商売の神さま「恵比寿さま」は、大変大事な、お守り様なのです。

 あの恵比寿様の福々しいご体格に釣り竿と鯛を小脇に抱えている姿は何と無ユーモラスですね。
 あの釣り竿には「釣りして網せず」の精神が反映されており、暴利を貪らず清栄なる心に「商売繁盛」の精神が込められているそうです。

 そのような理由から、妻が損害保険の代理店、い草を使った壁紙の販売などの仕事をしているので、実家の義母が送ってくれたそうです。
 義母の心遣い、大変うれしいですね。

 私たち、農家育ちの守り神といえば、地域の神社をはじめ、農家に関する神様が多いのですが、田圃の必要な水を引く「川」、田圃を耕す「馬」などを神化して祭っていました。

 この「川」「馬」を祭って、「川祭り」「馬祭り」と称して、お酒を飲んでいたようです。

 これらの私たちの生活に身近な風習、仕来りが消えていくのは、寂しい気持ちです。
 今日は、取りとめのない話でしたが、如何でしたか。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

スポーツの秋

 テレビのどのチャンネルを回しても、お笑いよりもスポーツ番組が多くなった感じです。
 まさにスポーツの秋ですね。

 NHKでは、大相撲をはじめ、プロ野球、バレーボール、サッカーと民放に負けずがんばっています。

 スポーツで、私が嵌っていると言えばゴルフですが、男女ともにプロゴルフの戦は、最終盤に突入しています。

 男子のツアーは、宮崎で行われているダンロップフェニックストーナメントゴルフ、香川で行われている女子のツアーは、大王製紙エリエールオープンゴルフですが、来季の出場権を求めて、各選手しのぎを語を削っています。

 男子のツアーは、雨のために中止になりましたが、女子の方は、雨のため一時中断はあったものの、やっと二日目は終わり、明日の最終ランドとなります。

 今季限りで引退を表明している二人の選手がいますが、その一人は、熊本県出身の古閑美穂選手です。
 古閑選手は、賞金王にもなったことがありますが、怪我のために、思うようなゴルフができず引退、もう一人の選手は、米山みどり選手で、一時期、トップテンに入り、活躍していましたは、最近の成績は、芳しくありませんでした。

 米山選手の引退は、以前から35歳になったら引退と決めていたそうです。
 最近は、20代の選手の台頭が激しく、新旧交代も仕方がないと思われます。
 二人とも、若い選手、とりわけ、ジュニアの育成に頑張っても貰いたいと思います。

 日曜日から始まった大相撲九州場所も、明日は中日ですが、地元出身力士で、新大関琴奨菊は、全勝をひた走っています。
 地元フアンは、是非優勝をと願っているのではないでしょうか。
 明日もゴルフと大相撲をテレビ観戦で楽しみます。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

私の畑の紹介

 私は、市役所退職後、家族のおかげで趣味三昧の毎日ですが、趣味や地域のお世話のない日は、畑で野菜つくりを楽しんでいます。

 畑の面積は、15アールほどあるのでかなり広いです。
 15アールのうち10アールが畑で、残りには槇、もちの木などの植木が植わっています。

 畑の場所は、家から800mほど離れた熊本済生会病院のすぐ近くです。
 近くには私の畑と従妹の田圃があるだけで、開発されて駐車場などになっています。

 朝早く、畑で仕事をしていると済生会病院の職員の方たちが、ぞくぞくとやってきます。
 救急行インでもあるので、次から次と救急車がサイレンを鳴らしやってきます。

 畑の中は、まず一番手前に、ニラが200株ほど植わっていて収穫するのに大変です。
 それから、アスパラ、えんどう、ジャガイモと続きます。

 熊本の郷土料理で有名なひともじは、あっちこっちに植わっています。
 今が一番旬で、酢味噌をつけて食べるひともじのぐるぐるは、大変おいしいです。

 もうじきおいしくなる白菜、そろそろ実をつけるブロッコリーも成長を続けています。

 それから大根ですが、時無し大根、青首大根、はつか大根などうわっています。

 ホウレンソウも10センチほどの成長しているので。あと10日もすれば美味しいものが食べられそうです。

 まだまだ、いっぱい有りますよ。
 生姜ですが、新生姜として、一株づつ収穫して食べています。

 私の一番の自慢は、ここ数年毎年育てて、皆から喜ばれているのが、160株のイチゴです。
 今年も、いつもの年の陽に、立派に成長しています。

 まだまだあります。
 高菜、アブラナ、レタス、チンゲン菜、そら豆が所狭しと、太陽の恵みを受けながらすくすくと伸びています。
 現在植わっているほかに、今年は胡瓜、茄子、トマト、苦瓜などの夏野菜も豊作でした。

 耕作放棄地が多い中に、健康のためにと思って頑張っています。

 このほかに、柿、無花果、キウイ、かんきつ類も毎年、立派な実をつけています。

 以上が私の畑の現状です。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 17:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 楽農家おさむちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

過去の川柳「声」優秀句

 昨日の新聞に気になる記事が二つほどありました。
 その一つは、今の時期にだけしか撮影できない沈む夕日をバックに離着陸する航空機の写真の記事です。
 真っ赤に染まった西の大空に夕日と飛行機が並んで写っています。
 私と一緒に英会話教室で勉強している桑原さんが、撮影していると聞いていますので、今度会ったとき、素晴らしい写真を一枚もらいたいものです。

 もう一つは、山に自生する自然薯掘り名人の記事です。
 阿蘇の住む小嶋さんが掘り上げた自然薯の長さは、なんと2メートル10センチで、大きな大人よりも高いものです。
 小嶋さんは、自然薯ほ地の特別のショベルを知り合いの鋳物業者に特注で作ってもらったそうです。
 自然薯は、48歳で亡くなった弟が、生前、いつも2メートル近くのものをよく、掘り上げてきました。
 この記事を読んで、弟が掘り上げてきた自然薯の食べた頃を思い出し、懐かしく思いました。

 今日は、久しぶりに川柳「声」平成14年12月の例会の優秀句を紹介します。

 宿題 「冬いろいろ」    河野副木選
  五客 無理言って貰った鉢を凍らせる    茂緒
     冬山の担架の中で神に謝す      俊竜
     明日からは少し明るい冬至の陽    藪蔵
     燃え尽きたはずの情けや冬の雷    美致代
     足袋の穴二つになって冬長し     一得

  人位 寒鮒の味噌汁母乳噴射する      銀子
  地位 日だまりに蜂一匹が千鳥足      慶之介
  天位 生き死には天にまかせて寒昴     美致代
  自句 賢治全集推く積み冬ごもり      副木

 宿題 「リーダー」     吉岡茂緒選
  五客 リーダーを代えても傾斜止まらない  理石
     リーダーの任はドアを閉めるまで   ミツヨ
     りーだーになると金までよく使う   孝幸
     リーダーが叱られている舞台裏    隆満
     リーダーの予想通りに山があれ    朝子

  人位 リーダーは女性掃除にこうるさい   朝子
  地位 リーダーの素質受け継ぐ副社長    銀子
  天位 リーダーがその気にさせたミーティング 邦子
  自句 金集めだけのリーダー引き受ける   茂緒

 宿題 「許す」       宮本美致代選
  五客 公認の浮気重荷になってくる     茂緒
     許すなど言って欲しくはないあなた  しのぶ
     聞く耳を持てば許せることばかり   朝子
     父ちゃんを許すか子らに聞いてみる  茂緒
     娘の許可を得てふるさとの古時計   しのぶ

  人位 わたくしが許せば積み木崩れない   萬風
  地位 許せない男に頼る生活費       茂緒
  天位 肝臓を許せ今夜は酒と会う      隆満
  自句 生きていること許されている誕生日  美致代

  久しぶりの川柳優秀句いかがでしたか。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

パワーポイント

 今朝は、3日ぶりに畑に行って、草取りとイチゴの追肥、それに芋の芽を育てる準備をしました。
 畑で朝の新鮮な空気の中で、緑に包まれ作業をするのも気持いものです。

 亡母の一周忌と亡父の25回忌、そのため帰省した息子夫婦のお相手などで、三日ほど畑にいてなかったので、鬼の居ぬまと思って雑草が大きくなっていました。

 先日お話ししましたロータリーの卓話集団に登録した「川柳いろいろ」「市役所いろいろ」の卓話をするのに、パワーポイントを使って行ったほうが、楽にできて、聞く人もわかりと思いましたので、パワーポイントを勉強しようと考えました。

 そこで、まず、川柳の卓話用の原稿つくりのためにいろいろの川柳の本を読んでいるところです。

 原稿が出来上がったら、息子の嫁サンガパワーポイントを使って卓話ができるようセットしてくれる手はずになっています。

 パワーポイントの使い方はもちろんのこと、パワーポイントでの資料つくりも頑張って勉強するつもりです。

 自分ですべてができるよううになれば、学校などで川柳を教える場合も、非常に便利だと思います。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

息子夫婦の帰省

 東京に住んでいる息子夫婦が、母の一周忌の法事のために、昨日の最終便の飛行機で帰ってきました。
 現在私が書いているブログは、息子夫婦が折角パソコン持っているなら、ブログでも書いたわと、設定して呉れました。

 あれから、約4年間で、悪戦苦闘しながら、1000回の更新をすることができました。

 昨日の息子夫婦の話によると、今度は、私のホームページも開いてくれるそうです。
 ホームページの内容は、3人で話し合うことにしていますが、どんなものができるか楽しみにしています。

 私は、毎日楽しんでいる農作業、川柳、ゴルフ、写真、手打ちそば打ちなどの内容にしたらと思っています。

 母の法事は、午後の3時過ぎからなので、崇史が生まれた時、受験をしたときにお参りに行った菊鹿町の相良寺に出かけました。
 今日は、老人会などのバスツアーの観光客で、大変賑わっていました。

 午後3時半から始まった法事は、お坊さんの三部経藻、正座していた足が痛くなるほど、長いものでした。
 今日お参りに来てくれたおじさん、おばさんも、いい法事だったと喜んでいました。
 私たち家族も、無事にすべてが終わりほっとしたところです。

 息子夫婦からも、ブログ1000回更新のお祝いを書いてくれました。

 お父さん、ブログ1000回更新、おめでとうございます。

 4年前に、お父さんに夫婦で考えて、ブログを開設してあげましたが、こんなに長く続くとは、思っていませんでした。
 1000回更新を記念に、今度はホームページ「萬風の部屋」を開設してあげようと作成中です。
 これからも、面白い内容の話や川柳の記事など頑張ってください。
 なお、これから寒くなりますので、健康だけは注意してください。
               崇史・千枝より



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

東っ子まつり「子ども川柳」

 今日で、私のブログ1000回更新で、私にとっては記念すべき日です。

 その記念すべき日に、日吉東小学校の「東っ子まつり」に参加して「子ども川柳」の講師として、利発な子供20名と90分を楽しむことができました。

 子供たちには、事前に課題を3つほど与えて、詠んでもらいました。
 先ず、数名は昨年も参加した子供もいましたが、川柳の基本的な作り方を説明しました。

 それから、今日の課題「夢」「お正月」「秋」など出して、子供たちに川柳を作ってもらいました。
 時間があれば、今日の作品も話題にしたいと思っていましたが、時間が足りず、後日私が選をして送ることにしました。

 宿題で出してもらった作品の中から、一番良いものを選んで、皆の前で披講しました。
 後日、紹介しますが、子供の目線で見た、感性豊かな句がいっぱいありました。

 未来を生きる子供たちと一緒に、川柳ができて、至福を感じました。

 話は変わりますが、明日はちょっと早めですが、昨年の12月6日に亡くなった母の一周忌のために、息子夫婦が帰ってきます。

 久しぶりに、家族5人が揃います。
 亡き母も、きっと喜んでいることでしょう。

 明日は、ブログ更新1001回目ですので、子供たちのメッセージも一緒にお届けします。
 これからも、私の拙い、いやアメリカ風にいえば、素晴らしい「川柳・万の風」を宜しくお願い致します。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

わたしを語る「夢そだて夢はこび」

 昨日まで、26回連載された文壇バ―経営園田静香さんのわたしを語る「銀座に生きて」が終わり、今日から、元熊本市役所職員塘添亘男さんのわたしを語る「夢そだて夢運び」が始まりました。

 わたしを語るの記事は、読んでいると大変面白い事やためになる記事が多いので、これまで数人の人のスクラップ帳を作り、あとで雨の日などの日暇な日に読み返しています。

 前回の園田静香さんの「銀座に生きて」では、読書数寄の私にとっては多くに有名作家との出会い、そして色々のエピソードを教えていただきました。
 園田さんは、私と同世代ですが、東京のど真ん中で現役で頑張っておられますが、これには趣味三昧の私は頭が下がります。

 前々回の末吉駿吉さんお話も、色々と熊本の事を、特に阿蘇については教えて貰いました。

 今日からは塘添えさんの話が始りますが、以前農協中央会に勤めていた小中高同級生の近藤光弘君と同じく、塘添さんは身近な人です。

 塘添さんとは、私が在職中、教育委員会時代に色々とお世話になりなした。
 塘添さんは、市役所在職中に、市役所の仲間と人形劇のグループを結成されて、熊本市内はもちろんのこと、熊本市の友好都市の中国・桂林市、アメリカ・サンアントニオ市などにも公演に行かれました。
 これから、この様な人形劇の話や在職中の話が聞けると思うと、毎日の朝刊が楽しみです。

  早起きで朝刊の音待っている    萬風

  

    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

今日は2011年11月11日

 今日は、2011年11月11日ということで、JR熊本駅では、記念切符を買いたくて、早い人は、午前2時から列を作って待っていたそうです。

 このほかに、今日は熊モンの記念切手が発売され、郵便局の早いところでは、15分で売れ切れてしまったそうです。

 熊モンの活躍は、大変なものです。
 毎日のイベントの活躍、熊モングッズの売れ行きなど、熊本県の顔になっているみたいです。

 私のブログの更新も今日で、998回になりました。
 昨日のロータリーであと数日で、ブログの更新が1000回を報告しましたら、会員全員から激励を貰いました。
 明後日、14日に昨年12月に亡くなった母の、一周忌を行いますが、母ヘの贈り物になりそうです。

 今日は、毎月一度行っている耳鼻咽喉科と泌尿器科の病院回りです。
 薬を貰えないと、しょんべんはスムーズに出ないし、花粉症で鼻はぐずぐず、目はシパシパの毎日です。
 どうにか、薬が貰えて一安心です。

 ちょうど、インフルエンザの予防注射があっていたので注射を終えました。

 今日から、ロータリーの仲間がタイに向けて、旅行に出発しました。
 タイの山岳地帯に、用水施設建設の援助金を届けるための旅行です。
 私も行く予定でしたが、13日に「東っ子祭り」に参加するために参加できませんでした。

 毎日が、驚くような速さで過ぎて行きます。
 毎日毎日を楽しくをモットーに頑張ります。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

句集「親ひとり子ひとり」

 今朝は、朝方から雨が降り、昨日植え付けた玉ねぎの見回りに行くこともできず、何時もよりじっくりと時間をかけて、TPPの記事など読みました。
 朝一番で泌尿器科への通院を予定していましたが、生憎の休診日でした。
 そこで今日は、川柳三昧の一日です。
 先ずは、13日に行われる地元小学校の「東っ子まつり」の川柳教室の準備、川柳ふんえんの「添削教室」の添削、それから、ロータリークラブで始められる「卓話集団」の卓話で使用するテキストつくりなどです。

 今日のお話は、先日川柳仲間の宮本禮吉さんから頂いた尾藤一泉編集「尾藤三笠句集 親ひとり子独り」についての作品の紹介です。

 
posted by osamu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

元炭鉱マンの詩

 二ヶ月前だったと思いますが、町内の役員研修で荒尾市の三池炭鉱の一つである万田坑を見学しました。

 万田坑の跡を見学しながら感じたことは、時代は明治・大正と言えども、あまりにも作業環境が劣悪で、あまり良くなかったと感じました。

先日の熊日新聞の新生面に、荒尾市に住む元炭鉱マンで詩人「杉本一男」さんの記事に出会いました。 
 その記事は、三池炭鉱で一生を送り、三川鉱炭じん爆発事故では、10分前の昇坑で被災を免れた杉本さんの詩についてのものでした。
 杉本さんは、これまで、炭鉱での生活の苦しみを6冊の詩集に綴られてこられました。
 この夏の6冊目の詩集のタイトルは「坑の中から 鼓動が」です。

 新聞の記事のよると、今回の福島原発事故も、三川爆発事故と同じく、あまりにも現場がなおざりにされている結果だと断じています。

 今回の原発事故も、東電のトップ陣が、机上の案だけを信じ、現場や危険を発していた学者の意見に耳を傾けなかった結果だと思われます。

 今回の結果を踏まえ、企業のトップは現場の声に傾注することが大事を起こさないことだと思います。

 今日は、少し長い詩ですが、杉本一男詩集「坑の中ら 鼓動が」の詩をお届けします。

   痕跡      杉本一男
 一雨来て
 日照りがようやく和らぐ
 視界に森や林はない
 ここは河口の辺り
 有明海に注ぐ河川に水が少ない
 直径一メートルを超えるパイプから
 間断なく垂れ流された
 あれは三川鉱の坑内からの揚水
 十一年前の閉山までに
 揚水がとまったのは
 炭鉱爆発でパイプが壊れたときだけ
 水はたちまち坑内に逆流した

 見えるものと見えないもの
 定かではないが
 よじれた毛玉でつながり
 光の影をあやつる異形なものが
 おれの身の回りに
 確かにあった
 たった十分の差で助かった命
 おれの身は寒風に向かった
 あのとき何が起こったのか
 記憶は
 あいまいな部分を抹消して
 鮮やかな部分を拡大
 三色に分解
 色付けして動き出す

 油の値段が果てしなく上昇
 石炭の価値も三倍になり
 オーストラリアの積み出し港に
 どこの国のものか
 荷積み待ちの石炭運搬船がぞろぞろ

 油がない
 石炭が足りない
 何でもかんでもないものばかり
 あるのは
 この海岸辺りに三十億トンの埋蔵炭
 数十本のパイプで水を揚げる
 途方もない話が
 伝わってくる

 過って炭鉱で働き、事故と出逢いその事故と、福島原発事故の被災とダブらせて、詠われた死だと思います。
 東北の早い復興と祈るばかりです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

川柳「ふんえん」11月例会優秀句

 先月16日に開催された熊日川柳大会以来、多くの川柳仲間と出逢いました。
 今日の例会は、担当者の発表によれば、参加者の新しい人が数人いてこれまでの最高で1、投句者も30数名あってこれまた最高だそうです。

 減りつつある川柳人口が引き続き上向きになればと祈るのみです。
 今日の私の成績は、三才には残念ながら入賞できませんでしたが、5客に3句、平抜き入選が5句とまずまずの入選でした。

 今日は、先月までの1年間の毎月の例会のそれぞれの三才15句の中から月間優秀句5句を、参加者の互選によって選び、連関優秀句60句あまりの中から、10句(10名)が選ばれました。

 今日は、その年間優秀句10句と例会の課題5題の三才をお届けします。
 先ずは、例会優秀句から
 席題 「うっかり」    林雄二郎選
 人 うっかりで済まぬ連帯保証人    隆満(月間優秀句)
 地 飲み過ぎてうっかり本音出てしまう 幸士
 天 うっかりと鍵入れたまま締めるドア 柳笙

 席題 「喜劇」      嶋本慶之介選
 人 五十年妻の喜劇に気付かない    朝子(月間優秀句)
 地 本当の喜劇涙で幕を閉じ      茂緒
 天 台本のない喜劇です我が家     幸士(月間優秀句)

 宿題 「柔らか」     吉田武選
 人 ソフトタッチ騙された語り口    博
 地 柔らかな男に油断してしまう    朝子(月間優秀句)
 天 柔らかい言葉の語尾がひっかかる  美致代(月間優秀句)

 宿題 「いたずら」    平田朝子選
 人 父さんはいたずらっ子のまま大人  あじさい(月間優秀句)
 地 いたずらに書いた油絵値がついた  なお美
 天 悪ふざけオレオレ詐欺の上を行く  幸伯

 宿題 「重い」      渡辺幸士選
 人 先走りお世辞が重い荷を運ぶ    雄二郎
 地 あなたから告白されて気が重い   なお美(月間優秀句)
 天 長雨になりそう診断書が重い    美致代(月間優秀句)

  私の五客入選句です。
   どたばたの喜劇テレビが壊れそう   萬風
   老々介護喜劇悲劇が同居する

   柔らかな土に根付いたこぼれ種

 昨年9月から今年の10月までの月間優秀句の中から噴煙吟社同人の互選で選ばれた10句です。
 入賞者の表彰は、12月4日の亡年会で行われます。

 年間最優秀句
  去り際にポツンと言ったのが本音   朝子
  あの時の藁へ今でも掌を合わす    玉流川
  百歳をメドに残高割ってみる     玉流川

 年間優秀句
  泣いたこと語らぬ母の笑い皺     静生
  ありがとう介護の妻の背を拝む    たかお
  地図にない田とヘ帰ってきた蛍    理石
  牛歩でも後ろは向かぬ父の靴     高徳
  風評が陳列棚を空にする       正堂
  被災地を救う笑顔の子供たち     萌
  一つずつ瓦礫を花に変えていく    静生
  いま涙流せば負けと上を向く     幸士
  頂上を目指さなくても道豊か     慶之介

  因みに私も月間優秀句が1句ありましたが、年間優秀句には届きませんでした。
   汗の差がはっきり見える収穫期    萬風


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ





posted by osamu at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする