2011年10月21日

秋の息づかい

 長い、長い暑い夏がやっと通り過ぎて、私達の身の回りに秋の息づかいが忍び寄ってきた感じです。
 私の家の近くの田圃では、コンバインが音を立てていたら、数日で稲刈りが終わりました。
 畦に燃えるように真っ赤に咲いていた彼岸花も、また来年逢いましょうとさよならを言って消えてしまいました。

 庭の木犀の花もいい香を残し散って、黄色い絨毯を敷きつめました。

 先日、妻の実家甲佐に遊びに行く途中で、休耕田に植えてあったコスモスの花が秋風に揺れ、緑川の川べりには、ススキの穂が川風と戯れていました。

 私が毎朝行っている畑にも、朝露が降りて、野菜に元気をくれています。
 また、雄を背中おんぶした夫婦のバッタ、コウロギ達が楽しく遊んでいます。

 田畑菅原神社のイチョウの木も黄色い葉っぱを落とし、ここも黄色い絨毯が敷き詰められています。

 今晩のテレビのニュースで、八甲田山の紅葉を眺めることもできました。
 もうすぐ、秋本番です。
 その後は、寒い寒い冬がやってきますが、気になるのは、東北の被災者に皆さんのことです。
 兎に角、頑張ってください。

 秋に因んだ川柳でも

 茶の間からテレビ見ながら紅葉狩り    萬風

 減反の寂しさ忘れ秋祭り     惣川秋良

 台風も逸れてコウロギ安らかに   北側木葉庵



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする