2011年10月30日

ロータリー卓話集団結成

 ロータリーの仲間になって3年目に入りましたが、まだ2年ちょっとしか経験してませんが、スマイル委員会の長を任され、来年度の資金作りに委員会の仲間と頑張っています。

 スマイル委員会は、ロータリーの仲間の家族や会社で嬉しい事や目出度いことが逢った時、又は、会員自身に楽しいことがあったことを、例会の日に「メッセージ」に発表して貰い、千円単位の寄付を頂きます。
 その寄付されたお金が、次期年度の奉仕活動の資金となります。
 時折、家族に大学合格や色々の試験に合格したことがあった会員が1万円の寄付ををされる会員もおられます。
 先日の10月最後の例会をもって、今期4カ月が経過しましたが、今年の目標額150万円の3分の1の50万円に達することができました。

話は本題に入りますが、熊本県内のロータリーで、ロータリー卓話集団なるものが結成されることになりました。
 ロータリーの例会で、前半30分はロータリー内の協議、報告などを行いますが、後半の30分は、ロータリー内外の人のお話しを聞く時間に費やされます。

 ロータリー集団は、この卓話の時間に、県内のロータリーの仲間が、他のロータリーの例会の出向く集団だそうです。

 私に、その卓話集団のメンバーになるようにと会長から依頼がありました。
 卓話の内容は、私が趣味としている「川柳」に関する話だと思います。

 一応、引き受けはしたものの、どんな話をしたらいいか、現在川柳についての勉強を始めました。
 忙しい毎日の中に、また大変な仕事が仲間入りしました。
 とにかく頑張ります


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

川柳「火山灰」10月例会優秀句



 今日は、9月に新しく始まった川柳「火山灰」、2回目の例会の日です。
 新しく始まった物のどうなるかと心配していましたが、川柳「声」の参加者に加え、新しいメンバーも加わり楽しい、勉強のできる川柳教室になりそうです。

 この川柳「火山灰」は、これまでの川柳会と違って、ただ集まって投句して選者が選をして優秀句を披講するのではなく、まず基本は、川柳を通じて勉強する会です。

 宿題の課題は、例会の選の合間を見て、全員の参加で決めます。
 3つの課題の選者は、例会当日に発表されます。

 選者は、披講の後に、3才3句について、どのような理由で三才に選んだか説明をして、参加者は、選に疑問があれば、意見を述べることができます。

 また、長老の吉岡茂緒さんの川柳についてのお話も聞くことができます。
 色々の意見交換があり、これまでとは違った川柳を作ろうという意見も決まりました。
 選者も、なるべく奇抜な川柳を選することも決まりました。
 川柳「火山灰」は、未来の川柳を模索しようしています。

 では、今日の川柳「火山灰」例会の優秀句をお届けします。

 課題 「気まぐれ」    古閑萬風選
  人 きまぐれで時々ブレーキききません   美致代
  地 春うらら道に迷ったブーメラン     静生
  天 のほほんと生きて明日も風任せ     めぐむ

 課題 「しがらみ」    寺本隆満選
  人 髪カット過去のしがらみ切り捨てる   萌
  地 どちらにも感謝してます母二人     茂緒
  すじ通す道をしがらみ通せんぼ       良

 課題 「ほのぼの」    吉岡茂緒選
  人 疑いが晴れないままに四季の朝     良
  地 もやもやが続く女は鍋磨く       萬風
  もやもやと生きて今年もさくら観る     しのぶ

  如何ですか。
  次回もご期待下さい。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「火山灰」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

第57回熊日川柳大会優秀句その2 

 読売新聞に先日から、上、中、下の3回シリーズで、ゴルファー石川遼選手の記事「挑む」が連載されました。
 その冒頭に書かれていたのは、「遼」という名前の命名の由来によると、遼という漢字には、「はるか」「遠い」というう意味がある。
 「はるかかなたに世界まで行ける人物に育って欲しい」の願いを込めて父勝美さんが、名付けられたそうです。

 このシリーズを読んでいると、超がつくほど有名になった、本人の努力は兎も角、影には、父勝美さんのコ―チ力、体力強化を指導している仲田トレーナー、キャディをしている加藤さん達の支援があるようです。

 今年は、スイングを改造中であるかもしれないは、まだ未勝利です。頑張って世界一のプロゴルファーになって欲しいです。

 私が練習に通っているフレンドゴルフ練習場にも、女子プロになったばかりの豊永志帆選手も毎日やって来て練習に頑張っています。
 豊永選手にもお父さんがコーチとして指導されています。

 ゴルフの話ばかりしましたが、熊日川柳大会の優秀句の残りを紹介します。

 課題 「味」     園田恵美子選
  天 逆境が育ててくれた人間味    太田玉流川
  地 とろとろと夫婦の味を仕上げます 吉岡静生
  人 お日様の味がしている旬の物   阪本ちえこ

 課題 「カード」   平田朝子選
  天 僕の一生カードが管理してくれる 杉村かずみち
  地 ジョーカーがそろそろ痺れきらすころ 中原たかお
  人 臓器カード再び碧い空を見る   上田美知子

 課題 「ふらふら」  寺本隆満選
  天 迷うなあこっちの水も甘そうだ  吉岡広子
  地 増税がふらふら秋の風に揺れ   茶園霜月
  人 てのひらで男ふらふら遊ばせる  友成眞理子

 課題 「助け合い」  安永理石選
  天 やさしい手同じ痛みを知っている 吉岡静生
  地 行政を待てはおれぬ助け合い   豊田大徳
  人 私にも何かできそう一歩出る   嶋本慶之介

 出席者題 「長い」   中川めぐみ選
  天 百歳に生きる喜び伝授され    吉岡茂緒
  地 神様の手の内にある長寿メモ   嶋本慶之介
  人 長い脚フッと娘に嫉妬する

 如何でしたか。
 明日は、川柳「火山灰」の例会の日です。
 優秀句をお届けします。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

第57回熊日川柳大会入選句

 木曜日の今日は、熊本西南ロータリークラブの例会日ですが、例会に国際ロータリー第2720地区の本田ガバナー、山形ガバナー補佐、工藤地区副幹事の公式訪問があり、何時もと違った雰囲気の緊張した例会でした。
 そのほかの来訪者として、アメリカのロータリーからPSE(交換研修プロジェクト)6名の訪問もありました。

 例会後は、ガバナー達と各委員会の委員長との懇談会があり、今後のロータリーのあるべき姿などについてのディスカッションがあり、活発な意見交換で盛り上がりました。

 今夜は7時から、先頃ロータリーに入会された新入会員の歓送迎会です。
 久しぶりの全会員が揃っての飲み会なので、昼の例会以上に盛り上がりそうです。

 今日は、今月の16日に行われた第57回熊日川柳大会の優秀句の紹介しますガ、課題がそれぞれ2名による競選でいたから、半分1名分紹介し、残りの半分は、後日お届けします。

 課題 「味」     渡辺幸士選
 天 お日様の味がしている旬の物     阪本ちえこ
 地 セシウムに秋の味覚を奪われる    緒方正堂
 人 ライバルに注がれて変わる酒の味   河野副木

 課題 「カード」   津山博選
 天 カードなど使わなくても生きている  森鈴恵
 地 究極のカードが核という恐怖     小濱春雪
 人 身軽です老いのカードはさくらだけ  森初美

 課題 「ふらふら」  吉岡茂緒選
 天 ふらふらになっても変えぬ靴の向き  朝倉大伯
 地 男ふらふら女ふらふらまだ夫婦    吉岡静生
 人 酔ってないそのふらふらが困りもの  増田いくよ

 課題 「助け合い」  田口麦彦選
 天 震災の恩返す日がきっと来る     吉岡茂緒
 地 過疎の村皆家族になりました     森永可恵子
 人 出来ること思い立ったらボランティア 吉岡広子

 出席者題 「長い」  嶋本慶之介選
 天 チャペルからノンフィクションの長い旅 中川めぐむ
 地 長い髪結って園遊会の華        池田京子
 人 ファッションショー長い脚だけ見て帰る 渡辺幸士

 如何でしたか。例会の優秀句とは違って、素晴らしい句が多いですね。
 残り半分をご期待下さい。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

亡母からの贈り物

 今日は、毎月行っている川柳「ふんえん」の添削教室の締め切りが間近なったので、朝からその添削に頑張ったので、畑行きはお休みです。

 他人の川柳を添削することは、大変な作業ですが頑張っています。

 午後からは、先日地元の小学校の総合学習の時間「草ほうき作り」講師をしたお礼に、児童たちが自宅にやって来て庭掃除をしてくれました。
 児童達のお陰で、落ち葉が散らかっていた庭がすっかり綺麗になりました。

 昨年の暮れに亡くなった亡母の一周忌が間もなくやってきますが、今日、生前亡母がお客用にと作っていた布団の作り直しが出来あがってきました。

 従前の綿に新しい綿を加えての作り直しなので、新しい七重ねの布団が出来あがりました。

 もうすぐ寒くなるので、新しい布団は、大変ありがたいです。
 特に、東京に住んでいる息子夫婦は、亡母からのビッグなプレゼントだと喜んでいます。

 来月の14日に亡母の一周忌を行いますが、親戚の方にも素晴らしい報告が出来そうです。

 布団は兎も角、母が生前愛用していた色々のものが残っているので大事に使っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

地元紙の文芸欄から

 今朝も相変わらず、朝刊の主なもの、特に、五木寛之の小説「親鸞・激動編」を詠んだあと、寝間着から作業着に着替え、畑に行って里芋の収穫をしました。

 里芋は、何時の年より小粒ですが、一杯ついていました。
 早速、妻が、朝の味噌汁、肉と一緒に料理していました。

 今日は、毎週、地元新聞に掲載される文芸欄の川柳、短歌、俳句を紹介します。
 今日紹介するのは、文芸欄の中でも、私が知っている方達のものです。

 先ずは、俳句の欄から紹介します。
  雨止むを待って精霊舟流す    古川淳子
   古川さんと私の関係は、彼女が熊本市教育委員会の職員だった時、高校生をアメリカ・サンアントニオに一緒に行った間柄です。
 精霊舟を流されておられるので、身内に不幸があったのかもしれないですね。

  大夕焼阿蘇の噴煙染めにけり   野田れい子
   野田さんは、私と中学校の同級生の奥さんで、長年民生委員を頑張っておられます。
  阿蘇の夕焼けを歌っておられますが、昨日、阿蘇に行って、阿蘇の雄大さに感動してきたばかりで、良い歌だと思いました。

 次は短歌の欄の作品です。
  大阿蘇の発電風車ゆっくりと大気に馴染み濁さず回る   渡辺幸士
 敢えて、幸士さんと呼ばせて頂きますが、川柳の大先輩で、何時も例会なので、お互いに頑張っています。

 最後に川柳ですが、仲間の句です。

  御無沙汰の首が揃った七回忌   前田高徳

  一秒でも笑う時間を多くする   坂本ちえこ

  介護する両手に込める恩返し   北村あじさい

  いずれも川柳「ふんえん」の仲間ですが、前田さんは、川柳マガジンの投稿でいつも高成績を出され言います。
 坂本さんは、全国大会でいつも素晴らしい成績を獲得されています。
  北村さんは、私と同じ市役所退職者ですが、熊本県川柳協会のお世話を一緒に頑張っています。
  先日の熊日川柳大会では、優勝は、逸されましたが、総合三位を獲得されました。
 川柳「ふんえん」のホープです。

 如何でしたか、熊日新聞の文芸欄から、私の知り合いの作品を紹介しました。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

楽しかった阿蘇路

 久しぶりの市役所同期、4人の集まり、同期の一人大橋君の素晴らしい別荘で、鍋料理を突きながら、時間も忘れ楽しみました。

 昨夜の鍋料理は、何時もの鍋料理と違って、4人の思いも思いの何かが煮詰まっている鍋料理でした。
 4人とも、昭和44年に市役所の上級職試験に受かり、それなりに局長、部長まで上り詰め、熊本市民のために頑張りました。

 その35年以上働いた苦労話で、話が盛り上がりましたが、4人全員、よく頑張ったといった重いです。
 4人のうち1人が悩んでいると、集まって、悩みを解決してきました。
 そのようなこれまでの支え合い、助け合いが現在の4人の絆になっているようです。

 昨日みんなで、これから毎月一回ぐらいゴルフをプレイしよう、夫婦揃っての旅行もしようということが決まりました。
 旅行は、来年3泊4日で台湾旅行です。

 今朝、早く目が覚めたので、別荘の回りを散策している時、阿蘇の山頂を眺めたら、綺麗な雲海を目にしました。

 雲海は、阿蘇山とほぼ同じ高で無ければ見ることができないと思っていたので、感激と感動でした。
 散策を続けていると、阿蘇の山の稜線に白い雲がかかっていましたが、まさに額縁の中の素晴らしい絵のようでした。
 また、阿蘇ならで葉しか見られない、小鳥たちが、素晴らしい音色の囀りをしながら、朝のひと時を楽しそうに戯れていました。
 近くの田圃には、白いそばの花が少し色褪せ、収穫を待っていました。

 9時半頃から、別荘近くのゴルフ場で、私の高校の友達も一人参加して。ゴルフを楽しみました。
 皆、何時もより良いスコアでプレイができ満足でした。

 私も日頃の練習の成果が出て、いい結果が出ました。
 場所は、そんなに遠くない阿蘇での一泊旅行でしたが、何時もの旅行とは一味違った想い出の残る旅行でした。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

市役所同期の仲間と集う

 昨日いつもお世話になっている花屋さんから、ブロッコリーの苗、22本を頂いたので、今朝は、早速畑に出かけ移植しました。

 先日種をまいた二種類のはつか大根も、順調良く芽を出していました。
 畑に行くと、イチゴの成長は勿論、ハクサイ、ネギ、サトイモ達がが迎えてくれます。
 これらの野菜が、毎日成長していくのを眺めると、一日の元気が出てきます。

 今日も、畑から帰って朝食を食べて、野菜から貰った元気でゴルフの練習も頑張りました。

 明日は、午後から、阿蘇の友達の別荘に行って、夜は市役所の同期で気の合った4人で、温泉に入った後、なべ料理を肴に酒盛りです。
 翌日は、4人のうちでゴルフをする3名で、グリーンヒルカントリークラブでゴルフを楽しむ予定です。
 この4人は、市役所に入庁した頃から、毎年家族旅行を楽しんだ仲間です。
 家族旅行で、一番多かった時は、一校17名で出掛けました。
 それぞれの子供たちは、全員が大学を卒業して、仕事を頑張って言います。すでに結婚して子育てを頑張っている子もいれば、これから結婚という子もいます。

 4人ともすでに、仕事は辞めているので、それぞれ好きな事を野ています。
 I君は、好きな畑仕事を楽しみながら、認知症のお母さんを介護しています。
 もう一人のI葉、彼もまた、畑仕事、庭の手入れ、時折ゴルフに出かけているようです。
 孫もいるので、時折遊びに来る孫の相手をしながら、結構楽しんでいるようです。

 別荘を持っているO君は、4人の中で一番リッチで、夏は別荘での生活、大好きなゴルフは、月に4、5回はラウンドしています。
 O君夫婦は、旅行が好きで、また二人の娘さんが東京と神奈川に住んでいるので、暇な時はいつも旅行、娘さんの所に遊びに行っているので、自宅にいるのは少ないようです。

 明日の夜は、お互いに色々な話で盛り上がるのではと思っています。
 ゴルフも頑張ってきます。

 明日は、阿蘇にお泊まりなので久しぶりに、お出かけによる「ブログのお休み」です。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

秋の息づかい

 長い、長い暑い夏がやっと通り過ぎて、私達の身の回りに秋の息づかいが忍び寄ってきた感じです。
 私の家の近くの田圃では、コンバインが音を立てていたら、数日で稲刈りが終わりました。
 畦に燃えるように真っ赤に咲いていた彼岸花も、また来年逢いましょうとさよならを言って消えてしまいました。

 庭の木犀の花もいい香を残し散って、黄色い絨毯を敷きつめました。

 先日、妻の実家甲佐に遊びに行く途中で、休耕田に植えてあったコスモスの花が秋風に揺れ、緑川の川べりには、ススキの穂が川風と戯れていました。

 私が毎朝行っている畑にも、朝露が降りて、野菜に元気をくれています。
 また、雄を背中おんぶした夫婦のバッタ、コウロギ達が楽しく遊んでいます。

 田畑菅原神社のイチョウの木も黄色い葉っぱを落とし、ここも黄色い絨毯が敷き詰められています。

 今晩のテレビのニュースで、八甲田山の紅葉を眺めることもできました。
 もうすぐ、秋本番です。
 その後は、寒い寒い冬がやってきますが、気になるのは、東北の被災者に皆さんのことです。
 兎に角、頑張ってください。

 秋に因んだ川柳でも

 茶の間からテレビ見ながら紅葉狩り    萬風

 減反の寂しさ忘れ秋祭り     惣川秋良

 台風も逸れてコウロギ安らかに   北側木葉庵



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

山で出会った花「吾亦紅」

 もうすぐ、臨時国会が始まろうとしていますが、野田総理に代わって、全菅総理より柔軟な政策が行われようとしていますが、TPPについても、与党でもばらばら、自民党をはじめとする野党も、ただ反対するばかりです。

 ただただ、国民の事は考える振りをして、自分の政党の事ばかり、それどころか自分自身の事ばかりを考える議員ばかりです。

 復興同税を将来まで引きずってはいけないなんてなんて言っていますが、国には一千兆円の借金があるに、何を考えているのでしょうかね。

 ちょっと最近の国会議員の愚痴を言ってしまいました。
 政治に無関心の国民も、今の政治には怒りを感じているのではないでしょうか。

 先日、友人から頂いた「山で出会った花」という本に「ワレモコウ」についての記事がありました。
「 ワレモコウ」は、サクラやイチゴなどと同じバラ科の花ですが、とてもこれらの花とは思えないほど変わっているそうです。
 長く伸びた花茎の先に暗紫いろの3ミリほどの小さな花が固まってついています。
 花弁はなく、がくが4枚あり、中に4本の雄しべが見えます。
 花の名は、感じで「吾亦紅」「吾木香』と当てることもあるそうです。
 花が木瓜紋」に似ているところから来たとする説もあるといい事です。

 取っても変わった花です。
 私は、「吾亦紅」の歌を聞いた時、なんにも判らず何だろうと思ったぐらいです。

 今日は、取りとめもない話ですみません。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



posted by osamu at 20:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

村の秋まつり

 熊本市は、昨日の閣議で、正式に、来年の4月1日に政令指定都市の昇格することが決まりました。
 政令指定都市となれば、大都市と認められ、県並みの権限を持つことになるので、良きにつけ悪しきにつけ大変だと思われます。
 是非、職員の皆さんは、政令指定都市の職員としての自覚を持ち、市民の期待を裏切らないように努力して欲しいものです。
 1市役所OBとしてお願いします。

 今日は、村の神社の秋祭りがあり、自治会の役員をやっているので招待を受けたので神社に出かけました。

 昨年から新しい宮司(私達近見神社の親神社に宮司)が来られ、寂れていく神社を、盛りたてようと頑張っておられ、昔の秋祭りにはほど遠いですが、活気が見られました。

 昔は、出店もあり、神社の敷地内に舞台を作り、村の青年団が、踊りを披露していました。
 せめて、550年祭の時は、昔ながらの出店ぐらいは、復活したいものです。

 私も長年地元の住民として暮していますが、幼い頃以来、初めて顔を出しました。
 これからは、色々の神社の行事に参加して、歴史ある神社を子子孫孫まで継承したいものです。

 この神社は、1490年に創建されたそうなので、あと8年後に、550年祭が来るそうです。
 そのような話を聞いて、これから住民が一丸となって、立派な550年祭をしなければならないと思いました。

 8年と言っても、すぐやってきます。
 頑張って、素晴らしい神社にしたいものです。
   


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

ワンポイントレッスン

 昨日まで、川柳に生活の大半を奪われていましたが、昨日で熊日川柳大会が無事に終わり、何時もの生活に戻りました。

 今朝は、これまでほったらかしにしていた庭の掃除、色々の雑用で忙しい一日でしたが、ゴルフの練習も時間を割いて頑張りました。

 ゴルフの練習は、ビデオを見たり、ゴルフ雑誌を読んだりしていますが、なかなか自分のレッスンの姿は、見えないものです。

 今日も、色々考えながらスイングしていますが、スライス、フックボールが出てしまいます。

 困っていた時、何時ものゴルフ仲間が、私のスイングを見て、ワンポイントレッスンをしてくれました。
 そのワンポイントレッスンのお陰で、素晴らしいボールを打てるように鳴りました。
 目から鱗でした。

 わたしは、色々一杯趣味を楽しんでいますが、ワンポントレッスンの経験をしました。
 先頃の手打ちそば打ちでも、そば粉の捏ね方、蕎麦切り、蕎麦茹でのそれぞれにレッスンを受けました。

 毎朝、畑に行って作業している野菜つくりについても、近所の農家の人からワンポイントレッスンを受けて、無事に立派な野菜を育てています。

 私も、子ども川柳の指導をするときも、その子供の一番悪いところ、困っている所を探して、ワンポイントレッスンをしています。
 効果は、上々、子供たちから喜ばれています。
 皆さん、何かにつけても、お互いに助け合うことが大事です。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

第57回熊日川柳大会

 今日は、熊本で行われる川柳大会の一つ、昭和30年に第1回が始った第57回熊日川柳大会の日で、午前8時半には会場に行って準備を始めました。

 今日の大会の参加者は、今熊本で「ねんりんピック」が行われていることもあって、昨年よりも若干少ない、当日参加84名、投句者68名、総勢172名の参加で、大いに賑わいました。

 私ごとになりますが、今回の大会で、ジュニア部の選を担当することになり、今日は、ジュニア入選者の表彰者の前に、トップバッターの披講をする羽目になりました。

 選者になり、披講をするのは何度やっても緊張します。

 昨日から準備をしっかりしていたので、感情をこめて披講ができたのでホットしました。
 これからジュニアに力を入れ、日本の伝統文化「川柳」に力を入れる覚悟ができました。

 来月の13日には、昨年に引き続き地元の小学校で川柳教室を開きます。
 去年の教室の生徒が、今回の川柳大会で秀句を受賞しました。

 今日は、事前に選をしていたジュニアの部の最優秀句、特選句、秀句の20句をご鑑賞下さい。

 最優秀句
  読書する本をひらけば別世界    楠元真優香(泉ヶ丘小5年生)

 特選句
  ひがん花じいちゃんの墓守ってる  徳永百香(長嶺小5年生)
  静まった先生のギャグ意味不明   永田喬祐(清水中2年生)

  わらいはね心のケアのまほうだよ  木村芳誠(飽田東小4年生)
  東北に笑顔をもどそうぼくたちが  堤隆之介(託麻原小5年生)
  笑って笑って未来はきっと変わるから 堀内葉菜(信愛女学院中1年せい)

 秀句
  あめふってあさがおのはなおじぎする 高橋虎太郎(飽田西小1年生)
  かき氷お皿の上にふじ山だ     胆付駿平(飽田東小4年生)
  かにみつけわしづかみみしてはさまれた 千原和花(託麻原小2年)
  まだいける勝てるチャンスはまだあるよ 大畑佑介(春竹小6年生)
  ぼくの夏挫折禁止の受験生     井上大正(城東小6年生)
  あなたには絶対言えないこの気持ち 竹原ルナ(信愛書学院中1年生)
  ブルルルル電話が鳴って母別人   古賀瑞菜(楠中3年生)

  こころはねわらうといつもうえをむく 岡部利穂(城東小1年生)
  笑うって簡単そうで難しい     馬原聖奈(中緑中6年生)
  その笑顔仲直りへの第一歩     上野文椰(日吉東小5年生)
  赤ちゃんの笑顔を見るとほんわかに 藤元ひかる(清水中2年生)
  学校は笑いがひびくステージだ   松本笑奈(春竹小6年生)
  にらめっこ笑って笑って負けですよ 山本翔(中央中1年生)
  おこってもこちょこちょすればすぐえがお 垣田倖歩(壺川小4年生)

  子供の感性豊かな、子供目線の鋭い感覚で詠んだ句は如何でしたか。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

過去の川柳「声」優秀句

 庭の金木犀が数日前から、木犀独特の香りを出して秋を知らせてくれていました。
 今朝は、大半の花が落ちて、黄色い絨毯敷いたように大変綺麗でした。
 しかし、今年は、ちょっと異変があり、銀木犀のすべてに、何時もなら白い花を一杯付けるのに、3本の銀木犀のどの木も花がつきませんでした。
 ちょっと寂しかったです。

 私は、毎日、連載新聞「親鸞」と「わたしを語る」を切り抜いてスクラップしていますが、今年の元日から始まった「親鸞」は、280回、スクラップノートも五冊目になりました。
 末吉駿一さんの「わたしを語る 熊本うんちくの旅」も昨日で最終回を迎え、今日から、文壇バ―経営園田静香さんの「銀座に生きて」が始りました。

 末吉さんの「熊本うんちくの旅」では、熊本の色々の事を教えて貰いましたが、今日からはじまった園田静香さんの「銀座に生きて」は、園田さんはわたしと同じ歳でもあり、私も学生時代に東京に住んでいたので、楽しく読ませていただきます。
 今朝の第1回も早速スクラップしました。

 今日は過去の川柳「声」、平成14年11月の優秀句を紹介します。
 課題 「人妻」     寺本隆満選
  五客 人妻の君ドリアンの味がする    副木
     人妻の本気にされて青くなる    邦子
     容姿端麗とは人さまの妻でした   信子
     少し罪人妻ひとり茶に誘う     朝子
     人妻の強い視線にうろたえる    ミツヨ

  人位 人妻という束縛もまた楽し     哲子
  地位 人妻の誘い積木が崩れ出す     萬風
  天位 人妻を先に帰してほっとする    副木

  自句 人妻となる夜へ過去を責めないで  隆満

 課題 「腹」      田尻美学選
  五客 腹違いの弟がいた遺産分け     清風子
     空腹に耐えた戦後の少年期     孝幸
     神の意に背き腹貸す代理母     清風子
     月満ちてキックはじめたお胎の子  政子
     ありのまま腹から笑う嫁が好き   豊実

  人位 腹の子も味方になった遺産分け   啓子
  地位 通訳は腹芸までは読みきれず    理石
  天位 腹心と呼ばれ黒子を演じ切る    隆満

  自句 腹にもの隠せぬ男の一本気     美学

 課題 「痛い」     西田邦子選
  五客 火遊びで終わらなかったむこう脛  しのぶ
     良心が痛い不倫の女と逢い     俊竜
     改革の痛みモルヒネでも利かぬ   哲子
     失言の小骨ときどき動き出す    しのぶ
     針のない母の注射がチクチクと   萬風
 
  人位 初孫をおんぶ腰痛忘れてる     俊竜
  地位 ふる里の母寒かろう痛かろう    茂緒
  天位 痛かったオウンゴールで負けたとは 副木

  自句 向う意気痛みこらえる土俵際    邦子

 過去の優秀句如何でしたか。
 懐かしい人の名前が出てきます。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

うつ病と呼吸法

 ロータリークラブでは、毎月月刊雑誌「ロータリーの友」が全国のロータリークラブに送られてきます。
 その中には川柳、俳句、短歌
のコーナーもあり、私の投稿した川柳もよく掲載されたので、ロータリー仲間も毎月楽しみのしてくれています。
 今月号にも掲載されました。
 原子炉が気休めばかり言わされる   萬風
 
 この雑誌の中に「卓話の泉」のページがあり、全国であった卓話の内容が掲載されます。
 その中にちょっと知っていたらためになる話がありましたので、一部抜粋してお届けします。

 この話は、うつ病になりそうになった時やなってしまった時に簡単にできるリラクゼーション「呼吸法」のやり方についての話です。

 ここでは、長くなりますので、「うつ病」、「うつ病の症状」、「うつ病の発生のきっかけ」の話は省略します。
 うつの状態が続き、緊張したり、ストレスを感じると呼吸が浅くなり、気がつくと胸や肩だけで呼吸していたり、ため息も出るが、そのようなときに寝る前に試すとうつの状態から少しでも解放されるそうです。
 1 椅子に背中を伸ばし、両足をしっかり床に付けて座る。
 2 大地に足がついているイメージを持つ。
 3 全身の力を抜き、口から息を吐く。
 4 この時、頬はふくらませ、口をすぼめながら10秒ぐらいかけて、ゆっくり息を吐く。
 5 息を吐くときは、自分の中にたまっている疲れや、ネガティブな感情を、身体の中から全部吐  き出してしまうようにイメージする。
 6 口から息を吐き終わったら、鼻から3秒くらいかけてゆっくり吸いこむ。
 7 いっぱい吸い込んだら、いったん2秒ほど止めて綺麗なもの、例えば新鮮な水や空気に全身が  満たされている自分を感じる。
 8 これを数回、時間があれば10回くらい繰り返す。

  ポイントは先ず息を吐きのが先、ということ。深く吐くことで、深く吸えます。
  靴は脱ぎ、足をじかに地に着けた方がリラックスできるそうです。

 現代は、とかく、ストレスが溜りがちです。
 憂鬱感や無気力状態になったら、このリラクゼーションを行ったら如何ですか。
 私は、ちょっとやってみたいと思っています。




    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



  
 
posted by osamu at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

印象派の誕生展入場者1万人超える

 今朝、ちょっと畑に顔を出したら、先日植えた大根、高菜が目を出し始めました。
 赤ちゃんが生まれたような気分を、畑で一人味わいました。
 イチゴの苗も、毎日水をやっているので、すくすくと成長しています。

 帰りには、食べごろになったナス、一文字を収穫して帰り、早速、焼きナスと一文字のぐるぐるを料理して、ビールの肴の一品となりました。

 今日は、午前中は、地元の小学校で11月13日に行われる「東っ子まつり」会議が行われたので参加しなした。
 私は、昨年から「子ども川柳」の講師をしているので、PTAの方達と丹念に準備の会議を行いました。

 今日の話題の熊本県立美術館で展示中の「印象派の誕生」展の入場者が今日で1万人を超えたニュースがテレビで流れました。
 先日、私も2時間ほどかけて鑑賞しましたが、改めて絵画の良さを堪能しました。
 あの「印象派の誕生」展を鑑賞して以来、これまで見て来た、ゴッホ、モネ、ミレーなどの冊子を見ながら改めて鑑賞し直しています。
 素晴らしい絵を見ると、心が癒され、落ち着きますね。

 この展覧会11月6日まで開催されていますので、皆さん是非お出かけ下さい。




     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

身の回りにも少し異変

 今日は、9月29日に村の行事でロータリーを欠席したので、その欠席を埋める「サイン・メイキャップ」にホテルキャッスルに出かけました。

 ここ一週間ほど、メイキャップがなかったので、今日のホテルキャッスルは賑わっていました。

 今日の話は、世界中が壊れるのではないかと思えるほど、地球規模の異変が起こっています。

 日本では,先ず、3月11日の東北の大地震と福島の原発事故の発生、円高問題、グローバル的には、世界経済の不安定、アフリカの政情不安とこれから先のことでは不安材料で一杯です。

 わたしの身の回りでも、少し異変が起きていますのでお話しします。

 先ず、畑でカマキリが多く見かけられます。畑だけでなく昨日行ったゴルフ場でも多くのカマキリを見かけました。
 2匹ほど、ゴルフカートまで乗り込んできてわたしの肩で遊んでいました。

 それから、イノシシが多発しています。
 昨日行ったゴルフ場でも、今までは見られなかったイノシシが掘った穴が至る所で見られます。
 
 庭の木犀の花が付いて、金木犀と銀木犀の香りが感じられる時期ですが、やっと1本の金木犀に黄金の花が付いています。

 この様に身近なところにも、何か異変が起きているようです。

 


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

新聞投書欄から

 今日は、久しぶりのゴルフ、2回ほど雨のためにコースに出ることができず、ただ只管練習の日々でした。
 練習場での実力がコースで、半分でも出ればと期待していましたが、練習場のように平らな所でショットする所がない難しさに改めて泣きました。

 負けず嫌いな僕です。これからも頑張ります。

 今日は、今朝の朝刊に、市役所時代の後輩が投書欄に気になる内容の話を書いていました。
 彼は、藤本利一君で、仕事は一緒にしたことはありませんでしたが、市役所内で法律相談の仕事をしていた時、彼は自分の課内の仕事のよく相談に来ていました。

 真面目な彼は、まめによくこの投書欄に色々の意見を投稿していました。

 今回の彼の投稿の記事は、熊日新聞の一面の左下に掲載される子供の詩「たから箱」の記事でした。
 私もいつも気にして読ませてもらっていますが、感性豊かな子供の詩が、ある時は癒してくれ、また、ある時は元気をくれます。

 藤本君は、その「たから箱」は私のたから箱と話を結んでいますが、この「たから箱」は私にとっても「たから箱」だと思って読ませてもらっています。

 今日は、昨日と今朝のたから箱の詩を紹介します。

 「海」   熊本市長嶺小学校3年  宮崎真帆
  ゆらゆらなみに
  白い雲がまじっていい気持
  うきわにのってぷかぷかういて
  青い空を見上げて良い気持ち

 「夢」   大津町立大津北小学校2年  大村は月
  わたしのゆめは
  けんどうでぜんこく大会にいくこと
  だから今ひっしでがんばっている
  ゆめをめざして

   子供たちの感性豊かな「詩」如何ですか。

  時間があったら、熊日新聞の一面の左下「子供の夢」が元気をくれますかもしれません。



      応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


  
posted by osamu at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

文学座公演「殿様と私」

 今日の午後は、熊本市市民劇場公演3日目です。
 市民劇場公演は、通常3日間行われ、その内2日が五語6時半から、1日が午後1時半から行われます。
 私は、勤めているわけでもないので、午後1時半からの公演をいつも見ています。

 今日の公演は、文学座の公演で、殿さま踊りましょうぞ「殿様と私」で笑いと涙の傑作喜劇です。
 異文化をどう受け入れるとは何かを問う様々な葛藤が笑いの中に描かれています。

 劇作家としてばかりでなく演出家としても大活躍中のマキノノゾミの新作を文学座が初めて取り組んだ作品です。
 特に、作者がニューヨークで観た「王様と私」への反感から誕生した日本版「王様と私」だそうです

 出演者は、加藤武、たかお鷹、松山愛佳を中心に8名の俳優さんです。

 内容は、往年の名作「王様と私」を、ベースに日本の明治時代、西洋文化が急速に進む東京でいまだ封建的な文化に固執する子爵とアメリカ人女性アンナとの交流を軸に、日本の夜明けをコメディックタッチで再現されただく品です。

 皆さんも、機会があったら観劇されると、腹の底から笑えるものです。
 取りとめのない話でしたが、悪しからず。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




posted by osamu at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

ブログ1000回更新

 まず、今日も相変わらずの畑作業の話です。
 ここ数日の頑張りで、厭になるほどぼうぼうの草もすっかり無くなり、イチゴをはじめ、ハクサイ、ネギの移植、高菜、かつお菜の種樹もほぼ終わりました。

 今日は、明日が市民劇場の文学座公演の「殿様と私」の観劇、明後日は待望のゴルフなので、畑作業を午前中一杯頑張りました。

 畑全体が、野菜な植わっている所の緑、まだ植わっていないが耕しの終わった茶褐色の土の色で綺麗になりました。

  秋間近やっと夏草平らげる   萬風
  この川柳のように、やっと夏草との戦が終わりました。
 私が此のブログを4年前の12月31日から書き始めてから、今日で968回もの更新です。
 11月中には1000回更新記念の日が来そうです。
 息子夫婦からの提案で始めましたが、今では毎日の支え、ある意味では生き甲斐ともいえそうです。
 昨日、早々と東京の息子夫婦から「川柳万の風」ブログ更新1000回の記念品が届きました。
 その記念品は、私が大のビール好きなので、創業大正11年の松徳硝子謹製の「うすはり 麦酒晩酌」ようのビヤグラスです。
 これまでのガラス製品とは思えないほどの「薄い、軽い」グラスです。
 崇史、千枝ちゃんどうもありがとう。
 これからも、頑張ります。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする