2011年09月30日

近づく熊日川柳大会

 早いもので、明日からは10月、今年もあと3カ月になりました。
 来月の16日は、熊日川柳大会が行われますが、私はジュニアの部の課題「笑う」の選者になっています。

 まだ。今年の課題の私自身の句は、まだ作っていませんがが、ジュニアの事前投句は、今月の22日に締め切られ、数日前に小学1年生から中学3年生の約1000句ほどが届きました。

 ここ数日、汗だくだくで選を頑張っていますが、数が多いのといい句も多く、優秀句、入選句40句に絞り込むのに苦慮しているところです。

 ところで話は同じ熊日新聞の事ですが、毎日私達に新しいニュースを届けてくれる熊日の新聞が、昨日、9月30日で紙齢二万五千号を迎えたそうですね。
 おめでとうごいます。お疲れですがこれからも頑張ってください。

 熊本日日新聞は、昭和17年4月1日に九州日日新聞と九州新聞が合併して、発行が始り、それから昨日が、二万五千日目と言う事です。

 昭和28年6月の大水害の時は、輪転機が動かなかったそうですが、その時は鹿児島の南日本新聞社に印刷して貰い、発行したそうです。

 私の句で数年前の熊日川柳大会の課題「新聞」で、天賞を頂いた句です。
    休刊日朝が動かぬ午前5時    萬風




      応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

秋祭り

 9月19日の敬老の日に、熊本市で一番大きい祭り「藤崎八幡宮秋の例大祭」が行われ、この祭りに続くように、地域の祭りがおこなわれています。

 今日は、私が住んでいる近見町にある「近見神社」の祭り行われました。
 近見神社の例大祭は、今月の19日に行われますが、今日は私達の地域を10ほどに別れ、それぞれの10戸ほどが単位になり、座元に集まって、まず神社にお参りして、その後はみんなで酒盛りです。
 10月1日は、私の家の近くにある「田畑菅原神社」のお祭りです。
 このお祭りは、私達13戸の氏子だけで行う祭りですが、今年はいつもと違ったところがあります。
 それは、今年の夏に、今まで無かった近くの自動車販売会社の会長さんの寄付によって、立派な鳥居がで来たのです。

 現在は、祭りで食べる物や飲むものは、みんなお店から買ったものばかりですが、昔は、飲むお酒は、家で作った「どぶろく」で、酒の魚も川で獲った鯉などで、また、食べ物も畑で育てた野菜を使った料理でした。

 昔の頃が、村全体が仲良く、何をするにも一丸となっていたような気がします。
 現在は、若い世代になり、座を離れたり、氏子をやめる家も多くなり、少し寂しいところもあります。
 阿蘇や天草などの集落では、昔の祭りを受け継いでいる話が、テレビで放送されていますが、私達の町でも復活したいものです。

 秋祭りが終わる頃から、稲刈りが始まり、コンバインの音が聞えてきます。

  故里の頼りはやはり米の出来    池田静山
  稲の出来もよし逢いたいと言う便り 森中恵美子

  泣きそうな天気総出で鎌を持ち 萬風

  籾摺りの音がどこかでする日和  八坂俊生


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

庭の花々

 今日一日は、私にとってボランティアの日でした。
 まず朝から、自治会の運営委員としての8名の隣保組長さんへの回覧板や色々な資料の配布に始り、次は校区の自治協議会の会計の仕事で、銀行に行って預金を下ろし、ここ2カ月の支払に奔走しました。

 その後は、9月、10月は、地域の神社の祭りがありますが、その祭りの座元の主人が高齢なので、まつり当日の準備のお手伝いです。
 例えば、祭り当日のお神酒やお酒や料理の調達、更には祭りに使う竹や椿の枝の準備なのです。

 このほかに、地域の方達の法律問題、家庭内の相談もありました。
 地域の方達に頼られているので、出来ることはお手伝いをしなければと思って、頑張っています。

 話は変わりますが、私の400坪の屋敷には、至る所には、夏の間に頑張って咲いた日々草や鶏頭の花、ここ数日は赤、ピンク、黄色の彼岸花が咲き、夏と秋の花が競って咲き誇って、私達の心を癒してくれています。

 また、庭の木々も夏に懸命に水遣りをしたお陰で、他所の木々よりも元気に若芽をだしています。
 先日蒔いた白菜も芽を出し、あと数日で、畑に移植が出来そうです。

 今日は、ボランティアと庭の木々や花との遊びの楽しい一日でした。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

川柳雑誌「川柳つれつれ草」

 今朝は、昨日ちょっとお話しをした胃と大腸の透視のための腸管洗浄剤を飲むために、4時起床です。

 先日、病院の看護師長さんから、腸の中をきれいに流し出していれば、十分な検査ができますと言われたのを思い出しながら、洗浄剤を2時間ほど掛けた飲みました。

 あとは、少なくとも大したことのない結果を願うばかりです。
 今朝は、小雨が降っていて、私の今の心境と似た空模様です。

 時間もたっぷりあったので朝刊2紙をゆっくり読んでいたら、昨日行われたベルリンマラソンで、従来の世界新記録を21秒上回る「2時間3分38秒」の世界新記録のニュースが目に止まりました。
 記録を出したのは、ケニアの選手「パトリック・マカウ』選手で、2連覇も果したようです。
 昔、マラソンを走っていた私には、気になる、嬉しいニュースです。

 今日は面白半分、マジメ半分と著者が言ってる「川柳つれつれ草」の中から、その1ページを紹介します。
 昨日、大相撲秋場所が終わり、この場所を最後に立行司 35代木村庄野之助が定年退職を迎えます。
 出身地の延岡市では、市民栄誉賞、宮崎県では、県民栄誉賞を贈ることを決めているそうです。
 35代木村庄之助さん長い間お疲れ様でした。

 それでは「川柳つれつれ草」34ページから
  年寄りになって力士は若返り
  世の中が違って見える引退後

  定年になって若返るのは力士ばかり。
  まげを落としネクタイを締めると別人の様。
  しゃべる事もいっぱしの評論家並だ。
  かっての訥弁は何だったのか。

  「引退してから強くなる」なんて川柳もあるくらい。

  引退後は弟子に自分の夢を託す。若返るはずだ。
  強くもなろう。
  正に第二の人生だもの。
  
  2句の川柳、それにコメント如何でしたか。

  私は、これから病院に出かけます。
  結果は、いずれご報告できると思います。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

忍び寄る体力の低下

 昨日の川柳「火山灰」の例会の作品作り、それに毎月行っている川柳ふんえん誌の初心者の添削などのため、ここ数日川柳のために頭が占領されていました。
 最近は、本を読んだり、考えたりすることが少し億劫になり始めました。
 しかし、惚け防止のためにと、努めて色々勉強しています。

 今日は、朝早くから庭の草取りを終え、ゴルフの練習場に向かいました。
 そこで思いっきり3時間ほど練習を励みました。

 日曜日なので、日曜日しか練習に来れない市役所の職員の数人とも逢うことができ、来年4月の政令指定都市に向けての話など聞くことができました。

 午後は、男子のナショナルオープンゴルフ、女子のミヤギテレビ杯ダンロッオープンゴルフをテレビ観戦、その後は15日つづいた大相撲千秋楽観戦とテレビ漬けの半日でした。

 大相撲は、優勝が千秋楽まで持ちこまれましたが、白鵬の優勝で幕を閉じました。
 何はともあれ、大関、横綱に日本人力士不在の今場所でしたが、琴奨菊関の大関昇進が決まり、九州人として嬉しい限りです。

 今日は、少しだけ私の体力の低下に伴う病気の話です。
 数年前からの花粉症が一年中おこり、毎日薬で抑えているのが実情です。
 前立腺の方も、これまた数年前から、前立腺肥大の薬を服用しています。

 
 それに加え、半年前から、朝方に軽い腹痛があり、それ以外の時間はどうも無いので、病院の診察も受けていませんでしたが、明日、大事をとって胃と大腸の透視の予定です。
 大したことがなければと祈っています。

 私も来年の1月で満67歳です。
 表向きはすこぶる元気ですが、体自身は、体力の低下が進んでいるようです。
 いつも考えていますが、あまり長生きはしなくていいが、生きている間は元気でいたいものです。
 皆さん、どなたも思われているでしょうが。

   体力の低下に挑み鍬を振る   萬風


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

川柳「火山灰」例会優秀句

 今日は、川柳「声」の中止に伴い発展的に、新しく川柳「火山灰」が出来て、今日が初めての例会が行われました。

 参加者が川柳「声」よりも少なくなるのではないかと、一抹の不安がありましたが、参加者15名、投句者8名で、上々の滑り出しです。

 今回は、ふんえん誌の校正などで数名が参加できなかったので、次回は更に楽しい、勉強のできる例会になりそうです。

 川柳「火山灰」は、川柳の学習の場と位置づけ、参加者全員で川柳向上のために切磋琢磨することを目標にしています。

 今日の初めての例会は、宿題2題と研修課題1題でしたが、初めての例会ということもあり、選は大先輩、大御所3名にとって行われました。

 披講の後は、各題の天、地、人の三才を中心に、勉強会がありましたが、先輩、後輩を問わず、屈託のない意見が出ました。

 それでは優秀句、それぞれの課題の三才を紹介します。

 課題「るんるん」    渡辺幸士選
  人 オモチャ屋で孫がルンルン値を上げる  雄二郎
  地 二度の春弾んでいますペアルック    めぐむ
  天 合コンの今日は皆さんタイプです    しのぶ

 課題「台風」      寺本隆満選
  人 台風の進路よそへと願うエゴ      慶之介
  地 夏台風少し放浪癖がある        正堂
  天 台風通過悲しいほどに青い空      萬風

 課題「臨機応変」    吉岡茂緒選
  人 矛先を向けられ話題すり替える     幸士
  地 どの服もお似合いと言う試着室     春雪
  天 私でよければなどと言ってみる     正堂

 如何でしたか。
 私も天賞を獲得できました。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「火山灰」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

最終回「渡る世間は鬼ばかり」

 昨日の夜は、家族揃って今月の29日で最終回を迎えるTBS系のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」を、時折涙を流しながら楽しんだ。

 家族の愛をテーマに、1990年から21年間お茶の間で親しれてきて通算500回も放送されてきたので、ファンは寂しくなるのではないでしょうか。

 ニュース、朝ドラ、ゴルフなどしかあまりテレビを見ない私にとっては、水戸黄門と並んで楽しませて貰った番組の一つでした。

 新聞記事によると、中華料理店「幸楽」は横浜のスタジオで撮影されていたようですね。
 このドラマは、40名以上の俳優さんが出演されていたようですが、とりわけ、小島五月役の泉ピン子さんの演技は美味かったですね。

 小島家の長男の真役のえなりかずきさんも、子役の頃から演じてきて、最終回は結婚式がみられるそうです。

 毎回、真ちゃんは結婚するのだろうかとやきもきしていましたが、ハッピーエンドで終わってよかったですね。
 21年間も楽しませていただき有難うございました。

 また、朝ドラの「お日様」も最終回が近くなりましたね。
 このドラマも毎日欠かさずに見ているので寂しくなります。

 お笑いテレビが多くなってきているので、次回作も国民に感動を与える「ドラマ」を望みます。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

三池炭鉱「万田坑」見学

 今日は、久しぶりに自治会の日帰り研修旅行に、自治会の役員で出掛けました。
 旅行先は、「月が出た、出た」ではじまる炭坑節を産んだ三池炭鉱遺産群のひとつ「旧万田坑」を訪れ、明治35年から昭和26年まで出炭された施設を見学しました。

この万田坑は、「九州・山口の近代化産業遺産群」として「世界遺産」を目指して整備されています。

 私達を案内してくれたガイドさんの話によると、この炭鉱で働いてきた人たちは、刑務所の囚人や韓国や中国のアジアの人たち、更に終戦後の短期間ではあったが、捕虜の方達が中心だったそうです。

 それから、先日廃止が決まった「荒尾競馬」も、この炭鉱のはじまった頃につくられたそうです。

この競馬場は 危険な炭鉱で働く炭鉱夫のただ一つの娯楽として賑わったそうです。

 この日は、万田坑の見学の後は、玉名温泉街の旅館「尚元山荘』で懇親会が行われ、楽しいお酒に浸ることができました。

 また、なしで有名な荒尾ですので、ナシ園によって、短い時間でしたが「梨狩り」も楽しめました。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

昨日は敬老の日

 昨日のブログでは、母のいない敬老の日で、贈る人もいない寂しい敬老日だと書きましたが、今日のテレビ、朝刊には、敬老の日のお話しで紙面が飾られていました。

 昨日、他所の川柳誌に目を通していたら課題が「敬老」の入選句が目にとまりました。
 その入選句の中から、私が気にいった句を選んで鑑賞して頂きたいと思いました。

 川柳まつやま 平成18年10月号から
 宿題 「敬老」      丹下茂夫選
              新本倫子選
  お招きへさらっとおしゃれ敬老日    多美子
  百歳のパワー折り紙ボランティア    倫子
  子は旅行親草むしる敬老日       利雄
  農に生きるはは敬老の日も棚田     省三
  古希来ても敬老会のお世話役      忠士

  敬老会去年の人が来ていない      はじめ
  生き方の美学百歳から学ぶ       郁代
  敬老の塔が傾き出す少子        進水
  古希燦燦シルバーシートには無縁    和美
  敬老会七十歳はまだ青い        厚子

 色々な角度からの敬老への句はいかがでしたか。

 今日は、ゴルフの予定で、子供たちが遠足に行くような「わくわく」した気持でしたが、大雨のために中止になり、本当に残念でしたが、コースに行ったつもりで一日中ゴルフの練習でした。
 
 明日は、地域の自治会の研修旅行で荒尾の「万田坑」の見学ですが、その後近くのホテルで懇親会です。
 台風15号の影響が無ければ、楽しい研修旅行になるのではと思っています。




     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ちょっと寂しい敬老の日

 昨日は、熊本の秋の大イベント「藤崎八幡宮大祭御幸行列」が行われ、朝早くから鉦や太鼓の音が数キロ離れた我が家まで響いていました。

 今朝の朝刊には、勢子の掛け声とともに勇壮に行われた「馬追い」の写真が掲載されていました。

 今日は、「敬老の日」ですが、私にとっては、ちょっぴり寂しい、暇な敬老の月です。
 昨年まで、6年間民生委員のボランティアをしていたので、9月は忙しい月でした。

 毎年、私が担当していた地域のお年寄りに、敬老の日のお祝いに「美味しいお茶の葉」を配ったり、11月3日に行われる恒例の「敬老の集い」の案内状をお届していたからです。

 今年は、その役目から解放され、お年寄りとの会話もできず、ちょっと寂しいところです。
 しかし、散歩の時など、近所のお年寄りと逢ったときは、立ち話をするなど気をつけています。

 寂しいのには、もう一つの訳があるのです。
 それは、一昨年に妻の父が、昨年は私の母が、他界して敬老のお祝いが贈れなくなったからです。
 今朝は、朝早くから妻が、美味しき秋の果物と美味しいお茶を供えていました。

 私達夫婦も、だんだんお年寄りになっていきますが、あまり家族の迷惑にならないように健康に努めているところです。

 明日は、最近頑張っているゴルフですが、阿蘇のゴルフ場でプレイの予定です。
 台風15号の影響で、雨が懸念されますが、頑張ってきます。

 ここで、敬老の日に因んだ句を
  敬老会接待側も楽しそう    三田雅子
  敬老日なんにもされず何もせず 沖口仁舟

  贈る人なくて寂しい敬老日  萬風



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

過去の川柳「声」優秀句

 庭の日々草が、色とりどりの花をつけて、暑い毎日を癒してくれています。
 そんな中に、庭中のあっちこっちに、赤やピンクや黄色の彼岸花が、芽を出し、昨日から花をつけています。
 普通は彼岸花は、赤い花ですが、花好きの亡母は、友達から貰って来たピンク、黄色の花が毎年咲いてくれます。
一昨日から、台風15号、16号の影響で、雨が降っています。
 毎日、庭の花や木々に水遣りをやっていましたが、朝植えのつつじの木が元気がなくなっていましたが、今日は復活しています。

 台風は、良いものではありませんが、今回は、慈雨を連れて来たので喜んでいます。
 沖縄など、台風の被害を受けておられる方には申し訳ありません。

 雨が上がったら、秋の野菜、冬の野菜の種まきが待っています。

 今日は、過去の川柳「声」の優秀句をお届けします。
 平成14年11月の例会の作品です。

 宿題「人妻」    寺本隆満選
 五客 人妻の君ドリアンの味がする     副木
    人妻の本気にされて青くなる     邦子
    容姿端麗とは人さまの妻でした    信子
    少し罪人妻ひとり茶に誘う      朝子
    人妻の強い視線にうろたえる     ミツヨ

 人位 人妻という束縛もまた楽し      哲子
 
 地位 人妻の誘い積木が崩れ出す      萬風

 天位 人妻を先に帰してほっとする     副木

 自句 人妻となる世へ過去を責めないで   隆満
 お色気のある句が好きな、隆満さんの句、やっぱり色気がありますね。

 宿題「腹」     田尻美学選
 五客 腹違いの弟がいた遺産分け      清風子
    空腹に耐えた戦後の少年期      孝幸
    神の意に背き腹貸す代理母      清風子
    月満ちてキックはじめたお胎の子   政子
    ありのまま腹から笑う嫁が好き    豊実

 人位 腹の子も味方になった遺産分け    啓子

 地位 通訳は腹芸までは読みきれず     理石

 天位 腹心と呼ばれ黒子を演じ切る     隆満

 自句 腹にもの隠せぬ男に一本気      美学

 宿題「痛い」    西田邦子選
 五客 火遊びで終わらなかったむこう脛   しのぶ
    良心が痛い不倫の女と逢い      俊竜
    改革の痛みモルヒネでも利かぬ    哲子
    失言の小骨ときどき動き出す     しのぶ
    張りのない母の注射がチクチクと   萬風

 人位 初孫をおんぶ腰痛忘れてる      俊竜

 地位 ふる里の母寒かろう痛かろう     茂緒

 天位 痛かったオウンゴールで負けたとは  副木

 自句 向う意気痛みこらえる土俵際     邦子

 懐かしい句、懐かしい人の名が一杯出てきましたが、時の流れを感じます。
 時折、昔の例会の優秀句をお届けすつもりです。
 ご期待下さい。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
 
posted by osamu at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

肥薩線「真幸駅」などを世界遺産に

 今日は、久しぶりの雨で、大地がが湿り、枯れかかった樹木、萎びれた野菜か復活しそうです。
 毎日、朝夕の水遣りも今日は、お休みできました。

 今日、夕方テレビを見ていたら、面白い、デッカイ話が放映されていました。

 その話とは、JR肥薩線沿選の真幸駅を中心に、大畑駅(おこば駅)を世界遺産に登録したいと言う話があって、地元では町民が乗り気になっているそうです。

 真幸駅周辺には、急な坂を上手く走らせる工夫がされていてスイッチバックやループ式などが作られていました。

 そのような世界に類を見ない鉄道を世界遺産にしようと目論まれているようです。

 今日、私が、世界遺産の話を取り上げたのは、私が小学校の頃、ここ大畑駅に遊びに行ったことがあるからです。
 遊びに行ったのは、母方の叔父が国鉄に勤務していたので、このスイッチバックを見たくて、夏休みに、遊びに行ったものです。

 駅員数名の駅なのに、快速や急行が必ず停車していたので、ゆっくり見られるのが楽しみでした。

 大畑駅の近くに、矢岳駅、真幸駅がありましたが、叔父が休みの時はよくこれらの駅に連れて行って貰い、近くのの山を散策しました。

 これらの駅を中心に世界遺産に登録されたらすごいなと思っていますが、実現して欲しいものです。

      応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

2名の新入会員

 1週間の経つのが早いですね。
 今日は、木曜日、ロータリークラブの例会の日です。

 昨年、2名の会員に訃報があり、1名が転勤で、会員3名減っていまましたが、今回2名の方の入会がありました。

 1名の方は、生保関係の方で、東京に転勤された熊本支社長の後任の方です。
 先週入会式がありましたが、これまでも、転勤先で2回ほどロータリーに入会された経験があり、ロータリーの事は熟知されているようです。

 もう一人の方は、約1年ほど前に司法書士事務所を開設されたばかりの31歳の方です。
 自己紹介で履歴を聞いていたら、私と小学校、中学校、高校喉うそうだということでびっくりしました。
 大学も東京の大学を卒業されたいるので、私と学歴がよく似ているようです。

 近いうちに歓迎会があると思いますが楽しみです。

 話は変わりますが、今日は、曹洞宗大慈禅寺の住職佐藤泰道様の卓話を聞くことができました。
 仏教の話をはじめ、東北の津波の被災者のお話しをして頂きましたが皆真剣に耳を傾けて聞いていたのが印象的でした。

 このお寺で、今年の3月に、座禅を体験した後、例会を開かせてもらいましたが、お寺という場所の割には、新鮮で楽しい、賑やかな例会だったと記憶しています。

 来年も如何ですかと、お誘いを受けたので、また、座禅の体験が出来そうです。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

白寿のおばちゃんが英会話

 今日は、義弟夫婦と阿蘇の素晴らしい絶景を眺めながらのゴルフを楽しみました。
 毎日、近くのゴルフ練習場で頑張っていますが、練習とコースでのゴルフの違いをまざまざと経験した一日でした。

 一打一打の大切さ、一打だけ良くてもスコアはまとまらな苛立ち、自己責任などメンテルなスポーツであるという事があらためて理解できました。

 話は変わりますが、今日、夕方のテレビで、19日の老人の日を迎えての百歳を中心にした老人の表彰が行われたニュースが流れていました。

 その中に、吉田百という名前のハイカラおばあちゃんの話がありました。
 おばあちゃんは、アメリカ生まれで幼い頃、美里町に帰って来て、雑貨屋を営まれていますが、生まれがアメリカということで、今なお英会話の勉強されているそうです。

 私も、ずーっと英会話の勉強を続けていますが、頭の下がる思いです。

 あと数カ月で「百」という百に因んだ百歳になられますが、70歳ぐらいにしか見えません。
 まだまだ、元気で頑張ってください。吉田さん。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

20年前の川柳「噴煙」から

 昨日は、旧暦の8月15日の中秋でしたが、昨夜は、残念ながら我が家からは満月を拝むことができませんでした。
 熊本城では「名月観賞の夕べ」が開かれ、わずか数分ではあったが中秋の名月が顔を出した記事が、写真とともに掲載されていました。

 今日の夜は、ホテル日航熊本で、第53回熊本県芸術文化祭前夜祭が行われ、その前夜祭の席上で、今年度の熊本県芸術功労者の表彰式も行われます。
 この功労者の中に、川柳部門で田口麦彦氏、肥後狂句部門で、川柳仲間でもある河野副木氏が受章されますので、川柳仲間がお祝いに駆けつけます。
 功労者の方は、全員80歳以上の方そうです。

 この祝賀会の行われる今日、若い方の川柳の話と出逢いました。

 20年前の川柳「噴煙」平成2年1月号の24ページに「新しい川柳のジャンル 松田浩子著『初恋忌』」の記事があり、著者松田浩子さんのプロフィールや「初恋忌」に詠まれて川柳の一部が紹介されていました。

 今日はその話をお届けしたいと思います。

 話は次のような切り出しで始められていました。
  川柳界の若返りが呼ばれてから久しい。
  しかし、現実は川柳作家の平均年齢がますます上昇し、川柳自体「老人の文芸」化しつつあるのは否めない。
  そんな時降ってわいたように本書が出版された。
 著者 松田浩子さんは、この時熊本県立第一高校を卒業し、駒沢短大を経て慈恵医大病院に看護師として働く傍ら、川柳を作り始めた24歳の美人(掲載の写真)でした。

 上梓の「初恋忌」は、その名が示す通り、恋の始まりから失恋に至るまでの「恋の歌」であります。

 その若々しい、新鮮な言葉で詠まれた「恋の歌」の句を鑑賞して下さい。
  ピアニシモ鯉のはじまり気がつかずに
  フォルテシモ止まらぬ愛を抱いて夏
  
  アイラブユーそれよりもっとアイラブミー
  彼に会う一日のための六日間
  オムレツにI LOVE YOUと描いて朝

  そして恋は終章へと向かう。
  「言わないで」わたしがこわれそうだから
  鳴りつづく電話みつめているラスト
  アルバムの君がほほ笑む初恋忌

  著者はこう言われています・
  「いま感じるものをいまの私の言葉で表現できたらと思うのです。キャンパス一枚一枚に絵を描いたつもりで作った川柳です」と。

   初恋忌が上梓されて20年が経っています。
   松田さんの川柳も、更に洗練された素晴らしい句を詠まれていると推察します。
   最近の松田さんの句にお会いしたい気持になったところで、お話しも終わりです。

  今夜の祝賀会美味し酒が飲めそうです。



     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


 
posted by osamu at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

川柳ふんえん9月例会優秀句

 今日は、特別の行事も無く、毎日行っている庭の花木の水遣り、毎日楽しんで見ている朝ドラ「お日様」を見た後、いつもより早めのゴルフの練習を頑張りました。

 午後は、久しぶりに川柳三昧の時間を楽しみなした。
 毎月、頑張っている噴煙の初心者の添削の作業、それから、来月の16日の行われる熊日川柳大会の句作りをはじめました。

 昨日から始まった、大相撲をテレビで観戦していたら、今日は、日本人の力士が頑張りました。
 日本人力士が勝てこその大相撲です。頑張れ、日本人力士達。
 
 今日は、昨日行われた川柳ふんえん9月例会の優秀句をお届けします。
 先月は、亡母の初盆で、出席できませんでいたので、久しぶりに柳友と会うことができました。

 今月が、久しぶりに席題の選者も頼まれ、心良く引き受けました。
 また、久しぶりに人賞と地賞の2句貰うことができました。

 では、優秀句をご覧ください。
 席題 「空」       古閑萬風選
  人位 どんよりの空に都心が噎せている    茂緒

  地位 青空へ弾む少女の健康美        朝子 (月間優秀句)

  天位 鬼灯のように夕陽が燃えている     正堂

 席題 「みどり」     小濱春雪選
  人位 草原の緑に牛も人も生き        幸士

  地位 今日もまた緑味方にして散歩      高徳(月間優秀句)

  天位 みどり児の掴んだ運はどんな星     萬風

 宿題 「欲」       村上翆石選
  人位 私なら大きいつづら貰います      禮吉

  地位 井戸塀は死語に蔓延る私利私欲     萬風

  天位 欲深い人は嫌いな宝くじ        高徳

 宿題 「許す」      坂本ちえこ選
  人位 許したら私が楽になりました      広子

  地位 粘り勝ち無事決済の許可が出る     なお美

  天位 許すことできた我が子を褒めてやる   文彦

 宿題 「辛い」      吉岡茂緒選
  人位 二度とない一時帰宅を覚悟する     陶二郎

  地位 辛いのは百も承知で決めたこと     可公

  天位 称賛を嘗めた口から出る我慢      正堂

  如何でしたか。私は満足の例会でした。

 今晩は、十五夜ですが、昨年に引き続き曇り空ですは、まん丸いお月さんが見れたらいいですね。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

「もう一つのイ草」七島イ

 今朝は、いつも通り庭の木々や花にたっぷり水を遣った後、100株程のハクサイの種まきをしました。
 昨年の残りの種なので、ちょっと自信がありませんが、芽が出るのを信じて優しく蒔きました。

 種まきの後、新聞に目を通していたら「懐かしい七島イ」の記事が出ていました。
 この「七島イ」が、今も大分の農家で植えられているという記事です。
 私が小学生の頃、本家の庭で、夜遅くまで「七島イ」の作業が行われていたのを鮮明に記憶しています。
 「七島イ」の作業は、短期間に行われるので、近所の方がお手伝いに来て大変賑やかに行われていました。
 作業の終わった後に、サイダーやラムネ水を飲んだり、西瓜を食べたりするのが、楽しみでお手伝いをしたものです。

 現在は、畳表と言えば「イ草」ですが、小さい頃の私は、畳と言えば「七島イ」とだと思っていましたが、高校生頃になって畳表は「イ草」が多く、イ草が八代地方で植えられているのを知りました。

 私達の地域では、ほとんど畳表は「七島イ」を使っていました。
 「イ草」より少し大きめで、色は濃い緑で、肌に優しかったようです。

 記事を読んでいく内に、同じよく似た畳み表なのに「イ草」と「七島イ」には、違いがあることが分かりました。
 「イ草」は、イグサ科ですが、「七島イ」は、カヤツリグサ科だそうです。
 「七島イ」は、茎の根元は、太さ4ミリほどの丸みを帯びた三角形で先端になるほど角が鋭くなっています。
 また、「イ草」は泥染めしますが、「七島イ」は、泥染めせずに茎を縦に割いて畳表におります。
 母や伯母が、朝早くから夜遅くまで畳表を追っていたのを記憶しています。

 なぜ「七島イ」と呼ぶのかは、鹿児島県のトカラ列島から伝わり「七島」の名がついたそうです。

 私達は、「しちとうい」とは呼ばず「しっとう」と呼んでいました。
 
 懐かしい記事に出会い、今まで知らなかったことも分かり、皆さんにもお話ししました。



    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

薬になる食べ物「うめ」

 今朝、庭の花や庭木に水をやっていたら「彼岸花」の目が出ていました。
 早く芽を吹きたっかが、連日の猛暑にいらいらしていたが、秋の気配を感じ芽を吹き始めたのではないでしょうか。

 今日は、昨日病院に行った際に、調剤薬局の「健康見聞録」なる広報誌が薬袋に入れてありました。

 色々と健康の事や薬の事が書かれていましたが、その中に「くすりになる食べ物」という話が目にとまりました。

 そのくすりになる食べ物とは、私が大好きで、ほとんど毎日食している「うめ」だったのです。
 私と梅は、小さい頃から母が体にいいからと食べさせられました。
 そんなことから、皆さん不思議に思われると思いますが、取れたての「青梅」が大好きなのです。

 妻の実家には、梅の木が数10本あるので、その梅の木から収穫した梅を使って、梅干、梅酢、煮梅など作っています。
 これからちょっと梅の薬としての話をしたいともいます。
 うめ
  古くから「梅は三毒(食べ物・血・水の毒)を断つ」「うめぼしはを日ごと食べれば福を呼ぶ」などと言われるように、梅にはたくさんの効用が隠されています。
 また、うめのクエン酸は、疲労回復にも役立ちます。糖質の代謝を促し、疲労によってたまった乳酸を燃焼させます。
 熱を吸収する作用があるので解熱にも有効です。

 私は、毎日梅を食べているので、大変健康です。
 皆さんも、梅を食べるよううに努めてはいかがですか。
 取りとめのない話で申し訳ありません。
 明日は、ふんえんの9月の例会ですので、例会での優秀句がお届けできると思っています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

前進座公演「あなまどい」を鑑賞

 今日は、二十四節気の一つ「白露』ですが、朝方は夏の暑さも和らぎ秋の気配が感じられました。
 久しぶりに、畑に行かず、近所の田圃道を散歩していたら、稲穂がこうべを垂れ、葉っぱに朝露が輝いていました。

 今日は、私にとっての二つの行事ありました。
 一つは、午後1時半からの熊本市民劇場第355回例会の前進座公演の「あなまどい」の鑑賞、もう一つは、夕方の熊本西南ロータリークラブの例会です。

 このタイトルの「あなまどい」とは、なんだろうかと思っていたら、冬眠を前にして、冬眠する穴がぎりぎりまで見付け出さずにいる蛇居る状態のことだそうです。
 この公演の内容ですが
 『足軽は往来で上士と出逢えば平伏しなければならないと』という藩のしきたりが、枷となり、徒士頭である上遠野旧作は足軽・寺田金吾に切り捨てられる。
 久作の息子・関蔵は、嫁いで間もない女房・喜代を残し、逃走した金吾の後を追い、仇討の食べへ出て行く。
 30年後、関蔵は金吾と再会をする。年老い、疲れ果て、物乞いに身をやつした二人が抱く感情が上手く演出されています。
 4年後、関蔵はようよう我が家に帰った。花の咲く美しい庭は畑に変わり、そこに年老いた女房・喜代がずーっと待っていて、またドラマが続きます。

 話しの内容は、前半だけ紹介しましたが、舞台での、主役の上遠野関蔵役(嵐圭史)と喜代役(浜名実貴)の卓越した素晴らしい演技力には感動しました。
 感動の場面では、いつまでも拍手が鳴りやまないほどでした。

 久しぶりに、名演技を見て、心が癒されました。

 夕方からのロータリー例会ですが、久しぶり新しい会員が入会され、新鮮味のある例会でした。
 今日の例会では、夕方から時間ということもあって、お酒も出され、賑わいました。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

川柳ふんえん8月例会優秀句

 今朝は、畑に出かけ、ニガウリ、無花果、それに長茄子、巾着茄子(味噌漬け用)の収穫をしました。
 無花果は、今が旬で、日本の木にたわわな実を付けています。
 巾着茄子は、味噌漬け用のナスですが、若いナスは、天婦羅にして食べると大変美味しいです。

 今日は、8月の川柳ふんえん例会の優秀句を、少し遅れてお届けします。
 いつもなら、例会の当日にお届けしていましたが、8月例会は、亡母の初盆と重なり出席ができず、今日になてしましました。

 宿題「メド」      寺本隆満選
  五客 安全のメドつかぬまま夏が往く    良
     待ちに待ちやっとドナーのメドがつき 大徳
     山越えたらしい呼吸が楽になる    和子
     一定のメドとは総理ずる過ぎる    玉流川
     メドはメド一寸先は闇の中      かずみち

  人位 退院のメドついた日の薄化粧     和子(月間優秀賞)

  地位 十年をメドと原発言われても     麦彦

  天位 百歳をめどに残高割ってみる     玉流川(月間優秀賞)

  自句 退院のメドへ法案急ぎ足       隆満

 宿題「節電」      緒方正堂選
  五客 節電も兼ねて涼しい丸坊主      高徳
     節電のゴーヤ実ってお裾分け     美穂子
     灯を消してのんびり語る星の夜    静生
     節電が親子の絆深めてる       一郎
     ゴーヤ植えかずら絡ませ涼を呼ぶ   一郎

  人位 灯を消して今宵は星と戯れる     たかお
 
  地位 憎まれるくらいこまめに電気消す   柳笙(月間優秀賞)

  天位 節電に門灯消して見る蛍       禮吉

  自句 原発に脱ダム論が吹き返す      正堂

 宿題「たっぷり」    小島萌選
  五客 たっぷりといい話聞き眠くなる    博
     けちん坊のようでたっぷり寄付はする 翆石
     たっぷりと持ってるように見えるだけ 遊心
     たっぷりと泣いて女は思いきる    春雪
     たっぷりと墨ふくませる筆の自負   豊実

  人位 方耳でたっぷり小言聞いている    茂緒

  地位 たっぷりとしごく磨けば光る石と見た 可公

  天位 たっぷりと笑顔がたぎる甲子園    岳人

  自句 たっぷりとテニス三昧夏休み     萌

 席題「逃げる」     宮本禮吉選
  五客 逃げないわやけぼっくいに燃えさせて 雄二郎
     逃げられてまだ信じてるいい男    理石
     未練とや逃げる男は追うまいぞ    隆満
     逃げ道を知ってる妻がよく笑う    なお美
     親を看る洟氏に椅子は逃げる位置   静生 

  人位 勝ち星が逃げた初戦の甲子園     翆石
  
  地位 王将を逃がしひとまずほっとする   隆満

  天位 精一杯逃げておりますカタツムリ   博(月間優秀賞)

  自句 逃げ腰は首相の務め果たせない    禮吉

 席題「ストレス」    小のアメイ選
  五客 ストレスで片付けている医者ばかり  なお美
     ストレスが溜る節電放射能      幸士
     同居したストレス嫁は知らんぷり   豊実
     ストレスがたまり癇癪玉破裂     高徳
     この頃は女も酒で憂さ晴らす     正堂

  人位 突っ込みとボケストレスのない夫婦  麦彦
  
  地位 活断層の上でハラハラ生きてます   静生(月間優秀賞)

  天位 男っていいなストレス酒が消す    隆満

  自句 二歳児もストレスがあり駄々捏ねる  アメイ

  私は、出席できず投句しましたが、3句入選していました。
  恥かしながら、私の拙句を
   目途見えぬ介護に絆軋み出す  萬風
   全快の目途つかぬまま冬の窓

   たっぷりと充電できた母の愛  萬風
     


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ




   
posted by osamu at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする