2010年03月31日

3月最期の日

 今日は、つれづれなるままにパソコンに向かいて、3月最期の日の1日をまとめてみたいと思います。

 朝一番、市役所の人事異動についての記事がないかと思って、新聞に目を通しましたが、新聞の報道は、どうも明日のようです。

 しかし、気になる人事の記事がありました。
 在職中に一緒に仕事をした広塚さん先日の議会で、教育委員に選任されましたが、昨日の教育委員会で教育長に就任しました。

 男性に劣らぬ実力があり、また。決断力をもった方です。
 また、男性とは一味違ったきみ細やかな、優しさもありますので、素晴らしい教育行政に頑張ってくれると思います。
 昌子さん、頑張ってください。

 先日買った20インチの液晶テレビのエコポイントの手続きを始めましたら、メーカーの保証証が道からず、再発行をしなければならず販売店に行ってやっと再発行の手続きを終えました。

 その足で、西瓜、トマト、なすなどの苗を買って畑に植えましたが、雨が降り始め大変でした。

 給食の仕事から事務職に代わった姪から電話があり、人事異動で新しい職場が決まった旨の報告を受けました。

 3月最期の日、まだまだ色々ありましたがこの辺で終わりたいと思います。

 明日は、木曜日なのでロータリーの例会です。
 どんな卓話が聞けるか楽しみです。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

川柳「声」2月例会優秀句

 卒業式などで忙しかった3月も明日で終わりです。
 4月になれば、人事異動、入学式と世間は、あわただしくなりそうです。

 今日は、3月27日に行った川柳「声」の3月例会の優秀句をお届けします。

 ポカポカと暖かいせいもあって、これまでに一番多い22名の参加者があり、また、投句者も19名があり、盛会でした。

 宿題 「進む」    安永理石選
  五客 一直線に進む怖さを知った靴    萬風
     進入禁止入ってみたい好奇心    政子
     少しずつ進むメガネの度と老いる  隆満
     話だけ進み予算は霧の中      幸士
     子の夢を一歩進めた手当来る    絹子

  人位 開発の進歩のかげに副作用     美学

  地位 人間の勝手で進む温暖化      春雪

  天位 日進月歩ついて行けない電子音   邦子

  自句 合併が進み内定した人事      理石

 宿題 「宴」     小濱春雪選
  五客 宴会で分かる職場の勢力図     たかお
     宴果てていつも荷物になる男    理石
     嫁ぐ娘に涙を隠す宴の父      高徳
     美辞麗句競いあってる披露宴    孝幸
     無礼講そうはいっても目が光る   絹子

  人位 栄典も左遷も同じ花の宴      静生

  地位 心地好い宴地球が揺れている    幸士

  天位 父の目はもう許してる披露宴    静生

  自句 中締めを残った酒が承知せぬ    春雪

 宿題 「期待」    神澤正純選
  五客 お互いに期待なくしてから夫婦   礼吉
     期待通り大器になって行ったきり  邦子
     あの人を振り向かせたいダイエット たかお
     定年離婚期しているわたしです   美致代
     あの人に逢える気がするこんな夜  静生

  人位 湯上りの鏡に期待する美貌     アメイ

  地位 見上げれば期待ふくらむ春の雲   善子

  天位 磨いたら輝く石はあなたです    たかお

  自句 期待されまともになった私生活   正純

 拙句ですが、私の平抜き入選句です。
   食べ盛り進んで困る腹時計   萬風
   進みたくない日もあった古時計

   宴席でまず真っ先に座る位置  萬風
   二次会で部下の本音が吹き溜まる

   期待したわりには寒い熨斗袋  萬風

 雑詠互選句優秀句
  別姓論里の墓標がうろたえる  善子

  終電のなかで言訳考える    礼吉

  美しい森からやって来た花粉  静生

  免罪にDNAの叫び声     雄二郎

  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

わたしを語る「ふるさとの味に学ぶ」

 昨日の朝刊に26日のNPO法人「ミテ・ミライ」の新酒会の記事がありましたが、焼酎の紹介の写真に私がカラー写真で載っていたので吃驚しました。

 友達から「写真見たよ。頑張ってるね。」という励ましの電話が沢山ありました。

 焼酎の注文も、来ています。
 私も、新酒会ではホスト役で飲めなかったので、昨日、義弟と飲んでみましたが、あっさりして大変飲みやすかったです。

 大酒のみの方には、ちょっとあっさりしすぎて物足りないかもしれません。

 今日は、地元新聞に掲載されている地元熊本の料理研究家松永喜美子さんの私を語る「ふる里の味に学ぶ」から辛子蓮根のお話をお届けします。

 私は、小さい頃良く手作りのからし蓮根を食べました。
 近くに蓮根畑があり、蓮根が手に入りやすく、母もからし蓮根が好きだったのでよく料理していました。

 松永先生は、からし蓮根を作るときに、苦労されたのが二つあるそうです。
 それは、蓮根に詰めた味噌が、食べるときに切るとからし味噌が流れ出してしまう事と、厚めのふっくらとした衣ができない事でした。

 味噌の解決策は、かすの多い、安い味噌を使ったら解決したそうです。
 安い味噌は、塩分が多く、蓮根に詰めるとその水分を吸う役目をしてくれるからだそうです。

 ふっくらとした衣の解決策は、てんぷらの衣の中に『そら豆の粉で作られた「あらいこ」』を混ぜて作ったそうです。

 これらの解決策は、和食の料理人や老舗のからし蓮根屋さんの知恵を借りたそうです。

 私も、昔母のからし蓮根を手伝ったころを思い出して、挑戦したくなりました。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

町おこし焼酎新酒会

 阿蘇では、朝から雪が降って樹氷が見られたそうです。
 私の住んでいる熊本市からも阿蘇の山が白い雪の帽子を被っている景色を見ることができました。

 そんな寒い中に、私達のNPO法人「ミテ・ミライ」では、町おこしのために作った甲佐町ブランド焼酎「腹黒」と「原酒こうさ」新酒会を行いました。

 場所は、甲佐町を流れている緑川の土手で、数十本の満開の桜の下で行いました。

 甲佐町長をはじめ、甲佐町職員、地区の役員の方々が80名ほど参加され、大変賑わいました。

 焼酎は、芋焼酎ですが、材料の芋は、地元の農家の長野さんが生産された無農薬の芋です。

 その芋を、会員全員で洗い、山都町の「山都酒造」まで運んだ会員手作りの、気持ちのこもった焼酎です。

 新酒会の焼酎の肴もみんな会員手作りの物ばかりです。
 会員のお兄さんが射止められたイノシシの焼き肉、山から取ったばかりのミツバやらっきょの天ぷら、タケノコの刺身、ニラのいためもの、熊本の郷土料理「一文字のぐるぐる」などです。

 また、NPO法人ミテ・ミライでは、宮内地区に炭焼き釜を作る支援もしましたが、現在、普通の炭は勿論、竹炭も焼いて藁で編んで作った化粧箱に入れて販売しています。
 売れ行きも好調です。

 このミテ・ミライも2年前に発足した時は、悪戦苦闘しましたが、皆の輪が広がりつつあります。

   山の幸探して生かし町おこし    萬風

 今日の午後は、川柳「声」の例会です。
 優秀句は、皆さんにお届けします。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

懐かしい老舗喫茶店「ビギン」

 昨夜、早く床に就いたせいもあって、今朝は4時半ごろから目が覚めていた。
 朝刊を運ぶバイクの音を待っているかのようにして、朝刊を読み始めた。
 一面には、44兆円の借金でやっと出来た平成22年度予算の成立などのあまり芳しくないニュースばかりだった。

そんな記事の中に、懐かしい記事が目に入った。
 それは、まちなか「kinasseきなっせ」の創業54年の老舗喫茶店「ビギン」の記事である。

 店内にはいつもジャズが流れる結構広い落ち着いた喫茶店です。
 昭和44年に市役所に入庁して、3年間は出先の勤務だったが、その後、この喫茶店がある本庁に勤務したいたので、毎日昼食の後やアフターファイブに同僚と行ってコーヒーを飲みました。

 コーヒー飲みながらの会話も色々ありました。
 仕事の話、時には上司の悪口も話した記憶があります。

 今日の新聞の記事では、初老の男性が来られて、ビギンで出会い、結婚し、長く連れ添った奥さんが他界されたそうである。
 他界されてからも「ビギン」に一人で訪れると、奥さんのしぐさや声を思い出すというう内容だった。

 このように45年間の間には、この喫茶店で多くのドラマがあったのではないでしょうか。

 今度、近くに行ったら、寄って、「コーヒー」でも飲んでみたい気分になりました。

 では、ここでコーヒーの句でも
 通ぶってブラックばかり飲んでいた   萬風
 コーヒーも髪もアメリカンかと笑われる
 
 話は変わりますが、今日も雨が降っています。
 熊本城の桜は、満開だそうですが、葉桜に成りはしないかと心配しています。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 08:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

川柳「声」第33回例会優秀句

 数日前に、暴風雨が吹き荒れたかと思えば、昨日からしとしとと雨が降り続いています。
 昨日は、本を読んだり、例会の川柳をつっくたり、4時過ぎには、大相撲を楽しく感染しています。

 今日は、近くの小学校の卒業式です。
 自分の子供の卒業式は、仕事が忙しく妻にまかせっきりでしたが、今は、ボランティアをやっているので、孫のような子供たちの卒業式に来賓として参加しています。

 今日は、久しぶりに川柳「声」の例会の優秀句をお届けします。

 宿題 「都合」      河野福木選
  五客 配置転換ぼくの都合をはねつける    啓子
     柳友欠席都合つかないのは右脳     はる子
     センセイの都合選挙区また変わる    千寿
     都合の良いオンナで終わるわけはない  しのぶ
     リストラを一身上と書けという     茂緒
  人位 逃げ道に内裏がやって来た会議     理石
  地位 これしきの都合がつかぬ子の進路    邦子
  天位 都合よく野菜が届く寒い朝       銀子
  自句 どうしても都合がつかぬスケジュール  副木

  私の入選句
    ケータイを都合に合わせオンとオフ  萬風
    お義母さん機嫌悪いた失語症
 宿題 「恩」       安永理石選
  五客 匿名の寄付あの時の恩返し       茂緒
     先輩の手取り足取り忘れない      千寿
     口添えのご恩もらった二度の職     啓子
     恩返ししたくて降りた無人駅      幸月
     格別な事はしないで恩きせる      まさこ
  人位 施した恩は言うまい茶をすする     まさこ
  地位 ハンカチに包んで帰る恩ひとつ     銀子
  天位 ある日突然わが師の恩が豹変す     朝子
  自句 返さねば男の恩がつきまとう      理石

  私の入選句
   生き延びて恩の重さに包まれる     萬風

 宿題 「切る」      冨安清風子選
  五客 切り傷を眺め少年期に戻る       孝幸
     哀しい別れ振り切るように舞うワルツ  道子
     深爪の痛みに耐える別れどき      しのぶ
     イヤホーン切ると聞こえるユダの声   理石
     黙り込む会議無口が口火切る      萬風
  人位 電話切る愛は終わりぬ音立てて     隆満
  地位 割り切ると渡る世間が狭くなる     豊実
  天位 切り札を投げてラストに賭けてみる   啓子
  自句 切り口もズバリ主筆の名コラム     清風子

 私の入選句
   も一人の私茶髪を切りたがる   萬風
 次回をお楽しみください。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

新熊本市スタート

 今日、23日は熊本市民にとっては記念すべき日です。

 熊本市は 植木町と城南町との合併により人口が、72万8千人になり、2年後の政令指定都市向けて『新熊本市』が誕生します。

 来年の3月には、九州新幹線鹿児島ルートが全線開業をしますが、昨日は、新誕生を市祝福するがごとく、新幹線レール直結の式典も行われました。

 今朝のテレビでは、2年後の政令指定都市誕生に合わせて、競輪ダービー「日本選手権」が、熊本競輪場で、行われることも決定したそうです。

 九州で3番目、全国で20番目の政令指定都市にむけて、これから準備が進められますが、熊本市が政令指定都市になって良かったと思える都市づくりをして欲しいものです。

 また、九州のど真ん中に位置する熊本市は、将来の道州制では、州都になる条件も揃っています。

 これらの事を進めるためには、市制を担う職員の能力の向上と高い志が必要です。
 職員の皆さん、頑張ってください。

 新聞やテレビで、今日のような微笑ましい記事ばかりだと、朝からいい気分ですね。


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 07:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

廃校の桜満開

 温暖化のせいか西日本のあっちこちの桜が開花しています。
 今日は、家内の祖父の命日だったので、緑川の上流にある家内の里に出かけました。

 緑川の川べりには、黄色の菜の花が満開です。
 山里の桜は、満開です。

 家内が通っていた小学校は、今年の3月で廃校になりましたが、校庭の桜は、変わりなくピンク色の桜の花をつけていました。

 その校庭で、竹炭作りをしている村の人が、花見で賑わっていました。
  廃校の桜も酔って花見酒  萬風

 家内の家は、緑川の支流「谷川」の近くに建てられていますが、今日は、谷川のせせらぎの音を聴きながら、川べりの桜の花を嗜みながらひと時を楽しみました。

 義母が作っていた「煮しめ」、「ふきの佃煮」など山の幸を堪能しました。

 久しぶりのゆったりとした楽しい一日でした。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

熊本城の築城時期

 熊本城では、昨日から「春のくまもとお城まつり」が始まり賑わっている。
 熊本城奉行丸は、特産物の実演販売などの「食」を食べて春の祭りを満喫しているようだった。

 今日は、「春分の日」で休日なので、早めの花見の光景も見られるのではないだろうか。

 熊本市の中心市街地では九州新幹線鹿児島ルートの全線開業を一年後の迎え、開業プレイベントと位置づけた祭りが相次ぎ始まった。

 今日は、いまだに謎のままの熊本場の築城の時期についてお話します。

 熊本城の築城時期については、慶長6年(1601年)着工、慶長12年(1607年)完成が通説となっているが、これについては、種々疑問となっている。

 完成は、「隈本の文字の事、今度御城出来候に付御改候て熊本と御書成られ候」という文書により慶長12年にほぼ現在の城郭が完成したとみて間違いがないと思われるが、着工については諸説があり、また(慶長四年八月吉日」の銘が入った瓦が出土しており、着工年が確定できておりません。

 ただ、これだけ巨大なお城を見ていると、とても7年間で完成したとは思えず、慶長6年をさらに何年か遡って考えるのが普通の考え方のようです。

 私もそう思いますが、皆さん如何ですか。
 


  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

熊本市2009人権啓発作品集から

 昨日の天気予報では、連休の期間中は風が強く吹くそうです。
 また、雨も降りそうですが、旅行等お出かけを計画されている方はたいへんですね。

 私は、畑に行って、ビニールハウスの戸締りに行こうと思って夜明けを待っています。

 今日は、また子供たちの人権啓発作品集から「詩」を二つほどお届けいたしますので、鑑賞してください。

 「いつのまにかともだち」  古町小学校 1年 清水隆誓
  ぼくはサッカーがすき
  キーパーになった

  ビューときたボールをとめた
  みんながびっくりした

  てんこうしてきたばかりだけど
  ずっとまえから

  ともだちだったような
  ふしぎなともだちになった

 「ライバル」        花園小学校 5年 加藤純平
  ぼくは、トライアスロンをやっている
  熱中しょうで、たおれた時

  「だいじょうぶ?]
  と心配そうなライバル達の顔。

  「うん」
  とうなずくと
  ライバル達のやさしいさがあったかい
 
  トライアスロンの時は、ライバル。
  でも、終われば、大事な友達。

  小学1年生と5年生の感性豊かな「詩」は、如何でしたか。


   AAACACV応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
  
posted by osamu at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ロータリー米山記念奨学事業

 ロータリーでは、全国のロータリアンからの寄付金を財源として、日本で学ぶ外国人留学生に奨学金を支給して、国際親善と世界平和に寄与したいます。

 年間の奨学生採用数は、800人、事業費は2008年度で14,4億円と、国内では民間最大の奨学じぎょうです。

 私たちの熊本西南ロータリーでは、今年度、この奨学事業の留学生の世話クラブになり、熊本大学医学部の中国人留学生「雷小蜂君」のお世話をしてきました。

 昨日の例会で、雷君が、3月25日に無事に大学院を卒業して、4月から昭和大学で医学研究を行うことになり、お別れの卓話が行われました。

 その卓話から書きとめた話を紹介します。
 大変嬉しかったのは、日本人は、大変優しく親切で、勤勉な国民でありますと、日本人を褒めていました。

 日本のの人は、中国の酒で美味しいのはは「紹興酒」と思っているけど、一番美味しく、皆が飲んでいるのは「白酒(ばいしゅ)」だそうです。
 この白酒(ばいしゅ)は、アルコールの度数が38度程度あるそうです。

 中国では、乾杯の時、この酒は一気に飲まなければいけないそうです。

 中国では、都会の大学に全国に集まって勉強しますが、その時の寮生活は、2人から8人の共同生活がが一般的だそうです。
 日本のように1人での生活は見られないそうです。

 それから、日本人と中国人が共通しているのは、コメを主食にする食文化と漢字を使う言葉の文化をあげていました。

 私は、雷君とは、9カ月でしたが、中国の色々の事を教えた貰いました。

 雷君、東京でも頑張ってください。


  AAACACV応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

庭も春の彩

 先日まで、冬の彩をしていた我が家の周りもすっかり春の彩に様変わりしました。

 チューリップの花、リンドウの花、それにパンジーなど色々の花が咲き、庭はすっかり春一色です。

 金柑もオレンジ色の実をたわわに付けて、早く食べてくれと言わんばかりです。

 2,3日前から庭に遊びに来ていたメジロも、私が与えるみかんにつられてやって来て、いい音色を聞かせてくれます。

 今日も、忙しい1日が始まります。
 先ず、歯医者に行って、そのあとロータリーの例会、夜は、川柳の仲間と花見に託けて宴会の予定です。

 
   AAACACV応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

川柳「声」第32回例会優秀句

 昨日は、特別に用事はありませんでしたが、畑仕事やボランティアなどで忙しかった事もあり、ブログを書くのをお休みしました。

 今日も、町内の「ふれあいいきいきサロン」のお世話で午前中は終わってしまいました。

 今日のサロンの内容は、ヤクルトの方から健康講話を聞かせてもらいました。

 腸からのお便り「腸内環境と健康」題してのお話で、色々、腸について、色々教えてもらい健康の大切さが分かりました。

 今日は、川柳「声」第32回例会優秀句をお届けします。

 宿題 「財布」     宮本美致代選
 五客 春財布性懲りもなく買いもとめ     しのぶ
    さりげなく財布を開く赤い羽根     啓子
    小銭入れ渡す程度のおつき合い     朝子
    赤財布妙にお銭が飛んでいく      初蔵
    僕も財布も何故か弱いのネオン街    清風子

 人  漱石を束ねて財布厚くする       めぐむ

 地  切れ者の財布情けに開かない      啓子

 天  母の財布は打ち出の小槌だと思う    茂緒

 自句 空財布ウインドだけを泳ぐ客      美致代

 宿題 「思い出」    島田まさこ選
 五客 いい人でした嘘つきでした燃えつきた  美致代
    思い出をダムに沈めて子守唄      千寿
    追憶の中に消したい男がいる      しのぶ
    思い出の片隅にある悔いの彩      めぐむ
    初恋はセピア色した幼稚園       博

 人  思い出は二人を乗せた渡し船      政子

 地  桐ダンス明ければ亡母が語りかけ    めぐむ

 天  思い出は駅で別れた娘の笑顔      甘泉

 自句 思い出を温めあえる男に逢う      まさこ

 宿題 「隣」      吉岡茂緒選
 五客 隣席の補聴器鼾かいている       銀子
    入院へ心くばりも隣組         伸
    杭一本隣へ不審抱いてる        啓子
    隣から料理が届く妻の留守       初蔵
    バーべキュー隣へ声をかけてやる    哲子

 人  隣のベッド携帯ばかりかけている    道子

 地  御隣に我慢するにも程がある      朝子

 天  お隣のピアノに耳が慣れて来る     ミツヨ

 自句 お隣は違う世界に住む所得       茂緒

  私の平抜き入選句も鑑賞してください。

    二人なら何とかなるさ空財布   萬風
    試着室財布の中が駄目という

    思い出は拳固の後の肩車     

    本会議惰眠を競う両隣
  磁界をご期待ください。


   AAACACV応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

2分の1成人式

 今日、91歳の母は特別養護老人ホームへ入所出来ましました。

 85歳まで畑仕事をし、つい最近までデイサービスの通っていましたが、誤嚥性肺炎を起こしてから特別養護老人ホームでショートステイのお世話になっていました。

 家族も本人も大変安心しました。

 今日は、近くの小学校で行われた2分の1成人式のお話です。

 この小学校では、総合的な学習時間の取り組の一つとして、毎年「2分の1成人式」を行っています。

 10歳になった子供たちは、これまでの10年間を振り返り、感謝の気持ちを持ち、さらに自分と向き合い、これからどう進んでいきたいのか、どんな夢があるのかじっくり考えていきます。

 この取り組みの成果を保護者も交えて発表するのが「2分の1」成人式だそうです。

 この成人式は、二部構成になっていて、一部は体育館での全大会で、校長先生などからお祝いの言葉をいただき、そのお礼に子供たちが感謝の気持ちを込めて歌や演奏を披露するそうです。

 二部は、各教室に分かれて、一人ひとりが、自分の夢を書いた「わたしの誓い」を発表するそうです。

 大変素晴らしい試みですね。

 話は変わりますが、明日は公立高校の合格発表があります。
 もし目標の高校に合格できなくても、気持ちを切り替えて頑張ってください。
 頑張れば、大学受験で良い事があります。
 在りし日の自分の事がなつかしいです。

   AAACACV応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

熊本県川柳協会川柳大会入選句その3

 毎年、庭に植えているチューリップの花が咲き始めました。
 まだ数本ですが、春がそこに来ているみたいです。

 何時も今頃になると、庭に遊びに来ていたメジロが、今年は来ないので心配していたら、昼過ぎの一羽のメジロが松の枝で遊んでいました。

 早速、八朔とスイートスプリングを松の枝に載せてやったら、美味しそうに突いていました。

 今日は、先日からシリーズで紹介しています熊本川柳協会川柳大会入選句をお届けします。

 課題 「壁」   河野よし春選

   平抜き入選句
  物言わぬ我が子が立てた見えぬ壁    古川真秀子
  七十五日壁の耳には要注意       黒田るみ子
  キャッチボール壁が相手の一人っ子   長瀬恭祐
  基地移転安保の壁が仁王立ち      覧のぶなが
  価値観の相違親子の壁厚い       下地安子

  バンクーバ壁突き破れ中学生      古川真秀子
  干し柿の壁がすだれになっていく    前田秋代
  米寿まで幾多の壁をのりこえて     桑畑建志
  ライバルの壁があるから頑張れる    徳丸浩二
  スランプの壁を破ったホームラン    山田信雄

  そこにある見えない壁に激突す     森上裕子
  筆ペンで色紙の壁に挑戦す       西村比呂志
  打ちこわす壁の向こうが気にかかる   杉本秀
  再審の壁の厚さに泣かされる      中川しのぶ
  連立の壁にも欲しい仕分け人      福田達夫

  老いてなお私を試す壁がある      嶋本慶之介
  連敗の壁を破った愛の鞭        津山博
  四股踏んで言葉の壁を乗り越えた    永田静子
  新政権疑惑の壁が邪魔をする      吉武康一
  しきたりの壁寄り切るか相撲界     吉見絹子

 修羅超えて老いの二人に壁はなし    入木田一寸坊
  墨塗った壁は昭和を知っている     犬童エツ子
  告発に義理人情の厚い壁        前田高徳
  壁の中に隠しておこうこの手紙     増田いくよ
  壁破る記録の裏にある努力       江藤柳笙

  破られぬ壁を記録が塗り替える     江藤柳笙
  目隠しの壁だと思う見たくなる     小柳妙子
  長男のカベになればと足鍛え      砂田みのる
  立ち話隣の壁がくしゃみする      平田朝子
  ガン告知夫婦の壁が溶けだした     矢村ナオミ

  壁掛けのテレビ昭和が終わりきる    いわさき楊子
  壁向こう興味しんしん耳すます     上野友煠
  古民家の壁に染みつく父祖の汗     小濱春雪
  土壁の母の温もり母元気        嶋本慶之介
  節約も家計の壁はくずせない      小西順子

  幾つもの壁が青春とうせんぼ      福田達夫
  手におえぬ壁はわたしの中いある    松村華菜
  孫が蹴るボールの跡が壁に付く     吉田征二
  そそり立つ壁にファイトがわいてくる  西田邦子
  壁一つ夫が寝てる息づかい       吉岡広子

  乗り越えてみればなんだと思う壁    吉岡茂緒
  闘士わく今就活の高い壁        坂本ゆき子
  突き当たる壁が背骨を太くする     阿部文彦
  夜泣きする子を気兼ねする薄い壁    馬場ゆうこ
  壁越えて私は一歩進歩する       森上裕子

   五客
  おだてられ壁に耳など気付かない    長井繁治
  本性を見せぬ顔にも厚い壁       森永可恵子
  壁つくり狭い自分に気づかない     入口健二
  飲むほどに心の壁が取れていき     井上孝幸
  ケータイで夫婦間に壁ができ      嶋村泰昭
   人
  幾万の壁乗り越えて金婚譜       中川しのぶ

   地
  記録の壁破るコーチの檄が飛ぶ     徳永勝馬

   天
  点滴のやさしさおちる白い壁      小島萌

   選者吟 
  居酒屋の壁はストレス溜めている    河野よし春

 私の「壁」の句は、2句とも入選できませんでした。


   AAACACV応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

中学校の卒業式

 三月は、別れの多い月ですね。
 卒業式、人事異動など別れ、新しい出会いがあります。

 昨日は、地元中学校の卒業式でした。
 市役所を退職して以来、民生委員をはじめ、色々地域のお世話をしているので、小学校と中学校の入学式や卒業式に来賓として呼ばれます。

 中学校の卒業式は、高校入試の合格発表の前に行われるので、いつも小学校より早めに行われます。

 卒業式の時、いつも感じるのが、子供たちの名前です。
 昔のような「子」がつく名前がめっきり少なくなりました。

 変わった名前を、を紹介します。

 「翔大」と書いて「たいと」、「せかい」という名で「世快」と書きます。
 男の子の名前で、「悠久」と書いて「はるか」と呼びます。

 苗字にも、変わったものがあります。
 「碇子(いかりこ)」、「駒木(こまき)」、「東鶴(ひがしつる)」、「戸次(べっき)」、「波瀬山(はせやま」などです。
 因みに、私たちも町は、「赤星」、「田中」「近藤」「園田」「秋吉」などが多いです。
 私の「古閑」も数軒あります。

 卒業式の合間に川柳を詠んでみました。
 
  卒業式挫折もあって子が巣立つ    萬風

  学び舎の送辞答辞のすすり泣き

  卒業式マドンナ歌いピアノ弾く

  卒業式空席の児は今何処

  卒業式海原向かう夢抱き


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

歓迎海雲台ロータリークラブ

 昨日は、熊本西南ロータリーの姉妹クラブである釜山の海雲台ロータリークラブの17人のお客様の訪問がありました。

 朝は、8時頃から福岡空港への出迎えをはじめ、夜の10時頃まで例会、懇親会、更には二次会までハングル語を交えての交流を楽しむことができました。

 福岡空港近くでの昼食は、韓国の人は、日本の「うどん」が大好きということで、うどんとちゃんぽんを合わせたような「どんめん」を食べました。

 このどんめんは、大変な人気で、お店は超満員でした。

 それから、一路熊本に入って、熊本城の招君の間を見学されました。

 夕方から、両クラブの合同例会に始まり、歓迎懇親会、二次会と盛り上がりました。

 特に、二次会では日韓両国の歌合戦になりました。
 釜山の方は、昔歌手だったご婦人が居られましたが、その方のうた農甘い事、みんな歌を聞いてうっとりりしていました。

 明日は、ゴルフをされるグループ、大分、関西を旅行されるグループに分かれて楽しまれます。

 今回もいい出会いができて、ロータリー会員になってよかったなあと感じました。

  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

喜ばしい新聞記事

 今朝は、朝刊に、幾つかの喜ばしい記事が掲載されていた。
 その一つは、次期日弁連の会長に、高校の同窓の宇都宮さんが選ばれた事。
 それから、熊本市の教育長にかって、在職中に、人事課や人事委員会事務局で、同じ釜の飯を食った廣塚さんが議会で選任されました。
 初めての女性教育長だろうと思います。
 頑張ってください。

 もう一つは、熊本市が韓国の蔚山広域市と友好都市の締結に向けて十尾しているニュースです。

 折しも、今日は、韓国の釜山のロータリーが、私たちの熊本西南ロータリーを訪問されるので福岡空港まで迎えに行きます。

 今夜は、夜遅くまで歓迎会で大変です。
 楽しい一日になりますように頑張ります。
 

応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

久しぶり映画鑑賞

 ここ数日雨ばっかりで、数冊本を読んでいましたが、飽きてしまいました。

 そこで久しぶりに映画を見に行って、笑福亭鶴瓶と吉永小百合さんが出演している「おとうと」を鑑賞しました。

 久しぶりに吉永小百合さんを見ましたが、45年ほど前の大学時代に、吉永さんが通っていて早稲田大学の授業を一緒に受けていたことを懐かしく思い出しました。

 私は、中央大学の学生でしたが、高校の友人が吉永小百合さんと同じ文学部だったので、友人に頼んで一緒に授業を受けさせてもらいました。

 映画の話ですが、しっかり者のお姉さんとぐうたら弟の絆を巧く描いた映画でした。

 どこにでもある姉弟愛ですが、鶴瓶さんと小百合さんの名演技がより素晴らしい映画を作り上げていました。

 最後のシーンでは、館内のあっちこっち気すすり泣きが希kぺていました。

 大型スクリーンで見る映画は、テレビ違った迫力を感じました。

 字幕入りの洋画を見ると、英会話の勉強も出来そうなので、また行ってみようと思っています。

 取りとめのない話ですみません。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

川柳「ふんえん」3月例会優秀句

 3月8日に川柳ふんえんの30数名の参加のもと市民会館で行われました。

 私は、その日民生委員の行事が行われたため、途中からの参加でした。

 私は、余り奮いませんでしたが、いい句に出会うことができました。

 宿題3題、席題2題のそれぞれの三才と月間優秀句を紹介します。

 席題 「生・生きる」   林 雄二郎選

 人 ときめきが時々あって生きる欲  中川めぐむ(月間優秀句)

 地 生い立ちは深く語らぬコップ酒  平田朝子(月間優秀句)

 天 一生の豊作と言う妻が居る    小のアメイ(月間優秀句)

 席題 「椿」       吉岡静生選

 人 廃校の隅に今年も咲く椿     小濱春雪選
 
 地 椿ポトリ友の訃報についた午後  安藤玄白

 天 病む窓の椿生きろと勇気づけ   寺本隆満

 宿題 「赤」       矢村ナオミ選

 人 口紅を落としおんなを仕舞い込む 平田朝子(月間優秀句)

 地 赤い糸いつでも切れる丈夫な歯  宮本美致代(月間優秀句)
 
 天 赤い頬助けたった救急車     清水正弘

 宿題 「疑う」      吉岡茂緒選

 人 疑いを女の肌がひた隠す     緒方正堂選(月間優秀句)

 地 疑惑など持たない母に守られる  北村あじさい(月間優秀句)

 天 一夫一婦に疑い持たず生きている 渡辺幸士

 宿題 「人形」      田口麦彦選

 人 薄型のテレビお内裏様が転け   秋山了三

 地 人形はどっち総理と幹事長     寺本隆満(月間優秀句)

 天 家を出たノラの老後が気にかかる  吉岡茂緒

 私は、宿題に投句をして参加しましたが、残念ながら三才入賞はありませんでした。
 五客に1句、平抜きに3句採用していただきました。
  
  「疑う」
   子どもの目疑問だらけの大人達    古閑萬風

   人間を疑っている鍵の束 

  「人形」
   悪戯が過ぎてピノキオ木偶のまま

   からくりの人形私より器用

 来月をお楽しみください。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする