2010年02月28日

熊本県川柳協会川柳大会入選句

 今日で2月も終わりで、今年も2カ月が過ぎました。

 3月3日は、雛祭り、我が家では先日「ふれあいいきいきサロン」で作成した折り紙のお雛様が可愛らしく床の間に座っています。

 掛け軸もお雛様の絵の物に変えて掛けています。

 我が家の7段のお雛様は、ここ数年飾っていません。
 来年は、必ず座敷に立派な7段のお雛様を飾りたいと思っています。

 昨日、1月24日に行われた熊本県川柳協会川柳大会の入選句が冊子になって送られてきました。

 これまで「賞」を受賞した句は、紹介しましたが、今日から数回に分けて、課題ごとの三才、五客、平抜き入選句をお届けします。

 先ず今日は、課題「新幹線」 徳山征四郎選から

 新幹線日帰り出来る恋となる     平田朝子
 ご先祖が守った田んぼに新幹線    吉岡静生
 新幹線薩摩なまりが通過する     吉武康一
 駅周りだけ化粧してお出迎え     永田静子
 西郷どんへ新幹線で会いに行く    津山博

 新幹線待った割には利用せず     上原宏士
 新幹線に乗ってあなたにまっしぐら  森永可恵子
 平成の遺跡になるか新幹線      中原たかお
 新幹線僕の街にも止まったよ     下原てい子
 名物はこれから作る新駅舎      前田秋代

 新幹線行って帰ってこの疲労     増田いくよ
 橋脚がとぎれとぎれに立つ列島    平井恭子
 富士を見る新幹線も北斎も      中冨まり
 スマートな顔で「さくら」が駅に来る 渡辺幸士
 新幹線ローカル色を華にする     林雄二郎

 新幹線から降りて来る明太子     梅戸義申
 新幹線音が聞こえる町に住む     釜田 操
 新幹線のテープカットを待つハサミ  北村あじさい
 新幹線景色見ぬ間に目的地      吉岡広子
 通過駅風だけ残す新幹線       桑畑建志

 里帰り新幹線で回り道        久保田光喜
 ふる里をまたいで新幹線が行く    松村華菜
 新幹線風の音だけ置いて行く     奥村澄男
 新幹線トンネルばかりかくれんぼ   宮本礼吉
 新幹線政令都市に良く似合う     高木千代子

 老い二人新幹線で夢紀行       入木田一寸坊
 新幹線孫の笑顔が近くなる      入木田一寸坊
 九州の未来へ「つばめ」ひた走る   上村千寿
 乗り継いで新幹線のひとり旅     中村安重
 プチ家出新幹線が囁いた       中川めぐむ

 新幹線空と陸とで鬼ごっこ      森上裕子
 新幹線脱皮しようか古い恋      中川しのぶ
 我が町を突き抜けて行く新幹線    阿部文彦
 新幹線遠くの友を城に呼ぶ      河上 澄
 政令の年にサクラがよく似合う    豊田大徳

 新幹線妻も焼酎フルムーン      矢村ナオミ
 吾輩は新幹線と言う列車       守永和久
 新幹線鉄道少唱歌聞こえない     西村比呂志
 新幹線ノートパソコン連れて来る   奥村澄男
 新幹線ちょっとバイトで博多まで   桑畑建志

 新幹線おしゃべり半分残ります    入口健二
 新幹線それて議論が宙に浮き     大野直之
 新幹線時間が安く買えました     田中義人
 乗せるより下ろすに力入れる駅    徳丸浩二
 新幹線銀河の旅に酔う二人      小島萌

  五客
 半世紀新幹線は名も変えず      山下龍三
 新幹線一口城主連れて来る      林雄二郎
 過疎の地図新幹線が塗り替える    中村忠夫
 新幹線熊本弁がどっと乗る      徳永勝馬
 高架から一瞬見えた里の駅      河野よし春
  人
 新幹線横目に励む農作業       吉岡茂緒
  地
 新幹線もぐらで通す僕の町      徳丸浩二
  天
 天空で新幹線は工事中        安永理石

 如何ですか。皆さんの力作。
 これから三日おきぐらいにシリーズで入選句を送ります。
 次回は、課題「あたたかい」 小濱春雪選の入選句をお届けします。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

企業危機の予兆

 熊本気象台は、昨日、12日遅れで熊本にも「春一番」が吹いたと発表した。
 私の畑でも、野菜たちが強い風に懸命に耐えていた。
 か細いエンドウのつるが懸命に添え竹に縋りついていた。

 毎日、新聞では、バンクーバー冬季オリンピックのニュースと同じくらい、トヨタ自動車の大規模リコールに絡んだ豊田章男社長の米下院公聴会への出席及びそこでの謝罪のニュースが紙面を賑あわしている。

 この問題について、色々の意見があると思うが、JALと同様に、社員、特に幹部職員の奢りが大きな原因があると思う。

 作家童門冬二さんが、以前新聞のコラムで「企業の危機の予兆は、三年前から起こる」と紹介されたという記事が今日の地元紙の新生面に乗っていた。

3年前に、 熊本でトヨタのRV社がハンドル操作不能になり、5人の負傷者が出て、同社の歴代品質保証部長が書類送検された。

 このときは「リコールしなければ事故が起こると予見していたとは言い切れない」と判断され、不起訴処分になった。

 このときのトヨタのコメントは「引き続きお客様第一、品質第一の考えのもとに更なる品質の向上に取り組んでまいります」というものでした。

 この事故と同じ時期に、私の友人の息子さんが福岡で、同じRV車でハンドル操作不能になり人身事故が起きた。
友人と私で、トヨタに製品不良と損害賠償を求めたが、トヨタの態度が横着だった事が記憶に残っています。

 トヨタに、この時の事故の反省があったなら、今回の問題も起こらなった気がしないでもありません。

 米下院公聴会では、次期選挙を迎えた議員に選挙向けの態度も見られますが、遺憾なことです。

 我が家でも、車を4台所有していますが、私の車と妻の車はトヨタ車です。
 トヨタの技術は信じています。その技術を操作するのは人です。
 創立者の精神を今一度思い起こし、昔のトヨタになってほしいものです。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


 
posted by osamu at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

夢を入れる『ポケット』をうたう

 札幌川柳社の柳誌「川柳さっぽろ」を読んでいたら、今は亡き斎藤大雄さんが書かれた記事に目がとまった。

 私は、これまでに「ポケット」を課題にして数句読んだことがある。
 ポケットは、私の好きな課題でもある。

 このポケットを詠われた女性のについてコメントされていた。
 これらの句に、私も甚く感動したので皆さんにも鑑賞していただけたらと思って紹介することのしました。

 ポケットに夢いっぱいで巣立ちする  加藤テル子

 いい明日にポケットいっぱい夢を詰め 吉田秀子

 ポケットの深いところに置く小石   清野玲子

 ポケットの拳が堅い無言劇      高橋葉月

 ポケットの秘密をあばく風が吹く   船山智恵

 友がいて心のポケット満たされる   吉田秀子

 ポケットは衣服に付けたもの入れですが、川柳に詠めば色々の物入れになります。

 今回は、女性の目で、女性らしく繊細に読まれています。

 川柳って魔法のようですね。
  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


 
posted by osamu at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

川柳「ふんえん」556号優秀句

 皆さん久しぶりです。
 花粉症がここ数日酷くブログを書く気になれなったり、またSeesaaブログのメンテナンスがあったりして4日ぶりに書いています。
 
 今日は、川柳「ふんえん」の556号から例会の優秀句(三才)を紹介します。
 556号が発行されたのは平成8年5月です。
 私が知らない方も数人おられます。
 宿題 「寂しい」   船津とみ子選
  人位 定年の父に寂しい陰を見た     隆満
  地位 寂しいときは寂しいままの笛を吹く 京美
  天位 豪快に笑う寂しいからだろう    美致代

 宿題 「躍る」    田村けん坊選
  人位 オギャーとはかりの上で掌が踊る  豊実
  地位 脚本は妻躍らされたのはわたし   陽一
  天位 ラストダンス躍ってくれる彼がいる 小町

 宿題 「南」     冨安清風子選
  人位 南から日本に春を敷くサクラ    八目
  地位 南まんだら生きる力を陽に貰う   京美
  天位 南指すあなたの磁石信じます    一得

 席題 「散る」    末村道子選
  人位 これからひとりラストシーンのサクラ散る 京美
  地位 飲んで飲んでわたしとあなたと散るわたし 静府
  天位 闇あればさくら散る散る乱わたし  美致代

 席題 「漱石」    渡辺幸士選
  人位 坊ちゃんが居たらどうなるいじめっ子 美学
  地位 千円になって不満な金之助     朝子
  天位 汽笛一声池田駅発つ三四郎     龍城

 京美さんと美致代さん二人の女性群が、奇抜な句で活躍されています。
 入選句のお名前を見ると、亡くなられた方が多いのには吃驚しています。
 歳月の冷たく、厳しさを感じられます。
 元気で、多くの句を作りたいですね。
  

 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

生島ヒロシ熊本に来る

 高校の同級生がお世話をしている財団法人再春館『一本の木』財団が主催する「自然を愛する講演会」が行われた。

 この講演会は、今回で3回目ですが、私が参加するのは初めてです。
 これまでの2回は、講演内容を冊子にして送付してきました。
 自然環境の保護という観点からの現場の問題とその問題に対する対策についての二つの講演が行われています。

 今回は、フリーアナウンサーの生島ヒロシさんを迎えての講演もあったので、期待を持って参加しました。

 講演の内容は、「46億歳になる地球に、今、私たちができること」と題して、地球温暖化が引き起こす深刻な問題や人為による生態系の破壊で生物多様性に与える影響について、更には、持続可能な地球にするには、我々は何をすべきか?

 生島講師は、自分が行っている日常のエコや循環型社会への「3R』などについて、身振り、手ぶりを交えながら生島流の口調で話されました。

 約1時間の講演だったが、話し方の巧さと笑いを入れての講演は、食事後時間に関わらず眠りこける人もいませんでした。

 また、講演前段で、すぐ実践できる歯の養生や健康体操も教えた貰ったので、早速実践しています。

 もう一つの講演は、財団法人阿蘇グリーンストック専務理事の山内康二さんの「都市・農村の連携で守る阿蘇千年の草原』と題しての講演でした。

 九州の水がめである阿蘇の緑の大地を守るために、命と隣り合わせの酷なボランティア活動に情熱を燃やす人々について、また、雄大な阿蘇のボランティアによる「野焼き」ついて現状、今後の課題を熱く語られました。

 話を聞いていくうちに、我々熊本市民は、水に関して大変な恩恵を受けていることを、改めて実感しました。

 大変堅い話になりましたが、大変貴重な話が聞けたので、みなさんにお届けしました。

 明日は、川柳の話をお届けいたします。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

第6回熊本県川柳協会川柳大会優秀句

 昨日は、風は冷たかったけど天気が良かったので、午前中歯の治療などを済ませ、午後は、移植後に残った高菜を収穫しました。

 若い高菜で、3月ごろに収穫する1年もの用の高菜より、柔らかくて大変おいしいです。

 数日後に漬物にして、友人、知人にお裾分けします。毎年みんな喜んでくれます。

 今日は、私が所属している熊本西南ロータリークラブの親クラブの熊本江南ロータリークラブの創立40周年記念祝賀会に参加します。
 今夜も色々な良い出会いができるものと楽しみにしています。

 1月の末に開催された第6回熊本県川柳協会川柳大会の優秀句が地元の新聞に掲載されました。
 この大会で、私は、最優秀賞の「熊本県賞」を受賞することが出来ました。
 まだ今でも。あの時の感動の喜びの余韻が残っています。
 では、優秀句をお届けします。
 『課題吟』

  「新幹線」      徳山征四郎選
   天賞 天空で新幹線は工事中   安永理石
   地賞 新幹線もぐらで通す僕の町 徳丸浩二
   人賞 新幹線横目に励む農作業  吉岡茂緒

  「あたたかい」    小濱春雪選
   天賞 母になる目の輝きが温かい 橋本あすか
   地賞 あたたかい心かよわす介護の手 小西順子
   人賞 あたたかい言葉の中にある教え 村中睦子

  「壁」        河野よし春選
   天賞 点滴のやさしくおちる白い壁  小島萌
   地賞 記録の壁を破るコーチの檄が飛ぶ 徳永勝馬
   人賞 幾万の壁乗り越えて金婚譜   中川めぐむ

  「新幹線」      西村比呂志選
   天賞 新幹線一口城主連れて来る   林雄二郎
                     (熊本県川柳協会賞)
   地賞 つばめ去りさくらが最多時刻表 山本あかね
   人賞 新幹線孫の笑顔が近くなる   入来田一寸坊
 
  「あたたかい」    松村華菜選
   天賞 出直せばいいよと夕陽あたたかい 古閑萬風
                      (熊本県賞)
   地賞 母の瞳は叱っていてもあたたかい 永田静子
                      (熊本県文化協会賞)  
   人賞 あたたかい手だった君に決めました 平田朝子

  「壁」        平田朝子選
   天賞 民族の壁がじゃましている平和  中冨まり
                      (熊本市賞)
   地賞 そと壁が歴史を語るカクイ綿   田崎かなた
   人賞 再審の壁の厚さに泣かされる   中川しのぶ 
   
 『出席者題』

  「弁当」
   天賞 万感を詰めて最後のお弁当    前田秋代
   地賞 お弁当ブログに載せる自信作   坂本ゆき子
                      (熊本日日新聞社賞)
   人賞 チラシ弁ちょっと饒舌すぎないか 緒方正堂 

  「弁当」
   天賞 駅弁で北海道を平らげる     中原たかお
                      (全日本協会賞)
   地賞 赤・黄・緑妻の弁当からエール  上村千寿
   人賞 弁当にゴメンネと書く紅生姜   松村華菜
 
  如何でしたか。例会と違って大会となれば力作が多いですね。
  

 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

インプラント歯科治療

 昨日、インプラントによる奥歯の治療をしました。

 インプラントの話は、友人や知人が治療指定なので、素晴らしい治療であることは聞いていましたが、前歯はちゃんとしているので、まさか、私がするとは思っていませんでした。

 ところが、私の奥歯をブリッジによる治療をしていたのが、数回壊れてしまいました。

 このような場合が、インプラント治療が良いということで決断しました。
 痛いのではないかと心配していましたが、信じられないほどいたくありませんでした。

 歯科医が上手なのか、治療方法が進歩したのか分かりませんが、気持よくインプラントを埋めることができました。

 あとは、約3月後に上部を作るそうです。

 今日は、9時に傷口の治療に病院に行きましたが、久しぶりに通勤時間にハンドルを握りました。
 信号待ちの時運転手の顔を眺めますと、今日1日頑張るぞと思う顔、いやいやながら職場に向かう顔など様々でした。

 最後に、歯は一生ものです。大事にしないとだめですね。

 歯の治療が終えたら、特別養護老人ホームにいる老母のお見舞いです。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

川柳「声」31回例会優秀句

 昨日は、午前中から夜までボランティア三昧の一日でした。

 先ず、午前中は地域のお年寄りを中心に集まってみんなで交流をする、月に一度の「ふれあいいきいきサロン」でした。

 おひな祭りに向けての折り紙での「お雛様」つくりや熊本大学医学部の看護学科の生徒さんによる「血圧についての話の催しが行われました。
 午後は、日吉東小学校で行われた教育懇談会での教師、PTAと地域の役員による会議で、子供たちの「知・徳・体」についての論議を交わしました。

 夜は、中学校で3月7日に実施する「地域の大先輩宅訪問」行事の、参加生徒との打ち合わせ会です。

 この「地域の大先輩宅訪問」行事は、民生委員が中心になって、中学生が、地域の高齢者宅を訪問して庭の草取りや窓拭きなどお手伝いをして、その後地域のの伝承行事などお話を聞くものです。

 熊本市内の中学校でこのような地域交流事業を行っているのは、日吉中だけだそうです。

 いろいろお話が長くなりましたが、川柳「声」の過去の例会の優秀句をお届けします。
 10年近く前の例会なので懐かしい柳友の名前が出てきます。

 では、優秀句をご覧ください。

宿題 「がむしゃら」     田尻美学選
 五客 国会のがむしゃらに舞う真紀子節    めぐむ
    夫婦船ががむしゃら漕いだ金婚譜    清風子
    ふるさとのガッツ都会の絵に染まぬ   しのぶ
    がむしゃらに進む向こうに黄信号    初蔵
    がむしゃらな半生たかがマイホーム
 人位 がむしゃらなアイデアだけど頂こう   美致代
 地位 がむしゃらにあなた愛したまぶしい日  美致代
 天位 読み漁る多士済々の立志伝       めぐむ
 自句 がむしゃらに秋の夜長し本の山     美学

宿題 「欲」         高橋幸月選
 五客 飢餓の児に欲を離れたボランティア   ていこ
    食欲の秋とたたかうダイエット     隆満
    食欲の秋には無理なダイエット     清風子
    食欲が出たかと介護も嬉しそう     豊實
    欲のない顔で仏に手を合わせ      理石
 人位 金欲に走り人生狂いだす        哲子
 地位 もう欲か片方の乳放さない       邦子
 天位 癌宣告されても財布離さない      初蔵
 自句 壁になる男がひとりだけ欲しい     幸月

宿題 「味方」        平田朝子選
 五客 政党の味方は軽く裏返る        まさこ
    ラストダンスどこからどこが味方なの  しのぶ
    風向きは妻に傾くやじろべえ      理石
    一番の味方が妻でないショック     清風子
    追い込みになって味方に裏切られ    茂緒
 人位 介護保険味方につけて生き抜くぞ    博
 地位 本当の味方は手弁当で来る       理石
 天位 無償だと聞いて味方の数が減り     茂緒
 自句 暗闇で誰が味方か解らない       朝子

 私の平抜き入選句をご覧になってください。
  無鉄砲そんな気がする恋をする    萬風
  
   年金暮らしほどほどに欲も抜け
   五欲みな達者で生きて古希迎え

   ラストチャンス勝利の女神味方する
   味方にもそっぽ向かれる意気地なし
   どん底に味方家族のおもいやり

 最後まで読んでいただきありがとうございます。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 
posted by osamu at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

大嶋濤名句集「娘々廟」から

私の本棚には、川柳の本がいっぱい詰まっている。

その中の一冊に東野大八著、田辺聖子監修の明治・大正・昭和の川柳作家100人を描いた「川柳の群像」がある。

100人の川柳作家のひとりに、私が属している「川柳噴煙吟社」を昭和25年に興した大嶋濤明先生がありました。

その記事の中に大嶋先生の句集「娘々廟」を話があったので、句集「娘々廟」を探していた。

 ところが、私の川柳の師匠である寺本隆満さんが所有されていたので、読んでいます。

 その中から「川柳の群像」に掲載されている句を紹介します

 川柳に手を染められたころ句会で上位入選された句
  毒草に火焔ように花が咲き   井上剣花坊選

  太陽を真ん中にしてみんな生き
  むしけらはやはり自分の世と思い

 濤明先生の格言川柳の中から

  四畳半女の無理を聞くところ
  粋人の俺と無謀の彼との差

  鉄拳の指をほどけば何もなし

 濤明先生の名句いかがですか。
 
 次の機会には、私の好きな濤明先生の句をお届けします。

 折しも噴煙吟社が柳誌を創刊してから今年が記念すべき50年の記念の年である。
今年の8月8日の噴煙吟社創立60周年記念大会には、大嶋濤明先生のご子息で歌人来嶋靖生さんが来られ、講演をされる予定になっています。
 木嶋先生と再会できる日を楽しみにしています。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


 
posted by osamu at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

カナダの国旗のどんな意味

 バンクーバー冬季オリンピックが始まり、世界中の人が茶の間のテレビに釘づけになっているのではないでしょうか。

 どのチャンネルを選んでもバンクーバー一色と言っても過言ではありません。

 我が家でも、娘が高校生の時、学校で選ばれて1週間ほど、カナダの旅行をしました。

 先日は、その時撮ったバンクーバーでの娘の写真を見ながら,懐かしみながら、テレビで観戦しています。

 女子モーグルに出場した上村愛子選手は、メダルには一歩届かなかったけれど、すばらしい演技を見せてくれました。
 お疲れさまでした。

 これから、スケートなど盛りだくさんの大会が見られますが、楽しみです。

 今日は、オリンピックが行われている国旗について、少し話させてください。
 カナダの国旗を見て、最初に目に入るのがカナダのシンボルである「メープルリーフ」ですね。

 国旗にはいろいろな意味が含まれているそうです。
 国旗の左側の赤い部分は太平洋、反対の赤い部分は大西洋です。
 中央の白い部分は北アメリカ大陸ではないでしょうか。

 国旗の白はピュア(純粋)を表し、赤はストロング(強さ)を表しています。

 中心にあるメープルの葉は、11の頂点をもった形をしたいますが、これは「10州と連邦地区」を表しているそうです。

 この国旗も、建国後すぐに制定されたのではなく、紆余曲折があったそうです。

 カナダは、世界になかで一番移民を受け入れている国だそうです。
 それから、カナダ国内は、西部は英語圏、東部はフランス語圏ですが、昔の支配の名残が残っているからだそうです。

 昨年、パスポートも作ったことだし、チャンスがあれば一度、カナダに行ってみたいですね。

 如何でしたか。カナダの国旗の話。
  

応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


   
posted by osamu at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

熊本市2009人権啓発作品集から

 毎日が忙しくて、1日が、1週間が大変早いです。

 1月ぶりに母が特別養護老人ホームから帰り、3泊4日の自宅介護が始まります。

 妻は、自宅介護のときだけでも懸命に介護しなければと頑張っていますが大変です。

 昨日の夕方、自家用車で迎えに行って、今日はこれまで通っていたデイサービスで一日過ごします。
 デイサービスの職員の方も利用者の方も母を待っています。

 月曜日に、また施設に帰ります。
 最近は、施設での生活の方が気に入っているようで、家族は安心しているところです。

  ここで川柳でも一句
 「恩返しと思えば軽い車いす」   萬風

 今日は、詩でも読みたくなったので、これまで皆さんにお届けしている子供の感受性豊かな詩を紹介します。

  「明るくなるように」  
         壷川小学校 6年 今村有希
  みんな仲良く

  ひまわりのように
  
  キラキラ光り

  明るくいじめなんかないように

  なってほしいなあ

  みんなの笑顔

  学校にしたいな

 子供の感受性豊かな、ついつい、口ぶさみたくなるようなすばらしい詩ですね。
 

応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

マンチェスター帰る少女たち

 イギリスには、高校を卒業したら6カ月何かのボランティアが義務付けられているそうです。

 ボランティアを行う場所は、国内、国外どこでもいいそうです。

 昨年の9月にマンチェスターの高校を卒業をした少女二人が、姪が勤務している日本赤十字熊本病院にやってきました。

 姪が勤務している職場が、海外協力の仕事もするセクションだったので、彼女たちのお世話を任されました。

 そのような関係から、英会話の勉強している私も、彼女たちと会ってネイティブの英会話も聞くことができ、また、イギリスの習慣等教えてもらいました。

 熊本の色々の祭りも知りたいということだったので八代の「妙見祭」にも、姪たちと一緒に行って、馬追いなどの珍しい写真を撮っていました。
 また、姪の家族と一緒に焼き肉パーティーもしました。

 一人の少女がバスに財布を忘れたときは、みんなで必死になって探してもやりました。

 色々あった少女たちが、今月で熊本を去るので、昨夜は、姪の家族に
私も加わって送別会をして、楽しい別れをしました。

 お土産に沖縄の風呂敷をもっらて、甚く感動していました。

 一番びっくりしたのは、日本語も上手になっていましたが、熊本のことを貪欲に吸収していたことです。

 一人の子は、京都、大阪、東京など日本国内を観光して、イギリスに帰国するそうです。
 もう一人の子は、国内旅行のあと、もう6カ月和歌山でボランティアをするそうです。



 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

川柳「ふんえん」例会555号

 昨日から雨が降り続け、気持ちのすっきりしない一日です。
 息子からの電話によれば、東京は寒くて、冷たくてしようがないそうです。

 今日は、恒例のRKK女子駅伝競走大会が、熊本県総合運動公園で行われましたが、大会中に雨が大降りになり、びしょ濡れになっている参加者がかわいそうでした。

 今年の4月から赤十字病院に就職した姪も、高校まで陸上部に入っていた力量を買われ参加する羽目になったそうです。

 この大会も、今年が39回だそうで参加チームも、昨年より30チームも増えて、260チームもあったそうです。

 今日は、平成8年3月開催ののふんえん例会の優秀句をお届けします。
 3月ということで課題も春に因んだものが多いようです。

 課題は、宿題の5題です。

  「マラソン」      辛島静府選
   五客 マラソンを愛する熱い旗の波    啓子
      マラソンを背中で見てるお巡りさん 久山
      エンドウの旗がマラソン力付け   たかし
      影薄くマラソン2号車3号車    陽一
      マラソンのトップテレビが追い続け 青汀
   人位 手袋は邪魔マラソンの正念場    隆満
   地位 トップランナー汗と涙で切るテープ 啓子
   天位 マラソンのトップの余裕追うテレビ 龍城

  「菜の花」       柿山陽一選
   五客 菜の花で出会いコスモスで別れ   龍城
      菜の花畑通ると唱歌声になる    洋月
      菜の花がテレビに咲いて北の国   一路
      菜の花へ宅地の波が押し寄せる   哲子
      申告をすませ明るい花菜径     青汀
   人位 菜の花を描こうゴッホに遠くても  隆満
   地位 菜の花のさかり迷いが深くなる   京美
   天位 菜の花の黄に染まるほど歩きたい  凡栽

  「鏡」         柿山紘輝選
   五客 逢うた日の日照りを知っている鏡  啓子
      発行な女鏡の外に居る       美智子
      合わせ鏡に襟足はまだ自己主張   銀子
      兄弟の底に煩悩眠らせる      京美
      争った朝は鏡に鬼が棲む      副木
   人位 蛍光灯にせいね鏡の老けた顔    茂緒
   地位 私も賞味期限がある鏡       龍城
   天位 ひとり旅駅の鏡に覗かれる     理石

  「胴上げ」       江藤一得選
   五客 細腕で胴上げもする女子チーム   幸士
      胴上げの余韻を残す発車ベル    朝子
      胴上げの喜び天も地も回る     龍城
      胴上げをされて左遷の荷をまとめ  静府
      胴上げを横目奮起を誓いあい    啓子
   人位 胴上げの瞬間からの追われる身   隆満
   地位 胴上げへ敗者の握手温かい     隆満
   天位 太陽を胴上げされる手で掴む    龍城
   自句 胴上げに涙が落ちた五浪生     一得

  「雛祭り」       森田モモ子選
   五客 雛祭り訳も知らない子がはしゃぎ  竹川
      雛祭りお内裏様はいい男      幸士
      母方の母が見栄はるひなまつり   理石
      何もかもゆるし壇ひな買いに行く  啓子
      雛祭り祖父は夢見る角かくし    サブ郎
   人位 義理チョコの友も来ている雛祭り  静府
   地位 花かけた女雛我が家の文化財    玄白
   天位 ひな祭り姫満足の哺乳瓶      朝子
   自句 雛人形なかった恨みいつまでも   モモ子

  優秀句には、昨年亡くなられた龍城さんの句が顔を出したいます。
  亡くなられるまで、句を作り続けられたそうですが、さすがですね。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

渡辺淳一のエッセイ

 昨夜は、梅雨時に負けないほどの激しい雨が降りました。
 今朝は、雷まで鳴るほどの、変な天気でした。

 今日は、以前、渡辺淳一のエッセイを読んで、思いつくままに書いた書評がありました。
 今日は、その書評をよんでみてください。

 辺淳一の一冊のエッセイ集から」         
             
約6年ほど前の、私が市役所を退職する数カ月前に、中央公民館の図書室で一冊の本との素晴らしい出会がありました。

「であい」のその本とは、私の好きな作家渡辺淳一さんのエッセイ集です。

このエッセイ集は、11編からなっていますが、その中の1篇に、面白そうな話がありました。

このエッセイ集の題名は「反常識講座」です。

常識とは、辞書では、「ある社会で、人々の間に広く承認され、当然持っているはずの知識や判断力」ということです。

また、常識とは、人間の本質的なものより、人々をまとめるのに都合のいい約束事として考えられたものに過ぎません。

反常識とは、常識を知った上でそれにチャレンジすることです。また、非常識とは、ただ常識を知らないだけのことです。

常識と非常識と反常識にはこのような違いがあります。

それでは、「年をとるほど不良になれ」という題の1篇のエッセイを掻い摘んで紹介します。

誰でも年齢を重ねていきますが、日本では、年をとればとるほど年相応に枯れて、落ち着くことが望ましい思われています。

しかし、老人というのは本来そんな「枯れた」ものでなく、本当はもっと「生々しい」ものであります。

日本人は、老いの生々しさを嫌い、それは年甲斐もなく恥ずかしいものだと決めつけ、これが多くの老人から前向きの意思を奪い、老人が持つエネルギーを無視しています。

これが日本人の老人考のようです。

これではいけない、年をとるほどに前向きに生きて「良い意味の不良」になりましょうということです。
例えば、「良い意味の不良」とは次のようなことです。
日本の老人は、お金持ちですが、貯めているだけで使うことができません。

人は皆、死ぬときお金は持っていけません。生きているうちにどんどん使いましょう。
例えば、良いネクタイやスーツを買ってお洒落をしましょうということです。
これからは、やはり老人が前向きになって、「良い意味で不良」なってお金を使うことが、消費を喚起して、日本の景気を良くすることもできますよということです。

つまり、「老人はお金を貯める」という常識を越えて、「楽しい人生を送るためにどんどんお金を使うべき」という反常識の「良い意味の不良」になれと薦めています。

作者は、老人に不良になれと薦めるいまひとつの理由に、「不良になることは頭を使うことだから、また、人は年をとると誰でも頭の回転が悪くなるから、そのために、不良になって頭をよく使わなければいけない」とも言っています。

皆さん、「良い意味の不良」になって、今の幸せのためにどんどんお金を使い、不況の日本の社会を活性化させましょう。

皆さん、是非、この渡辺淳一のエッセイ集「反常識講座」を読んでみてください。読みがいのある面白い本です。


応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

久しぶりに歯科へ

 先月の1月9日に65歳の誕生日を家族に祝ってもらったばかりですが、最近、口腔が気になってしようがなかった。

 また、昔から口内炎になりやすかったので、チョコラBBを常用していたが、毎食事後に、歯磨きをしていたにも関わらず、口臭が気になっています。

 そんな矢先、先日、奥歯の入れ歯が外れてしまった。
 この入れ歯は、半年前にも外れて、応急処置をしたままでそのままにしていた結果、また、外れてしまう結果になった。

 近所にも歯科医院は、数か所あるが、これまでに気に入った歯科医院がなったので、今回は私の高校の時の友人の甥が開業している中原歯科医院で治療することにした。

 友人の話から、歯科医師も3人ほどいて、医療機械も最新のものを取り揃えていることも聞いていたが、聞いていた通りでした。

 院内も綺麗で、職員の対応も優しく、はきはきとしてとても感じがよかったです。

 昨日は、歯の画像を撮ったり、色々の検査をしたり、上歯のクリーニングを終えて帰りまが、これからの治療が楽しみです。

 治療中に色々話しているうちに、中原歯科医師も、かって、熊本西南ロータリークラブのメンバーだったこともわかりました。

 帰り際に、もう一度、ロータリアンになったらどうですかとお誘いをして病院を後にしました。

応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

川柳ふんえん2月例会優秀句

 街を歩くと、新型インフルエンザが一応落ち着いているのに、マスク姿が増えています。

 最近、スギ花粉の飛散がひどくなっているので、花粉症の方がマスクをつけているのではないでしょうか。

 薬を飲み続けている私も、ちょっとひどくなりました。

 今日は、昨日開かれた川柳ふんえんの例会の優秀句をお届けします。

 課題は、宿題の「からむ」「ペット」「期待」と当日出される席題「川」「シンプル」の5題でした。

 私は、今回も残念ながらどの課題にも、三才に入選できませんでした。

 最後に、私の拙句も披露しますが、五客2句と平抜き入選句が数句ありました。
 
 先ず、席題の2句から

 席題 「川」      北村あじさい選
 人位 新天地私を試す川がある     めぐむ(月間優秀句)
 地位 川の橋悲劇喜劇を見届ける    麦彦
 天位 川音が今日のはじまり告げている 朝子

 席題 「シンプル」   津山博選
 人位 シンプルな昭和の曲が身に染みる 茂緒
 地位 スキデシタたった五文字のメール来る めぐむ
 天位 宅配にメモが一枚風邪ひくな   澄夫(月間最優秀句)

 宿題 「からむ」    澤田律子選
 人位 札束がからみ政治が濁りだす   幸士
 地位 蔦からむ校舎から出たノーベル賞 加工
 天位 ゆっくりと縺れた糸は母が解く  邦子(月間優秀句)

 宿題 「ペット」    嶋本慶之介選
 人位 「犬川柳」「猫川柳」とある本屋 麦彦
 地位 幸せな犬で主治医もついている  理石(月間優秀句)
 天位 先ずペットほめて近所のお付き合い 律子(月間優秀句)

 宿題 「期待」     安永理石選
 人位 なにやかや言っても自公よりはまし 朝子
 地位 期待され急に無口になっている  いくよ
 天位 老いの身に期待の自負が眠らせぬ 雄二郎

 私の拙句をまず五客から
  五客 石投げて波紋楽しむ春の川   萬風
  五客 叱ってる言葉の裏にある期待

  平抜き入選
     好きだよと一言だけのプロポーズ
     ジーンズにシャツお似あいのペアルック
     嫁ぐ娘にチワワペルシャもついてゆく
 今週の優秀句如何ですか。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


 
posted by osamu at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

マグロの解体実演(魚市場から)

 今朝は、朝早くから地元の魚市場の「田崎市場感謝祭」に出かけました。
 朝7時から始まるので朝食もそこそこに出かけました。
 私が着いたときは、すでに多くの人で賑わっていました。
 
 この感謝祭は、日ごろからお世話になっている消費者のために、市場から感謝をこめてのお祭りです。

 市場内の業者さんをはじめとして、県内に農水産業者が、自分たちの特産品を時価の半額程度で販売されます。

 また色々のイベントも行われています。
 魚、野菜、果物の模擬セリ、マグロの解体実演、バナナの叩き売り、料理教室など盛りだくさんのイベントで参加者も喜んでいました。
 私は、魚の模擬セリで、ヒラメや鯛などいっぱい詰まったものをたった2千円でゲットしました。

 マグロの解体実演の一番前の特等席で見ることができ、実演の包丁さばきには感動しました。
 出来たての中トロを五百グラムほど買ってきました。
 今夜の晩酌が楽しみです。

 そのほかにも、安さにつられて海産物など買いすぎてしまいました。

 これから1週間ぐらいは、今日の買い物の消化が大変そうです。

 今日の出店者には、ロータリーの仲間がいますが、良い企画なので、来年もやってもらいたいです。
 
 今日の午後は、川柳ふんえんの2月例会です。
 例会の優秀句をお届けしますので、明日のブログもご期待ください。

 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

ロータリー集会から

 今、ブログを書きながら、朝ドラ「ウエルカメ」を見ています。

 この朝ドラも終わりに近づいていくにつれて、感動するシーンが多くなってきました。
 涙線の弱い妻は、時折、目がしらを拭いている光景に出合います。

 昨夜は、ロータリーの勉強会があり、その後懇親会で仲間とノミニュケーションに浸ることができました。

 実は、昨夜のお店は、朝ドラの主演の倉科カナさんが、まだ朝ドラのオーディションに挑戦していた頃に、アルバイトをしていたお店なのです。

 お店の女将さんは、カナさんのお母さんと無二のお友達だそうで、数日前にも会ってお茶したそうです。

 その女将さんから、カナさんや家族のことを聞くことができました。

 カナさんは、当時、熊本と東京の生活をしていたので、熊本に居る時、女将さんのお店で働いていたそうです。
 月のうち半分を東京で生活していたには、標準語の勉強をするためと
演劇の勉強のためだったそうです。

 彼女は、今どきの娘さんとしては、大変まじめで、やさしい子だたと女将さんは称賛されていました。

 カナさんは、長女で、3人の妹と末弟の5人の仲よし兄弟だそうです。

 今日は、これ位にしまして、ウエルカメの高視聴率とカナさんの今後のご活躍を記念して終わります。

  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロータリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

川柳「声」第30回例会優秀句

 昨日は、前進座公演有吉佐和子原作の「出雲の阿国」を鑑賞する予定でしたが、老人ホームに入所している母の具合が悪く、病院に付き合わされて見ることができなかった。

 出雲の阿国は、大変面白ろそうだったので楽しみにしていたので残念でした。

 母を連れていった石原病院の石原院長が、とっても良い方で、気を使って診察していただいたので感謝しています。
 診察の後、点滴をしていただいたので、大分元気になって施設の帰りました。

 しかし、91歳の高齢ですから、これからどんな事が起こってもおかしくないと覚悟しています。

 今日は、久しぶりに過去の川柳「声」例会優秀句を紹介します。
 宿題 「耐える」   冨安清風子選
  五客 痛くないいはずなのに痛くない   茂緒
     胴上げの横で顔顔耐えている    啓子
     酒癖に耐えた夫の墓碑に酒     春風
     耐えることばかりで老いが来てしまう 隆満
     風雪に耐えたを知ってる野良着   啓子
  人位 耐えきれぬ子供のサイン読めぬ悔い 邦子
  地位 一筋に耐える軍手が干してある   幸月
  天位 風雪に耐えてあなたと虹を見る   めぐむ
  自句 火の輪くぐり貴方とならば耐えられる 清風子

 宿題 「常連」    森田モモ子選
  五客 大会にまた常連の句が並ぶ     ミツヨ
     猫舌の常連がいるお味噌汁     美致代
     常連にされ迷惑な呉服市      朝子
     常連の自信いつものヤツたのむ   しのぶ
     常連で持つ細腕の小商い      美学
  人位 常連の客で支えたギター弾き    道子
  地位 本物の常連客は黙ってる      慶之介
  天位 常連が惜しむ不況の店仕舞い    茂緒

 宿題 「歌」     古閑萬風選
  五客 カラオケにはまり歌手への夢芝居  啓子
     冥土でもひばり女王の座をキープ  博
     ハミングで和ます嫁の台所     哲子
     ヒット曲一つで歌手が生きのびる  朝子
     孫歌う受話器のそばに耳二つ    慶之介
  人位 ほろ酔いの足に軍歌が従いてくる  美学
  地位 自分史に似た歌うたい酔っている  初蔵
  天位 どん底に居ても心に歌がある    副木
  自句 鈴虫のソロの美声で秋を知る    萬風

 私の平抜き入選句を数句聞いてください。
  姑に耐え夜目にも耐えた母の海   萬風

  リストラで常連ひとり二人減り   萬風
  今日もまた何時もの席が空いてある
  常連が見えず風邪かとママ電話
 如何でしたか。次回もご期待ください。


 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



 
posted by osamu at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

哀しい一枚の葉書

 今年も、昨年と同じくらいの年賀状が舞い込んできました。

 今年は、昨年入会したロタリーの仲間もあって、昨年と同じくらいの枚数だったのですが、大学の友人や古い職場の同僚の葉書が少しずつ姿を消すようになっています。

 そのような中に、毎年必ず交換していた大学時代の友人からの年賀葉書が見当たりませんでした。

 奥さんが、乳がんを患って闘病中だとは知っていたので、もしかしたら、不幸があったのではと心配をしていました。

 ところが、昨日の一枚の哀しい葉書に依れば、昨年の2月に章乃さんが、夭逝されたそうです。

 章乃さんのご冥福をお祈りいたします。
 安らかにお眠りください。   合掌

 友人と奥さんは、私と同じ中央大学の出身です。
 二人は、学生時代から、交際をしていて、友人が神奈川県庁に就職をした数年後の結婚をして、息子さん何お一人おられることは聞いていました。
 大学卒業してから、会ったのは数回ですが、鮮明に記憶に残っています。
 新婚旅行に私が住んでいる九州を選んで、一晩中3人で飲み明かしたこと。
 東京出張の際に、横浜まで足をのばし、中華街でおいしい料理を3人で食べて、記念写真を撮ったこと。
 
 一番鮮明に残っているのは、大学時代、友達とマージャンをしているとき、じっと黙って、僕たちのマージャンを楽しんでいました。
 マージャンの後で、二人でデートしたいたのでしょう。

 今回ほど人の命のはかなさを感じたことはありません。

 健康に留意することを、再度自分に言い聞かせています。

 皆さんも健康に気を付けてください。

応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


  
 
posted by osamu at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする