2009年08月31日

不安と期待の政権交代

 今日で8月も終わり、明日から9月、明日の一日には農家では、神社からお札を買って、竹に挟んで田圃に奉り五穀豊穣を祈願します。
 家の神棚には、お頭つきの魚(鯛)を供えます。
 昨日は、政権選択を最大の焦点とした第45回衆議院選挙の投票が行われ。即日開票の結果民主党が300を上回る議席を獲得して政権奪取を果たす結果になった。
 政権交代を果たす事は出来たが、相手自民党の自壊作用助けられての歴史的勝利に過ぎないと考えられる。
 民主党の政権には、二つの不安が拭い去れない。
 マニフェストに掲げた政策の財源や外交の進路をめぐる人々の不安は、今に至るも解消できていない。
 民主党に一票を投じた有権者の多くが、「きっと何かが変わるかもしれない」という漠然とした希望に、不安がひとまず席を譲っただけである。
 また、政治的に経験の少ない当選者が多いのにも不安である。
 一番心配なのは、鳩山さんが総理大臣になっても、小沢一郎さんの傀儡政権になってしまうのではないかと怖くなってくる。
 いずれにしろ、日本に相応しい民主政治を確立して貰いたい。
 余談ではあるが、64年前の昨日の8月30日は、マッカーサーが日本に足を踏み入れた日であり、戦後の民主政治が始まった日でもある。
 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

川柳「声」第125回例会優秀句

 ここ数日、パソコンの調子が悪く、ブログを書くことが出来ず困ってしまいました。
 僕のブログを楽しみにされている方には、申し訳ありませんでした。
 やっと息子の助言もあって、従来どうり動くようになりました。
 今日は、衆議院議員の投票日です。
 私は、すでに期日前投票をしてきましたが、皆さん如何ですか。
 今夜夜半には、ぞくぞくと赤いバラが咲き誇りますが、そのバラは、いずこの政党の庭に多く咲くでしょうか。
 どの政党が政権とっても、暫らくは棘の道が続きそうです。
 今夜の夜が楽しみですね。
 では、優秀句を紹介します。
 課題
 「正直」      吉岡茂緒選
  五客 咄嗟には嘘がつけない電話口     豊子
     正直に仮面を付けてピエロぶる    雄二郎
     正直に生きてリストラされている   たかお
     秋が来て稲穂が垂れて嘘言わぬ    柳笙
     正直に守った時間待ちぼうけ     啓子
  人位 正直に並んでいると売り切れる    朝子
  地位 子の正直に冷汗かかされる      邦子
  天位 一つ屋根正直と嘘同居する      美致代
  自句 正直なオウムにウソを教え込む    茂緒
 「続く」      古閑萬風選
  五客 こんな日が続いて欲しいうまい酒   幸士
     飽きもせず二人のドラマまだ続く   善子
     俺に続けそんな時代も語り草     初蔵
     国民に愛され続くのど自慢      博
     貧乏も世襲している我が家です    たかお
  人位 この平和いつまでふっと怖くなる   隆満
  地位 苦労続き母はにこにこ耐えていた   邦子
  天位 まだ続く介護へ昼も夜もない     朝子
  自句 長続きする友情に嘘がない      萬風
 「夏」       前田高徳選
  五客 終戦の日の青空は忘れない      幸士
     これ以上脱ぐのがないよ熱帯夜    博
     虫が泣く今年の夏ももうわずか    邦子
     赤裸々に熱いですねとビール飲む   雄二郎
     ほんの少しスリルが欲しい熱帯夜   朝子
  人位 核廃絶声が大きい8月忌       雄二郎
  地位 暑すぎて脳が誤作動ばかりする    萌
  天位 新型で風邪が真夏を責めてくる    朝子
  自句 温暖化夏の季節に罪はない      高徳
   雑詠互選の上位の句です。
    道草のところどころにあるヒント  善子
    与野党の椅子取りゲーム暑い夏  雄二郎
    物忘れ加齢現象だけなのか   朝子
    合併で消えたふる里他人めく  萬風
   私の平抜き入選句
    正直な夫婦で喧嘩ばかりする  萬風
    素っ裸になりたいような夏続く
    夏バテ帽子そんな台詞で缶ビール
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

地域に根ざした和水町立病院

 蝉の声がほとんど聞こえなくなりましたが、代わりに揚羽蝶や黒揚羽長が2,3羽、毎日訪れています。
 蝶の写真を撮ろうと頑張っていますが、なかなかシャッターチャンスに恵まれません。
 今日は、情報マガジンに掲載されていた国民健康保険「和水町立病院」を紹介します。
 この病院がある和水町は、平成18年3月に菊水町と三加和町が合併して出来た、人口1万人余りの高齢化率30%を越えた町です。
 このような理由から、町の関係機関と連携しながら子供からお年寄りを対象に地域に根ざした決め細やかな保健医療に取り組んでいます。
 患者さんと家族を対象にした「糖尿病教室」を定期的に開いています。
 医師だけでなく、管理栄養士や理学療法士、薬剤師などの専門の職種が指導を行い、その結果を治療に生かしています。
 また、病院内に健康管理センターを併設して、小児検診から後期高齢者の検診まで町の健康診断のすべてを担当しています。
 更に、院内に訪問看護ステーションや居宅介護支援センターを開設して、町の福祉課と連携しながら、検診、治療、退院、在宅への支援がスムーズにつながるような医療福祉を目指しています。
 特に、小児科診療や急救医療にも力を入れているそうです。
 この病院の院長を勤めているのは、私の高校時代の同級生の坂本康雄君です。
 背が高く、とってもハンサムな院長さんです。
 きっと病院の医師や看護婦さん、また、患者さんからをしたわれていると思います。
 「坂ちゃん」元気で頑張ってください。
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

魔の交差点

 熊本市の国道3号線迎町交差点で先日、大型トレーラーが対向車線突っ込み横転する事故が起きた。
 この事故で、7台の車が巻き込まれ、その内の1台はトレーラーの積荷のコンテナの下敷きとなった。
 しかし、奇跡的に事故直前に助手席に移り、腕に軽い傷ですみ、命を取り止めた。
 事故の現場は変則五差路で、これまでに大きな事故が何度も起きて魔の交差点と地元の人は呼んでいます。
 これまでに、大型トレーラーがお菓子店に突っ込み運転手が死亡、大型トレーラーの荷台のクレーンのアームが道路脇のアパートの二階を大破、大型トラックがカメラ店に突っ込み大破など起きています。
 これまでに国、熊本県、熊本市などで協議して運転手に注意を促す対策を講じているがあまり効果が無いそうです。
 実は、私もこの変則交差点で信号待ちをしていた時、小型トラックの荷台から私の乗用車のボンネットに洗濯機が落ちてきて大破しました。
 事故の瞬間は、死には至らなくとも大怪我をするのではないかと驚きました。
 先日は、福岡の警察官がひき逃げ、酒酔い運転事故を起こしましたが、飲酒運転は、この世から酒を無くさなければなくならないのでしょうか。
 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

川柳「声」第22回例会優秀句

 先日の新聞に12歳の少年が振り込め詐欺の被害に遭った記事が目に止まった。
 「動画サイトの料金滞納がある」などと書かれたメールが届いたので、少年がメールにあった番号に電話したところ、現金の振込みが要求されたそうである。
 変な葉書や電話があっても、絶対電話をしないことである。
 脅かされたりしたら、すぐ警察に連絡すべきです。
 今日は、川柳「声」第22回例会優秀句をお届けします。
 課題
 「継ぐ」      冨安清風子選
  五客 二浪して落ちたら家を継ぐと言う  美致代
     力量はともかく二世立候補     理石
     中継ぎの投手が逆に火をつけた   春風
     継ぎだけの上衣着た頃夢持てた   初蔵
     中の下を継いで心も気も軽い    十四穂
  人位 農を継ぐこの子に大地裏切るな   隆満
  地位 嫁に継ぐ」四季を咲かせる花暦   政子
  転移 札束で買えないものを子らへ継ぐ  幸月
  自句 親で師の芸継ぐ八重子長い道    清風子
 「客」       島田まさこ選
  五客 ノーメイクのわたしをのぞく朝の客 治子
     見舞客絶えて闘病冬に入る     隆満
     目配せでお茶を出す客出さぬ客   豊美
     おふくろの味口コミで客を呼び   春風
     教え子が自然薯提げてやって来た  一得
  人位 無防備の朝を盗んだ朝の客     理石
  地位 妻の客ワインを空にして帰る    朝子
  天位 末席に母の名札がある華蜀
  自句 来客を暫く待たす身嗜み      まさこ
 「早い」      寺本隆満選
  五客 三浪であきらめるのはまだ早い   仁
     離婚結婚まるでスターのようですね 朝子
     2001年もう一月が経つ早さ   ミツヨ
     早いはなしわたしが惚れただけのこと 美千代 
     牛乳がコトンと朝も霜を割る    まさこ
  人位 早期ガン生きる一日の重さ知る   十四穂
  地位 早耳が噂を下げてきた茶の間    治子
  天位 屠蘇気分抜けると鬼が待っている  朝子
  自句 歳月は流れて祖父の僕がいる    隆満
   私の句は、平抜き入選だけでした。
   恐れながら披露させてもらいます。
    リストラが継ぐ気にさせた宮大工  満風
    長尻に午前様かと覚悟する
    祝い客待つ活き海老が踊ってる
    父母逝きて客扱いの里の家
    推薦で一足早いサクラサク
    待たされた割には治療あっけない
  今回の三才。五客は。女性群が大奮闘されたようです。
  男性軍次回は、名誉挽回ですよ。 
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
  




posted by osamu at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

新型インフルエンザ

 おさまりかけたと思っていたインフルエンザが、この時期になって、徐々に牙をむき出し始めた。
 全国の球児が熱戦を繰り広げる甲子園でも、新型インフルエンザが球児を苦しめている。
 全国的な広がりは、勿論ではあるが熊本県、熊本市でも例外ではない。
 熊本県健康危機管理課の調べでは、16日までの一週間に報告された患者は41人、前週の12人から3,4倍に急増している。これから夏休みが終わり、学校が始まるとかなり増える事が考えられる。
 昨日は、どの新聞も選挙に負けないくらい記事が出ていた。
 熊本日日新聞には、高校の同級生でもあり、良く酒を飲みにいく市民病院の副院長の岳中君のコメントが載っていた。
 呼吸器系の病気の人や糖尿病、慢性腎臓病で透析中の人更には妊婦や肥満症の方は重症化しやすいそうである。
 また、飛沫感染だけでなく接触感染にも注意が必要だそうである。
 健康な人も、外出から帰ったらうがい、手洗いを励行し、できればなるべく外出を避けるべきだそうである。
 もし感染したら、人に移さない配慮も必要である。
 皆さん、一人ひとりがインフルエンザを甘く見ず、注意すべきではないでしょうか。
 応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

熊本の文学「漱石を求めて」から

 先日、田母神俊雄さんの新著「真・国防論」を求めに行った書店で、懐かしい本が目に止まった。
 その本とは、昭和45年から55年までの10年間、熊本市の「市政だより」に毎月連載された「ふる里」の復刻版である。
 この本の内容は、勿論、この本の作成に携わった星子市長をはじめ広報課職員の竹田尚子さんや武藤暉彦君の名前が出ていたので懐かしく感じ、買って読むことにしました。
 目次をめくっていたら、夏目漱石のことに関するページがあり、面白かった。
 初夏の熊本は、もえさかる緑の季節です。
 このもえさかる緑を熊本市の代名詞と言うべき「森の都」の名付け親は五高教授として熊本に住んだ文豪夏目漱石さそうです。
 漱石の小説には、熊本の知己をモデルにし、熊本を舞台に描いたものが多く、俳人として熊本の俳壇に及ぼした影響も多かったそうです。
 また、漱石は一名「引越し魔」でもあったそうで、熊本滞在中も6回引越しをしているそうである。
 漱石が五高に赴任して最初に住んだ家は「光淋寺の家」
 第二の旧居は「合羽町の家」
 第三の旧居は「大江の家」で、草枕の舞台になった小天温泉に旅したのはこの家からだそうである。
 第四の旧居は「井川淵の家」で、藤崎八幡宮の近くである。
 第五の旧居は「内坪井の家」で、最も長く1年8月すんだそうである。
 この内坪井の家は、現在漱石記念館となり連日見学が多いそうである。
 第六の旧居は、熊本滞在中の最後の家であり、「北千反畑の家」である。
 熊本は、確かに漱石のゆかりの地で、どの旧居も旅行者が今も良く訪れるそうである。
 漱石の俳句を
 「涼しさや裏は鉦打つ光淋寺」
 「颯と打つ夜網の音や春の川」
 「菜の花の隣ありけり竹の垣」
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

参勤交代・九州横断徒歩の旅

 NPO法人の「自然を愛する会」が夏休み恒例の企画として行う「参勤交代・九州横断徒歩の旅」は、今年で32回目を迎える。
 私の子ども二人も小学生の頃、二回程、息子は大学時代リーダーとして参加している。
 私達夫婦は、子どもが健やかに成長したのは、この大分と熊本間の豊後街道跡を歩き通したときに培われた根性によるものだと感謝している。
 私の子どもだけでなく、姪の二人も、この参勤交代の旅を経験している。
 姪の姉の方は、屋久島の旅にも参加しているが、参勤交代よりも屋久島の旅の方が苦しく厳しかったそうである。
 「自然を愛する会」では、難関町から熊本城までの45キロを歩く「参勤交代・豊前街道徒歩の旅も行っていて、今年で6回目だそうである。
 今年は、県内外の小中学生65人が挑戦して、三度笠を被り、山鹿市、植木町を歩き、無事に熊本城に到着したそうである。
 夏休みを利用して、このような体験をすると体力も、精神力も醸成できるのではないだろうか。
 勉強も必要であるが、遊ぶ事も必要である事を、お母さん達にわかって欲しいものです。
 話は変わりますが、参勤交代・九州横断徒歩の旅の前に、阿蘇ロータリークラブのメンバー十数名が、街道跡の整備に汗を流されている記事を目にして。ロータリアンになったばかりのわたしは、感動と爽やかさを感じました。
 また、ブログを書いている部屋に、子供たちの懐かしい三度笠姿の写真が飾られています。
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

水戸黄門

 毎日、暑い日が続いています。
 私といえば、西瓜、トマトが収穫期を終え、西瓜のカラス対策の網の撤去、トマトの屋根の取り壊しに、朝の涼しい時間を使って頑張っています。
 イチゴの苗作りも、雨が降らず、暑い日が続くので水の管理が大変です。大切な苗が少し枯れてしまいました。
 生き物は、正直だから大変です。いろいろ教えてもらっています。
 テレビのニュースで16日の山鹿灯籠の虫干しが放映されていました。
 1000個の灯籠ですから、高校生のボランティアの協力もあったそうです。
 当日は、幻想的な素晴らしい千人踊りが見れそうです。
 皆さん、テレビの水戸黄門は見られますか。
 私は、勧善懲悪の水戸黄門が大好きです。
 話のストーリーは、単純で、後半に「この紋所が目に入らぬか」で、印籠を差し出されると、どんな悪人でもひれ伏してしまう、とっても痛快な幕切れです。
 この水戸黄門の第1回の放送は、1996年だそうです。
 今日の夕刊の記事で知りました。
 1996年と言えば、私の大学卒業の年です。
 水戸黄門が、私の社会人の年に始まったと思うと、懐かしくもあり、感動も感じます。
 現在の閘門様の里見浩太郎さんは。五代目だそうです。
 ワンパターンの展開なのに、40年も続いているのは、この番組が、すでに時代劇と言うジャンルを超えて、日本のテレビ文化に不可欠な存在として、広く受け入れられてきたからだそうです。
 毎日、暗いニュースが報じられていますが、せめて「水戸黄門」だけは、これから先も、ずっと世直しの旅を続けて欲しいと思う一人です。
 皆さんは、如何ですか。
  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

川柳「声」第21回例会優秀句

 今日は、6日の広島原爆忌に続き、64回目の長崎原爆忌です。
 在職中は、それぞれ投下時間に合わせて、職員一同一分間の黙祷を行っていました。
 今も、忘れることなく我が家で、平和を願いながら黙祷を続けています。
 原爆の投下は、勿論いけませんが、戦争の抑止力としての核保有には、はっきりとした答は持ち得ません。
 ときどき、核保有の否定だけで、あるいは丸腰の状態で、日本が守れるのか、生き延びる事が出来るのかと不安がいつも過ぎります。
 いち早い、強くて優しい地球警察を望む一人です。
 今日は、第21回の川柳「声」例会の優秀句の鑑賞をお願いします。
 課題
 「約束」      安永理石選
  五客 澄み切った目との約束破れない    てまり
     予測せぬ渋滞約束破るはめ      モモ子
     次に合う約束はせぬ終電車      千寿
     約束の場所に来てないのが答     副木
     約束をまたせきたてるEメール    朝子
  人位 あやふやな約束だった停留所     礼吉
  地位 婚約の指輪に少し悔いがある     治子
  天位 明日割る手形あしたに侘ちすくむ   隆満
  自句 酒でする約束はすぐ反故にする    理石
 「振り向く」    河野副木選
  五客 振り向いてはて男かな女かな     理石
     振り向いて目と目が合ってからの修羅 千寿
     振り向かぬ約束をした花時計     萬風
     足音が遠のく振り向きそうになる   美致代
     振り向けば笑みを湛えた妻が居る   まさこ
  人位 振り向いた時から足が重くなる    茂緒
  地位 振り向いたところに落ちていた目まい 隆満
  天位 振り向くと会釈してくる花遍路    朝子
  自句 振り向けば何時でもそこに母がいた  副木
 「森」       宮本美致代選
  五客 森の誘惑一気に青い実が落ちる    春風
     新世紀森が一本ずつ枯れる      朝子
     一匹の蝶煩悩の森を出ぬ       隆満
     借景の森静まりてそして冬      春風
     泣く子には泣かせて帰す母の森    朝子
  人位 幸せはあなたの森で休むこと     シゲ子
  地位 山姥の森へ男は消えたまま      銀子
  天位 愛問う日情死の森へ誘わん      隆満
  自句 ずぶ濡れのわたしを抱いてくれた森  美致代
   萬風の平抜き入選句
    森は見た蒔いてほじくる旧石器  萬風
    噴煙が千年の森灰にする     萬風
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
   
 
posted by osamu at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳「声」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

夏休み子ども料理教室

 夏休みも三分の一程過ぎました。
 毎日暑いせいかまた塾通いで忙しいのか、子どもの姿をあまり見かけません。
 部活の中学生だけは、畑に行く途中で、真っ黒に焼けた健康的な顔を見かけました。
 昨日は、町内の公民館主催の「夏休み子ども料理教室」が開催されたので、その光景を覗いてみました。
 今年は、男の子が少なく1名で、女の子が22名、総勢23名の参加です。
 参加者の保護者も6名ほどお手伝いに来てもらいました。
 講師は、義妹でJA中央会営農生活センターに勤めたいる麻生さんとその外に4名のスタッフに家の光協会からも1名参加されました。
 みんな、笑顔で楽しそうにしていましたので、館長の寺本さんも安心していたようです。
 今回のメニューは、町内の農家で育てられた野菜を使っての料理で、おにぎりいろいろは、「大豆とじゃこの炊き込みごはん」、野菜いろいろは、人参、ねぎ、南瓜などの野菜を使っての「だご汁」、それに、米の粉を使っての「米の粉ピザ」です。
 子供たちは、5班に別れ、最初はぎこちなかった包丁も、巧く使っていました。
 野菜についての講師の話も、みんな真剣に聞いていたのにはびっくりしました。
 出来上がった料理を、美味しそうに食べていました。お代わりする子も、数人いました。
 最後は、公民館備え付けの「けん玉」を使って楽しんでいました。
 子供たちから沢山元気を貰って帰りました。
 きっと、来年も行われると思いますが、楽しみです。
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

 
posted by osamu at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ロータリーの友から

 私は、7月30日をもって、熊本西南ロータリークラブの会員になることができました。
 会長の吉居さんからロータリークラブ会員加入のお誘いがあり、加入すべきか否か迷っていましたら、妻と息子の後押しもあり加入を決心しました。
 これからは、ロータリークラブのお話しもお伝えできると思います。
 今日は、ロータリーの友の中から、先日亡くなられた川柳の大先輩吉岡柳城さんの記事を掻い摘んで紹介します。
 吉岡柳城さんは、ロータリアンとしても大活躍され、また、亡くなられるまでロータリーの友の柳壇を選者をされていました。
 そのロータリーの友8月号で大阪金剛ロータリークラブの井出俊一会員の「吉岡先生をしのんで」記事を拝見する事ができました。
 その内容は、先生の訃報を聞いて大変驚いた事。
 ロータリー柳壇を通じて、吉岡先生と知り合い、川柳の手ほどきを受けた事。
 また、柳壇の夫婦で投句して、これまで100句ほど入選をしたので、それを記念して小冊子を出したいので、ぜひ巻頭言をよろしくとお願いした矢先の訃報で残念であるなどの記事でした。
 この記事を読んで、吉岡柳城さんの偉大さを改めて感じました。
 私も、吉岡柳城会員に近づく素晴らしいロータリアンになることを心に決メタところです。
 ここで柳城が選をされた井出俊一(俊太郎)の句を紹介します。
  腹芸の出来ぬ真面目が損をする  井出俊太郎
 吉岡柳城さんの晩生の句も数句紹介します。
  あみだくじに当たったように生きている  柳城
  赤紙の呪縛が解けぬまま傘寿
  金婚でパントマイムが巧くなる
  平均寿命からの乗り換え切符買う
  夢芝居ラストは玉手箱開ける
  極楽へ行く履歴書を書き換える
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

やっと梅雨明け

 例年なら一ヶ月は、クマゼミの鳴き声に起こされるのですが、今年は雨の日が多く蝉時雨も時折来た程度です。
 今日は、油蝉が2、3匹鳴き始めました。
 熊本県地方の梅雨明けが、昨日4日に、ようやく発表されました。
 平年よりも19日も遅く、統計のある1951年以降で最も遅い梅雨明けだったそうです。
 今年の雨は、しとしと降るのではなく、強い雨が限られた地域に降ることが多かったようです。
 梅雨明け発表後にも、県内は激しい夕立と雷に見舞われ、梅雨明けとゆう気分には成れませんでした。
 台風も2個発生しているようで、不安定な天気が続きそうです。
 ここで、江戸川柳を
  長屋暮らしの江戸庶民も、夕立に悩んだそうです。
  「夕立に取り込んでやる隣りの子」
  雨宿りのための軒先の貸し借りも日常の光景だったそうです。
  「雨宿り出ようとしてはよしにする」
  夕立は、限られたところに激しく降ります。
  「雨宿りはるか向こうは蝉の声」
 江戸川柳もいいですよ。
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

またも噴煙の巨星堕つ

 ここ二三日低気圧が弱まり、太平洋の高気圧が元気になり、朝から30度の暑い日になりました。
 昨日の夜、大河ドラマ「天地人」を見終わった頃、噴煙吟社の平田主幹から柳友「冨安清風子」さんの訃報が届きました。
 吉岡柳城さんの続いて、噴煙吟社の巨星が落ちてしまいました。
 最近は、体調を崩されて、「噴煙」の例会も「声」の例会も投句で参加されていました。
 私は、清風子さんに大変お世話になりました。
 私が川柳を始め、噴煙の例会に出席して何も分からなかった頃、いろいろ教えてもらいました。
 また、私と寺本隆満さんが、川柳「声」を立ち上げた時も、いろいろ支えてもらいました。
 「声」が続いているのも清風子さんのサポートのお陰だといっても過言ではありません。
 清風子さんは、若い頃小説家を目指されていたとかで、川柳もひねりの深い、味のある句が多かったと思います。
 大変酒がお好きで、例会の帰りに隆満さんと私と3人で飲みに行きました。
 しかし、どんなに飲まれても、酔っぱら割れること花句、飲むほど似よう気になられる方でした。
 川柳についても、一端ならぬ論客でした。
 清風子さん、いろいろお世話になりました。
 安らかにお眠り下さい。
 ここで清風子さんの句集「笛吹けば」より数句ご紹介します。
 まず句集のタイトルになった句を
  笛吹けばみんなが右を向く怖さ
 次に、酒に因んだ句を
  充電が過ぎてショートの二日酔い
  アクセルもブレーキもいて酒楽し
 お父さんの句もたくさんあります。その中から。
  世渡りの道は示さぬ父の地図
  理想高く持てと無官の父が言う
  埋め足りぬ余白を悔いる父の画布
  農を誇りに土の匂いの染みた父
  父の轍踏んで終点来てしまう
 お母さんの句もあります。
  追伸に母はやっぱり苦労性
  これきりという無理母に二度三度
  邪心ふとどこかで響く母の声
  着物みな米に戦後を生きた母
  母背負う軽さ啄木ならずとも
 奥さんも詠まれています。
  七転び八起き助走の妻が居る
  見合いだと威張っていえる妻でよし
  妻の留守もう道草がしたい靴
  口裏をあわせた嘘に妻の官
  退院をして家がいい妻がいい
 重ねて、清風子さん安らかにお眠り下さい。
 毎月第四土曜日は、川柳「声」の例会です。
 天国から覗いてください。
 さようなら。
  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
  
posted by osamu at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味の川柳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

古代山城鞠智城

 最近、よく山鹿市(旧鹿本群菊鹿町)から菊池市にかけて所在する古代山城「鞠智場」の新聞記事を目にすることがある。
 この鞠智城は、現在国指定史跡であるが、熊本県をはじめ関係市町村は、国営公園したいと頑張っています。
 熊本県広報誌では、鞠智城の防人(さきもり)などの歴史をイメージしたキャラクターの「名前」と「デザイン」を募集しています。
 今日は、この鞠智城についてお話したいと思います。
 鞠智城は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷が築いた山城です。
 663年の「白村江(はくすえ)の戦い)」で唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷が、日本列島への侵攻に備え西日本各地に築いた城の一つで、九州を統治していた大宰府やそれを守るための大野城や基緯城に武器や食料を補給する支援基地でした。
 周囲3,5km、面積55haの規模を持つ城で、昭和42年からの熊本県の発掘調査により、八角形建物跡をはじめとする72棟の建物跡や貯水池跡、土塁跡など統治を物語る貴重な遺構が相次いで発見されました。
 こうした発掘調査の成果に基づき、平成6年度から八角形鼓楼、米倉、兵舎、板倉など4棟の復元建物をはじめ、城の立地や規模、構造などを体験的に学習できる歴史公園として整備が進められています。
 吉野ヶ里遺跡のような素晴らしいものができるといいですね。
 新幹線開通にも弾みがつくのではないでしょうか。
 古代史を語る山鹿の鞠智城  萬風
 鞠智城新幹線を待っている
   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

川柳「噴煙」8月例会優秀句

 月日の経つのは早いですね。もう8月です。カレンダーもすっかりスリムになっています。
 今日は、土曜日ですが、川柳「噴煙」の例会が開催されました。
 当日出席者は、土曜日開催のせいか、若干少なくて21名、投句者も29名でした。
 それでは、今日の課題の三才優秀句と月間優秀句を紹介します・
 課題は、宿題が「アルバム」「底」「浮く」、席題「カード」「急ぐ」でした。
 「急ぐ」      小島萌選
  人位 精一杯急いでいますカタツムリ   博 (月間優秀句)
  地位 タクシーはいらぬと母が走り出す  朝子
  天位 突然の来客にシャツ裏表      春雪
 「カード」     宮本礼吉選
  人位 背伸びしたカードに首を絞められる 朝子
  地位 カード時代諭吉金庫で欠伸する   たかお
  天位 切り札は核という名を持っている  柳笙
 「底」       小濱春雪選
  人位 底を見た人は其処から這い上がる  柳笙
  地位 夫婦でも心の底は覗けない     博
  天位 底抜けに明るい嫁で力持ち     ナオミ
 「アルバム」    澤田律子選
  人位 アルバムに貼れない恋もありました 幸士
  地位 嫁ぐ子が剥がして行った写真帳   文彦
  天位 雲浮いて八月の過去口にせず    隆満
 「浮く」      平田朝子選
  人位 二次会になり社長派が浮いている  茂緒
  地位 SOSもう限界という浮き輪    理石
  天位 何があったか辞令が宙に浮いたまま 可公
 私の句は、三才の句はありませんでしたが、五客が2句、平抜き入選句が5句ありました。
 拙句で、聞き苦しいかもしれませんが、紹介させていただきます。
  事故現場急ブレーキが凄まじい(五客)

  カードローン何時の間にやら蟻地獄
  ブランドもカードローンも持つ淑女
  使い方知らぬカードを持たされる

  アルバムが私の歴史喋りだす
  
  過労死の真実を知る靴の底

  お喋りと無口が浮いている会議
  コーヒーに浮くマシュマロの自己主張(五客)
 最近、三才入選ができません。まだ、スランプがンけられないようです。
  応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


  
posted by osamu at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 川柳「ふんえん」例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする