2018年11月12日

焼き蓮根と加能蟹

 今日は、朝から雨が降っていたので、畑仕事は出来ず、午前中は、15日締切の川柳マガジン、川柳番傘、川柳葦群の投句の作品を整理して、やっとそれぞれに送ることが出来ました。
 毎回、印象吟、イメージ吟の作品が出来ずに、いつも締切の15日にやっと投句していましたが、11月は、何時もより3日ほど早く出来てホッとしています。

 今朝の朝刊では、読者文芸の川柳仲間の川柳作品を楽しく読ませて頂きました。
 その読者文芸のお穴時紙面に、吉本隆明さんが食エッセー集「開店休業」に、少年の頃、ご飯のおかずとして三本の指に数えるほどの好物が『焼き蓮根』だったと書かれている記事がありました。

 私達は、蓮根料理と言えば「からし蓮根」だけしか知らなかったので、念のために、スーパーに行って、蓮根を買ってきて、芯に火が通るほど焼いて、薄く輪切りにして醤油をたらして、ご飯にのせて食べました。
 ところが、熱いご飯にぴったりで、とっても美味しかったです。
 また、ビールの肴としてもぴったりと合うようです。

 今日は、毎週一回設けている休肝日だったので、明日、ビールのつまみとして食べてみます。

 今日は、もう一つ美味しい食べ物の話があります。
 それは、今日の夕方に、金沢近海で、11月から12月の間にしか獲れず、殆んどか金沢でしか食べられない、ズワイ蟹の仲間である「加能蟹」を、娘婿の直征さんが帰省中の金沢から送ってくれました。

 「加能蟹」も、休肝日の今日は、じっと我慢して、明日の晩酌で食べたいと思っています。
 この蟹は、見ただけでも、とっても美味しそうです。



    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:57| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

81歳母校先輩のゴルフコンペ

 昨日は、午前9時から地元の日吉東小学校の東っ子まつりが行われ、私は、子ども川柳教室の講師を努め、和やかな中で子供達と川柳を楽しみました。
 生徒は、昨年と同じ15名でしたが、今年は、男子の生徒が多かったです。
 教室の進め方は、子供たちに自分の作品を読んでもらい、また作品を作った時の思いを話して貰いました。

 その後、講師の私が、句に講評を加えたり、他の生徒の意見も聞きながら進めました。
 今回の教室でも、感性豊かな、大人顔負けに技法を使った作品と出会い、有意義な2時間でした。

 夕刻には、東っ子まつりの講師、お世話をした保護者会の役員、地域の方達と一緒に反省会を含めた懇親会が行われ、美味しい酒を飲むことが出来ました。
 美味しい酒で、ちょっと飲み過ぎ、今朝は久しぶりに、軽い二日酔いでしたが、畑で頑張ったらすっきりしました。

 今朝も、5時過ぎには起きて、朝刊に目を通しましたが、母校熊本高校の81歳の先輩のゴルフコンペの話がありました。
 ゴルフコンペを始めたきっかけは、20年前、還暦を迎え、定年をした同級生が、地元熊本に帰省した時に、ゴルフでもやって懇親を深めようと始まったそうです。
 山鹿市か和水町のゴルフ場で、毎月コンペを行い、10月下旬のコンペで、150回を迎えられたそうです。
 81歳になっても、はつらつとゴルフができることは素晴らしいことです。

 73歳になった私達同級生も、1年に2,3回は、10数名が集まり、コンペを行っていますが、毎月1回することは大変です。
 私も、80歳頃まで、ゴルフができることを目標、健康に留意して、練習に励みたいと思っています。


    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 16:35| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

東っ子まつり子ども川柳教室

 夜半から激しい雨が降り、時折雷も大きな声を轟かせていました。
 ここ半月程、雨が一滴も振らず、冬野菜の移植に水遣りが大変でしたが、今朝の慈雨でホッとしました。

 昨日まで、植木屋さんが為残したみかんの木などの剪定を頑張り、やっと我が家の庭も九分どうり正月を一迎えてもいいように綺麗になりました。
 今朝は、襖屋さんにも来ていただき、襖の張り替えを頼みました。

 今日は、午後から益城川柳教室が行われますが、久しぶりに講座生の方と合えるので楽しみにしています。
 今日の教室の課題は「記念」ですが、どんな佳吟がでるか期待をしています。
 講座生の互選には、私も投句しますが、次の2句を考えています。
   卒寿米寿元気に二人ダイヤ婚
   合鍵を渡されたのがプロポーズ
 どちらの句が良いでしょうか。

 明日は、地元の日吉東小学校の東っ子まつりが行われ、地域の達人が講師になって、陶芸、伝承遊び、料理教室、絵手紙など20種類の講座が開かれます。
 私も子供達の為になればと子ども川柳教室で講師を努めています。
 かれこれ6回目を迎えますが、川柳教室を行っているお蔭で、今年の6月の全日本川柳大会のジュニアの部や10月の熊日川柳ジュニアの部でも、素晴らしい結果を残しています。
  特に全日本川柳大会では、日吉東小学校の生徒さんが、全国の8000名弱の応募者の中から8名ほど入選できて、校長先生にも喜んでもらいました。

 明日は、数日前に子供たちに出した宿題「牛乳」「人形」「マンガ」の作品が集まっているので、その作品を使って、2時間ほどみんなで楽しい教室にしたいと思っています。
 作品の中には、575になっていない句もありますが、句想や感性は大人も負けそうなものが沢山あります。
 私もできるだけ、川柳を優しく砕いて、子供たちに理解して貰います。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 11:35| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

庭の植木の剪定

 昨日、今日と畑の仕事は、一段落がついたので、朝の農作業はお休みです。
 今朝は、金曜日の益城川柳教室と土曜日の日吉東小学校の子ども川柳教室の準備を行いました。

 午後は、庭の植木の剪定を頑張りました。
 5,6年前までは、屋敷400坪に所狭しと植わっている槇、木犀、松など自分で剪定を行っていましたが、ここ数年は、植木屋さんに、3日ほど来て剪定をして貰っています。
 しかし、植木屋さんが兎に角忙しくて、3日ほどしか出来ないので、家の北側の槇などの残った植木は、昔の経験生かし、私が剪定をしています。

 今日は、半分ほどできましたが、今年はまだ2カ月ほどあるので、ぼちぼち仕上げたいと思っています。

 表側の植木は、植木屋さんが立派にに仕上げてあるので、早くも正月を迎えたみたいです。

 私と同じ年齢の方は、毎日が暇でしようがない人が多いようですが、私、畑の仕事、川柳、ゴルフ、地域のお世話と忙しいので、幸せと思って頑張っています。

 明日は、朝刊を読んだ後、畑の様子を伺に行って、癒しを貰ってきます。




    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 18:32| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

最近買った二冊の本

 熊日新聞の読者のひろば「わたしを語る」の自然栽培農家稲本薫さんの連載も今日で、10回目となりました。
 私も兼業農家の子供として育ち、幼いころから、大学在学中、熊本市役所に勤務した頃も、農作業に従事しました。

 最初の頃の記事に出ていた、農作業の様子が、私のその頃と重なり、懐かしい思いをしました。
 今のような自動車のない時代、農産物を運ぶのは、殆んどリヤカーでした。
 子どもとしてリヤカーを引きのは、親と一緒でも大変でした。

 また、稲作の除草の「がんづめ」を使っていた話も、私達の使っていたので、その頃の苦労が思い出せます。

 今の農作業は、軽トラック、田植え機、トラクター、コンバインと機械化され、楽になりましたが、経済的に裕福でなければ、高価な機械を買うことはできません。
 私は、現在畑で20種類の野菜を作っているので、大変興味をもって読んでいます。
 これからの、連載記事が楽しみです。

 私は、大変本を読むのが好きで、毎日1時間以上は、本を読んでいます。
 最近は、ゴルフの本、川柳の参考書などが多いのですが、先日、2冊の本を買ってきました。

 その2冊の本は、医学博士松原英多氏の「人の名前が出てこなくなったときの読む本」と姜尚中氏の「悩む力」です。
 「人の名前が出てこなくなったときの読む本」は 、私自身が、最近人の名前や地名など即座に出てこなくなったので、読んでみたいと思い買いましたが、未だ数ページしか読んでいません。
 「悩む力」の方もまだ3分の1程度しか読んでいません。

 今夜は、どちらかを眠り薬と思い読んでみます。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:18| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

第64回熊日川柳大会優秀句

 今朝は、何時もより早く、4時に起きました。
 既に朝刊が新聞受けに届いていたので、新聞配達屋さんに感謝しながら、何時もより早読みをしました。

 早読みの理由は、熊日新聞読者欄の新春文芸の作品が、6日必着なので、今日中に葉書を投函しなければならなかったからです。
 作品を葉書に書きながら応募要項をよく見たら、川柳は3句まで応募できることが分かりました。
 てっきり2句までと思ひ込んでいたので、2句しか出来ていず、慌てて課題「迎える」と「頑張る」を作り、やっと午前中に投函できました。

 その後は、11月15日が投句締め切りとなっている川柳マガジン、川柳番傘、川柳葦群の印象吟、課題吟、時事吟、近詠句、雑詠など整理をしながら、未だ作品が出来ていないものは、頭をひねりましたが、一向に句が浮びません。

 諦めて、15日までは、まだ10日ほどあるので、ゆっくり作品を考えることにしました。

 今日の熊日の朝刊に、先日の熊日川柳大会の一般の課題のそれぞれの三才とジュニアの部の最優秀句、特選句が発表されていました。
 一般の課題のそれぞれの天賞の句とジュニアの部の最優秀句を紹介します。

 課題「布」      森永可恵子選
  天賞 悔いはない女一気に布を裁つ    吉岡静生(熊本市)
 課題「布」      徳丸浩二選
  天賞 生も死も優しく布に包まれる     緒方正堂(熊本市)

課題「めきめき」   北村あじさい選
  天賞 もう既に師匠を超えた客の入り   楠根はるえ(北九州市)
課題「めきめき」   吉岡静生選
  天賞 めきめきと氷海裂いてシャチの黒  嶋本菜浮(熊本市)

課題「滲む」     松村華菜選
  天賞 濁流の驚異を語る壁の染み     緒方正堂選(熊本市)

課題「それから」  平田朝子選
  天賞 百歳を生きて未来をなお語る    杉村かずみち(熊本市) 

ジュニアの部   矢村なお美選
 最優秀句  よりかかり映る心は雨模様  藤岡姫麻(清水中1年)

 今回の大会でちょっと変わっている所は、三才に県外の楠根はるえさんと小清隆さんが入選されていました。
 これまで、県内の方の参加者の三才入選が多かったようですが。

熊日の読書文芸欄には俳句と短歌が有りますが、市役所在職中に姉妹都市のサンアントニオ市に高校生を引率して一緒に行った古川淳子さんの句と紙面で出会いました
  岡田日郎選
   豊かなる流れに架けて芋水車   古川淳子

 また、同じ紙面に第63回熊日短歌大会の優秀作品が発表されていましたが、熊本市役所での先輩福永諒子の入選句とも紙面で出会いました。
 小島ゆかり選
  おほかたの物始末せる抽斗に逝きし弟のハモニカのこる   福永諒子

 二人の方の句と紙面と出会い、懐かしい過去が思い出されました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
    
posted by osamu at 17:08| Comment(0) | 川柳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

川柳番傘11月号

 今朝、テレビのゴルフ番組を録画するため番組を見ていたら、日本武道館で行われる全日本剣道選手権の番組が目に止まりました。
 時間があれば見たいと思いましたが、念のために録画をしておきました。

 幸い時間が有ったので、4時から1時間30分ほど、全日本剣道選手権を見ましたが、流石、日本の頂点に立つ剣士の竹刀捌きの上手さには感動しました。
 私は、子供二人が、小学校から高校まで剣道をしていたので、この選手権は、毎回見ていました。

 今年は、熊本県代表の西村英久剣士の二連覇のかかる大会でしたが、見事に内村剣士を破って二連覇、しかも三回目の優勝を成し遂げました。
 熊本の剣道王国の貫録を、西村剣士は見事に見せて呉れました。

 昨日、定期購読をして、毎月投句をしている川柳番傘の柳誌が送ってきました。
 また、川柳マガジンも定期購読をして、ここにも毎月投句をしているので、月末と月初めに二つの柳誌が送って来るのを、どきどきしながら待っています。

 おどろいたことに、川柳番傘11月号の誌友近詠のページで、今回は最初のページで二人目に私の句が掲載されていました。
 この他に、印象吟、友の会ページの投句でも入選していました。

 それでは、川柳番傘に掲載された拙い私の川柳をお届けします。
  誌友近詠5句
   妻も子も拙く生きる父が好き
   月満ちて蝉の抜け殻だけ残る
   避けられぬ死が待っている今生きる
   水飲んでのんで命をつなぐ夏
   行き止まり善人ばかり立っている
   神様を信じないけど手を合す

  友の会ページ
   課題 「つなぐ」柴辻踈星選
    切れそうな夫婦をつなぐ子の寝顔   萬風

  また、川柳マガジン11月号でも、2句の入選が出来ました。
  このようにして、全国版の柳誌で入選作品が掲載されると、大変励みになります。


   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 21:37| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

危険な運転「逆走」

 今朝は、夜が明けるのを待って、畑に行って、一昨日種を蒔いた人参と昨日移植した三池高菜の水遣りを行いました。
 ここ数日、雨が降らず、天気が続いているので、野菜も少し元気がなくなっているようです。

 私は、あまりテレビを見ることはなく、ニュース、朝ドラ、ゴルフなどですが、今日のお昼食事をしながら、テレビを見ていたら、ある民放の全国版で「危険な運転逆走」というタイトルの放送が有りました。

 その放送の危険な運転逆走の現場が、熊本県の宇土市、しかも、私達夫婦が月に一度粟嶋神社のお参りする国道だったので吃驚しながら見入りました。

 運転者は、おそらく、認知症の方ではないかと思いますが、反対車線にはみ出したり、信号は無視したり、踏切でも一旦停止することなく進んで、最後は、道路の縁石に乗り上げて停車した次第です。
 大きな事故に繫がる事がなく良かったのですが、最近このような逆走が多くなっているので、早急な対策が必要です。

 このテレビを見ながら、私も73歳なので、他人事ではないと、ちょっと心配しています。

 最近、私自身、人の名前など、以前に比べて中々出て来ないので、認知症に少しずつ近づいているのではないかと、ふと思うことがあります。

 数日前に買った本で読んだのですが、アルコールを飲み過ぎると認知症になりやすいことも分かったので、飲酒を控えなければと思いますが、好きなビールを控えることがなかなか出来ていません。

 これからは、健康に良い程度の飲酒に努めたいと思っています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:16| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

久し振り地域のボランティア

 11月に入り、今年も残すところ2月となりました。
 今年は、大自然からの警鐘が多く、日本列島は、災害の多い一年のようですが、大自然の暴れぶりは、これからも止まりそうにありません。

 私は、毎日畑仕事など頑張っていますが、ちょっと今頃になって夏の疲れが出てきました。
 しかし、疲れも畑に行って、野菜の成長を見ると癒されます。

 今日の私の一日は、久し振りの地域のボランティアを頑張りました。
 その一つは、私が氏子の田畑菅原神社のお世話です。
 田端菅原神社は、私の本家を中心に13戸が氏子になって、守っている神社です。

 10数年前に、朽ち果てていた神社を、氏子を中心に寄付を募って、立派は社が出来ました。
 その後、近くの自動車販売会社の社長さんが、桧作りの鳥居を寄贈していただきました。

 今日は、その鳥居の塗装の塗り替えの同意と費用の寄付の説明をして回りました。
 ほとんど全員の氏子の同意を頂き、安堵しました。
 これと併せて、大きくなり過ぎた銀杏のの枝の伐採も出来るだけの寄付集まりそうです。

 もう一つのボラティアは、月に一度の防犯パトロールです。
 町内の老人会を中心に、火曜日と木曜鵜日に、日吉東小学校の下校の見守りをしています。
 3名体制の8組が、交替で頑張っています。

 ここ数年、色々と問題が起っていますが、私達の校区では、これまで事件は起こっていませんので、地域や学校から感謝されています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:02| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

6年目を迎えた新老人の会川柳教室

 娘の結婚式が、恙なく終わり、家族一同ホッとして、みんな何時もの生活に戻りました。

 今朝は久しぶりに、畑に行って、野菜の成長を見ましたが、夏に比べると、順調な成長が確認できました。
 ビールの晩酌には、取れたての春菊を使って、美味しい湯豆腐を食べました。

 明日からは、特別な行事も無いので、さつま芋の収穫と高菜の移植をしたいと考えています。

 今日は、毎月第4火曜日恒例の新老人の会の川柳教室が行われました。
 この川柳教室は、5年前の9月に開講したので、6年目を迎えることになり、先頃開講5周年記念の川柳句集「絆」を出版して、みんなに大変喜ばれたところです。

 今日の出席者は、13名でしたが、欠席投句もあり15名の参加になりました。
 しかし、先月の教室から、92歳の福田島子さんが、体調を崩され、参加できませんので、ちょっと寂しいところです。
 島子さんは、大変お洒落で、絵画もやっておられるので、川柳も絵心のある句をいつも詠まれ、皆から一目を置かれていました。
 早く、元気になって、教室に帰って欲しところです。

 今日の課題は「化粧」でしたが、多くの佳吟が詠まれていました。
 その佳吟の中からいくつか紹介します。
  課題「化粧」
   祝い膳鯛もおめかし化粧塩    純子
   爆買いの人気土産は化粧品     郁子
   復興の城化粧直しのど真ん中     萬風
   刺青も化粧だってさ異国では     文夫
   冷え込んで阿蘇のお山は雪化粧   昭子

  生徒さんの作品如何でしたか。



    
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:24| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする