2020年09月20日

明日は、敬老の日

 サラリーマンにとっては、昨日から4連休が始まり、三密の中でどう過ごすか、思案している人たちが多いと思います。
 私は、一年中が日曜にのような生活なので、特に変わったことはありません。
 しかし、昨日は、娘婿が今年役入りと言うことで、コロナ禍が無ければ、多くの人に厄を支えて貰うとこですが、家族だけで、厄払いのお祝いをしました。

 豆腐料理がメインの「梅の花」で私達夫婦、娘夫婦、それに孫と一緒にお祝いをしました。
 愛嬌の良い孫は、お店の小部屋を覗きながら、パパの厄入りのお祝いを願うごとくよちよち歩き回っていました。
 兎に角、おませな、賢い自慢の孫と思っています。

 明日は、敬老の日で、明後日が体育の日ですが、私は天気がよければ、畑の秋野菜、冬野菜の準備です。

 今日の午後、娘夫婦が昨日の厄入りのお祝いのお礼と私に孫からの敬老の祝いの品を持ってきました。
 孫が下げてきたのは、何だろうかと思ったら、私がビール好きなので、娘が孫に持たせたのです。

 孫は、何時も子守をして貰っているお礼を言う仕草でぴゅこんと頭を下げました。
 ちょっと意地らしくもあり、嬉しさもありました。

 明日は、娘夫婦と孫は、娘の祖母とところに、お祝いに行くそうです。

 私達の息子と娘は、幼い頃、祖父母にかわいがられてことに、何時も感謝しています。

 私は、私の周りの人、周りのものに、何時も感謝を忘れません。
 二人の子供も、感謝の気持ちは持っているようで、安心しています。
 感謝の心が、二人の孫にも引き継がれることを願うばかりです。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 18:42| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

勇知之君から書籍、俳句句集など届く

 先日、令和2年度荒木精之記念文化功労者として顕彰を受けた、熊本高校の同級生で、懇意にしている勇知之君から、昨日、本が届きました。

 久しぶりに顕彰式で会い、楽屋でお祝いの言葉を述べていたら、別れ際に、君に送りたい本があるからと言われました。
 まさかこんなに早く届くとは思っていませんでしたが、約束の2日後に、くまもと魅力再発見「くまもと地域の歴史と文化」、句集「残日抄 土手の一草」、「釈尊の教え考」、「老後の生き方考」の4つの本が届きました。

 昨夜は、9時過ぎに床に入って、4冊のうちで一番身近なものと思って「老後の生き方考」を、1時間ほどで読み終えました。
 最初のページに、彼の仏教との出会いがありましたが、それに寄れば、高校2年生の頃、近所の病院で、親戚や知人の死に直面して、「人は必ず死ぬ」ことについて、悩み続けたそうです。
 その思いを引きずり、「般若心経」について学び、仕事をリタイアして、老後という年齢を迎え、死と仏教の問題が正面に見えていた。
 そこで、通信教育で在家僧の資格を取るまでに嵌まったそうです。

 仏教の教えと死について、そのような過程で、自分の思いをまとめているそうです。
 そのうちの一冊が「老後に生き方考」ですが、もう一冊の「釈尊の教え考」も読むつもりです。

 勇君が、お父さんの俳句を見よう見まねで、学び、句を詠んでいることは聞いていましたが、平成7年より令和元年まで、毎月、数句を詠み続けて、一冊の句集として、上梓されていたので、大変吃驚しました。

 「くまもと地域の歴史と文化」は、彼が郷土史の講師として40年以上成るが、振り返ってみて、研究してきた大半は、城下町や栄えた町の出来事ばかりだったので、反省をして、晩年に県内各地域の歴史と文化を調べて、一冊にまとめ、上梓したようです。

 まだ数ページしか読んでいませんが、200ページに、熊本のすべてが詰まっているような気がします。

 私も、これまでに熊本の歴史の本も読みあさってきましたが、この本を読んで、ちょっと違った角度から、熊本の歴史と文化を覗くことが出来そうです。

 勇君がこれまでに出版した小説の10冊近くは、本屋で購入したり、本人から謹呈されて、私の種棚に並んでいますが、昭和49年から平成28年までに、30作品を出版していたのには、唯々、驚き、拍手を送りたいです。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 15:30| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

ちょっと珍しい2冊の本

 今朝は、しとしとと雨が降っていたので、久しぶりに、ゆっくり朝刊を読みました。
 昨日、組閣された菅内閣のそれぞれの大臣のプロフールが紹介されたいました。

 マスコミや野党は、面白おかしく批判していますが、私は、今回の菅内閣は、国民目線で政治を動かそうとしている姿勢が見られます。

 組閣に於いても、派閥を念頭に置きながら、改革に意欲のある人を大臣に任命されたと評価しています。
 野党も一応まとまったようですが、これまでのような、また分裂というようなことが無いようにして欲しいものです。

 一昨日から、2冊の珍しい、面白い本を読み始めました。
 その2冊の本というのは、みんながわかる「バイオリン骨体操」とステージWでも希望がもてる「がん温熱療法+高圧酸素療法」です。

 バイオリンの骨体操は、桐朋学園大学教授とバイオリン骨体操の指導者遠藤記代子共著のほんです。
 バイオリンを弾く際の体の動きを研究されたもので、綺麗な音が出せるための体の使い方を師範した本です。
 二日間でさらりと読みましたが、バイオリンを連取する上で、大変ためになる本です。

 もう一冊のがんの本ですが、私の知人から、私が本が好きということで、頂きました。
 著者は熊本県宇城市で、耳鼻咽喉科・内科クリニックを開業されている医師が書かれたものです。

 耳鼻咽喉科専門の医師が、がんの本を書かれたのは、母方の祖母ががんになられて苦しまれているのを見て、がんの勉強をされてがんの治療も行われるように成られたそうです。

 まだあまり読んでいないので、あまりお話しできませんが、もし、がんに、罹患したときのために、じっくり読むつもりです。

 今日も大相撲をテレビ観戦しましたが、地元力士、正代と佐田の山の両力士が白星だったので、ちょっと安心しました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:17| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

熊本県芸術功労者顕彰式に参加して

 今日の午後は、第48回熊本県芸術功労者と令和2年度荒木精之記念文化功労者の顕彰式、その後熊本文化懇話会の総会が行われたので、出席しました。

 通常であれば、ホテルで、総会、二つの顕彰式式の後は、懇親会が行われますが、今年は、コロナの影響で、本当に簡素な顕彰式、総会でした。

 熊本県芸術功労者には、熊本県川柳研究協議会の会長黒川孤遊氏が受賞され、県内の川柳仲間が、自分の事のように喜んだようです。

 顕彰式の後は、川柳仲間10名で黒川孤遊氏を囲んでお祝いをしました。

 荒木精之記念文化功労者の3名のうち2名が、私と大変関わりあった勇知之君と富田紘一氏が受賞されたので、吃驚したところです。

 勇知之君は、熊本高校時代からの友人で、植木町で奥さんと一緒に薬局を経営する傍ら、植木町で郷土史家として活躍されました。
 又、郷土史家として、多くの時代小説の作品があります。

 富田紘一さんは、熊本市役所で一貫して城下町熊本や西南戦争跡などを研究されました。
 私も一時期、熊本市教育委員会で、所属課は違っていましたが、同じフロアーで仕事をしてきました。

 今日の二つの顕彰式の15名のうち、3名が身近な人達だったことに、感動感動と感激を覚えました。

 今日は、久しぶりに、喜ぶべき1日だったようです。




   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:21| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

自民党新総裁に菅氏氏

 昨日は、午前中に整形外科でリハビリを受けました。
 膝と太腿の痛みも、週一回づつの鍼治療とリハビリのお陰で、ある程度よくなりました。

 リハビリの後、畑に行って、草刈り機で少しだけ頑張りました。
 夕方は、5時から、川柳句会「天」がありました。
 私が入会したときは、私を含め、こじんまりとした会員6名の句会でしたが、昨日1名入会されて、10名の会員会員になりました。

 最近は、私が所属している二つの吟社の句会、私が講師をしている教室もコロナの影響で休会になっているので、久しぶりの句会でした。

 昨日の句会の課題が、10月25日に開催される熊日川柳大会の課題の一つ「じわじわ」でしたが、皆さんの力作を鑑賞できました。

 昨日、自民党の総裁選挙が、午後2時から行われ、予想通り、派閥の大半が支援した菅官房長官が、石破、岸田両候補を、大差で破り、新総裁に選ばれました。

 総理大臣には、世襲議員が多い中に、久しぶりに無派閥で、世襲でもない菅氏が選ばれたことは、一国民として、国民目線の政治をしてくれるものと期待しています。

 私と4歳違いで、苦労して大学を卒業された菅氏とは、若干似通っているので、親しみを感じます。
 今日、党役員が決まり、明日の臨時国会で首相指名があり、菅総理大臣が発足して、直ちに組閣が始まりますが、派閥を抜きに大臣を選ぶことは出来ないけれど、国民のために仕事の出来る大臣を選んで欲しいものです。

 今日は、派閥間での大臣のポストの奪い合いが始まっていますが、菅総理を支えて呉れる人を、最終的には、総理自身で決めて貰いたいものです。

 一昨日から、大相撲が始まり、両横綱が二場所続けて休場ですが、寂し場所にならないように、力士全員に、良い相撲を取って、盛り上げて貰いたいところです。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 16:43| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

久しぶり畑で農作業

 今日は、これまでとはちょっと違った、ひんやりとした1日でした。
 午前中は、バイオリンの練習、熊日川柳大会の作品の校正をしました。

 午後は、昨夜、遅くまで読書して、、寝不足だったので、たっぷり昼寝をしました。

 4時過ぎに起きて、久しぶりに畑に向かいました。
 畑に行く道筋を、ちょっと変えて、稲穂が出始めた田圃を見ながら、先の台風10号が、酷くなかったことを感謝しました。

 畑では、20日前に耕したところの、雑草が伸び始めていたので、2時間ほどかけて耕しました。

 畑では、ひんやりした秋風の中を、数100匹の赤とんぼが飛び回っていました。

 やっと、秋の息遣いを感じられました。
 又、夏の最後の蝉、つくつぼうしの声を聞くこともでしました。

 畑から帰宅して、風呂にも入らず、疲れを解す、ビールで晩酌を楽しみました。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 22:28| Comment(0) | 楽農家おさむちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

俳優中原丈雄のわたしを語る「俳優になる」

 今日は、午前中、午後も3時までひたすら、バイオリンの練習でした。
 改めて、バイオリンの正しい構え方、弓の正しい持ち方、ボーイング(運弓法)、左手の正しい構え方と形など教科書を漁りながら、勉強しました。
 すべての講師の方達が、決まったものは無いので、自分に一番敵したものを探して、自分のものにして欲しいと、言われますが、何も解らない初心者としては、難しい問題です。

 しかし、何度も、試行錯誤を繰り返していると、自分のもの(形)が分かってきそうになりました。
 兎に角、練習すればするほど、奥の深さ、難しさが身に浸みて解って来始めました。

 バイオリンのプロの方のほとんどが、4歳頃からレッスンを始め、小学校、中学校、高校、大学をバイオリン一筋に頑張ってきた人ばかりです。

 75歳から始めた、しかも音楽にほとんど無知な私が、バイオリンに挑戦したのは無謀かもしれません。
 でも、練習すればするほど、無謀な挑戦で無かったことも分かり初めました。
 救いは、毎日の練習が、新しい発見に繋がり、楽しくてたまらないことです。

 熊日新聞読者のひろばの「わたしを語る」は、相変わらず、朝刊を開いたら、開口一番読んでいます。
 前回の児童文学作家の今村葦子さんの四十回の連載が、8月半ばで終わり、俳優中原丈雄さんの「俳優になる」が、8月21日から始まり、今日で23回目を迎え、毎日、楽しく読んで、これまでのようにスクラップしています。

 前回の今村葦子も、今回の中原丈雄さんも、水害のあった県南の球磨村と八代市の出身がと言うのも奇遇です。
 高原さんは、俳優として遅咲きですが、俳優業の傍ら、音楽などにも挑戦され、赴くままの人生を走ってこられたのは、私からすれば、憧れでした。
 中原さんは、私より、かなり若いですが、私と重ね合わせながら、昔の自分をゆっくり懐かしんでいます。



  
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

posted by osamu at 20:33| Comment(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

多忙な1日だった孫の悠晴

 最近、コロナの影響で、人との関わりが少なくなり、ブログの話のネタも、なかなか、無いので毎日、何を書こうかと奮闘しています。
 孫の悠晴は、爺婆保育園に来て、毎日、玩具で遊んだり、幼児番組のテレビを見たり、家の近くを妻と散歩していますが、今日は、ちょっと忙しい1日だったようです。

 私は、9時過ぎに整形外科にリハビリの予約を入れていたので、牽引、電気治療、マッサージをして貰い、軽快な体になりました。

 病院から帰宅して、昨日のバイオリンのレッスンで教わったところの復習を頑張っていたら、孫が、何時ものように、笑顔をしてひょこり、私の書斎に入ってきました。

 私のバイオリンの練習を見て、バイオリンを弾きたい顔をしていたので、弓を握らせて、一緒に弾いたら、いたく喜んでいました。
 何を思いついたのか、私のメトロノームを出して振り子に会わせて、体を振って調子をとっていました。

 バイオリンの練習の終わった後は、何時ものように、テレビの幼児番組を一緒に、楽しみながら見ました。

 午後は、予防注射の予定が入っていたので、何時もの昼寝より早めに寝て、3時過ぎに、近くの小児科で注射3本をしたそうですが、何時もは泣かないのに、はち切れんばかりの大声で泣いたそうです。

 帰ってきたら、注射のことはすっかり忘れ、玩具で遊んでいました。
 4時過ぎには、2週間前に東京から里帰りした姪の子供が、明日帰るのでお別れに行きました。
 姪の子供とは、帰省のたびに、毎日遊んでいたので、明日帰ってしまうと、寂しくなるかも知れません。

 明日は、パパとママと一緒に熊本空港まで行って、お見送りをするそうです。

 何時も自宅の庭から、飛んでいる飛行機を見ながら、嬉しがっているので、明日は直に、飛行機が見れるので、喜ぶことでしょう。
 孫の久しぶりの忙しい1日を記録に残しました。



応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


posted by osamu at 20:51| Comment(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

バイオリン個人レッスン

 何時も早起きの私ですが、今朝も午前4時半頃に目が覚めて、30分ほど寝床で川柳の句を考えましたが、なかなか良い句は 浮かびませんでした。

 起きて直ぐさま、朝刊を拾い読みをして、大まかな今日のニュースを頭にたたき込みました。
 朝刊に目を通した後は、今日の午後にあるバイオリン個人レッスンのために、バイオリンの練習を朝食を挟んで2時間ほど行いました。

 10時頃に、孫の悠晴が、我が家爺婆保育園にやって来たので、テレビの子供番組を一緒に楽しみながら遊びました。

 昨年の3月25日に生まれて以来、孫と一緒に生活していて、気付いたことがあります。
 隔世遺伝というか、孫は、私に恐ろしいほど似ているところがあります。

 私の血液型はA型で、孫はB型ですが、もし血液型が同じなら、うり二つほど似ているのではないかと思います。
 妻や娘も、口をそろえて、悠晴は、おじいちゃんそっくりだと言います。

 自分で言うのも可笑しいかも知れませんが、賢明で、何をやらせても学習能力が素晴らしいです。
 性格も、几帳面で、真面目、ちょっと短気なところもよく似ています。

 兎に角、私と一緒で、人見知りはせず、会う人ごとに愛嬌を振りまきます。

 外見でいえば、髪の毛がちょっと天然で、足の短足もそっくりです。
 まだまだ、色々と、両親よりも、私にています。

 又バイオリンお話に帰りますが、今日は、ボーイングは注意されなかったですが、バイオリンを弾くときの姿勢を注意され、直して貰いました。

 早速ブログを書く前に、鏡を見ながら、今日の復習をしました。

 明日も10時には、孫が来ますので、私の出来る範囲で、教育環境を整えてやりたいと思っています。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:39| Comment(0) | バイオリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

益城川柳教室「卒業句集第8号」

 今日は、午前9時から、鍼灸院の予約を入れていたので、畑には行かず、朝刊を読んだ後、明日のバイオリンの個人レッスンに備えて、早朝レッスンを励みました。
 これまで、先生に教わったことやユーチューブで学んだことを復習しながら、何度も繰り返しました。
 兎に角、75歳で、これまでに音楽の経験がない私にとっては、若い人に比べて、何倍も努力しなければと思っていても、大変です。

 80歳までは生きれると思うので、80歳まであと4年半を頑張って、クラシック数曲が弾けるまではとひたすら練習に励むつもりです。
 鍼治療を一時間ほど行いましたが、大変楽になりました。
 膝と太腿もまだ、完治していませんが、根気強く治療しなければと、自分に言い聞かせています。

 1ヶ月前から、編集していた川柳講座「みんなで楽しく川柳」の卒業句集第8号が出来上がり、20冊が届きました。

 平成24年に益城町男女共同参画センターの主催講座として始まり、翌年には自主講座として、講座生自ら運営して、9年目を迎えました。

 今回の句集は、講座生の句はもとより、初代講師田田口麦彦さんの素顔、田口麦彦さん編集の「新現代川柳必携」に掲載された講座生の句も取り上げました。

 更に、サトウハチローさんの詩「五七五でなんでもよむ」も掲載しました。

 今日は、孫は、娘の友だちと一緒に阿蘇に遊びに行ったので、ちょっと寂しかったですが、バイオリンの練習がしっかり出来ました。



   
応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 20:53| Comment(0) | 川柳雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする