2017年06月29日

紫蘇ジュース

 今朝は、曇っていたので6時頃に畑に行って、胡瓜、レタス、さつま芋の苗を移植しました。
 その後は、ここ2、3日の雨と晴れ間の太陽の影響で、雑草の成長が激しく、野菜のまわりは雑草だらけです。
 懸命に雑草と戦をしていたら、たちまち汗がだらだらと額と背中を走りました。
 汗に敗けず、午前中は頑張ったお蔭で、少しは綺麗な畑になりました。
 一昨年までは、毎年、赤い綺麗な美味しい「紫蘇ジュース」を作り、暑い夏を乗り切っていました。
 しかし、昨年は紫蘇を畑に植えましたが、種蒔きが下手で紫蘇が上手く出来ませんでした。
 今年は、如何にか紫蘇が出来たので、もうそろそろ紫蘇ジュースを作ろうと思っていました。
 今日の熊日新聞に松橋の知的障害施設で紫蘇ジュース作りが始まった記事がありました。
 作られた紫蘇ジュースは500ミリリットルを900本作る計画だそうです。
 私も近い内に紫蘇ジュース作りの取りかかるつもりです。
 今日の午後は、昨日から始まった川柳画二人展の当番を担当しましたが、思ったより多くの見学者があり、ホッとしたところです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
posted by osamu at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の生活、行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

清和文楽館開館25周年

 昨日の午後は、毎月第4火曜日に開かれる新老人の会の川柳教室で、講座生の皆さんと一緒に楽しい午後を過ごしました。
 今朝は、雨のために2日ほど行っていなかった畑に行きましたが、雑草がやたらと大きくなっていたので、1時間ほど草取りを頑張りました。
 午前中は、金曜日にゴルフの予定が入っているので、練習に出かけましたが、練習仲間が何時もどうり頑張っていました。
 午後は、先日友人勇知之君から頂いた本をむさぼり読みました。
 今日の夕方のテレビを見ていたら今年で開館25年目を迎えた清和文楽館の特別記念公演の話があっていました。
 その特別記念公演が24日に行われたそうですが、演目は20年振りに行われものでした。
 この演目「絵本太巧記尼ヶ崎の段」は、清和町の男女9名で作る「清和文楽人形芝居保存会」でメンバー行われましたが、人形の使い手が足りなかったので、会館のスタッフも参加されて行われ、無事に公演が終わったそうです。
 10年前には、何度も清和文楽まで妻とドライブをして、清和文楽を観劇しました。
 もう一度、清和文楽人形芝居を見たい気になったので、今年中に行ってみたいものです。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月27日

高校時代の友人から本2冊贈呈

 ここ数日、梅雨らしい日が続き、じめじめとした毎日です。
 昨日は、午後から全日本川柳熊本大会の会議、その後は、明日から鶴屋ふれあいギャラリーで始る楽しい川柳「川柳画二人展」の準備をしてきました。
 この二人展は、熊本県川柳協会がバックアップして川柳噴煙吟社所属の江上政治さん絵葉書と川柳真風吟社所属の柿山紘輝さんの色紙の力作が展示してあります。
1週間程度展示されていますので、是非ご覧になっていただきたいです。
 先日、高校時代の友人で郷土史家の勇知之君から熊本国権党の覇権、濟々黌と熊中の物語などについて研究し、纏めた「友房の夢 濟々黌・熊中物語」と益城町に生まれ育った矢嶋家の四姉妹を綴った「山の向こうへ 益城の四姉妹」の2冊の本が送ってきました。
 この2冊の本は、昨年の熊本地震の後、負けんバイの気持ちで一気に書き上げたそうです
 勇君は、これまでに熊本城や西南戦争などについての本を上梓され、私の書棚のも十数冊並んでいます。
 まだ2冊の本は、読み始めたばかりですが、熊本の色々なことが分かるす本です。
 梅雨の間は、外に出る機会も少ないので、暇を見つけて、早く読み上げたいものです。
 今日の午後は、私が講師をしている新老人の会の川柳教室があります。
 皆と川柳談義をしながら、楽しい午後にしたいものです。


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月25日

山頭火の宿「織屋」が修復

 昨日の夜から、梅雨らしい雨が今朝まで降り続き、我が家の庭は水捌けが悪く、洪水のようになっていました。
 畑の方の水捌けはどうなっているのか心配で、畑に行きましたが、思ったよりは水は溜まっていませんでした。
 帰って、庭の野菜畑も覗いたら、水は溜まっていなかったけれど、やっと大きくなりかけていた小玉西瓜を烏が齧っていました。
 やっと2個ほどが大きくなりかけていたのに、その内の1個をやられてしまいました。がっかりです。
 今朝、朝食を食べた後、久し振りに朝刊に目を通していたら、昨年の地震を被災していた山頭火の宿「織屋」の修復が終わって、記念式と句会が行われた内容の記事がありました。
 織屋は、放蕩の俳人山頭火が宿泊した宿屋で、山頭火に纏わる資料が展示してあります。
 私と山頭火の宿「織屋」との出会いは、一昨年、織屋のすぐ近くの「ゆめ倉庫」で開催された第1回日奈久de川柳句会に参加した折り、訪れて資料など見学しました。
 今年も9月23日に、3回目の日奈久de川柳句会が行われるので、句会に参加して、修復された織屋をもう一度訪れたいと思っています。
 熊本地震で被災した色々のところで、少しづつですが、修復されているのを聞くとホッとする感じです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月23日

妻の実家水害から1年

 空梅雨が続く中、ちょっぴり慈雨が降って、県内の農家の田圃は、如何にか田植えに扱ぎつけ田圃は土色から緑色に変わりました。
 今日は、ゴルフ練習場の仲間とコースに出かけましたが、途中の田圃では田植えの真っ最中でした。
 今日のゴルフの成績は、2週間前の成績と同じく90代前半で、少しづつ練習の成果が出てました。
 昨年の4月の地震のあと、地震では一部損壊だった妻の実家は、2か月後の1時間に150ミリ降った大雨で、家の横を流れる谷川が氾濫して、床上浸水、家の横の土手は決壊し、家は床上浸水でした。
 水害の翌日、床下、50センチほどの土砂また畳の上の土砂は、親戚や村の人達の応援でハイドができました。
 実家の母は、私の家に1カ月ほど避難生活を送り、その後は9ヶ月ほどプレハブでの生活を送りましたが、やっと今年の3月に、家の改修が終わり、義母は、大きな家で1人、昔の生活に戻りました。
 家の改修は、火災保険の補償の桶毛と建築関係に努めている妻のお蔭で、以前より立派な家になりました。
 熊本では、昨年の地震から1年2か月が過ぎましたが、まだまだ更地の状態がたくさんありますが、改修できた妻の実家は、不幸中の幸いでした。
 同じ大雨で裏山が崩れ、まだ復興できてない所の画、テレビで放映されていましたが、大雨が来なければと不安がられた方達が可愛そうでした。

   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月22日

二冊の川柳入門書

 今朝も昨日に引き続き梅雨らしい雨ではありませんが、しとしとと雨が降っていて、雨の音で目を覚ましました。
 畑は雨のお蔭で,湿っていて水遣りの必要もなく、昨夜から読んでいた川柳の入門書を朝起きぬけですが読みました。
 全日本川柳大会の会場で川柳マガジンを出版している新葉館が、川柳関係の本を販売しているとまだ持っていない。川柳入門書が数冊あったので、その中から2冊ほど購入しました。
 2冊の本は、俳句作家上野貴子・川柳作家江畑哲男監修の違いが分かる「初めての五七五俳句・川柳」と新家完司著「川柳の理論と実践」です。
 先ず、「初めての五七五俳句・川柳」は、帰りの飛行機の中、帰宅してからは寝る前に読んで、やっと今朝で176ページを読み終わりました。
 この本は、川柳と俳句の違い、共通点を通じて細やかに指導してあります。
 また、この本は川柳と俳句をコラボしたユニークな本で、快苦と川柳の違いと魅力が分かる素晴らしい本だと実感しました。
 また、川柳大会の会場では、著者の江畑哲男さんと少しですが会話できたのも大変な収穫でした。
 もう一冊の本は、川柳のおける重要項目を理論と実践から多角的にとらえた総合川柳入門書のようです。
 これからじっくり読んで川柳をさらに勉強したいものです。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月20日

6月の北海道旅行

 今朝は、4日ぶりに畑に出かけましたが、畑の野菜もこの暑さに負けずすくすくと元気でした。
 今朝は、札幌の川柳大会の懇親会での飲み過ぎとアレルギー対策の薬の飲み忘れで、瞼が晴れてしまったので、眼科に行きましたが、大事に至らず安心しました。
 17日からの旅行は、川柳大会参加が大きな目的でしたが、札幌は初めてだったので、最後の日の午前中を使って架け足で観光しました。
 前の日の懇親会のあとに夜風に吹かれ札幌駅周辺を散策したのち、JR38タワーの展望台に上り、札幌の町の東西南北の夜景を見ましたが、素晴らしい夜景を堪能しました。
 午前中の旅行では、先ずホテルから歩いて、時計台と大通公園を見物しましたが、まだ午前8時なのに暑くて汗びっしょりになったので、その後はタクシーに乗って、駆け足観光です。
 先ず、すすきのの町を車窓から、そして中島公園、次は、市電も眺めながら昔のレンガ作りの道庁舎に着いて、タクシーを下車して、庁舎の中を見ましたが、しっかりした作りに感動しました。
 その後は、大きな神社、北海道大学などを見て回りました。
 神社、北海衝大学の敷地の広さには吃驚しました。
 校地の広い北海道大学の学生は、入学したらすぐに、校内を行き来するための自転車を購入するそうです。
 架け足での観光でしたが、札幌の町の少しは分かりました。
 また、何時か妻と一緒に札幌を中心に北海道を再訪したいものです。
 北海道の、一番良い季節6月の楽しい旅行でした。



   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月19日

全日本川柳札幌大会に参加

 2泊3日で北海道札幌で開催された全日本川柳札幌大会に、熊本の川柳仲間と一緒に参加して、今日、無事に帰ってきました。
 今回の大会参加の目的は、自分の作品を出して、入選したいこともありましたが、一番の目的は、来年に熊本で行われる全日本川柳熊本大会の宣伝、参加のご案内または大会の引継ぎがありました。
 私は全国大会の参加は、10年近い前の沖縄大会に次いで、2回目ですが、地方での大会とは違い大会のスケールのの大きさには驚きました。
 作品の入選も、投句作品の6パーセントすぎない激戦です。
 熊本からの参加者も半分程度が一句の入選で、半分は全没でした。
 私自身、20年近い川柳歴の中で、大会での全没は初めてでした。
 まだまだ、川柳作家としては、ひよこだと感じた大会でした。
 また、来年度の大会の成功に頑張らねばと確信した大会でもありました。


     応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月17日

父の日プレゼント

  昨日の夕方娘から、ちょっと早めだけどと言って、父の日のプレゼントを頂きました。
 私が今日から札幌に行くので、早めのプレゼントになったようです。
 父親としては、感謝、感謝です。
 父の日には、息子も娘も成人になってからは、必ず、私が喜ぶ物を選んで届けてくれます。
 娘は、今年も色々と思案した挙句に、ビール好きの私の喜ぶものを選んだようです。
 その一つは、銅製のビアカップです。
 このカップは、普通のカップと違って、冷えた状態がいつまでも続き、とっても美味しく飲めます。
 もう一つは、ビールの泡がクリーミーになるもので、瓶ビールの取りつけ、それを通して、カップに注ぐとクリーミーな泡が出て来る仕掛けになっています。
 息子は、毎年私の希望でゴルフシューズをプレゼントして呉れます。
 今年のプレゼントは、何かと楽しみです。
 それでは、これから北海道に行ってきます。
 


   応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ

2017年06月16日

30年ぶりの北海道旅行

 今日も30度を超える暑い一日です。
 明日から、2泊三日で北海道旅行です。
 旅行といえるかどうか分かりませんが、19日に札幌で開催される全日本川柳札幌大家に参加するために、熊本から総勢20数名で押しかけます。
 特に、今回は何時もの全国大会より参加が多いのは、来年、熊本で全国大会を開催されるので、大挙押しかけて、熊本大会のご案内をいたします。
 初日には、北海道の川柳愛好者の方達と熊本の川柳愛好者との懇親会も予定されています。
 大会当日の夕刻には、参加者全員による懇親会も予定されています。
 二日間飲み放題なので、飲み過ぎないようにと思っています。
 私は、北海道に行くのは、今回で2回目です。
 1回目は、30年前になりますが、市役所時代に、全国公平委員会の会議に、当時全国公平委員会の副会長だった塚本保平弁護士さんに随行していきました。
 旭川空港で降りて、その夜は層雲峡の立派なホテルに宿泊して、翌日会議の場所である紋別市に出かけ、午後に会議、夜は懇親会でした。
 懇親会では、新鮮なホタテや蟹を腹いっぱい食べた記憶があります。
 翌日は、流氷を見た後、摩周湖、富良野の町を見学して、釧路で一泊して、釧路空港を後にして、羽田空港で乗り換え熊本空港に無事に帰ることができました。
 この時の一番の思い出は、空港に降りて、層雲峡のホテルまで、翌日の層雲峡から紋別市までは、旭川市役所の公用車で、帰路の紋別市から釧路までは、釧路の弁護士さんの高級車で送って貰いました。
 さらに、お昼は、はっきりホテルの名前は覚えていませんが、大きなホテルで豪華な食事をご馳走になりました。
 翌日は釧路のホテルから釧路空港まではハイヤーで向かいました。
 30年前ですが、今では考えられない大名旅行の様でした。
 今回の旅行では、川柳大会で、1句でも入選できればと念じています。


    応援のクリックを御願いします!目指せ1位。
ちなみに現在は…??
にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ